« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の10件の記事

2007年5月31日 (木)

よりどり二郎

今月の二郎をまとめ書き(笑)。

 

●桜台駅前店(5月8日)

会社帰りに神保町へ行ったはいいけれど、すごい行列。

しかも、すでに麺切れ宣告が出たあとだった。(´д`)

仕方がないのでおとなしく……なんてわけもなく、

一度帰宅してからバイクで再出発。

最近お気に入りの、桜台駅前店へ。

ラーメン二郎 桜台駅前店:小豚(麺固め)・ニンニク・ヤサイ・カラメ

小豚の麺固めに、ニンニク・ヤサイ・カラメ。

ここの極太麺はクセになるね~。

かなり満足感が高いっす。

 

●神田神保町店(5月11日)

3日前のリベンジっす。

19時50分ごろに現地着。

その直後に助手さんが麺切れを宣告をしてたから、

滑り込みセーフだったわ。

それにしても、列が長い。長すぎる。

 

ロットはセミファイナル。

小豚を麺固めでオーダーする。

店主:「小豚の方?」

いや~、長かった。

並び始めてからここまでに、2時間弱もかかるとはね。

自分:「ニンニクで」

店主:「はい、ヤサイ・ニンニク~♪」

ラーメン二郎 神田神保町店:小豚(麺固め)・ニンニク

ちょwwwww ヤサイとは言っちょらんばwwwww

しかも、ドンブリ内の麺密度が、やたらと高いし。(^_^;

いや、しんどかった(笑)。

 

●八王子野猿街道店2(5月15日)

平日なのに、突発的に野猿のつけ麺が食いたくなった。

そこで、帰宅してからバイクで出動する。←おバカ

 

21時すぎにお店に着。

食券を買おうとすると、奇跡的に(?)豚が残っていた。

豚切れだったら大にチャレンジ?とか思っていたんだけど、

せっかく野猿に来たからには豚を食いたいよな。

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2:小つけ豚・ニンニク

というわけで、小つけ豚+ニンニク。

なんかさ……麺の量が明らかに前回より多いんですけど。

よくよく思い出してみると、前回は同じロットに

もう1杯つけ麺が出てた。

で、いったん麺を盛り付けたあとに、一方のドンブリから

もう一方のドンブリへと、麺を移してたんだよね。

これってさ、大と小のオーダーだったのに、

小2杯分しか作らなかったんじゃないか?

そうじゃなきゃ、同じ小でここまで麺量が違うのはおかしいよ。

ってか、大にしなくてよかった。(^_^;

ま、うまかったから許す(笑)。

 

●桜台駅前店(5月23日)

なんかね。

最近、小豚を平らげるのがしんどくなってきたんだよね。(^_^;

なので、この日は適量を模索してみた。

 

小の麺固めに、ニンニク・カラメ。ヤサイは「ちょい増し」に。

ラーメン二郎 桜台駅前店:小(麺固め)・ニンニク・カラメ・ヤサイちょい増し

あ、なんかちょうどいいぞ(笑)。

小だと豚が2枚だから、少々さびしいかも?と思いきや、

3枚入りだったのはうれしい誤算だ。

デフォなのか、たまたまだったのか、はたして?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

きっと忘れない

「負けないで」など名曲残し、ZARD坂井泉水さんが急死. Yahoo!ニュース - 読売新聞 -

人気ポップスグループ「ZARD(ザード)」のボーカリスト坂井泉水(いずみ)(本名・蒲池幸子)さん(40)が、入院先の東京都内の病院で死亡していたことが、28日明らかになった。

 

「永遠」というアルバムが大好きです。

そのなかでも、「新しいドア~冬のひまわり~」という曲が。

そういえば、この曲のことを思い出しながら、

ブログのテンプレートを向日葵にしたんだったなぁ。

 

今は、ただただショックで言葉もありませんが、

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

奥華子ライブ@津田沼パルコ

今月は、なにげに4週連続で奥華子ライブだったり。

最終週である今日のライブは、津田沼パルコ30周年記念

イベントの一環だそうな。

津田沼といえば、かつてはよく駅前で路上ライブを

していたという、彼女の地元ともいえる場所だわね。

 

今日のライブは入場整理券があるらしいので、

まずはそれを入手すべく、パルコ内の山野楽器へ。

ついでにシングルのCDも買って、サイン会参加券ももらっておくかな。

BGMに「TIME NOTE」が流されている売り場の棚を、

「あ行」→「お」→「奥華子」の順にたどっていく。

……あら? 「TIME NOTE」しか置いてない。(^_^;

レジで聞いてみたら、旧譜は会場の即売で買えるようなので、

入場整理券だけをもらっておく。

そして整列する場所の確認だけして、軽く腹ごしらえをば。

 

今日のライブのステージは屋上だということで、

集合場所は屋上へ出る階段付近。

そこから整理番号順に屋上へ出て行くというわけだな。

自分の番号は257だから、だいぶあとの入場だなぁ。

これじゃ、リハが聴けないじゃないか(笑)。

 

そんなこんなで、ようやく入場。

うわー、日差しが強いな。

日よけがないから、こりゃ焼けそうだ。

リハで「桜並木」を歌っている華ちゃんは、紫外線対策万全な様子。

つばのある帽子をかぶった姿が、ちょいと新鮮だったり。

俺も、持ってきたキャップをかぶっとくかね。

 

14時半を少し回ったところで、ライブ本番がスタートする。

華ちゃんは、リハのときとはうってかわって、

目にも鮮やかな黄色のTシャツ姿になっていた。

 

オープニングナンバーは、

 1.恋の天気予報

そして、生まれ育った土地ということからの選曲かな?

 2.僕が生まれた街

 

屋上でのライブということで、

 華:「今までライブをした中で、一番高いところだと思います」

でも、東京タワー展望台でのライブを思い出したらしく、

「屋外では」との注釈が加わる(笑)。

 

続いては、

 華:「空を見ながら聴いてみてください」

 3.ガーネット

最近、DVDで「時をかける少女」を観たもんで、

ラストシーンが鮮明によみがえってきたりして。

劇中とは違って、今日の空は白っぽかったけど(笑)。

 

 華:「人と人の出会いを歌った曲です」

 4.魔法の人

思えば、自分と華ウタとの出会いは、この曲だった。

1年前のあのとき、「空飛ぶ!爆チュー問題」を見ていなかったら、

自分は今、ここにいなかったかもしれんのだよな。

 

野外ステージなので、盛り上がる曲をと、

 5.プレゼント

この曲を歌う華ちゃんは、ホントに楽しそう。

見ているほうも、元気になれる気がするな。

 

手拍子で盛り上がったあとは、

 6.恋

を、しっとりと。

お、6曲目突入か~。

さらに、会場サイドの厚意で、おまけの1曲。

 華:「盛り上がる曲でいきます!」

 7.自由のカメ

曲の終わり際には

 華:「今夜はカメカメハウスです!」

と、宣伝もありつつ(笑)、ライブ終了っと。

 

そして、恒例のサイン会。

当初は家から持っていった「vol.3」にサインをもらおうと

思っていたんだけど、今日のライブを観て気が変わった。

会話のネタも、先週のを引っ張ろう(笑)。

というわけで……

1周年サイン

華ちゃんにお願いして、「魔法の人」のジャケットに、

俺の奥華子1周年記念サインを書いてもらった。

しかも、「空飛ぶ!爆チュー問題」にかけて、

ネズミのイラスト入り。

これはすげぇ、うれしいぞ(笑)。

 

なお、3月から続いてきたライブは今日でひと段落。

このあとしばらくは、曲作りに専念するとのこと。

なので、帰り際に「新曲、楽しみにしてます」と声をかける。

すると、

 華:「がんばりますっ」

と力強く答えてくれた。

ここは俺が奥華不足に陥る前に、ひとつ……(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年5月20日 (日)

スタジオ撮影会

いや~、今日の都内は、素晴らしいお天気でした。

今日みたいな日には外で……といきたいところだけど、

スタジオでの撮影会だったり。

いつもの撮遊会だったら、バッチリだったんだけどな。

まぁ、暑くなりそうだし、空調の中というのも悪くはないか(笑)。

 

会場は、曙橋の観音スタジオ

新宿で都営線に乗り換えて曙橋へ……のはずが、

都営線の急行に乗り込んでしまい、曙橋を華麗にスルー(笑)。

時間ちょうどぐらいの到着を目指していたのだけれど、

とんだ計算違いが。(^_^;

自分がスタジオに入ったタイミングで、イベントが始まった

様子だったので、大幅な遅れにはならなかったのが救いだったわ。

 

今日の撮影会は2部構成で、1部は洋室での撮影だ。

モデルは櫻井智&真一涼の2人。

あたしゃ、涼ちゃんメインでいきまっせ。

 

まずは、私服姿の智ちゃん。

この間、涼ちゃんは着替え中。

櫻井智

 

そして、着替えの終えた涼ちゃんが戻ってくる。

衣装はセーラー服なのだが……。

真一涼

何かがおかしい(笑)。

リボンをきちんと結んだあとは、雑談したり撮影したり。

真一涼

 

その後、パジャマ姿の智ちゃんを撮って、1部は終了。

櫻井智

 

第2部は、和室で。

智ちゃんの前半の衣装は浴衣。

櫻井智

後半は和装ロリータだった。

櫻井智

 

そして涼ちゃんは、巫女さん姿で登場。

真一涼

 

↓木刀を構えているけれど、巫女さんです。

真一涼

 

↓クイタン風味だけど、巫女さんです。

真一涼

 

↓酔っ払い風味だけど、巫女さんです。

真一涼

この巫女さんの衣装、身に付ける前の状態を見たとき、

あまりの丈の長さに特攻服?とか思ってしまったのはヒミツだ(笑)。

 

握手会をやって、イベント終了……と思いきや、

急遽、涼ちゃんの撮影会が1時間追加されるらしい。

というわけで、そちらにも参加。

序盤の衣装は、黒のウエイトレス風にピンクのメイド服。

真一涼

 

終盤は……これはなんていうんだろ? 襦袢?

真一涼

この写真では、なんかようわからんとは思いますが(笑)。

インナーはキャミソールになってたり。

 

っとまぁ、正味3時間ほど。

ガッツリ撮影するという感じではなく、

のんびりとだったのが、ええ感じでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

奥華子 新星堂プレミアムイベント

先週の大阪に引き続き、今週もライブでやんす。

今日は、新星堂のプレミアムイベント。

タイトルに“プレミアム”とあるように、新星堂での「TIME NOTE

購入者を対象にした、抽選による招待ライブなのだな。

これまでも何度か抽選ライブに応募したことはあったけれど、

当たったのは今回が初めてだったりして。

 

インビテーションカードを片手に、イベント会場へ。

現地に到着すると、ちょうど入場前の整列中だった。

カードに番号が入っていたから、この順に整列して

入場するんだろうなという読みが的中。

今日は時間ギリギリとまではいかないまでも、

ゆっくりめの行動だったけれど、間違ってはいなかったようだ(笑)。

 

入場までの待ち時間には、今日のライブで

歌う曲のリクエストを受け付けが始まった。

リクエストできるのは、TIME NOTEの収録曲+シングル曲から、1人3曲ずつ。

って、タイムカードも入ってるけど、マジかいや?

あたしゃ、「さよならの記憶」、「タイムカード」、「やさしい花」をチョイス。

さてさて、リクエストの結果はどうなるかな?

 

ほどなくして、入場が始まる。

受付を済ませて飲み物を受け取り、テーブル席へ。

ステージ目の前に置かれたテーブルに

空きがあったので、そこを確保っと。

 

周囲を見ると、参加者は50~60人といったところかな。

自分が当選するぐらいだから、もっと大人数かと思ってたんだけどね。

しかも、先週の大阪&銀座での抽選ライブ、そして今日の新星堂のイベントと

計3回の抽選ライブがあったなかで、今回の応募者数が最多だったのだとか。

そしてその一方で当選者数は最小で、かなりの狭き門だったようで。

そこに参加できるってのは、うれしいなぁ。

 

また、会場内のモニターには、奥華子関連映像が流されていいる。

そのなかには、2004年?に千葉テレビで流れたという映像も含まれていたり。

実はこれ、見たかった映像だったんだよね。

 

開演時間となり、客席の拍手に迎えられて華ちゃんが入場。

まずはライブからスタート。

 華:「リクエストのトップ3には入っていなかったけれど、歌いたかった曲です(笑)」

と、

 01.僕が生まれた街

やべぇ、早くも泣きそうだ(笑)。

つい1週間前には、1037人の観衆を前に大きなステージに

立っていた彼女が、今日はこの空間にいる50人だけのために、

しかも自分のすぐ目の前で歌っているわけですよ。

これって、すげぇ贅沢なことじゃない?

そんなことを考えてたら、ジーンときてしまってね。

 

すき家のねぎ玉牛丼がお気に入りだというMCに続き、

 02.さよならの記憶

はい、この曲もヤバいっす。

がんばって、こらえろ俺(笑)。

今日のライブは、拍手のタイミングが素晴らしかった。

参加者みんなが、曲が終わってキーボードから指が

離れるまで聴き入るという感じでね。

 

ここのMCでは、入場前のリクエストの話題に。

歌い手と聴き手の意識ににギャップはないか?という

リサーチという意味合いもあったみたい。

そして、「ガーネット」や「変わらないもの」が

不人気だったことが意外だったようで。

この結果は、たぶんリクエストという形だったからじゃないかな?

みんな聴く機会が多い曲よりも、レア曲を優先したのかもね。

 

次は、リクエストで人気があったという

 03.プレゼント

参加者の手拍子もバッチリそろってて、楽しかったな。

そして、

 華:「これからは、もっと明るい曲を作ります」

だそうな(笑)。

また、この曲の詞は、当初「意味がわからない」と

ダメ出しをされていたとのこと。

でも、華ちゃんは「大丈夫」と押し切って、

アルバムに収録されることになったのだとか。

んー、意味わからないってことはないよなぁ。

そして、

 華:「ロールキャベツというタイトルにしないで正解でした(笑)」

そりゃ、そうだわね。(^_^;

 

 華:「みなさんが、一番聴きたかった曲です」

 04.恋

俺はリクエストに入れなかったけれど、大好きな曲。

「さよならの記憶」と、最後まで迷ったんだよね。

最近のライブで定番となりつつあるけれど、

それもわかるような気がするな。

 

今回のイベントを主催する新星堂が、奥華子の

メジャーデビューのきっかけを作ったということは、

ファンの間では有名な話。

柏の新星堂の人が、当時路上ライブをしていた彼女のことを、

ポニーキャニオンの営業さんに伝えたのだとか。

そういうめぐり合わせもあっての選曲かな。

 05.やさしい花

今日は少人数のライブだということもあってか、華ちゃんが

参加者一人ひとりの「個」を、より意識して歌っているように感じた。

いつも以上に、ダイレクトに心へ響いて、すごく感動的だったな。

 

ライブ後には、壁に貼っているポスター付近の目隠しが、

いっせいにはがされる。

そこには、昔のライブのDMやアンケート用紙、イラスト、写真などなどの

掲示物があり、いわば「奥華子の歴史」コーナーとなっていた。

中には、「やさしい花」の歌詞が完成するまでの変遷もあったりして。

全部で5パターンあったんだけど、これは貴重だなぁ。

また、「奥華子の歴史」コーナーの公開と同時に、

ステージ前ではツーショットポラの撮影が始まっている。

いつものフリーライブは撮影禁止だから、これもまた貴重だぁね。

 

ポラ撮影に続いては、ジャンケン大会。

賞品は、「TIME NOTE」のノベルティのノート……ベタだな(笑)。

まずは、参加者全員が起立。

勝った人だけが残って、負けとあいこの人は

着席していくというルールで、ゲーム開始!

自分は1戦目に勝利したものの、2戦目に敗退。

そして、ここで4人がノートを獲得。

ラスイチの賞品をかけた第2回戦へと突入する。

でも、あたしゃ、ここでも1戦目○で2戦目×という結果に。

しかも、2戦目で残り1名が美しく決まる……決まるのが早いな(笑)。

実は、グーチョキパーを1回戦と2回戦で逆にしてれば勝ち抜けたから、

惜しかったといやぁ、惜しかったんだけどね。

ちょっとばかり、読みが甘かったわ。(^_^;

 

最後には、ツーショットポラにサインを入れてもらう。

目の前でサインを書いてもらうのは、久しぶりだな。

おや、今日の名入れはカタカナだ。

そしてそのときに、「そろそろ華ちゃんのことを知ってから

1年になるんだよね」という話をふってみたり。

そう、「空飛ぶ!爆チュー問題」で聴いた「魔法の人」が

きっかけだったんだよな。

番組で流れたのは、ほんの10秒足らずだったんだけど、

妙に耳に残ってCDを買ったんだっけ。

「そのときの華ちゃんは、ネズミのカッコしてたよ」と言うと、

 華:「ぐはっ……」

いや、「ぐはっ」とは言ってない、雰囲気ね(笑)。

でも、「空飛ぶ!爆チュー問題」で知ったという人は、

あまりいないのだとか。

わしゃ、レアケースか。(^_^;

 

プレミアムの名のとおり、今回のイベントは

濃密で満足感の高かったなぁ。

次の機会があるならば、ぜひとも参加したいところ。

だけど、こればかりは運の要素がデカイだけに。

まぁ、そこは地道に応募するとしますかね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

奥華子史上最大の無料ライブ in 大阪野音

奥華ライブ、今回は大阪!

前日入りして友人の家で一泊。

そして、その友人と一緒に行ってきたっす。

タイトルの「史上最大」は、会場である大阪屋音のキャパのこと。

約3000人というその数字が、奥華子史上最大なのだな。

そんなこんなで、彼女自身、無料ライブに引っ掛けて

「無謀ライブ」なんて言ってたり。(^_^;

 

11時半ごろに、大阪城公園に着。

大阪城音楽堂のそばには、すでにかなりの行列ができていた。

天気も上々で、週間予報にあった傘マークは

いったいなんだったんだろう?と思えるほど。

暑いぐらいの日差しですわ。

 

会場からのリハの声が聞こえてくるのは、屋外会場ならでは。

でも、今回はさすがにリハは観られないだろうな。

と思いきや、開場となっても音響のセッティングは続いていた。

これは、華ちゃんのライブならではかね。

でもって、リハをしながら、お客の出足のよさに驚いていたみたい。

 

入場時には、アンケート用紙とメッセージ入りのチラシに加えて、

チケットの半券をイメージした?カードがもらえた。

カード

こういった記念品のようなものって、うれしいんだよね。

 

席は、5列目の上手側を確保っと。

ステージには、いつものキーボードとスピーカーが4本。

そして、こんな幕が掲げてあった。

ステージ

「はじめまして奥華子です!!」というメッセージ、華ちゃんらしいな。

リハが終わったタイミングで、客席をバックにちょっとした記念撮影も。

……それにしても、今日は暑いぞ。

客席に日差しをさえぎるものがないから、こりゃ焼けるな。(^_^;

 

予定どおり、13時に開演。

ふだんは歩いて姿を見せる華ちゃんが、今日は珍しくかけ足。

予想していたよりもお客の入りがよかったようで、

 華:「もう泣きそうなんですけれど」

と、興奮気味だったり。

たしかに、空席はあるもののかなり埋まっているように見えるな。

 

 01.小さな星
 02.春風
 03.ta.la.la

路上でも1曲目に歌うという、「小さな星」からのスタート。

「春風」のときには、会場内に心地よい風がさっと吹き込んできた。

そして、小鳥が飛んできて、まるで彼女の歌声に耳を傾けているかのよう。

新年会イベント以来となる「ta.la.la」は、手拍子で盛り上がる。

久しぶりに聴けてうれしかったな。

スケジュールの都合で、自動車免許をあきらめて作ったという

 04.ガーネット

そして

 05.魔法の人

と続く。

 

今日は、ハンドマイクを手にしてステージを歩きながらのMC。

大阪の印象に始まり、お兄さんの名前が太郎なので

太郎&華子の兄妹だというネタや、

お父さんが淡路島出身で、開場に親戚が応援に

駆けつけているという話を披露。

また、朝にホテルの近くをランニングしていたら、

口の中に小さな虫が入ってテンションが

下がってしまったという話題も。(^_^;

 華:「今は大丈夫です」

と言っていたけれど、

 華:「1匹ぐらい食べちゃったかも」

なのだとか(笑)。

 

今日は母の日ということで、

 06.伝えたい言葉

続けて

 07.その手

「その手」は、通称“しつこい曲”と言われているそうな。

……なるほど(笑)。

 華:「次は、さらにしつこい曲です」

と、

 08.恋

どうやら俺は、しつこい系の曲が好きらしい。(^_^;

 

古着をたとえに、人と人とのつながりを意識するという

話に続いて、

 09笑って笑って

 

また大阪野音でライブをやる機会があったら、

今回の空席だったところや芝生席も含めて、

人が入りきれないくらいにいっぱいにしたいと語り、

 華:「今日、席を埋めてくれた人たちに感謝をこめて」

と、

 10.やさしい花

大好きな曲だから、このMCのあとに歌ってくれたのが、

すごくうれしかったな。

大阪でも会場が埋め尽くされる日がくるのは、遠くないと思うけどね。

しかし、俺がはみ出す事態だけは避けたいところである(笑)。

 

 華:「次が最後の曲です」

華ちゃんに促されて、客席全体がスタンディング状態となり、

 11.自由のカメ

奥華子ライブにおいて、この光景は実に貴重かも(笑)。

手拍子も入り、ラストは大合唱で〆。

いや〜、楽しいな。

 

アンコールでは、

 12.花火

まだ時期が早いから、これは完全に予想外の選曲だった。

でも今日の日差しは、夏そのものって感じだったもんな。

そして、今日の入場者数が1037人と発表された。

数字の上では会場のキャパの1/3だけど、

視覚的にはもっと埋まってるように見えたなぁ。

 

ライブ後には取材のカメラが加わり、客席を背景にした記念撮影

ちゃんと、上手、下手、センターと撮ってくれたのが、うれしかったわ。

また退出時に、お見送りをかねた握手会まであったのは感激だったな。

 

大阪の青空の下、どこまでも響いていく、

彼女の歌声に身をゆだねて、思い切り吸い込んで。

今日のライブは、なんだかいつも以上に胸にしみた。

そして、この場にいることができて、1/1037になれてよかったと感じた。

ホント、観にいった甲斐があったってもんですわ。

なお、同行の友人は、すっかりハマってしまった模様。

ホント、連れてった甲斐があったってもんですわ(笑)。

 

でっ!

帰宅したら、5月19日にある新星堂の

奥華子プレミアムイベントの抽選に当選してた♪

今まで、この手の抽選に当たったためしがなかったから、すごくうれしい。

ちぅわけで、今度の土曜は休日出勤NGですな(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

大阪着

大阪着
友人と呑み中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

連敗ストップ

リンク: 阪神 連敗ストップ…アニキ先制弾:デイリースポーツonline

阪神3-2巨人 阪神が連敗を9で止めた。一回に金本の2ランで先制し、五回に鳥谷のソロで加点。1点差となった六回途中から先発福原に代えて久保田を投入し、ウィリアムス-藤川とつないで逃げ切った。

昨日の試合。

葛城の代打アーチで勝ち越して、JFKが登板して……という、

普通に考えたら勢いの出る展開で勝てないんだったら、当分ダメかも。

なんて思っていたけれど、連敗脱出は意外と早かった。

そもそも直前にはヤクルトを3タテしていたし、

こんなに黒星を連ねるとは思ってもみなかったわけですが。

最下位……ああ、この感じ、懐かしい(笑)。

 

連敗中の試合展開は、打てない→点を取られるとマズイ→

ピッチングがきゅうくつになる→先取点取られる→打てない→

これ以上点をとられるとマズイ→ピッチングがきゅうくつになる→

追加点取られる……というパターン。

惜しい負けってのが、ほとんどなかったもんねぇ。

 

9連敗はしたけれど、同一カード3連敗は1つだけ。

雨天中止で3連戦が2連戦になったカードが2つあったと

いうことも、ここまで連敗を拡大した要因だろうね。

3タテというのは、するほうもされるほうも難しいもんですよ。

それと、井川の抜けた穴。

年間200イニングという、勝敗を超越した大きな穴は

そう簡単に埋まるもんではないよな。

 

連敗も止まったことだし、明日からの対ヤクルト3連戦を

スッキリと……って、直接対決じゃねぇか。(^_^;

足場を固めちゃ、やーよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

奥華子ライブ@柏高島屋

約2週間ぶりの華ウタを聴くために柏高島屋へ。

連休中の予定らしい予定が、ようやくお出ましですよ(笑)。

 

今日のライブはスタートが16時と、いつもよりゆっくりめ。

でも、会場が狭いという話を聞いていたので、

ちょいと早めに柏へ向かうことにする。

そして、まずは柏駅近のモスバーガーで遅めの昼メシをば。

CMでやっていた新モスバーガーを試したんだけど、

ここしばらくモスを食ってなかったこともあって、

旧タイプとの細かな違いはわからずじまいだった(笑)。

 

腹ごしらえが済んだあとは、高島屋T館を目指す。

柏駅と直結したエントランスの階段にステージがあり、

すでにスタッフの人がフライヤーを配っていた。

屋外で日差しが強いから、リハが始まるまでは日陰でのんびりと

……と思っていたのだけれど、ステージでは盲導犬の

デモンストレーションイベントが始まる様子。

場所取りも兼ねてステージ前で見たんだけど、

盲導犬って、グタ~~~っとリラックスしているときでも、

名前を呼ばれるとシャキッとするのね。

人を誘導するデモもあったんだけど、ホントすごいわ。

でも、見た目も性格も穏やかで、すごくかわいいの。

そういや、「やさしい花」が介助犬のCMソングになってたっけ。

ここにある、「喜びを共に」篇ってやつ。

映像と楽曲がマッチしたすごくいいCMで、

かなりのお気に入りだったり。

 

盲導犬イベントが終わると、機材のセッティング始まる。

そして、TIME NOTEのTシャツ&ニット帽姿の華ちゃんが

ステージに姿を見せ、リハもスタート。

音合わせ中には、スピーカーがボワ~という音を発して、

華ちゃんがスピーカーを指差して「これ?」と、

お客さんにたずねる場面もあったり。

そして、

 華:「雷かと思った」

大丈夫、今日は天気が崩れてないから(笑)。

 

16時ギリギリまでリハは続き、立て続けに本番へと流れ込む。

【セットリスト・16時】
 1.桜並木
 2.春風
 3.ガーネット
 4.恋
 5.やさしい花

春の装いな、2曲でスタート。

「春風」は初ナマ歌だわ。

季節モノの曲だから、この時期にしか歌わないんだろうな。

16時の回ラストは、ここのところ毎回聴けて

すごくうれしい、1stシングルの「やさしい花」。

これは、柏駅での路上ライブがメジャーデビューの

きっかけになったことからの選曲なのだとか。

それだけに、彼女自身の柏への想いも強いみたいだね。

 

ライブ後は、サイン会ではなく握手会。

その代わり、サイン入りのミニ色紙がもらえました。

ああ、やっと話せた……(笑)。

 

握手会終了後は、2回目のステージに向けて、

またしても音合わせが始まる。

これは珍しいケースだな。

さっきのリハでは、時間が足りなかったのかな。

こちらとしては、たっぷりと歌声を聴けてうれしい限り(笑)。

肝心の音のほうも、よいよいセッティングになった模様。

 

そして、本日2回目のライブが始まる。

【セットリスト・18時】
 1.ガーネット
 2.僕が生まれた街
 3.魔法の人
 4.帰っておいで
 5.伝えたい言葉

音作りが16時の会と変わっているせいか、

真正面からの音の迫力が増しているように思える。

そして薄暮の中で響く歌声に、しんみり&癒された……。

夕暮れ時の屋外で聞く華ウタって、なんとも言えずいいものだよなぁ。

 

途中のMCでは、

 華:「みなさんにお知らせがあります」

なんだろう?と思っていると、7月にリリースされる

渋谷C.C.LemonホールでのライブDVDのことだった。

なんと、当初は70分だった収録時間が120分になったそうな♪

この収録時間の件は、公式サイトのBBSでも喧々諤々してたしねぇ。(^_^;

俺も書き込みまではしなかったけれど、生のステージの半分しか

収録されないのかと思ってたから、これはすごくうれしいなぁ。

 華:「これは簡単にできることじゃないんです」

ということを、ファンの声に耳をかたむけつつ

実現してくれるのは、本当にありがたいことだよね。

 

ライブ後には、2度目の握手会。

ふだんは自分の順番が済んだら、すぐに帰っちゃうんだけど、

今日はなんとなく残っていた。

そうしたら、握手会終了後に

 華:「みなさんと記念写真を撮りたいのですが」

うを、残っててよかった!

しかし、思いもよらぬ展開に出遅れた!(笑)

たぶん、写ってるとは思うけれど、はたして?

ブログにアップされたら確認してみよっと。

 

本来であれば、明日は横浜でライブがあるんだけど、

雨天中止なうえに天気予報は大荒れ。

連休の予定は、これで打ち止めかな。

ま、来週には大阪行きという大きな予定が控えているし、

そっちを楽しみに待つとしますかね。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年5月 2日 (水)

辛抱たまらん

人間誰しも、辛抱たまらんときってあるよね。

俺は今日がそうだった。

ってなわけで、会社をあがってから二郎へ行った。

しかも、片道90分な野猿だ(笑)。

 

前回、野猿街道店2を訪れたのは、

かれこれ半年ほど前になるかな?

さすがに遅い時間だったので、ブタは品切れ。

というわけで、小つけ・ニンニク。

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2:小つけ・ニンニク

ヤヴァコレ! ウマス! ウマス! 

スープも麺もブタもヤサイもパーフェクツ。

でも、なんだか盛りがおとなしいような?

実際、サクッと食い終わってしまったし。

……大にしてもよかったかもなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »