« 虎が、来た | トップページ | 奥華子ライブ@2007あつぎ鮎まつり オープニングライブ »

2007年7月29日 (日)

MIDNIGHT FROWER TRAIN【感想編】

この土日は、火曜に続いて舞台観劇へ。

こないだも書いたけど、フラワーが「FROWER」なのは、

スペルミスではないっす。

 

「MIDNIGHT~~」の上演は、なんでも今回で5回目らしい。

劇団の創立15周年記念公演第2弾だけに、

朝倉さんの思い入れの強い作品を持ってきたのかな。

自分が観るのは、今回で3公演目になるか。

昨年の上演で観たばかりということもあって、

感想には少々比較も入ってしまうかも。

 

処女のストリッパー・弁天マリアと、一座を率いて

ストリップのなかに芸術を追い求めるキャサリン青田。

かつては、バレエのプリマの座を争っていた2人が、

ストリッパーとして再会するところから物語は始まる。

そして、白鳥の湖の配役をめぐり、いろいろとあった彼女たちを通じ、

「女の子同士の友情は成立するのか?」というテーマが描かれる。

……っとまぁ、ストーリーに関しては、すでに知ってるんだよな。(^_^;

 

ステージ上は、ストリップ小屋の控え室という設定。

それがアトリエの空間とマッチしていて、なんともいい感じ。

ただ、冷房がまったく効いてなかったのには、正直まいった。

元々、夏場に観客を入れて演劇をすることを前提にした

部屋じゃないから、致し方ないところではあるけどね。

火曜日にはなかった扇風機が設置されてたり、

席にうちわが用意されていたりしたけれど、

お客も役者も汗だくに……。(^_^;

 

今回の弁天マリア(塩山みさこ)は、「強さ」のイメージが

大きかったように思えた。

個人的には強さと同時に、もう少し儚さも

感じられるとよかったかなぁ?

まぁ、このあたりは好みの問題だと思うけど。

 

マリアの弟子の天神お染(山本奈美)は、自閉症という設定。

セリフがほとんどないけれど、ストーリー上の

重要なポジションを担うという難しさがある役だわね。

加えて、演じていたのが新人さんだということを

知ったうえでの感想だけど、

ちょっとばかり存在感がなかったような気がしたかも。

とはいえ、存在感を出しすぎてもいかんのだけどね。

 

先日のエントリでも書いたけれど、

今回のキャサリン一座は濃ゆかったわ(笑)。

特に、マリリン(北原マヤ)&オードリー(真一涼)の

コンビがコミカルでね。

 

マリリンは金髪のカツラで、見た目も動きもモンローぽく?

でも、寝るシーンでは黒髪になっていて、

設定上もカツラだということが発覚。

舞台だけじゃなくて、普段からつけてる……のか?(^_^;

 

一方のオードリーは、特にヘップバーンぽくはなかった。

……って、そこを狙ってるわけではないが(笑)。

それにしても涼ちゃんは、こういった

テンションの高い役をやるのがうまいね。

 

もうひとり、キャサリン一座のフランソワ

(西本早希/翠川ゆき)は、ダブルキャスト。

最初に西本バージョンを観て、セリフの言い回しが

妙に色っぽすぎる?という印象を受けた。

最初は、もっさんの演技だから?と思ったんだけど、

あとから観た翠川バージョンも同様だったりして。

なので、そういう演出だったのかな?

自分の中では、フランソワは昨年の公演の

天真爛漫なイメージのほうが強いかも。

 

そして、流しの歌手役の長谷川雄二さん。

先日のエントリでは、中山有馬と書いてしまったけれど、

劇中の名前も長谷川雄二だった。

長谷川さんは本物の歌手で、登場時には劇中歌を、

その後、ギターの弾き語りで「卒業写真」「オリビアを聴きながら」といった

おなじみの曲に加え、持ち歌の「踊り子」を披露してくれた。

特に「踊り子」の歌詞は、「MIDNIGHT~~」の内容に

寄り添ったイメージで、よかったなぁ。

でも、最初に歌った元々の劇中歌は、

本来の長谷川さんの楽曲とは程遠い演歌。

流しの歌手なのだから、初めから弾き語りにして、

演歌はカットしてもよかったんじゃないかな?

 

……っと、出演者を中心にした感想でまとめてみたり。

書いてない役もあるけれど、そこは気にしない方向で(笑)。

|

« 虎が、来た | トップページ | 奥華子ライブ@2007あつぎ鮎まつり オープニングライブ »

コメント

腐乱ソワと歌の所は我も同意見だわ。

つーか、もっさんdayの時はまーくんの隣に座ったかね?(笑)

投稿: K-タイガー | 2007年7月30日 (月) 01:26

to Kタイガー

役の作り方は、いろいろあるからねぇ。
毎回おんなじじゃ、つまらんってのもあるけどな。

>つーか、もっさんdayの時はまーくんの隣に座ったかね?(笑)

幸いにも、回避。
魔&八コンビが隣り合ってたよ(笑)。

投稿: #135/さぽたん | 2007年7月30日 (月) 21:56

この時期のエルスタスタジオは蒸し風呂状態ですか(^^;)。
しかも観客は男ばっかり・・・とか。
もともと練習用の場所ですよね?

投稿: ムーンライトチェリー | 2007年7月31日 (火) 00:02

to ムーンライトチェリーさん

そうそう。
劇団の稽古場に、お客さんを入れての公演です。
イベントのお客はヤローばっかだけど、
お芝居のときは女性客もフツーにいてますよ。

投稿: #135/さぽたん | 2007年7月31日 (火) 22:05

観劇、お疲れ様でした。

元気いっぱいに踊る涼ちゃんは、可愛かったですね。

投稿: あかみん | 2007年8月 1日 (水) 00:37

to あかみん

オチカレ!(=・ω・)ノ
下手ウマに踊るって、難しそうだよね(笑)。

投稿: #135/さぽたん | 2007年8月 1日 (水) 03:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/15941337

この記事へのトラックバック一覧です: MIDNIGHT FROWER TRAIN【感想編】:

« 虎が、来た | トップページ | 奥華子ライブ@2007あつぎ鮎まつり オープニングライブ »