« いよいよシリーズ | トップページ | 【日本シリーズ第2戦】 ロッテ10-0阪神 »

2005年10月23日 (日)

【日本シリーズ第1戦】 ロッテ10-1阪神

あっさり……でしたな。

 

両先発のデキが違いすぎだったかね。

本来のパフォーマンスを発揮した清水に対して、

井川は右バッターのインコースをなかなか

ストライクに取ってもらえず、ズルズルと。

大事な試合で井川がダメパターンになる姿は、

今シーズンに何度も見ていたから、予想というか

覚悟はしていたけど。(´・ω・`)

 

打つほうでは、初回の攻防がなぁ。

赤星のスチールを鳥谷がファールでジャマしてしまい、

西岡の好守もあって無得点に終わった阪神。

西岡が井川に11球も放らせたことで(結果は三振)、

今江の先制アーチへとつないだロッテ。

この差は大きかったな。

西岡と今江には、このあともやりたい放題やられた感じ。

特に、5回に西岡が決めたプッシュバントは痛かったわ。

 

さらには、濃霧コールドさ(笑)。

すでに大差がついていたから、試合展開としては

コールドの影響は少なかったけど、阪神が3人で

5安打のまま終わっちゃったのが、アイタタタ。ヽ(;´Д`)ノ

先発全員安打でおめめパッチリなロッテ打線と、

眠ったままの阪神打線……むむむ。

でも、試合が早く終わったおかげで、

「踊る大捜査線」を見られたさ(笑)。

 

第2戦の先発は、ロッテが渡辺俊、阪神が安藤。

げ、昨日のエントリで書いたローテーションと違ってたっ。(´_ゝ`)

|

« いよいよシリーズ | トップページ | 【日本シリーズ第2戦】 ロッテ10-0阪神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/6519398

この記事へのトラックバック一覧です: 【日本シリーズ第1戦】 ロッテ10-1阪神:

« いよいよシリーズ | トップページ | 【日本シリーズ第2戦】 ロッテ10-0阪神 »