« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の8件の記事

2008年2月29日 (金)

二郎めぐり 番外編 ラーメン富士丸 板橋南町店

今回は、ちょいと趣向を変えて。

ジロリアンな友人2名が最近お気に入りな気配の、

元二郎で元マルジな、現ラーメン 富士丸へ。

……ああ、ややこし(笑)。

店舗がいくつかある中から、板橋南町店へ行ってみた。

 

豚と生卵の食券を買ってカウンター席へ。

 ラーメン フジマル 板橋南町店:豚・ニンニク・ニンニクだれ・生卵

コールは、ニンニクとニンニクだれ。

ってか、スープがナミナミなんですけど。(^_^;

台に置かれたドンブリを、スープをこぼさぬよう慎重に手元へ下ろす。

よーし、着地成功!

……と思いきや、ドンブリの縁からスープが滴り落ちる。(´д`)

おいおい、水平であるべきカウンターが、ナナメってんじゃんよ。

そして、その決壊の様子は上の写真にも(笑)。

 

麺の茹で具合は、若干固めの仕上がり。

これなら、麺固めにする必要はないかな。

それにしても、ドンブリの中の麺密度は相当なものですわ。

対して、ノーコールだった野菜はかなり少なめ。

なんか、麺の量と野菜の量がアンバランスだなぁ。

豚はトロトロでデカイのがゴロゴロと。

味もしみてて、おいしかった。

スープは、かなり甘めの味付け。

あたしゃ、もちょっと塩辛い味付けのほうが好みかな。

なんせ、東北人なもんでね(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

バレンタインだから

空いてるんじゃね?という根拠のない予測のもと、

いざ行ってみたらいつもと変わらぬ行列だったよ。

……二郎(笑)。

 

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小(麺固め)・ニンニク・ヤサイ・カラメ with 生卵

桜台で、小(麺固め)にニンニク・ヤサイ。カラメ。

生卵を付けるのは、もうデフォですな。

寒い中並んで冷え切った体に、熱々の二郎。

今日も、おいしゅうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

バレンタインエイド

エルスタッフのバレンタインイベントへ。

本日参加の女の子は、真一涼、西本早希、幕田美子、

三田裕子、岩崎麦の5人。

ホントは(北原)マヤちゃんも参加予定だったんだけど、

なんでもカゼでダウンしてしまったのだとか。

ありゃま、お大事に……。

 

各自飲み物をもらい、さっそく女の子からお菓子のプレゼント。

まずは涼ちゃん。

 

色鮮やかなゼリー。

青いほうは、ブルーキュラソー(だったかな?)の

アルコールを飛ばして色付けしたのだとか。

黄色いほうには、桃の果肉入り。

ハチミツのさっぱりとした甘みが、おいしかったなぁ。

 

こういったカードを付けてくれるのも、涼ちゃんらしいところ。

1枚1枚に、違ったメッセージが入ってました。

 

2番手は三田さん。

 

ネコをかたどったチョコクッキー。

……モノアイですな(笑)。

チョコもクッキーもたっぷりで、かなり満足。

 

続いては美子ちゃん。

手の込んだ包みの中から現れたのは……

 

小ぶりなマドレーヌ。

仕上がりがきれいだねぇ。

ココア味と紅茶味があるというので、あたしゃ紅茶をチョイス。

甘さ控えめ&生地に入っているチョコチップに存在感があって、うまかったわ。

なお、手の込んだ包みは、お母さんの手によるものなのだとか(笑)。

 

お次は、もっさん。

……なんだけど、なにやら大小さまざまな袋が用意されている。

で、相性じゃんけんで勝った人から好きな袋を選んでいく形式らしい。

あたしゃ、3番目ぐらいに勝ち抜け。でも、

 も:「まだ開けないでくださいね」

とのことで、全員分が確定するまでしばしの待ちに。

ちなみにまーくんは、もっさんが大本命なのにも関わらず、

朝倉さんにも敗れて最下位という結果に(笑)。

参加者全員に袋が行き渡ったところで、一斉に開封。

気になる中身は……。

 

こんな感じ(笑)。

一番デカイ袋を持ってったタイガーは、

パペットマペット風味でご満悦だったり。

 

 

ラストは麦ちゃん。

 

現場では気づかなかったんだけど、「パッピー」ってなんだ?

アレから“オ”を抜いたのか?(笑)

 

その後は歌のコーナーに。

 E夢、見よう!(真一涼&岩崎麦)
 朧月夜(西本早希)
 那由多の契り(幕田美子)

最後に三田さんも歌ったんだけど、曲名失念。

それにしても、「E夢、見よう!」とは懐かしい(笑)。

 

歌が終わったところで、涼ちゃんが予定ありとのことで

ひと足早く退出……ま、しゃあないやね。(´・ω・`)

 

しばしの雑談ののちに、握手会をやって解散。

みんな、お菓子どうもありがとう。

とてもおいしかったです。

このお返しは精神的に(笑)。

 

あ、そういや涼ちゃんと握手してなかったな。

でも、急いでたみたいだったしねぇ。

次回は涼ちゃんのバースデイイベントだし、

そんときはゆっくりと話せるといいな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

ディアプロ オフ会イベント

いろいろと縁あって、こちらのオフ会イベントへ。

参加者の面々を見ると、なんだかmixiの某コミュニティの

オフ会っぽい感じがしなくもない。

でも、それはきっと気のせいであろう(笑)。

場所は池袋の中国茶舘

この店に来るのも、久しぶりだな。

 

女の子は、桃音くみ安藤美紗咲月さおりの3人。

さおりちゃんと会うのは、今日が初ですなぁ。

イベントの内容は、雑談しながらの点心食い放題。

以上(笑)。

でも、これで十分楽しめるんだよね。

料理もうまかったし。

いやー、食った食った。

 

イベント後は、参加者数人で軽くお茶をば。

集まった面々を見ると、なんだかmixiの某コミュニティの

オフ会っぽい感じがしなくもない。

でも、それはきっと気のせい……じゃあないぞ、これは。

なんてったって、激しいツッコミを受けた魔の付く人が、

そのコミュニティ向けなポロリ発言を(笑)。

食いすぎ&笑いすぎで、二重に腹痛かったですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

採用

……されました。

奥華子のラジオ番組、カメカメハウスに投稿したネタが(笑)。

 カメカメハウスステッカー

でもって、サイン入りの番組ステッカーげとっ。

 

実はこういう投稿って、あまりやったことがなかったり。

でも、いつぞやのサイン会で番組の話題を振ったときに、

 華:「メール待ってます(´ー`)」

と言われてしまいまして。(^_^;

で、赤っ恥体験告白コーナーへ投稿した次第。

投稿はラジオネーム「#135」で送ったんだけど、

音声では本名投稿と変わらんってことはヒミツだ(笑)。

 

今回のは2カ月も前に送ったメールだったから、

てっきりボツったのかと思ってたんだけど、

踏みとどまっていてよかったよかった。 

いきなりラジオから自分の名前が聞こえてくると、

一瞬焦るけどうれしいもんだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

争奪戦 ─2nd Letter編─

4月から始まる、奥華子のコンサートツアー「2nd Letter」。

こりゃまた、チケット争奪に参戦せにゃあね……と、

抽選予約にエントリーしてました。

 

で、今日、その抽選結果が出たわけだけど……。

今回は、首都圏4会場のすべてに当選っと。

ひとまずは、入場する権利は手に入れたわけだ。

となると、気になってくるのは座席の位置。

会社帰りにローソンに立ち寄って、さっそく発券してみる。

 

んー。

今回は席運に恵まれなかった(笑)。

前か後ろかはともかくとして、上手側だったり下手側だったり。

それも、かなり極端に。(^_^;

ま、席に関しては、前回のツアーがよすぎたからなぁ。

微妙にバランスが取れてるということで。

 

そうそう。

C.C.Lemonホールは、通路沿いの席だった。

ここは華ちゃんがステージから降りてきて、

近くを通ってくれるのを楽しみにしていよう(笑)。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

ホテル満開園

先週の土日、そして今週の土日と、こちらのアトリエ公演へ。

今回は、1月25日から2月3日までの10日間と

ちょいと長めの公演ですな。

あ、そうそう。

このエントリは例によって、舞台を観ていない人に

とっては何がなにやらな内容になると思われます(笑)。

 

いきなりだけど、苦言から入ってしまおう。

昨日の夜公演と千秋楽は満席だったけれど、

先週の土夜&日夜公演は、お客の入りが厳しかったねぇ。

公演期間が10日間もあるから、お客が分散したのかもしれないけれど、

唯一の告知媒体ともいえる劇団サイトに開演時間が

書かれていなかったことが大きな原因じゃなかろうか?

実際、友人2人から「何時からなの?」って電話があったし。

うち1人は、開演に間に合わないからと観劇をあきらめてた。

ちょっとしたweb更新を怠ったがために、観に来る気持ちの

ある人を逃がしてしまってるんだから、本当にもったいないね。

 

上演作は、「ホテル満開園」。

以前、「桜吹雪のバスルーム」というタイトルで

上演した作品の再演だったり。

キャスティングは、

 困幡沼桜子…………石原朋香
 袖ヶ浦景夫 …………吉井直人
 木更津安次郎………佐藤龍星・高倉哲也
 大原景子……………塩山みさこ
 夷隅研二……………真一涼
 千葉俊一……………片山竜太郎
 習志野みどり ………安達野乃
 ボーイ成田 …………司亮
 コック松戸  …………安達竹彦
 柏エルナ ……………北原マヤ

石原さん、吉井さん、塩山さんとゲストが3人。

ゲストとはいえ、塩山さんはもうおなじみだわね。

 

まずは、初舞台にして主役の石原さん。

ホテルのメイドなんだけど、二面性があって

両極端な演技が求められる、難しそうな役だわね。

最初に観たときには、もっとハジけてたほうが?

なんて印象だったけど、回を重ねるごとに

演技のテンションが高くなっていったように見えたかな。

 

塩山さんの大女優役は、もうイメージにピッタリ(笑)。

「かもめ」のニーナを演じる場面では、瞬時に涙を流したりして。

役者って、すげぇな。

 

片山君は、アクションスター役。

あるときはオカマっぽかったり、またあるときは

必要以上に男っぽかったりな感じで。

その、男っぽいところが先週は渋い感じだったのが、

今週は怒りっぱなしな演技にと、大きく変わってた。

ここは、先週のほうが好きだったかも。

電話の相手が口にしたつまらないギャグに対して、

「はぁ?」という表情を浮かべるところが追加されたのは、

わかりやすくなっておもしろかったな。

 

ホテルの支配人を演じた吉井さん。

本職は演技ではなく、ナレーションなのだとか。

冒頭でボーイの成田、コックの松戸、メイドの柏エルナの

3人の「誰か」と絡みがあるんだけど、本番直前まで

誰が出てくるのか知らされなかったのだとか。

しかも、昨日の夜公演では成田と柏エルナの2人が、

今日の千秋楽では3人がいっぺんに出てくるし(笑)。

 

野乃ちゃんは、大女優・大原景子の付き人で、

悲壮感を漂わせた無表情な雰囲気の役柄。

……ではあるんだけど、もう少し表情豊かでも

よかったんじゃないかなぁ?

まぁ、今回が初舞台だし、これからだわね。

 

映画監督役は、佐藤君と高倉君のダブルキャスト。

ほぼ、ディレクターチェアに座ってるだけの役なので、

コメントするのが難しい(笑)。

 

そして涼ちゃんが演じたのは、映画の助監督。

すごく動きのある役だったので、観ていてとても楽しかったなぁ。

特に、困幡沼に演技指導をする場面は、かな~り(笑)。

裏側の演技でもいろんなことをやっていて、ホントにおもしろかった。

ある意味、今回の公演の主役とも思えるような存在感があったかもね。

そして、今回の公演では演出助手もやっていたのだとか。

カーテンコールのあいさつも、涼ちゃんが代表してやってたし。

いやー、がんばってたね、お疲れさま。

 

そういえば、この「ホテル満開園」。

タイトルが「桜吹雪のバスルーム」だったときは、

3本立て公演の中の1本だったっけ。

単独で公演するには尺が足りないということで、

シーンの追加がなされていたのだとか。

それでも若干みじかめということで、お芝居のあとに

第2部として出演者のトークショーがあった。

こういうコーナーって、けっこう好きかも。

……それにしても、トークショーの塩山さん。

メチャメチャくつろいでたよなぁ(笑)。

 

次回は、3月の新人公演だそうな。

入場時にもらったパンフに告知が載っているんだけど、

公演日が3月24日~4月30日とか書いてあるし。

ながっ!……じゃなくて。

数字の間違いは、そのまま嘘になっちゃうんだから、

ちゃんと校正してくださいね。

 

……って、〆も苦言になっちまったよ。

※2008年2月4日 22時25分追記
新人公演の日程は、3月24日~4月30日で正しいそうです。1カ月間もの公演は前例がなかったために、思い込みで書いてしまいました。大変失礼な物言い、申し訳ありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

恋手紙

奥華子の3rdアルバム、「恋手紙」のリリースが決まったぞぃ♪

オフィシャルサイトでは、すでに収録曲も発表されてたりして。

 01.最終電車
 02.しあわせの鏡
 03.DROP
 04.空に光るクローバー
 05.透明傘
 06.迷路
 07.太陽の下で
 08.3度目の冬
 09.鏡
 10.めぐり逢う世界
 11.手紙

 

昨年の夏以降、ライブで育ててきた曲が中心だぁね。

個人的には、「しあわせの鏡」と「迷路」の収録がうれしいなぁ。

いや、間違いなく入るとは思ってはいたけれど、

収録されるのを確認できて安心したというか。

 

古くからの曲では、なんといってもFirst Letterでの

ダイナミックな演奏が忘れられない「鏡」。

奥華子祭りで、この曲のレコーディング風景の映像が流れてたから、

アルバムへの収録をメチャメチャ期待してたんだよね。

ツアーのアンケートで、「次のアルバムに入れてほしい曲は?」の

回答に新しい曲を書き連ねたいところを、あえて

       鏡!

とだけデカデカと記入した甲斐があったってもんです(笑)。

 

ライブでもまだ歌われていない「透明傘」から、

インディーズ時代からの名曲「めぐり逢う世界」まで、

まさに新旧取り揃えてという選曲ですな。

すでに収録曲のほとんどを聴いたことがあるわけだけど、

それでもなお……そうだからこそ、すごく楽しみなアルバムですわ。

 

3月5日に発売だから、その前日には発売ライブがあるのかな?

さて、その日に備えて、有給を取る段取りをせねば(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »