« 今日の桃プリ 【完結編】 | トップページ | 昼二郎 »

2008年5月 7日 (水)

朝倉薫演劇団 2008年新人公演 「桃のプリンセス」

先月頭から上演されていた、こちらの新人公演。

1カ月間という長期の公演だったので、何度か観にいきました。

今年は、「桃のプリンセス」の再演。

例年、新人公演は新作という流れだったのだけれど、

今回は初日の直前に演目が変わったらしい。

こりゃ新人さんたちは、ちと気の毒だねぇ。

ってか、よく間に合わせたよな。

 

キャスティングは、

 マモル …………… 司亮
 桃子/桜子 ……… 三田裕子
 ナレーター/二郎 … 千葉真澄
 ボス ……………… 朝倉薫/安達竹彦
 岩沢 ………………片山竜太郎
 宮瀬 ………………真一涼
 博士 ………………朝倉薫/菅原純/安達竹彦/佐藤龍星

……といったところ。

司君、三田さん、千葉さんが、今年の新人さんですな。

新人とはいっても、司君は過去の公演に何度も出演しているから、

すでに「おなじみ」といった印象だったり。

 

公演期間が長いと、いろいろな変化を見るのも楽しみのひとつ。

三田さんの桃子人形、公演を重ねるごとに

どんどん人形っぽくなっていったように見えた。

……まばたきできないのが、しんどそうだったけど。(^_^;

 

千葉さんは、前説+声だけの演技。

最初は男装して前説をしていたんだけど、

公演期間の後半ではフツーに女の子のカッコに。

男装をしていない後半のほうが、ハツラツとした感じがして、

千葉さん自身の雰囲気にも合っていると思ったかな。

 

涼ちゃんは、観に行く時期によって髪型が変わっていた。

全部で3パターンかな?

サイドをカミソリで剃ってギザギザラインを

入れたりして、いろいろとがんばってたね。

特に千秋楽あたりのリーゼント姿は、

かなり役にハマっていたかも。

 

片山君は、珍しく(?)クールな役柄。

細か~い演技が変化してました(笑)。

 

ボスと博士は、マルチキャストの役だった。

演じ手の違いを見るのも、なかなか楽しいんだよな。

両方の役を演じたのは、朝倉さんと竹彦さん。

竹彦さんはコテコテに作りこむ演技なんだけど、

ボスも博士もホントにうまかったなぁ。

引き出しをいっぱい持ってるって感じ?

ボスのダジャレのセリフも、すごくわかりやすく料理してたし。

いつも観劇していて、ダジャレのセリフがわかりづらくて、

意味不明になってることが多いと感じていたんだよね。

次回以降も、気を配ってほしいところですな。

 

博士は、佐藤君のつかみどころのない雰囲気が

けっこう好きだったりして。

菅原さんは、やたらと流暢なイメェヂ。

そして朝倉さんの演技は……ノーコメントで(笑)。

 

ストーリー的感想は……んー、どうもボスに感情移入できないんだよな。

彼がどんな人物かというと、ギャングのボスで、

交通事故で亡くした娘の桃子のことが忘れられず、

博士が作った娘を模した人形(ロボット)を溺愛している

……といったところ。

ギャングのボスだけあって、とにかく利己的。

桃子人形の改良資金を捻出するために

盗みを働き、その過程において殺人もいとわない。

なんか、すごくイヤなヤツなんですけど。

 

そして、ラスト近くで警官隊に追い詰められたボスはこう叫ぶ。

 

 「大学受験で窓際の席だった俺の答案用紙は、くしゃみひとつした
 スキに風に吹かれて消えちまった。俺の人生のケチのつき始めだ!」

 

「くしゃみ」がストーリー上の重要なキーワードなので、

そこへリンクさせようという意図なのだとは思うんだけど、

この甘ったれたセリフは美しくないっすよ。

少なくとも、俺のものさしではね。

極限状態の中だからこそ、利己的な人物だからこそ、

ボスはここで自分自身のことを叫ぶのではなく、

娘の桃子のことや警官隊に撃ち殺された仲間の

岩沢&宮瀬のことだけを思いやってほしかったな。

ボスの娘への愛情、仲間への愛情は

伝わってきただけに、ちと残念。

 

……と、いつものように舞台を観てない人を

置き去りにして書いてみました(笑)。

|

« 今日の桃プリ 【完結編】 | トップページ | 昼二郎 »

コメント

置き去りにされた一人です(^^;)。
なんか朝倉さんが出演・・・ていうと「コメディ?」と
連想してしまいそうだけど。
智ちゃんが出てたときもなかなか見る機会がなかったですね。
(たしかレーザーディスクで出ていたような?)

投稿: ムーンライトチェリー | 2008年5月 7日 (水) 23:49

to ムーンライトチェリーさん

智ちゃんの出てた桃プリは、LDで出てますね。
そいや、自分が初めて観に行った舞台だったっけ。
ジャンルはコメディじゃないけどね(笑)。

投稿: #135 | 2008年5月 9日 (金) 22:15

やっぱりLDで出てましたか。
今となってはなかなか手に入らないだろうけど。
手に入ってもプレーヤー自体壊れたままだし。

投稿: ムーンライトチェリー | 2008年5月10日 (土) 22:29

to ムーンライトチェリーさん

VHSも出てますね。
amazonを見てみたら、レンタル落ちの中古が125円だとか。(^_^;

投稿: #135 | 2008年5月13日 (火) 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/41117465

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉薫演劇団 2008年新人公演 「桃のプリンセス」:

« 今日の桃プリ 【完結編】 | トップページ | 昼二郎 »