« 納める | トップページ | 奥華子祭り COUNT DOWN & A HAPPY NEW YEAR お年賀付き »

2007年12月31日 (月)

奥華子 弾き語りLIVE TOUR 2007 ~First Letter~ Final@中野サンプラザホール

早いもので、2007年もあとわずか。

奥華子の全国ツアーも、いよいよ今日でファイナルですな。

なので、セットリストも解禁。

バッチリ書いちゃうよん。

でも、各会場の内容をゴッチャにしている部分があるので、

そのへんのわかりづらさはご勘弁をば。

 

夜にはカウントダウンライブが控えているということもあって、

開演はいつもより早い16時。

でも大晦日ということもあるので、気分はのんびりと現地へと向かう。

 

今日の席は、なんと最前列!

自分の視界を隔てるものは、なにもありませんよっ。

ステージには今までのツアーと同様、中央にグランドピアノ、

その両サイドにキーボードのSPECTRAと

ローランドのシンセが配置されている。

なおセットリストには、曲名と一緒にP=ピアノ、K=キーボード、

S=シンセってな感じで書いておきます。

グランドピアノの演奏時はやや背中越しに見るようになるけれど、

目の前にステージしか見えないってのはうれしいなぁ。

 

16時を少々回ったところで開演。

ステージ下手から、ミニーマウスのイラストが入った

グリーンのTシャツ姿の華ちゃんが、

拍手の波に包まれながらゆっくりと歩いてくる。

ステージ中央で客席に向かって深々と頭を下げたのちに、

STEINWAYのグランドピアノのイスに腰かけた。

スポットライトが彼女とその周辺のわずかな範囲のみを

浮かび上がらせるなか、彼女の指先が鍵盤に触れる。

そして、静から動へ。

 

 01.さよならの記憶(P)
 02.楔(P)

かなり好きな2曲からのスタート。

特に「楔」は、このツアーで初めてピアノ演奏で聴くことができた。

フリーライブではあまり歌わない曲だから、生で聴けること自体が

うれしいのに、プラスアルファがあるのはいいよね。

 

今回の中野サンプラザは、もともとツアーのスケジュールには

入っていなかった公演で、大晦日に会場が空いているということで、

急きょ決まったのだとか。

今までにない大きな会場なので、以前から「無謀ライブ」なんて

言っていたけれど、この日最初のMCで、

 華:「やはり無謀でした……。(^_^;」

いやぁ……まぁねぇ。(^_^;

お客の入りは、1階席の7割ほどかなぁ?

 

 03.最終電車(K)
 04.空に光るクローバー(S)

キーボードの演奏は、日ごろからフリーライブでその姿を

見ているせいか、なぜか落ち着く(笑)。

席がキーボードの真正面なこともあって、なんだか心地いい。

映画の主題歌になった「空に光るクローバー」は、

このツアーでの初披露曲。

これは映画とあわせて聴いてみたいものだな。

 

ここのMCは、ファイナルだけ違う話題で、

横浜まではネットオークションの話だった。

本名のまま、オークションで機材の売買をしていたら、

あるときライブのサイン会で、

 「奥華子さんからキーボードを買ったのですが……」

という人が現れたため、以降は偽名で取り引きするようにしたのだとか。

そして、同時に8人とやり取りすることになったときのこと。

送付先として、8人それぞれに違う名前を伝えていたら、

それらの荷物の配送員が同じ人で、すでに顔と名前が

割れているにもかかわらず、毎日のように

 「加藤さんあてですけど、違いますよね?」「いえ、加藤です」

 「田中さんですか?」「田中です」

という目に見えぬ戦いが、玄関先で繰り返されたそうな(笑)。

 

今日は、ツアー中にあった切ないできごとの話題。

連泊したホテルで、洗面台に置いておいた洗顔フォームの

泡立てネットが捨てられてしまったとか。

移動中に入ったサービスエリアで、ぬるいラーメンが出てきたとか。

よく行く中華料理屋が、勘定を済ませたあとの

「ありがとうございました!」は愛想がいいのに、

領収書をもらおうとすると、とたんに店員のテンションが下がるだとか。

はたまた、その店で注文したチャーハンに虫が入っていたので、

それを店員に伝えたところ、明らかに取り除いただけだろ?という

スピードで代わりのチャーハンが出てきたこととか……(笑)。

 

2007年は、テレビ放送された「時をかける少女」への反響の大きさに、

テレビというメディアのすごさを知った1年だったとのこと。

 05.変わらないもの(S)
 06ガーネット(P)

今まで何度となく聴いている「変わらないもの」も、

シンセの音色になるとまた違った趣があるね。

STEINWAYの音が直に届く距離で聴く「ガーネット」も、実にいいなぁ。

 

静かな曲が続いたので、

 華:「みなさん、起きてますか?」

起きとるがな(笑)。

そして、ここで手拍子で盛り上がれる曲をとのことで、

 07.太陽の下で

曲が始まる前に、華ちゃんが客席に向かって手拍子を促したんだけど、

そのしぐさがなんともコミカルで楽しかった(笑)。

それにしても、曲に合わせて手拍子をしたことはあっても、

観客の手拍子に合わせて演奏が始まるというのは、

初めての体験だったなぁ。

いや、これが意外と難しくてさ。(^_^;

 

続いては、このツアーの企画コーナー。

まずはCMソングで、

 いまのりくん

……CMが流れていないと思われる地方では、反応が薄かったらしい。(^_^;

そしてファイナルでは、

 TEPCOひかりに決めた唄

も歌ってくれた。

でも、久しぶりの演奏だったようで、

華:「あれ、どんなんだっけ?」

……というヒトコマも(笑)。

CMソングに続いては、華ちゃんが音楽を担当した

テレビドラマ、「ユキポンのお仕事」のBGMの演奏に。

その準備のためにといったんステージ袖へとはけて、

戻ってきた華ちゃんの手には、

 華:「じゃん!」

と、ギターが。

埼玉公演では、このときのヘッドセットマイクを指して、

 華:「CCBみたい」

とか言ってたっけ(笑)。

ってな感じで始まったギターコーナー。曲は、

 「ユキポンのお仕事」挿入歌

そして、この曲をベースにした、

 私を振った中野の男

会場ごとに違うご当地ネタを歌っていたんだけど、

これがまた素晴らしくいいデキでね。

「私を振った~男を~ゆ~るさ~ない~♪」のところでは、

客席を指差しながらノリノリで歌ってたりして(笑)。

でも、毎回のネタ作りには苦労してたようで、

本職が芸人じゃなく、“ネタ”の使い回しがきく音楽でよかったとも。

自分が観た中では、「埼玉の男」が一番おもしろかったかな。

 

大恋愛ってなんだろう?

物理的にそばにいた時間が長ければ大恋愛で、

短かったら違うのか?

むしろ、その人が心の中にいた時間の長さや、

存在感の大きさこそが、大恋愛なのではないか?

……という思いからできた曲だという、

 08.三度目の冬(S)

立て続けに、

 09.幸せの鏡(S)

この曲、すごく好き。

ウェディングソングなんだけどね。

 10.魔法の人(K)

との並びは、感動的だったなぁ。

 

中野のMCでは割愛されていたけど、ほかの会場では

実家に帰ったときに見た、小学校の卒業文集の話題があった。

「10年後の自分」というテーマで、「プロ野球選手になるぞ」とか、

「お金持ちになるぞ」といった将来の夢が並ぶなかで、

華ちゃんは「一番長生きするぞ」と書いていたらしい(笑)。

この傾向は今も変わってなくて、取材でインタビュアーの

質問にあさっての方向の返答をして、

スタッフにしかられることがあるのだとか。

ということもあり、この文集に

 華:「奥華子の原点を見ました」

だそうな(笑)。

 

そして実際の10年後。

それは、20歳のころから自分が一番!という自負心を持って

ライブハウスで歌っていたけれど、その自信には根拠が

なかったために、挫折してしまった時期だったと話す。

そんな先が見えない中で、迷いを抱えながら作ったという曲。

 11.境界線(P)

続けて

 12.鏡(P)

これら2曲を歌う奥華子の姿、力強い歌声からは凄みすら感じた。

特に、このツアーが初めて耳にしたCD未収録曲の「鏡」。

そのダイナミックな曲調、妖しくも美しいスキャットは、

彼女の楽曲のなかでは異色な存在にも思えるけれど、

かなり心を揺さぶられた。

 

 13.白い足跡(S)

シンセの音色がよく似合うね。

ツアー初日の松戸では、この曲の代わりに「きみの空」が

入っていたんだけど、願わくばどちらも聴きたかったところ。

 

世の中を取り巻く悲惨なニュースに対する、

彼女なりのメッセージソングだという、

 14.迷路(K)

やさしさと激しさが同居しているかのようなこの曲、大好きだな。

 

自分とってのライブは、手紙を書くことと似ている。

CDという手段で歌を届けることはできるけれど、

それはメールと似ていて、体温までを伝えることは難しい。

だから、聴く人の顔が見えるライブを大切にしていきたい。

そして、今後も「2nd Letter」「3rd Lettter」として

ライブツアーを続けていきたい──。

そんな想いから、「First Letter」に向けて作った曲だという、

 15.手紙(P)

松戸で初めて聴いたときには、正直インパクトが弱いかも?

なんて思ったけれど、歌いこむごとに、聴きこむごとに、

どんどんよくなってきている気がする。

そして、本来なら映画とのタイアップのついた曲を

前面に出すべきなのかもしれないけれど、

本当に自分が伝えたいものを優先したとも語ってくれた。

 

最近ではあまり見かけなくなったけれど、

MCの最中に言葉につまり、両の拳を握り締めながら

口を真一文字に結んで立ち尽くしてしまったりもする。

そんな不器用にも見えるけれど、実直なところが

彼女の魅力なんだよな。

 

アンコールは、このツアーのアンケートで2番人気だったという、

 16.恋(P)

2007年、「ガーネット」と並んで数多く聴いた曲だな。

ラストは、

 17.自由のカメ(K・P・S)

曲中にキーボード、ピアノ、シンセと、移動しながら演奏してたけど、

SPECTRA以外の音で聴いたのは初めてだな。

ラストは、観客交えての大合唱で〆。

華ちゃんが客席に降りてくるのは、もはや恒例ですな。

 

後方に空席は目立ったけれど、席を埋めていた人たちにとっては、

本当に満足感の高いライブだったと思う。

まだカウントダウンが残っているけれど、

ライブ単位ではこれが2007年最後のステージ。

今年もまた華ちゃんからは、たくさんの笑顔と

たくさんの感動をもらった。

来年もまた、素敵なウタ声を聴けることを楽しみにしています。

それでは、また数時間後に……(笑)。

|

« 納める | トップページ | 奥華子祭り COUNT DOWN & A HAPPY NEW YEAR お年賀付き »

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

それにしても今回はかなり力のこもった長文ですね(^^)。
トークとかこちらでもやっていた内容と重なる部分もあるので
自分が行ったときのことを思い出して読みました。
この後のカウントダウンイベントの様子も、公式で少しだけ
動画で見たけど、なかなか楽しそうでしたね。

そういえば新曲の発売記念イベント、順次決まっているみたいですね。
大阪は2/2(土)で調整が進んでいるようだけど、自分の場合
基本的に土曜日は出勤なのでそのあたりちょっと気になります。
夜だったら問題ないけど、毎年2月はじめぐらいは
ちょっとヒマだったりするのでなんとか休みにできれば・・・。

投稿: ムーンライトチェリー | 2008年1月 1日 (火) 23:37

明けましておめでとうございます。
いつもコメントありがとうございます。
今年も、ひとつよろしくです。

今まで伏せてたツアーの内容をまとめ書きしたもんで、
かなり長くなってしまったかも。
ファイナルだけMCのネタが違ったってのも、要因のひとつ(笑)。

場所は未定みたいだけど、大阪方面のイベントライブが
決まってるみたいで、よかったですね。
ららぽーと柏の葉でのライブは、ちょうど自分の誕生日だったり。
こちらも、かなり楽しみっす。

投稿: #135/さぽたん | 2008年1月 2日 (水) 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/17535955

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子 弾き語りLIVE TOUR 2007 ~First Letter~ Final@中野サンプラザホール:

« 納める | トップページ | 奥華子祭り COUNT DOWN & A HAPPY NEW YEAR お年賀付き »