« 奥華子 全国桜前線無料ライブツアー@イオン北戸田店 | トップページ | 改名というわけではなく »

2007年3月25日 (日)

朝倉薫演劇団 2007年新人公演「LOVE ME DOLL!」

この土日は、中野坂上で観劇をば。

日曜は、北戸田からの移動だったので、

実は開演に間に合うかどうか微妙だった(笑)。

ま、そこはなんとか、ね。

 

今回の公演は、1年ぶりの新作。

ずっと再演が続いていただけに、今回は楽しみだったり。

 

キャストは↓な感じ。

【キャスト】
 ・ドール………… 幕田美子

 ・次郎……………村井良大

 ・ドクター/フォックス/部下
         ……浅川亮一

 ・ガブリエル/行商人
         ……後藤 亨

 ・王様……………樋口昇兵

 ・ゴーガン……… 佐藤龍星

 ・ハンター/タイガー
          ……高倉哲也

 ・ジョン・ドゥ………安達竹彦

 ・福笑井正一/犬山太郎
          ……朝倉 薫

 ・バイオリン女……葉山恵理

新人公演ということで、メインどころの役は

劇団14期生の美子ちゃんに浅川君、ゲストの村井君と、

初舞台の面々が固めている。

 

主人公は、腹話術人形のドールと、猿回しの猿・次郎。

時を同じくして主人(腹話術師&猿回し師)を亡くした彼らが出会い、

お互いの主人が遺したキーワード「火星の笛吹き」を探す旅が描かれる。

 

役どころとしては、猿の次郎は感情豊か、ドールは感情が平坦で、

ちょっぴり毒があるといった感じ。

この対照的な組み合わせが、すごくおもしろくてね。

美子ちゃん、村井君ともにハマリ役といった印象でした。

新人公演では、千秋楽になると声がかれてしまっているのを

よく見るんだけど、今回はそんなこともなく。

叫ぶようなセリフが多かった村井君、見事乗り切ってましたな。

 

個人的に、一番好きだったのは、

竹彦さんが演じたモンキーハンター。

一見、粗暴な雰囲気の役柄だったんだけど、

実は今回の登場人物の中で、一番いいヤツなのではなかろうか。

次郎に向かって言った、「名前があるのはうらやましい」という

最期の言葉は、かな~り沁みたかも。

 

ひとつ気になったのは、ストーリー展開が急すぎるように感じられたところ。

特に、一緒に行動していたドールと次郎が、次の場面では

いつのまにか離れ離れになっているところは、あれぇ?みたいな。

尺が長かったところをカットした関係もあったとは思うんだけどね。

とはいっても、トータルではすごく楽しめたし、おもしろかった。

 

千秋楽には、今回出番のなかった涼ちゃんとマヤちゃんも顔を出してました。

思いがけず、とあるブツを涼ちゃんに手渡せたのは、

ちょいとラッキーだったな(笑)。

|

« 奥華子 全国桜前線無料ライブツアー@イオン北戸田店 | トップページ | 改名というわけではなく »

コメント

記憶した!!

なんか書きにくくなったね。
確認の入力は毎回違うのかな?

投稿: なかさん | 2007年3月28日 (水) 21:30

to なかさん

スパム対策でこうなったぽい。
入力の内容は、毎回変わるよ。

投稿: #135/さぽたん | 2007年3月28日 (水) 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/14404053

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉薫演劇団 2007年新人公演「LOVE ME DOLL!」:

» LOVE ME DOLL! [まりゅーぶろぐ]
土日は朝倉薫演劇団の新人公演でした。新人と言っても今年残っているのは美子ちゃんと浅川君の二人だけ。むむむ、厳しいね。ただ、それに今期入る予定の村井良太という青年がオーディションで抜擢。まあ、事務所はエ... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 02:41

« 奥華子 全国桜前線無料ライブツアー@イオン北戸田店 | トップページ | 改名というわけではなく »