« 呼ばれた | トップページ | 奥華子 2007 秋一番LIVE@サンストリート亀戸 »

2007年9月 2日 (日)

2000本の重さ

 リンク: スポーツナビ|「天才」前田智が涙の2000安打達成.

孤高の天才打者が、ついに大記録に到達した。広島・前田智徳外野手(36)が1日、中日(17)戦(広島)の八回に久本から右前打を放ち、衣笠祥雄氏、山本浩二氏、野村謙二郎氏に続いて球団史上4人目、プロ野球36人目の2000本安打を達成した。両足のアキレス腱手術など、幾多のケガを乗り越えての快挙達成。赤く染まったスタンドからは拍手が鳴りやまなかった。

普段は結果を出してもニコリともせず、

感情を押し殺しているかのような姿でプレーを続ける。

それだけに、この日のインタビューで流した前田の涙は、

本当に感動的だった。

 

本来なら走攻守そろった選手のはずだったのに、

両アキレス腱の故障が前田からスピードを奪ってしまった。

本人にとっては、唯一残ったともいえる打つことに関しても、

計り知れない影響があったと思う。

もし前田の両足が普通の状態だったとしたら、

どれだけの選手になってたんだろう?

 

おそらく、自分が今までに見てきた中で、

最高の2000本安打達成だったと思います。

本当におめでとうございます。

|

« 呼ばれた | トップページ | 奥華子 2007 秋一番LIVE@サンストリート亀戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/16317475

この記事へのトラックバック一覧です: 2000本の重さ:

« 呼ばれた | トップページ | 奥華子 2007 秋一番LIVE@サンストリート亀戸 »