« 「サラダ嬢の透視画―ジオラマ―」4日目 | トップページ | 二郎の本店をアタック! »

2006年4月 3日 (月)

「サラダ嬢の透視画―ジオラマ―」千秋楽

【4月2日】

昨日に続いて、シアターブラッツへ。

日曜だけに、お客さんが多いな~。

客席も追加されてたけれど、ほぼ満席状態だぁね。

 

今回のお芝居は、竹彦さんが現実世界の稲垣に加えて、

屋敷の噂話の中でも2役を演じて、合計3役。

ほぼ出ずっぱりで目立ってました。

同じ場面でも、公演ごとにセリフの言い回しを

変えてくるあたりはさすがだなぁ。

これって、観る側にとって楽しいんだよね。

脚本も含めたら、1人4役。

いやいや、お疲れさまでした。

 

“死ねない男”のエピソードはかなり難解で、

初見では消化できなかった場面だったり。

2回目以降はなんとか……ね。(^_^;

でも、迫力があって、毎公演引き込まれたな。

今回の舞台で、一番好きなシーンですわ。

 

「新人フレッシュ」と銘打った公演だったけど、

通常公演 with 新人さんといった印象だったかも。

安心して観られた一方で、この作品が初舞台だった

面々がもう少し目立ってもいいような気はしたかな。

サイン入りミニポスター

あ、そうそう。

「誰も○○ずに○o○○○○○」の中身は、

誰も死なずにハッピーエンドだったのでした。

これだけ伏せりゃわかるまい……と思ったんだけど、

友人にはバレバレだったわ。(^_^;

|

« 「サラダ嬢の透視画―ジオラマ―」4日目 | トップページ | 二郎の本店をアタック! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/9403049

この記事へのトラックバック一覧です: 「サラダ嬢の透視画―ジオラマ―」千秋楽:

» 2006年新人公演千秋楽 [まりゅーぶろぐ]
今日は新人公演千秋楽。昨日に引き続きシアターブラッツだ。ちょっと早めに向かってウェンディーズで軽く腹ごしらえ。今日は昼公演だけ。真ん中辺の右側あたりに陣取る。さすがに千秋楽はお客が多い。前に2列ほど増... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 01:44

« 「サラダ嬢の透視画―ジオラマ―」4日目 | トップページ | 二郎の本店をアタック! »