« 読書タイム | トップページ | 師走だ »

2005年12月 1日 (木)

寝ボケ体験

眞鍋さんちに合わせて、俺も寝起きネタといってみよう(笑)。

 

徹夜仕事をしていて、会社の机に突っ伏して寝ていたときのこと。

あたしゃ爆睡してしまって、夢を見ていたのです。

嘆かわしいとこに夢の内容も仕事で、俺は電話応対中。

でも、なんかヘン。

自分の声が、すっげぇリアル。

とても夢の中とは思えない……。

 

そう、現実世界でも発声していたんだな。

机に突っ伏した体勢のままで、

 

「お世話になってますっ」……と。

 

俺は、自らの寝言で目覚めて起床。

そして、その声をバッチリ聞いていた周囲は大爆笑。(/ω\)

「いつの間に起きたんだ?と思った」と言われたけど、そりゃそうさ。

その瞬間まではグッスリでしたよ。

 

しかし、セーフティーな寝言でよかったわ。

寝言の内容までが恥ずかしいものだったら

……と思うと、背筋が凍りますな。(^_^;

|

« 読書タイム | トップページ | 師走だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/7402500

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ボケ体験:

« 読書タイム | トップページ | 師走だ »