« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の13件の記事

2007年9月30日 (日)

朝倉薫演劇団創立十五周年記念公演第三弾 「男たちの日記」

 土曜&日曜と、中野坂上へ舞台観劇に。

2カ月にいっぺんのアトリエ公演、上演作は「男たちの日記」。

再演だけど、自分が観るのは今回が初めてだな。

 

今回の公演のストーリーを簡単に書くと、こんな感じ。

 ──舞台は崖の上に建つホテル。

 少年時代の友人5人が同窓会という名目で集まるが、

 その招待状には、 戦争ごっこをして遊んだ

 15年前の夏の日に崖から転落死してしまった

 ガキ大将の名が差出人として記されていた──。

 

そして今回の公演は、同じ物語を男性キャストと女性キャストが

それぞれに演じるという試みがなされた2部(?)構成。

キャスティングは、下記参照で。

【男組】
 佐藤正光……安達竹彦
 坂口俊也……渡部荘一郎
 上田直記……樋口昇兵
 高木英夫……睦 光壱
 中村 明 ……塩川逸武

【女組】
 佐藤正光……北原マヤ
 坂口俊也……海藤 純
 上田直記……桜井まり
 高木英夫……幕田美子
 中村 明 ……小林 慧

 

いつもは朝倉さんの前説ののちに開演するのだけれど、

今回は、いきなり暗転して上演開始……と思いきや、

前説を含めた演出となっていた。

「世にも奇妙な物語」のタモリのような雰囲気といえば、わかりやすいか?

こういう演出は、スマートで好きだな。

 

内容に関しては、どういう視点で観ればいいんだろう?と悩んでしまった。

ガキ大将の亡霊(?)が出てくるからホラー?

ガキ大将を崖から突き落とした犯人を探すからサスペンス?

でも、どっちもしっくりこないんだよな。

描かれているものは、そんなジャンルとは関係ない

もっと何気ないもののような気がする。

そのあたりが読みきれなかったかも。

展開が急すぎる印象があったのだけれど、

もしかしたらフルバージョンではなかったのかな?

 

描写などがオーソドックスな男組に対して、

女組のほうは衣装が白で統一されていたり、

殺陣が舞うようになっていたりと、イメージで見せる形に。

ダンスも、男組よりもカッコいい振り付けだ。

ほかにもBGMや立ち位置といった、細々としたところが

変わっていて、男組のアレンジ版として観ることができた。

ただ、女性が演じる男役ということもあって、

セリフ回しが低い声となっていた点は違和感があったかも。

男組を受けての女組なのだから、普通の発声でもよかったような?

そうした場合にどうなるかは想像の域を出ないし、

検討した結果の選択だろうから、なんともいえないけどね。

それと、拍子木を使った演出は、女組のイメージには

合わないような気がしたかな。

 

全体的には、男組のほうがよかったかなぁ?

プールのシーンは、迷いなく女組のほうを選びますが(笑)。

女組は、すでに男組を観ているという前提で構成されてるから、

比較されてしまうとある意味損なのかもしれないね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

今度君に会ったら

先日のエントリでチラッと書いた、aikoとKANのセッション。

 

この動画を見てからというもの、

KANが歌う原曲をどうしても聴きたくなった。

 

元々KANは好きで、かつてはよく聴いていたし、

実は半年前に最新のアルバムを買っていたりして。

でも、ニコ動で聴くまでは、この曲の存在を知らなかったんだな。

調べてみると、11年前に出た「MAN」というアルバムの収録曲らしい。

ただし、すでに廃盤だから、中古市場を探すしかないっぽい。

1作前のアルバムは持っているというのに……惜しいな(笑)。

 

amazonに出ている中古は、ちょいとお高めな

気がしたので、足で探してみ-ますかね。

というわけで、ブックオフをはじめとする、

中古CDを扱う店をめぐってみた。

 

……見つからん。(´д`)

そもそも、棚にKANのコーナーがない。

ならば……と、「か行」のところを見ても、

そこにKANのCDがあることのほうが稀なんだな。

さすがに、法則性もなく雑多に置かれた

安売り品のコーナーまで、くまなく探す気にはなれず。

 

そこでヤフオク。

お手ごろプライスの出品を見つけたので、落札っと。

MANMAN
KAN

曲名リスト
1. 涙の夕焼け
2. 8デイズ・ア・ウィーク
3. MAN
4. 夏は二の腕発情期
5. 今度君に会ったら
6. ディスコ80’S
7. ひざまくら~うれしい こりゃいい やわらかい
8. オータム・ソング
9. ミスター・ムーンライト
10. 指輪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いや~、いいよ。これ。

KANらしい、遊び心と温かさにあふれた、

粒ぞろいのアルバムですわ。

特に、ラストのバラード3曲の流れがキレイだなぁ。

そして、お目当ての「今度君に会ったら」。

たぶん、アルバムがリリースされた当時の自分よりも、

今の自分のほうがこの曲のよさを理解できるような気がする。

 

なんだか、ほかのアルバムも聴きたくなってきたな。

でも、何枚かは実家に置きっぱかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

阪神オワタ\(^o^)/

……とでも言いたくなる5連敗。

今年のような大接戦の末に優勝を逃した、

92年と同じような空気が漂ってきているのですが。

このまま尻すぼみではあまりにも悲しいので、

今一度……今一度……。(´・ω・`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

奥華子ライブ@ビナウォークミュージックディライト

奥華ライブで、海老名ビナウォークへ。

ライブは亀戸以来、約20日ぶりかな。

なんか、詰まりすぎず空きすぎずで、ちょうどいい間隔かも。

仕事が立て込んでいる20日の週の土曜日だったので、

出勤になる可能性もあったのだけれど、それは回避。

さすがに今日を逃すと、間隔が空きすぎてしまうのでよかった(笑)。

 

小田急線で海老名へ向かうさなか、携帯に全国ツアーの

チケットのキャンセル席販売のお知らせメールが届いて、

ちょっとばかりドタバタしたものの、予定通りに現地着。

いつものように、開演1時間前にはリハがスタートする。

 

ミュージックディライトは、仮設ステージのみで座席がない

スペースでのライブだから、前方で観るとなると、

地べたに座ることになるわけで。

ただ、経験上それだと音が頭上を飛び越えていくように

聞こえるんだよね。

なので、立ち見が許されそうなギリギリのラインを狙ってみたり。

 

14時ちょうどに1stステージが始まる。

ミュージックディライトへの出演は、今日で15回目なのだとか。

思えば、2回まわしのライブって久しぶりかも。

 1-1.魔法の人

おー、この曲も久しぶりな気がする。

音の聞こえ方もバッチリですよ。

それもそのはず。

リハのとき、自分のすぐそばで音を聴きながら

音響のセッティングしてたんだもん(笑)。

 

自己紹介がてらのCMソングコーナーとして、「いまのりくん」。

さらには、「お部屋探しマスト♪」まで口ずさんでくれたのは、

ちとうれしかったな。

 

 1-2.変わらないもの

この曲を聴いている最中に、それまで日陰だった

自分のいた場所を、陽射しが直撃するようになってしまった。

9月とはいえ気温30度オーバーなもんで、けっこう暑い。

すると、曲後のMCで、

 華:「後ろのほうの方に直射日光が……日焼け、気をつけてくださいね」

……と気遣ってくれた。

歌だけではなく、こういった人柄のよさも彼女の魅力だぁね。

 

前日の路上ライブで、ほかの曲との

知名度の差にあらためて驚いたという、

 1-3.ガーネット

自分が今、一番聴きたい曲かもしれない

 1-4.迷路

と続く。 

 

そして1stステージのラストには、なんと初披露の新曲が控えていた。

まったくの予想外だったので、これはうれしい。

 1-5.最終電車

恋人と会ったあとの帰り道。
またすぐ会えるのに、さびしくて不安で、
最終電車の中でひとり、涙がこぼれた。

……そんな、女性視点の曲。

男の自分は、この曲の主人公に愛おしさを感じたかな。

 

1stステージと2ndの間には、サイン会が開催される。

今回からは参加券に整理番号が入って、

150番までは2ndステージ開始前の、

151番以降は2ndステージ終了後のサイン会に

参加できるというシステムになった。

10人ずつ案内される形式だから列が長くならないし、

待つ間を自由にしていられるので、いいかもしれないね。

自分は、2ndステージ終了後にしとこっと。

 

15分ほどサイン会が押してしまい、

ほとんど休むまもなく2ndステージが始まる。

華ちゃん自身にそういう意識はないのかもしれないけど、

いつものことながら大変だなぁ。

冒頭で2ndステージの開始が遅れたことを謝っていたけれど、

いつも長い時間、一人ひとりに対して心をこめて

サインしてくれる姿を見てるから、誰も何も言わんよ。

 

 2-1.変わらないもの

2ndステージも、立ち見最前列という位置取りで聴く。

実は、このポジションというのが素晴らしくてね。

目の前の人がしゃがんでるから、自分とステージの

間をさえぎられないというのが、まずひとつ。

でもって音だけでなく、華ちゃんの視線も真正面から

捉えられる(と感じる)ので、歌声がより強く伝わってくるんだな。

 

2曲目は、1stステージでも歌ってくれた新曲。

 2-2.最終電車

駅前で路上ライブをしているときに見た、駅から出てくる人。

そこからイメージをふくらませて作った曲なのだとか。

音域が若干高め?なのもあって、ホントにかわいらしいな。

ツアーでも新曲を披露してくれるらしいので、

11月がホント楽しみだわ~。

 

続いては、CMソングコーナー。

2ndステージでは、いまのりくんだけでなくTEPCOも聴けた。

 

 2-3.ガーネット

……を歌い終えたあとのMC。

海老名というと、ライブの日に雪が降ったり、

電車に赤メガネを置き忘れてしまったりと、

なにかとアクシデントが多いイメージがあるらしい。

はたして今回は……?

先日、親不知を抜いたときの痛み止めを

家に忘れてきてしまったのだとか。

でも、幸いにも痛みは出ていないそうで何より。

 

 2-4.迷路

すごい。この曲、聴くたびに強くなってきてる。

こういうのを目の当たりにすると、

奥華子の根っこの部分はライブにあるんだなと思う。

 

ラストは、

 2-5.恋

何度となく聴いてきたこの曲だけど、今日はいつも以上に

気持ちが入っているように思えて、すごくよかったなぁ。

 

今日のサインは、「ガーネット」の裏ジャケに入れてもらう。

初めてのサインも、同じ場所に書いてもらったんだよな。

海老名ということで、サインと一緒にエビの絵を描いてくれた。

でも……ごめん華ちゃん。

最初、エビだとわからんかった(笑)。

なんだろう?と思ってのぞきこんでたら、

 華:「エビです……強引だけど(^_^;」

ここで初めて、「あー」みたいな(笑)。

 

次の予定は。今のところ1カ月後の柏かな。

来週の日田は……さすがに行けねぇっす。(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

争奪戦 ─2nd Stage─

奥華子のライブがある海老名へと向かう電車の中で、携帯にメールが着信した。

その内容は……

Subject:ご案内

この度は奥華子HP先行予約にお申し込み頂き、ありがとうございます。
このメールを受け取られた方を対象にキャンセル席の受付を行います。
受付公演は……

な、なんだってー!!(AA略

先日の抽選に外れてしまい、どうしたものか?と思っていた

ツアーファイナル横浜のチケットを入手するチャンスが早くも!

しかし、PCのメアド宛てだったら、このタイミングで気づいてないよ。

初回の抽選に外れたとはいえ、携帯のメアドで

申し込んでいて大正解だった。グッジョブ、俺(笑)。

 

で、受付はいつからよ?

ローソン店頭Loppiで9/22(土)14:00~26(水)の期間中に申し込みください。

なにも、今日のライブと同時刻に始めなくても……。(^_^;

特に今回は抽選ではなく先着順の受付なので、

早いとこ何とかしたいけど、身動き取れないよなぁ。

そもそも、海老名駅そばのローソンてどこよ?(笑)

 

しばしの思案ののち、ここは友人に頼んでみることに。

まずは、昨年12月のコンサートへ一緒に行った、友人K。

……電話がつながらない。はい、次(笑)。

続いて、4月のコンサートに誘った友人H。

……「おかけになった電話番号は現在使われておりません」

あのヤロー、なにやってんだ?(笑)

そして、友人M。

14時ごろといえば、ヤツは中野坂上にいるはず。

そして、中野坂上のローソンの場所は把握済みだ(笑)。

連絡も無事に取れたので、チケットの入手を依頼する。

なお、最初の友人Kは、携帯不携帯で外出してたそうな。(^_^;

 

14時を少しまわったころ、結果報告のメールが入る。

内容を確認すると……やっべ、メチャメチャいい席だ(笑)。

こりゃ、今からコンサートが楽しみですわ。

 

というわけで、まーくん、ありがとう。

今度、サイゼリヤでモツァレラトマトおごるね(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

復活

先日、愛用のデジカメに電源を入れたところ、

液晶ファインダーに何も映らない。

 

ぉぅぁ、レンズキャップをはずし忘れた!

 

……などというボケではなく、マジに(笑)。

んー、レンズを通った情報がCCDまで届いていないのかな。

液晶に表示される文字情報には問題がなさそうだし、

シャッターも切れるんだけどね。

 

問題のカメラはDiMAGE A1だから、発売からすでに4年が経過。

デジモノとしては、そろそろ買い替え時期かもしれない。

でも、必要十分な機能と使い勝手を備えていて、

RAWで撮ってる限りでは、AFの遅さ以外に大きな不満がないんだよね。

それに困ったことにゃ、買い換えようにも

A1の代わりになるカメラは現行機種にないんだな。

 

とはいっても使えなくては意味がないので、

修理か買い換えかの2択を迫られるわけで。

はてさて、どないっしょ?

……と迷っていたところ、友人のA1も時期を同じくして故障したらしい。

その症状を聞いたところで、ふとあることを思い出した。

ひょっとしたら、これか?

 

↑のリンク先に載っていたフリーコールへ電話して修理を依頼したところ、

翌日にはピックアップの便を手配してくれるとのこと。

そして、引き取りから1週間で修理を終えて帰ってきました。

原因がCCDの不良だったので、無償で復活♪

よかったよかった。

 

それにしても、本当に対応がよかったなぁ。

正直、電話する前は、CCD不具合の専用受付とはいえ、

2年前に用意された電話番号だから大丈夫かな?

なんて思ってたんだけど、ワンコールするかしないかの

タイミングでつながったし、話も非常に早かった。

ついでにとお願いした、頻繁にフリーズする症状のチェックを

快く受け付けてくれた点もポイント高し。

 

こりゃデジカメを買い換えるなら、次もコニカミノルタだな

……って、もう作ってねぇ。(´д`)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

争奪戦

11月~12月にかけて開催される、奥華子の全国ツアー。

チケットの先行予約をオフィシャルサイトでやっていたわけですが、

その抽選結果が今日、発表されやした。

 

あたしゃ、ツアー初日の松戸、埼玉、

ファイナルである横浜の3会場の抽選に参戦。

果たして、結果は……?

 松戸:○
 埼玉:×
 横浜:×

……の、1勝2敗。

 

松戸は、彼女の地元である千葉で初めて開催される

ホールコンサートだから、ぜひとも抑えておきたかった。

しかし、大本命だった横浜が……。(´・ω・`)

会場のキャパが大きくないみたいだから、

ここで当たっておきたかったなぁ。

でも、3打数1安打だと思えば、悪い結果ではないか(笑)。

 

ま、しゃあない。

ここはプレオーダー&一般売りに期待しよっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

阪神10連勝!!

9月に入って負けなしの10連勝!

暗黒時代の連敗の記憶は残っていても、

こんな大型連勝の記憶はないぞ(笑)。

 

それにしても今回の対巨人3連戦は、

いずれもが白熱した素晴らしいゲームだった。

阪神にとってはこれ以上ない結果となったけど、

ひとつ間違ったら逆の目が出ていてもおかしくない

展開だったわけで。

 

一方の巨人は、自力Vが消滅したのだとか。

ま、今年はクライマックスシリーズがあるから、

自力での日本シリーズ進出が消えたわけではないが。

 

とりあえずは一番有利なポジションへ立てたけれど、

5試合も残っている中日戦が不気味なところ。

残り21試合、まだまだわかりませんな。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年9月 9日 (日)

西本早希バースデイイベント

えらく久々のイベント参加な気がする。

というわけで、もっさんバースデイ@エルスタ。

 

先月のTOMO夏のときに軽く話はしたものの、

もっさんとイベントで顔を合わすのは、だいぶ間が開いてる感じ。

彼女がここんとこ、別口のイベントをメインにしていて、

俺がそっちに行ってないから、致し方ないところではあるな。

以前のように劇団のギャルズイベントがありゃいいんだけど、

今となってはそれも期待薄だしねぇ。

 

それはさておき、今回のイベント。

実は、あまり書くことがない(笑)。

流れとしては、

 ・ケーキにローソクを立ててハッピーバースデイを歌うも、音程メロメロ(笑)
 ・2ショットタイムでおしゃべり&プレゼントを渡す
 ・ケーキを食す
 ・もっさんが新曲披露
 ・美子ちゃんが「LOVE ME DOLL!」の主題歌(?)をアカペラで披露
 ・握手&メッセージカードをもらって退出

……ってな形で、終始まったりと。

 

ケーキはマヤちゃんのお手製。

白桃と黄桃が乗ったチーズケーキのような感じ。

甘さ控えめで、うまかったなぁ。

 

ってなわけで、誕生日おめでとう>もっさん。

撮影会以外のイベントも、ひとつヨロシク(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

肉薄

【巨人8-9阪神 19回戦】

代打桧山の決勝アーチで、タイガース8連勝!

首位ジャイアンツに、0.5差!

いや~、本当にシビれる試合だった。

 

でも最大の山場は、週明けに控える9連戦。

ここで対中日、対巨人と続く6試合が勝負ドコロですわ。

苦しい日程ではあるけれど、阪神にとっては

この6試合をすべて甲子園でやれるのが大きいね。

 

とにもかくにも、1週間後ですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

奥華子 2007 秋一番LIVE@サンストリート亀戸

月が変わった最初の日曜日。

3月以来となる、サンストリート亀戸での奥華ライブでした。

思えば、なにかのゲストだとか、キャンペーンといった冠が付かずに、

純粋なる“奥華子ライブ”という形なのも久しぶりかな?

 

例によって、席確保のために早めの現地入り。

サンストリート亀戸は、ステージが常設で高さがあるし、

音響もしっかりしてるから好きな会場なんだよな。

幸いに、いいポジションを確保できたので、

リハが始まるまでは読書タイムっと。

 

16時。

いつものように、ライブスタート1時間前からは、

リハーサルが始まった。

自分にとっては、ライブ本番では歌わない曲が

聴けるかもしれない、お得タイム(笑)。

今日は「雲よりも遠く」と「涙の色」が、お得な2曲だった。

vol.best」の2曲目、3曲目ですな。

 

リハ中に、セットリストをメモする筆記用具一式を

忘れてきてしまったことに気づく。

仕方がないので、リハが終わったタイミングで

サイン券の入手ついでに買いに行く。

サンスト内のお店で入手できたので、時間も手間も

さほどかからなかったのはラッキーだったかな。

 

17時ちょうどに、ライブが始まる。

 1.花火

「秋一番」というライブタイトルだったから、

今日はないと思ってたので、うれしい誤算。

でも、さすがに今シーズンラストかな?

それにしても、ホントに綺麗な曲だよなぁ。

 

 2.変わらないもの

ライブでは、CDより半音下げて歌っているというこの曲。

もしかしたら、今日は下げずに歌っていたのかな?

高音部で、苦しそうにしてたな。

 

3曲目は、「みんなで歌える曲にしたい」と、

サンストリート浜北のCMソング。

 3.太陽の下で

サンストリートつながりの選曲ですな。

その軽快な曲調から、手拍子も。

今日は曇り空で太陽は出ていなかったけれど、

この曲は屋外ステージによく似合うね。

 

 華:「まだまだ暑い日が続くと思うので、秋というよりも夏の終わりというテーマで選曲しました」

と、告げられた次なる曲のタイトルは、

 4.楔

おお、まさか名曲「楔」を聴けるとは!

まったくの予想外だったこともあって、曲名を聞いた瞬間は

「えっ?」という感じになってしまった。(^_^;

ナマ歌は昨年末のカウントダウンで聴いて以来、

2度目なので、メチャうれしかったな。

 

11月から12月にかけての全国ツアーの話をはさんで、

ライブは定番の

 5.恋

そして、「どんどんいきたいと思います」と、

新曲の

 6.迷路

と続く。

今日は、この「迷路」が素晴らしくよかった!

今までの奥華子にはないタイプの曲で、

やさしさ、そして激しさすら感じる歌声には、

思わず涙が込み上げてきた。

 

 華:「CDは出さないのか?と言われそうですけど……」

お、もしやリリース告知?と思いきや、

 華:「まだ出ません(^_^;」

だそうな(笑)。

でも、ツアーと並行して曲作りやレコーディングをしていくみたい。

ってことは、アルバムと先行シングルみたいな形になるのかな?

ツアー中に披露される新曲もあるといいなぁ。

 

ラストは、時かけのエンディング曲。

 7.ガーネット

ああ、なんだか本当に、夏のエンディングって感じだな。

 

ライブ後のサイン会は、観客多数ということで、

列に並ぶ人数を整理していた。

もう、これだけの人数になると、従来の形式で

サイン会をしてくれるだけでもありがたいなぁ。

参加する側からすると、長時間並ぶよりは

整理番号順に区切って整列のほうが楽でいいかも。

でも、運営側の負担は増えちゃうよな。

 

今日のサインは、先週のライブで買った

うちわに書いてもらった。

亀戸ということで、カメさんの絵入り♪

サインの最中には、華ちゃんが学生時代によく通ったという、

大島ラーメンの話を振ってみる。そしたら、

 華:「王様ラーメン!?」

というリアクションで、ちょっとおもしろかった(笑)

 うちわ

そして、握手をするときには、

 華:「このうちわ、私も持ってますよ。おそろい(´ー`)」

こういうひとことって、実はすごくうれしかったりするんだよね。

 

今日のライブは選曲に加えて、華ちゃんのコンディションもよくて、

素晴らしいステージだったなぁ。

いつまでも聴いていたいという感じで、すごく癒された。

……サイン会は、何時までやってたんだろう?

いつものことながら、手首とか大丈夫なのかな?

 

次回の海老名は土曜日か。

仕事が入らないことを祈ろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2000本の重さ

 リンク: スポーツナビ|「天才」前田智が涙の2000安打達成.

孤高の天才打者が、ついに大記録に到達した。広島・前田智徳外野手(36)が1日、中日(17)戦(広島)の八回に久本から右前打を放ち、衣笠祥雄氏、山本浩二氏、野村謙二郎氏に続いて球団史上4人目、プロ野球36人目の2000本安打を達成した。両足のアキレス腱手術など、幾多のケガを乗り越えての快挙達成。赤く染まったスタンドからは拍手が鳴りやまなかった。

普段は結果を出してもニコリともせず、

感情を押し殺しているかのような姿でプレーを続ける。

それだけに、この日のインタビューで流した前田の涙は、

本当に感動的だった。

 

本来なら走攻守そろった選手のはずだったのに、

両アキレス腱の故障が前田からスピードを奪ってしまった。

本人にとっては、唯一残ったともいえる打つことに関しても、

計り知れない影響があったと思う。

もし前田の両足が普通の状態だったとしたら、

どれだけの選手になってたんだろう?

 

おそらく、自分が今までに見てきた中で、

最高の2000本安打達成だったと思います。

本当におめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

呼ばれた

昨日のこと。

仕事してたら、急に呼ばれた。

 

続きを読む "呼ばれた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »