« 急展開 | トップページ | ラストゲーム »

2006年10月22日 (日)

朝倉薫演劇団 Special Live Vol.3「月夜の宴―UTAGE―」

この土日は、ライブを観にエルスタへ。

前回まではアトリエ公演期間中に開催していたのだけれど、

今回からは時期をずらして公演のない月にやるのだろうか?

同時開催は出演者や裏方さんの負担も大きいだろうし、

演劇の舞台装置そのままでのステージになることもあるし、

特に理由がなければ分けたほうはスマートなのかも。

 

出演者は、真一涼、幕田美子、長尾慶子、三浦梢の4人。

「月夜の宴」のタイトルどおり、テーマは月。

 「Fly me to the moon」 真一涼
 「真昼の月」 三浦梢
 「朧月夜~祈り~」 三浦梢
 「月光の不安」 真一涼
 「月の砂漠」 幕田美子
 「朧月夜」 幕田美子
 「夢雫今宵月」 幕田美子
 「月の魔力」 真一涼

と、まさに月づくしの選曲ですな。

で、長尾さん演じる少年が、月から降りてきた

3人の女の子の歌に魅了される……という設定みたい。

演奏は全曲朝倉さん演奏のギター。

前回、前々回はカラオケがメインだったけれど、

ライブは生演奏のほうがうれしいね。

 

照明が完全に落ちた中、「Fly me to the moon」の歌いだしで、

涼ちゃんの歌声だけがスタジオに流れる。

うん、こういう演出は好きだな。

涼ちゃんは観客一人ひとりに語りかけるように

歌ってくれるのがいいね。

ツボに入るような詞のところで視線が合うと、

とてもうれしかったり、少々照れくさかったり(笑)。

「月光の不安」は、表情の演技を交えつつな雰囲気で。

「月の魔力」は先日のアトリエ公演でも歌っていたけど、

そのときは力みが感じられたんだよね。

でも今回は、肩の力が抜けたような、いい感じのボーカルでした。

 

梢ちゃんが歌った「真昼の月」は、前回のライブで

1コーラスだけだった歌詞が完成してフルバージョンに。

土曜のステージでは、歌っている最中にご家族が

入場してきたのに驚いて、歌詞を飛ばしてしまったらしい(笑)。

「朧月夜~祈り~」は中島美嘉が歌ってる曲だわね。

 

美子ちゃんは、立て続けに3曲。

なんとも雰囲気のある声質で、俺は好きだな。

ただ、歌い方は少々巻き舌が入っていて、ロックぽいかも。

こちらの「朧月夜」は、朝倉さん作の楽曲っす。

そういや、「月の砂漠」も中島美嘉が歌ってたっけ。

トークが苦手ということで、MCは短め。

歌がいいだけに、ちともったいないな。

 

終盤は、出演者全員がステージに登場。

演奏もアコギからエレキになり、

 「夢の扉」 永尾慶子
 「青い春」 幕田美子
 「サムライ」 真一涼

と、テーマの月からは離れた定番の3曲。

「夢の扉」は、永尾さんよりも周囲の3人がノリノリに。

涼ちゃん&梢ちゃんてば、主役を食ってるぞ(笑)。

2人の掛け合い(?)は、ほかの場面でも多々あったりして。

キャラがかぶってるせいか、なかなか面白いのだな、これが(笑)。

「青い春」を歌う美子ちゃんは、かなり迫力があった。

しかし、普段の姿と歌っている姿とのギャップが激しいな。(^_^;

「サムライ」はいつ聴いてもカッコいいやね。

歌が終わったところで、お土産のポラ撮影。

出演者4人と一緒にパチリとな。

 

土曜に観たときには、全体にメリハリがないと感じたんだけど、

日曜日のステージはさほど気にならなかった。

それはたぶん、MCの時間の差かなぁ?

日曜は朝倉さんの裏トークが炸裂したおかげで、

土曜の1.5~2倍はあったのではなかろうか(笑)。

同じような曲調が続くから、MCで観る側が

気分転換(?)できないと……なのかも。

歌も、土曜より日曜のほうがよくなってたしね。

過去2回はライブというよりもパフォーマンスといった印象だったけど、

俺はどちらかというと今回のような構成のほうが好きかな。

|

« 急展開 | トップページ | ラストゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/12384423

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉薫演劇団 Special Live Vol.3「月夜の宴―UTAGE―」:

« 急展開 | トップページ | ラストゲーム »