« タイヨウのうた (テレビ版) | トップページ | 朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.8 「ミッドナイトフラワートレイン」 »

2006年7月30日 (日)

朝倉薫演劇団 Special Live Vol.2「花の記憶」

【7月29日】

今日は、こちらのライブ&芝居を観るために中野坂上へ。

明日の千秋楽も観に行くので芝居のことは後まわしにして、

今日のエントリはライブのことをば。

 

前回と同じように、アトリエ公演と並行して開催するスタイル。

出演者は、河合久美/夏生優美/真一涼/後藤亨/西本早希/

三浦梢/幕田美子/大塚智恵/永尾慶子/小島祐輝/浅川亮一。

大塚さん以下は、コーラスだったりダンスだったりと、サポート的なメンバー。

後藤君も歌ってはいたけれど、どちらかというと武術演舞がメインだったかな。

なお、曲目が書かれたパンフ的なモノが存在しないので、セットリストはなし。

……となると、書くことがメッチャ減りそうだなぁ。(^_^;

ま、メモしてなかったから仕方ない。

 

今回のライブのテーマは「花」らしい。

というわけで(?)、開演前には「花の咲く日々」が流れていた。

ほどなくして開演。

1曲目は、涼ちゃん&後藤君の「俺たちの海」。

涼ちゃん、海合宿に来られなかったからなぁ。

顔見るの久しぶりだったけど、元気そう。

振り付けのテーマは海賊とのことで、後藤君の剣を使った演舞が入る。

その後は、もっさんがメインの「友だち」、

夏生さん&梢ちゃんの「海へ行くバス」へと続く。

「海」バスの衣装は、懐かしいペンギンの着ぐるみだった(笑)。

あ、河合さんの歌もあったような気がするけど思い出せない。(^_^;

 

「友だち」は、やけに短かかったなぁ。

序盤にいきなり演舞や着ぐるみが登場したこともあってか、

ステージに落ち着きがないように感じてしまった。

その後はオーソドックスな展開だったから、動きのある曲を

序盤に固めないでうまく織り交ぜれば、印象が変わったかもね。

 

中盤から後半にかけては、朝倉さんのギターによる生演奏コーナー。

今回はエレキではなくアコギ。そして朝倉さんは和服姿。

それじゃギター侍ですから! 残念!(笑)

このコーナーは、適度にMCが入りつつ進行していく。

考えてみると、アトリエ公演に出ている役者さんの

自己紹介コーナーみたいな雰囲気だよね。

今回のようにゲストが多い公演のときはうれしいかも。

 

今回のライブで、初めて歌声を聴いたのは、夏生さん。

アトリエ公演の劇中歌「夜汽車はどこへ」を、

演じている役としてではなく「夏生優美ver」として。

緊張気味だったけれど、楽しそうに歌ってたな。

 

「山に帰りたい」と、もう1曲を歌った美子ちゃんは、

ささやき系のボーカルで、なかなかいい雰囲気。

しかも、誰かに似てる気がするんだよなぁ。

んー、思い出せん。

 

そして、涼ちゃんのボーカルは迫力があってカッコいいねぇ。

MCのにこやかな雰囲気から完全にスイッチを切り替えて、

曲の世界を演じてる感じ。さすがですなぁ。

 

終盤は、出演者全員が浴衣姿で集合し、「きっとまた会える」。

そして、河合さんと涼ちゃんをメインに、前回のライブでも

歌ったタイトル不明の曲で、ライブ終了っと。

 

今回は音響もよくなってて、安心して聴くことができた。

それと、生演奏を前回のエレキからアコギに変更したことも、

曲とのマッチングを考えるとよかったんじゃないかな?

|

« タイヨウのうた (テレビ版) | トップページ | 朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.8 「ミッドナイトフラワートレイン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/11146659

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉薫演劇団 Special Live Vol.2「花の記憶」:

» 花の記憶 [まりゅーぶろぐ]
今日は土曜日。前回と同様、お芝居-ライブ-お芝居のコンボ。お昼の部。席はA-1。今回は左端だな。A列とはいえ、前にS席がある。まあ、桟敷席と言うか平均台みたいな感じなのだけど、当日券用らしい。意外とここにい... [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 (水) 04:22

« タイヨウのうた (テレビ版) | トップページ | 朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.8 「ミッドナイトフラワートレイン」 »