« 櫻井智・秋の撮遊会 | トップページ | ヤヴァイ »

2005年11月 1日 (火)

朝倉薫演劇団第5回アトリエ公演「マケイヌ・バー」千秋楽

【10月30日】

原宿から中野坂上までは、バイクで20分ほどしかかからなかった。

電車組はまだ到着していないみたい。

開場まではまだあるから、近くのドトールで

時間をつぶしますかね。

 

電車組と合流して、14時ちょい前にエルスタッフスタジオへ。

千秋楽だから混みそうだし、気持ち早めにね。

まだ開場していなかったけれど、ほどなくして受付が始まる。

今日は前後なかほどの席で観ますかね。

 

ストーリーについてはすでに触れたから、感想を中心に。

今回の芝居は暗転がまったくない構成。

つまり、城児はバーの店内から一歩も動かずに、

山辺と思い出を語り合っているというわけですな。

舞台上の時間はMAKE WIN BAR閉店の日という「現在」で、

2人の思い出話から20年前のバーが開店した日、

そして10年前のできごとと、「過去」が描かれていくのです。

暗転がないというのは、役者にとっては酷な話だよな。

武藤さんは出ずっぱりだし、ほかの面々は20年前、10年前、

現在と、3つの年代を演じ分けなければいけないわけだし。

でも、出演者全員の演技、魅力が凝縮された、

素晴らしい舞台になっていたと思います。

現在と過去の切り替えを照明で表現する演出も、

スマートな手法でよかったなぁ。

会場のキャパは30人ほどと決して広くはないけれど、

「バー」という空間にピッタリだったんじゃないかな?

 

いつも以上に気持ちが入っていたのか、

カーテンコールで涙ぐんでいる役者さんが多かったね。

これは、やり遂げた! 完全燃焼した!というよりも、 

まだ公演を続けたいという想いからの涙かな?

 

俺の中では、城児の「俺は逃げる側の人間だった」という

セリフが、ず~っと引っかかってたんだよね。

一見、逃げているようには見えなかったんだけど、

意識してみると「これかな?」と思える場面がちらほら。

(1)役者をあきらめたこと
(2)春美のガン告白に向き合えなかったこと
(3)町子に「結婚する?」と問われたとき

(3)は、10年前の場面で城児が切り出した

「結婚する?」との対比なだけで、違うかもしれない。

でも、2つだとさびしいから挙げてみたさ(笑)。

「戦いに出る」を「やり直す」と仮定すると、

城児は店を閉めたあと、役者に挑戦したのかなぁ?

 

俺にとっての「10年前」は、転職で上京した年。

そして「現在」もまた転職。

そんなタイミングで観ただけに、いろいろと思う

ところがあった舞台だったかもしれないな。

勝ちとか負けとかは、その瞬間には

わからないもんなんだよね。

 

むむ、ストーリーに照らし合わせると、

俺、10年後にも転職するのか?(笑)

|

« 櫻井智・秋の撮遊会 | トップページ | ヤヴァイ »

コメント

転職かあ。転職って勇気いるよなあ。
私はなかなかその勇気がもてないでいますわ。
いっそつぶれればと思ったけど何とか持ち直したしね(^^ゞ

理由はいろいろあると思うけど未知の一歩を踏み出す勇気
を持ってる人は尊敬しまふ。

浮き沈みはあっても波乱万丈の人生の方が面白いだろうなあと
思う今日この頃。でも、智ちゃんに出会って確実に私の人生も
変わったと思う。そう思うとやっぱり人生は面白いね(´ー`)

投稿: 魔竜王 | 2005年11月 1日 (火) 02:47

俺の場合、勇気というよりも必要に迫られてだったり。
やりたくもないことをやらされるのはイヤだったしね。
でも、先に行き先を見つけておくべきだったかな。
こんなに手こずるとは思ってなかったヨ。(´_ゝ`)

たまに環境を変えてみるってのも、楽しいもんでっせ。
ダメだこりゃ!って理由がない限り、オススメはしないけど(笑)。

投稿: さぽたん | 2005年11月 1日 (火) 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/6797852

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉薫演劇団第5回アトリエ公演「マケイヌ・バー」千秋楽:

» マケイヌ・バー千秋楽 [まりゅーぶろぐ]
少々浮かれ気分で中野坂上へ。思ったより早くついたのでドトールでちょっと時間をつぶして、「マケイヌ・バー」千秋楽へ。今日は大入りだ。いつも前で見ているので今回は控えめに後ろへ。今回の芝居は地べたに座るシ... [続きを読む]

受信: 2005年11月 1日 (火) 02:36

« 櫻井智・秋の撮遊会 | トップページ | ヤヴァイ »