« タク割? | トップページ | 新型 »

2005年8月24日 (水)

主役よりも謎なもの

リンク: Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 「謎のピアノマン」は芝居 英紙報道 20歳のドイツ人、すでに帰国.

 【ロンドン=蔭山実】英国南東部の海岸で四月に保護され、「謎のピアノマン」として世界的に話題となった身元不明の男性は実はドイツ人で、芝居をして医師らをかついでいた、と二十二日付の英大衆紙デーリー・ミラーが報じた。報道を受け、ドイツ外務省は同日、名前は明かさなかったものの、この男性がドイツ南部バイエルン州出身の二十歳で、今月二十日にドイツに帰国したことを確認した。

最近、話題にならないと思っていたら、こんな結末?に。

本人がなぜ芝居をしたのか&その是非はともかくとしてだ。

ピアノを弾いたという話は、いったい誰が言い出したんだ?

騒ぎを必要以上に大きくしたという意味では、ピアノマンの

芝居よりも悪質だよな。

しかもリンクの記事中には、「礼拝堂のピアノでクラシックの曲を

弾き続けたというのは間違いで……」なんて書いてある。

それが今になって出てくるってのも不思議。

「間違い」という表現が誰のものかは知らないけれど、

間違いと捏造は別モンだよ。

 

「こいつ知ってるよ!」と、すぐにバレるウソで名乗り出てきた

方々もいたらしいけど、その中に本物の声はなかったのかしら?

ミュージシャン情報じゃないとしてスルーされてたのかな?

 

芝居をしていたピアノマンよりも、この騒ぎを作り上げた人、

騒ぎに便乗しようとした人の行動のほうが謎だし理解しがたいわ。

|

« タク割? | トップページ | 新型 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/5597929

この記事へのトラックバック一覧です: 主役よりも謎なもの:

« タク割? | トップページ | 新型 »