« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の12件の記事

2007年3月31日 (土)

奥華子 全国桜前線無料ライブツアー@海老名ビナウォーク

桜前線無料ライブツアーの関東での日程は、今日が最後。

今日を逃すと、4月21日のホールコンサートまで

ナマ歌を聴く機会がなくなってしまうかも?

……というわけで、海老名ビナウォークへ。

 

しかし!

 

前日に、土曜出勤の要請が出てしまった。(´・ω・`)

しゃあない、今回のライブは13時~と16時~の2ステージあることだし、

仕事は昼までに終わらせて、16時の回だけは死守するとしよう。

予報が悪くて、お天気しだいでは16時の回は中止の

可能性もあるけれど、そこばかりは祈るしかないやね。

 

が、しかし!

 

ちょっとした不具合が発覚して、作業はストップ。

今日の出勤はムダ足になった模様。(ノ_-;)

 

だが、しかし!

 

これで1回目のステージに間に合いそう。

そうなれば長居は無用だ。

ふってわいた作業をサクッと片付けて、とっとと退勤。

海老名を目指す。

 

ライブが始まる1時ちょうどに、海老名駅へ到着。

んー、1曲目には間に合わないかもしれんなぁ。

ビナウォークは初めての場所だったのだけれど、

駅の目の前という立地&デッキの階段を降りた

正面にステージがあったおかげで、時間のロスなく

現場へたどりつくことができた。

しかも、ステージでは司会のおねーさんのMC中で、

まだライブは始まっていない様子。

おしゃ、おねーさん、ナイスアシストだ!(笑)

 

【セットリスト・1stステージ】
 1.ガーネット
 2.恋の天気予報
 3.僕が生まれた街
 4.桜並木
 5.恋

 

「ガーネット」で、ライブが始まる。

んー? 遠めにだからよくわからないのだけれど、

華ちゃんの雰囲気がいつもと違うような?

と思っていたら、歌い終わったところで

スタッフの人からポーチが差し出された。

 華:「実は電車の中に荷物を置き忘れてしまって」

あー、いつもの赤メガネじゃなくて黒メガネだったのか。

ジャージも衣装用ではなく普段着だったらしい。

というわけで、唐木田まで行ってしまったという赤メガネにチェンジ。

しかし、手元に戻ってきてよかったねぇ。

 

「恋の天気予報」を歌う姿は、毎回ホントに楽しそう。

見ているこちらも、楽しくなってきますわ。

 

都内の桜は、今まさに満開で、「桜並木」は

ジャストタイミングでの選曲ですな。

海老名へ向かう電車の窓からも、たくさんの桜が見えたしね。

 

ライブ後のサイン会は、旧譜の購入でも

参加券がもらえるみたい。

シングルでもOKだと、お財布に優しいな(笑)。

でも、CDを販売しているのが新星堂。

ということはだ。

TIME NOTE」を買うと、プレミアムイベントへの

応募ハガキがもらえるんだよな……。

自分:「TIME NOTEください」

ああ、これでまた1枚増えたぞ(笑)。

で、サインは家から持ってきた「TIME NOTE」のポスターに。

TIME NOTEポスター

今回のポスターは正方形なんだな。

さらには余白がたっぷりで、サインを入れてもらうのにいい感じ。

ジャストサイズのフレームがないのが難だけどね。

そして、名入れのときには、

 華:「アルファベットでいいですか?」

と聞かれる。

以前、「小さな星」のポスターにサインをもらったときも、

宛名がアルファベットだったんだけど、

なにかこだわりがあるのかしら?

 

雨が降り出すこともなく、2ndステージも無事に開催。

自分のポジションも、前方のステージ正面を確保っと。

そしてステージ冒頭では、なんと海老名市長からの

花束贈呈というサプライズがあったり。

特に名目とかの説明はなかったけれど……ファン?(笑)

 

【セットリスト・2ndステージ】
 1.僕が生まれた街
 2.さよならの記憶
 3.プレゼント
 4.恋
 5.ガーネット

 

おおっ、またしても「さよならの記憶」を聴けるとはっ。

これは実にうれしい。

 華:「一番奥華子らしい曲だと思って、アルバムの1曲目にしました」

うん、最初に聴いたとき、俺も“らしさ”を感じたかな。そして、

 華:「ほかにも理由はありますが、ここでは言えません(笑)」

むむむ、意味深な?(笑)

 

3曲目には、ライブ初披露の「プレゼント」。

幸せど真ん中といった雰囲気のポップな曲だわね。

これまた、歌う姿が楽しそうなんだな。

手拍子も自然発生して、なんとも和やかな雰囲気に。

そして、この曲を聴けたことで、「TIME NOTE」収録曲の

ナマ歌を全制覇っと♪

 

「恋」は、いつ聴いてもいいねぇ。

ぜひともナマで聴きたい曲だな。

「恋」というタイトルは、

 華:「なかなか簡単には付けられないけれど、この曲ならいいかと思って」

と決めたのだとか。

たしかに、ここまでストレートな歌詞には、タイトルもストレートじゃないと。

 

2回目のサインは、「TIME NOTE」の盤面に。

で、宛名を“#135”にしてもらおうと試みる。

 自分:「宛名を“しゃーぷひゃくさんじゅうご”にしてもらってもいい?」

しかし、華ちゃんが書いた文字は“#130”。

おおぅ、なんてこった!(笑)

 自分:「グリグリと消しちゃってもいいよ」

と、0を5に変えてもらおうとしたら、

0の上にヒョイヒョイと“┌”を追加。

これは、強引だがナイスリカバリーだ!(笑)

さらに、オマケ?が追加された完成品がこれだ。

5が♪みたいだけど、なんかいいぞ、これ。

ちとツボに入った(笑)。

しかし、ちと申し訳なかったかもな。

次回からは、ややこしいことを言うのはやめよう。(^_^;

 

帰りには、相模大野で途中下車。

理由はひとつ。

ラーメン二郎 相模大野駅前店:小・麺固め・ニンニク・カラメ

ラーメン二郎 相模大野駅前店で、

小の麺固めにニンニク・カラメ(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

改名というわけではなく

すでにお気づきの方もいるかもですが、ついこの間から、

このブログで自分の名前を“#135/さぽたん”と表記しています。

なんかね、急に数字語呂合わせなハンドルにしたくなって。

読みは……自分のことを知ってる人には、ピンとくることでしょう。

 

“さぽたん”から“#135”への改名にしなかったのは、

サクッと切り替えちゃうのは忍びなかったからなのよね。

なにより、このブログのタイトルにも影響があるし。

なので、“#135”と“さぽたん”を併記することにした(笑)。

両者どちらでも……というわけです。

 

最初は“135”と表記しようと思ってたのだけれど、

mixiで検索したら、すでに名乗ってる人が意外と多くて。

でも、頭に“#”をつけている人はほかにいなかったし、

数字につける記号としても、ちょうどいいかな?ということで。

“#”の有無で読みは変わらんしな(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

朝倉薫演劇団 2007年新人公演「LOVE ME DOLL!」

この土日は、中野坂上で観劇をば。

日曜は、北戸田からの移動だったので、

実は開演に間に合うかどうか微妙だった(笑)。

ま、そこはなんとか、ね。

 

今回の公演は、1年ぶりの新作。

ずっと再演が続いていただけに、今回は楽しみだったり。

 

キャストは↓な感じ。

【キャスト】
 ・ドール………… 幕田美子

 ・次郎……………村井良大

 ・ドクター/フォックス/部下
         ……浅川亮一

 ・ガブリエル/行商人
         ……後藤 亨

 ・王様……………樋口昇兵

 ・ゴーガン……… 佐藤龍星

 ・ハンター/タイガー
          ……高倉哲也

 ・ジョン・ドゥ………安達竹彦

 ・福笑井正一/犬山太郎
          ……朝倉 薫

 ・バイオリン女……葉山恵理

新人公演ということで、メインどころの役は

劇団14期生の美子ちゃんに浅川君、ゲストの村井君と、

初舞台の面々が固めている。

 

主人公は、腹話術人形のドールと、猿回しの猿・次郎。

時を同じくして主人(腹話術師&猿回し師)を亡くした彼らが出会い、

お互いの主人が遺したキーワード「火星の笛吹き」を探す旅が描かれる。

 

役どころとしては、猿の次郎は感情豊か、ドールは感情が平坦で、

ちょっぴり毒があるといった感じ。

この対照的な組み合わせが、すごくおもしろくてね。

美子ちゃん、村井君ともにハマリ役といった印象でした。

新人公演では、千秋楽になると声がかれてしまっているのを

よく見るんだけど、今回はそんなこともなく。

叫ぶようなセリフが多かった村井君、見事乗り切ってましたな。

 

個人的に、一番好きだったのは、

竹彦さんが演じたモンキーハンター。

一見、粗暴な雰囲気の役柄だったんだけど、

実は今回の登場人物の中で、一番いいヤツなのではなかろうか。

次郎に向かって言った、「名前があるのはうらやましい」という

最期の言葉は、かな~り沁みたかも。

 

ひとつ気になったのは、ストーリー展開が急すぎるように感じられたところ。

特に、一緒に行動していたドールと次郎が、次の場面では

いつのまにか離れ離れになっているところは、あれぇ?みたいな。

尺が長かったところをカットした関係もあったとは思うんだけどね。

とはいっても、トータルではすごく楽しめたし、おもしろかった。

 

千秋楽には、今回出番のなかった涼ちゃんとマヤちゃんも顔を出してました。

思いがけず、とあるブツを涼ちゃんに手渡せたのは、

ちょいとラッキーだったな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

奥華子 全国桜前線無料ライブツアー@イオン北戸田店

奥華子2ndアルバム「TIME NOTE」がリリースされて、最初の日曜日。

イオン北戸田でのフリーライブへと行ってきやした。

先日の亀戸ではサイン会がなかったから、CDにサインをもらわにゃね(笑)。

 

埼京線の戸田公園駅から出ている、無料のシャトルバスで現地を目指す。

例によってリハから楽しむべく、ライブ開始1時間前が目標

……だったのだけれど、やたらと道路が空いていて、

思いのほか早く到着してしまった。

ま、混んでて遅れるよりゃ、いいわな。

 

が!

ステージのあるセンターコートには、イスがほとんど出ていない状態。

うーむ、やはり早すぎるのは考えものか。(^_^;

スタバでコーヒーを買ったり、あらかじめ握手券を入手したりして

時間をつぶしている間にベンチが増設され、座席も無事に確保っと。

 

ほどなくして、リハが始まる。

事前にセットリストがわかってしまったりもするけれど、

より長く歌声を聴けるから、お得なのですよ。

む、今回の選曲は……?

 

そして、いよいよライブがスタート。

セットリストは下記参照で。

 

 1.僕が生まれた街
 2.さよならの記憶
 3.恋の天気予報
 4.ガーネット
 5.恋

 

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

2曲目に、ライブ初披露となる「さよならの記憶」。

この曲、すげぇ好きなんだわ。

ラストの「恋」とともに、俺の好きな「TIME NOTE」収録曲の

TOP3から2曲も歌ってくれて、メッチャうれしい♪

残りのもう1曲は……「タイムカード」なんだけど、

これは特別な曲だから、ホールコンサートじゃないとナマ歌は聴けんな。

「恋の天気予報」は、聴きこむとクセになる曲だぁね。

なにより、この曲を演奏する華ちゃんの、

すごく楽しそうな表情がいいんだよな。

今日も、素晴らしい歌声をありがとう。

 

サイン会では、「TIME NOTE」の盤面にサインを入れてもらう。

今日は雨降りだったので、傘マークのオマケつきだ(笑)。

サイン待ちの行列は、いつもほどではなかったような?

そのおかげで、このあとの予定に遅れずに済みそう。

夕方からTOKYO BAYららぽーとでもライブがあるから、

多少お客さんが分散したのかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界フィギュア 女子シングル・フリー

リンク: 美姫ミスなし演技で金/世界フィギュア - 世界フィギュア2007 : nikkansports.com.

<フィギュア:世界選手権>◇24日◇東京体育館◇女子シングル・フリー 安藤美姫(19=トヨタ自動車)が195・09点で優勝、浅田真央(16=中京大中京高)が194・45点で銀メダルを獲得した。安藤は2004年の荒川静香以来3年ぶり4人目の日本人世界チャンピオンとなった。

昨シーズンから、不調やら故障やらいろいろあった中での金。

いや~、ホントによかったね。

浅田真央の演技も素晴らしかったし、久々にスポーツで感動したかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

年度末

……ということもあり、今月は仕事が程よく詰まっている感じ。

テキトーに残業代を稼いで帰りましょか?みたいな。

ところが、あることに気がついてしまった。

早上がりの日がなかったこともあって、

今月はまだ一度も二郎を食ってないじゃん!

そう考え始めると、メッチャ食いたくなっちゃった。

思い出すまでは、まったく平気だったのにな(笑)。

 

ってなわけで、神保町で1カ月ぶりの二郎。

ラーメン二郎 神田神保町店:小・麺固め

腹の空き具合と相談して、小の麺固め。

その後予定があるので、ニンニクは抜き。(´・ω・`)

その他トッピングもナシナシで。

 

麺の固さもスープの濃さも、以前に戻った気がするな。

いやぁ……うまかったわ(笑)。

ごちそーさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

奥華子バースデイライブ

3月20日は華ちゃんの誕生日。

そして3月21日は、奥華子2ndアルバム「TIME NOTE」の発売日!

というわけで、亀戸サンストリートでバースデイ&アルバムの

リリースを記念したライブがありました。

ライブは、15時からと19時からの2回まわし。

あたしゃ、両方参加でやんす。

仕事? 休み休み。休み取ったさ(笑)。

 

リハから観たいということもあり、13時半ごろに亀戸着。

まずは新星堂アトレ亀戸店に立ち寄って、TIME NOTE限定版と

5月19日にある新星堂プレミアムイベント参加応募はがきを(σ´∀`)σ

でもこれ、抽選での招待なんだよな。

この手のものにゃ当たったことないから、どうなることやら。

aikoのライブDVDも出ていたから、一緒に購入っと。

 

その後はサンストリートへ直行。

客席には、早くもライブ待ちと思しき人の姿が。

とりあえず席を確保し、TSUTAYA サンストリート店へ。

でもって、さらに限定版2枚&握手券2枚を(σ ̄ー ̄)σ

手元のCDが3枚になったので、2枚は強制的に進呈します(笑)。>心当たり

 

それにしても、いい天気だなぁ。

日差しが暑いぐらいで、「ガーネット」な日だな(笑)。

こんな日の屋外ステージはいいね。

リハも終わり、いよいよ15時の回がスタート。

スタッフの人の音頭による、客席からの「おめでと~」の

掛け声とともに、華ちゃんがステージへ。

そして、

 華:「平日ですよね?」

平日です(笑)。

でも、本当にそうか?と思えるほどの客入りだったのは確か。

年明け初となる都内でのフリーライブに、ニューアルバムの発売。

みんな、今日という日を待ってたんだろうね。

 

 華:「今日のような青空に似合う曲」

と、1曲目は「ガーネット」。

読みが当たって、ちょっぴりうれしい(笑)。

アップテンポな「恋の天気予報」では、

 華:「手拍子をお願いします」

でも、なにせ初めて通しで聴く曲だっただけに、手拍子から

「これでいいのか?」的な戸惑いが感じられたりして。(^_^;

また、MCではサンストリートへの移動で乗った電車の中で、

4歳ぐらいの女の子に「華ちゃん?」と声をかけられたという

エピソードを披露。

なお、その子の好きな曲は、「小さな星」だったとのこと。

 華:「というわけで歌います」

……な、4曲目(笑)。

【セットリスト・15時】
 (1)ガーネット
 (2)僕が生まれた街
 (3)恋の天気予報
 (4)小さな星
 (5)恋
 (6)桜並木

いつものフリーライブでは5曲のところを、今日は6曲。

ちょいとお得だわね。

 

都内でのフリーライブは本当に久しぶりだったもので、

華ちゃんのテンションもかなり上がってた様子。

上がりすぎてたのか、ときおりMCが途切れてたけど(笑)。

それと、風になびいた髪がステージ後方からの日差しで

キラキラしてたのが、なんともええ感じだったな。

ちょいとその「風景」を、写真に撮りたかったかも。

 

ライブ終了後は、いつものサイン会ではなく握手会。

その代わりに、本日の亀戸限定な、サイン入り

バースデイカードの逆プレゼント付きだったりして。

サイン会だと、いつもかなりの時間がかかってるだけにね。

それでも、終わったのは17時半ぐらいだったかな?

それと今回は、チケットを色分けして行列に並ぶ人を

整理してたのがよかったかも。

バースデイということで、プレゼント持参なわけでして。

ちょいとかさばるものだったので、早めに渡して身軽になっておこう(笑)。

 

 

19時の部は、昼間とは打って変わってメチャメチャ寒い。

しかし、空気は冷たくても、華ウタを聴いていれば

ココロは温かなのだよ。ヽ(´ー`)ノ

 

「僕が生まれた街」「桜並木」「恋の天気予報」と、アルバムの新曲が続く。

「恋の天気予報」は、

 華:「初めての曲だったので、昼の部の手拍子がバラバラで……(笑)」

ってなわけで、

 華:「じっくり聴いてください」

と、今回は手拍子なし。

むむ、そんなにひどかったか(笑)。

4曲目は「魔法の人」。

「夜のサンストに似合う」ということでの選曲だったみたい。

続いては、かなりの頻度で歌っている印象がある「恋」。

新曲の中でも自信作なのかな?

実際、すごくいい曲で、あたしゃ大好きです。

6曲目の「ガーネット」でライブ終了……と思いきや、

ステージに戻ってくる華ちゃん。そして、

 華:「ここは亀戸ですっ」

と、おまけの7曲目で「自由のカメ」。

お約束の大合唱で〆とあいなりました。

今日も、素敵な歌と癒しをありがとう♪

【セットリスト・19時】
 (1)僕が生まれた街
 (2)桜並木
 (3)恋の天気予報
 (4)魔法の人
 (5)恋
 (6)ガーネット
 (7)自由のカメ

 

夜の部の握手会は、案内が一番早い色の券を持っていたもので、

なんと順番が先頭になってしまった(笑)。

今回はカードを手渡して、目的も達成っと。

バースデイカード

 

2ndアルバムの「TIME NOTE」については、

もうちょっと聴きこんでから書いてみようかな。

ひとことだけ言うとね……メッチャいいアルバムだよ、これ。

さーて、ヘビーローテーションに入りまする(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

新メニュー

最近のお気に入りな、つけめんTETSU。

1カ月ほど前から、金曜土曜だけ試験的に夜営業を始めたそうな。

で、先週からは、夜営業限定で油そばがメニューに加わったとのこと。

というわけで、昨日の夜に食ってみました。

 

つけめんTETSU:油そば&チャーシュー&生卵・ニンニク・わさび

油そばに、有料トッピングのチャーシュー&生卵。

これに、無料トッピングのニンニク、わさびをば。

写真を撮る前に別皿で出てきたチャーシューをのせたら、

丼の半分以上が隠れちまった(笑)。

なお、無料トッピングは、ほかにマヨネーズと

マーガリンがあるのだとか。

 

太麺に、具はネギチャーシューやらメンマやら

そして、食感を楽しめるフライドオニオンと

砕いたチキンラーメンが入っていた。

チャーシューは、いかにも焼豚といった感じだね。

あとはマスタードもちょろっと。

 

さっそく混ぜ混ぜして、いただきまぁっす。

……。

んー、こいつぁ、また……。

とてつもなくジャンクな食い物だわ(笑)。

なんていうんだろ、おやつで食うのはいいけど、

飯では食いたくない……ってイメージ?

ちょいとばかし、まとまりがないように感じちゃったかな。

 

あ、そうそう。

この油そばには、スープもついてました。

あっさりしてて、ほんのり梅風味。

メインが濃ゆいからね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

バッテリー

10日に、奥華子ライブを観たあとのこと。

時計を見ると、12時50分。

帰宅するには、まだまだ早すぎる時間だよね。

ってなわけで、けやきウォーク内の映画館で、

ちょうど公開初日な「バッテリー」を観ることにする。

試合のシーンがほとんど描かれない原作の小説を、

どのように映像化しているのかな?

 

最も印象に残ったのは、巧とバッテリーを組むキャッチャー、

長倉豪役の山田健太君。

劇中での振る舞いが、キャッチャーとしてすごくリアルだなと思っていたら、

なんと彼は中学野球をやっていて、本物のキャッチャーだとのこと。

やっぱりね。あれが100%演技だったら、すごすぎますわ。

 

気になったのは、原作の巧が持つ尖ったところが、

ややマイルドになっているように感じたところ。

あと、横手二中の門脇と瑞垣が老けすぎ……(笑)。

ま、どちらも些細なところではあるけれど。

 

序盤から中盤にかけては小説のエピソードが中心で、

終盤に向けては映画版オリジナルの展開に……と

原作がうまく料理されていると思った。

主人公の原田巧が放つ“獰猛な投球”も表現されていたし、

ラストシーンからは「バッテリー」らしさのようなものを感じたしね。

野球映画として、オススメの作品だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

奥華子ライブ@紀伊国屋書店 前橋店

いや~、危なかった。

今日は一瞬、土曜出勤になりかけただよ。

しかし、状況が変わって出勤はナシに!

ってなわけで、奥華子ライブで前橋まで行ってきやした。

いつもなら、前橋はちと遠いかな?と考えてしまうところなんだけど、

なんせ2カ月以上ナマ歌を聴けていなかったもんでね。

20日の亀戸まで、待ちきれなかったわけでして。(^_^;

 

今回のライブ会場は、紀伊国屋書店の前橋店。

今日、前橋駅のほど近くにオープンした、

けやきウォークというショッピングモールのテナントみたい。

現地到着後にステージの場所を確認してみると、

イベントスペースのようなところではなく、本当に店内の一角だった。

仮設ステージから2メートルほどのところに、書棚があるような状態。

せまっ! そして近っ!(笑)

 

ライブ開始1時間前の11時ごろに、華ちゃんがステージへ。

機材のセッティングとリハが始まった。

リハとはいえ、久々に聴くナマ歌……なんかね。

もう、この時点でかなりうれしい(笑)。

そして、リハが終わろうかというときに、「TEPCOひかり」を歌い始める。

おや、リハなのに?と思っていると、

 華:「このあと12時から、ライブをやります!」

なるほど、いい作戦だ(笑)。

 

予定どおり、12時にライブが始まる。

お品書きは、↓な感じ。

【セットリスト】
 1.ガーネット
 2.恋つぼみ
 3.恋
 4.桜並木
 5.帰っておいで

「恋つぼみ」は、会場が書店だということでの選曲。

絵本が出とるもんね。

 

ニューアルバム「TIME NOTE」収録の新曲からは2曲。

「恋」は、メチャメチャ切ないね。

そのストレートな詞とボーカルはインパクトが強く、

かなり涙腺を刺激されてしまった。

油断してると、零れ落ちてしまいそうでヤバイですわ。

 

そして「桜並木」からは、どこか懐かしさを感じた。

TIME NOTE」には、“時間を切り取った音”という意味が込められており、

当初は「アルバム」というタイトルにしたかったとのこと。

そのコンセプトが強く表れているように思った曲だったな。

 

ライブ後には、ナマ歌以上にお久しぶりなサイン会。

今回は、家から持っていったCD「vol.2」の盤面に書いてもらう。

で、名前を入れてもらうときには、

 華:「○○○さんですよね?」

アウトプットされてなかった、思い出してくれたっ。(゚∀゚)

ちょっと自信なさげだったけど、正解っ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

行列でのすごし方

最近お気に入りのつけめんTETSUで、昼飯を兼ねた朝飯をば。

相変わらず行列が長いけれど、この並んでいる最中が

最近の読書タイムとなっていたりして。

今は、だいぶ前に買っていた「推理小説」に手をつけたとこ。

しかし、長いこと放置してたな(^_^;

 

つけめんTETSU:つけ麺大盛り・チャーシュー

今日は、つけ麺大盛り+チャーシューで。

む、こないだの強麺との違いがほんのりと(笑)。

ノーマル麺をあとに食ったほうが、違いがわかりやすいかも。

来週の金曜・土曜に始めるという、油そばも楽しみですな。

 

食後はぽかぽか陽気に誘われて、バイクでお散歩がてら本屋へ。

行列用というわけではないけれど、久々に小説を2冊購入っと。

アンフェアな月-----刑事 雪平夏見 アンフェアな月-----刑事 雪平夏見
秦 建日子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夢を与える 夢を与える
綿矢 りさ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちょうど「推理小説」を読んでいる最中だし、

アンフェアな月」はタイムリーだったかも。

劇場版「アンフェア」も楽しみだったりするし。

で、「夢を与える」は、久々の新作なのかな。

……さて、放置せずに読み始めたいところだ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

真一涼 バースデイパーティ

3月4日は涼ちゃんのバースデイということで、

1日早い今日、イベントがありやした。

バースデイイブだから、行く歳来る歳みたいな?(笑)

 

会場は去年と同じく中野坂上の魚民。

個室も、去年と同じところだったような気が?

まずは飲み物を注文して、乾杯をば。

居酒屋なもんで、アルコールありありですな。

それを見越して、あたしゃ今日はバイクではなく

電車移動だったりして(笑)。

 

乾杯のあとは、基本的にゃ食ったり呑んだり雑談したり。

今回は、みんなヘベレケになる前に……と、

参加者各自の携帯やらデジカメやらで、

涼ちゃんとのツーショット撮影も。

 

プレゼントは、特に仕切りもなくテキトーな頃合いで渡す。

あたしゃ、ネットで見かけて「ちょっといいかも?」と

気になってたブツをね。それと、マリブをひと瓶(笑)。

 

そして終盤には、熱燗を差しつ差されつってな感じに。

お酒好きな涼ちゃんだからこその展開かね。

普段、なかなかないシチュエーションだけに、いいもんですな。

 

最後には、涼ちゃんの携帯で記念撮影。

その写真は、Piviでプリント&サインを書いてもらう。

涼ちゃんは毎回、なにかしらこういった「オマケ」をつけてくれるんだよね。

それがまた、楽しみだったりするわけで。

しかも、そのPiviは、去年のバースデイで俺があげたヤツじゃないか(笑)。

こうやって使ってくれているのがわかると、うれしいやね。

 

はてさて、次回のイベントはいつになりますかのぅ?

涼ちゃんは、「スケートをしたい!」とのこと。

謎ツアーででも行けるといいよね。

スケートといやあ、去年のリベンジもあるしな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »