« 思案中 | トップページ | 朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.9 「裸月物語」千秋楽 »

2006年9月30日 (土)

朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.9 「裸月物語」6日目夜

2カ月に一度のアトリエ公演を観に、エルスタッフスタジオへ。

上演作の「裸月物語」は、劇団の旗揚げ公演の再演。

その後「真裸月物語」としての公演もあったけれど、

あたしゃ、それを含めて今回が初見だったりして。

 

キャスティングは以下のとおり。

鈴木月子/闇夜の月太郎/月蟻隊長……葉山恵里
鈴木俊夫/月の輪の熊        ……森田猛虎
月明かりの照/月極隊員/妖精    ……塩山みさこ
三日月の三吉/月並隊員/妖精   ……真一涼
新御茶ノ水博士            ……東州真央・橘マリア
山田守                  ……あまのまい

1人複数役が多いのは、観ると納得。

新御茶ノ水博士はダブルキャストで、今回は橘マリアさんでした。

しかし……。

ここのところゲスト出演者が目立つけれど、ちょいと多すぎやしないか?

劇団メンバーの中にゲストがいるんじゃなくて、

ゲストの中に劇団メンバーがいるという、この状態。

初めての役者さんを見るという楽しみはあるものの、どうも違和感があるなぁ。

 

ストーリーは複雑に感じるけれど、ベースにあるものはシンプル。

説明的なところが多いせいなのかなぁ?

最近の作品と比較すると、難しい印象を受けるわ。

このあたりは、複数回観ることで変わるかもしれないけどね。

ほかの作品のエッセンスが散りばめられている……いや、逆だわ。

「裸月」からほかのタイトルへのつながりを感じられる

部分が多々あって、そこを観るのが楽しかったな。

 

明日の千秋楽も観にいく予定。

役者さんの印象、その他もろもろについては、明日のエントリで(笑)。

|

« 思案中 | トップページ | 朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.9 「裸月物語」千秋楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/12101190

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.9 「裸月物語」6日目夜:

« 思案中 | トップページ | 朝倉薫演劇団 アトリエ公演Vol.9 「裸月物語」千秋楽 »