« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の8件の記事

2008年5月27日 (火)

遠距離二郎

今日は、仕事が思いのほか早く終わった。

なんと、まだ外が明るいじゃないか。

この瞬間、ある言葉が頭によぎった。

 

……やえん……や え ん……や え ん……

 

んー、行くか(笑)。

 

ってなわけで、いきなりラーメン二郎 八王子野猿街道店2へ。

いやー、メチャ久々。

半年はあいているんじゃないかなぁ?

冬場は、まったく行かなかったんだよね。

寒い中、ウインドプロテクションがほとんどないバイクで、

片道90分の道のりというのは、さすがに罰ゲーム感覚なんで(笑)。

 

店に到着してみると、店外での待ちがほとんどいない。

加えて、豚も売り切れていなかった。

こいつぁ、ラッキー。

こんな日もあるんだねぇ。

 

 ラーメン二郎 八王子野猿街道店2:小つけブタ・ニンニク

小つけブタ+ニンニク。

ウマー! しょっぱー! しょっぱウマー!!

この濃ゆい味、お久しぶりでございます(笑)。

そして今日は、麺がやたらとうまかったわ。

 

やばいなー、忘れてたのに思い出しちゃったよ。

余計なスイッチをいじってしまったかも?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

COCO@Aライブ

友人が関わっているアイドルグループ・COCO@A

インストアライブを観に、秋葉原の石丸電気SOFT2へ。

CDはすでに持っていたりするのだけれど、

生歌を聴くのは今日が初めてだ。

 

COCO@Aは本来、4人グループなのだけれど、

メンバーの1人が顎関節症になってしまったらしく、

しばらく3人での活動になるのだとか。

その影響で、今日のライブで予定されていた

新曲発表も次回以降へ持ち越しに。

あらま、そりゃ残念。

 

ライブでは、持ち歌の「夢おい街は今日もやさしい2008」、

「都~みやこ~」のほかに、キャンディーズのカバーで

「年下の男の子」を聴くことができた。

いやはや、キャンディーズとは懐かしい……(笑)。

 

「夢おい~」と「都~みやこ~」は、演歌とまではいかないけれど、

“歌謡曲”的なサウンドの曲だったり。

で、ネットで調べてみたら、2曲ともかつてほかの歌手が

歌っていたのを、そのままのアレンジで出したっぽい。

なるほど、そういうことだったのね。

 

んー、歌はフツーにうまいし、曲そのものも悪くはない。

でも、このアレンジで損をしてるような気が?

もし、歌っているのがCOCO@Aじゃなかったとしたら、

たぶん自分はこのCDを買ってないだろうなぁ。

それと、この曲を歌うには、彼女たちはまだ若すぎるような気もした。

もしかしたら、そんなミスマッチなところが狙いなのかもしれないけど。

 

自分が感じたことをいろいろと書いてしまったけれど、

COCO@Aはまだまだ動き始めたばかり。

これから、がんばっていってほしいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

奥華子CONCERT TOUR '08 ~2nd Letter~@渋谷C.C.Lemonホール

1カ月ぶりの奥華子ライブへ。

2会場目の2nd Letter、今日は渋谷だ。

ツアーの日程上、前回からだいぶ間隔があいたような気分だけど、

飢餓感を高めておいてホールコンサートでたっぷりと聴くってのは悪くない。

平日のライブだけれど、そこは有給を使って万事解決。

しかもGWに出勤したぶん、半ば問答無用でこの日は休むよ?的に(笑)。

 

軽自動車税の支払いとか買い物とか、

もろもろの雑事を済ませて17時半ごろに渋谷着。

まずは、眞鍋ブログで見てコンサートの前に

食いに行くぞと決めていた牛乳生アイス専門店へ。

今日は暑かったし、アイスを食うにゃサイコーだ。

気になるアイスのお味は、ソフトクリームほどこってりではなく、

ジェラートほどあっさりではない、素朴な感じ。

食感も独特で、表面がややパリッとしてて中身がとろ~りなイメージ?

今までに食べたことのない感じで、うまかったな。

 

開場まではまだ時間はあるけれど、ホール前の広場へと移動。

そして、ツアーグッズの先行販売で、

先月の関内で買わなかったアイテム数点を購入する。

うち、一点がこれ。

 B0001J0DNE ニコニコ日記
サントラ
ネオプレックス 2004-03-19


by G-Tools

なんでも、開演前に会場内で流れてる曲が

収録されているのだとか。

関内ではそれを知らなかったもんで、

完全にスルーしてたんだな(笑)。

その後は広場の階段に腰をかけて、

本を読みつつ開場までの時間を過ごす。

 

18時半。

夕暮れ時となり、屋外の空気が過ごしやすくなったころに開場。

入場すると、グッズのほかにCDの販売もやっていた。

で、「恋手紙」を買うと「恋手紙」のサイン入り宣伝用ポスターが、

その他のCDを買うと、「手紙」の宣伝用ポスターがもらえるらしい。

これも、関内では見送ってたんだよね。

でも「手紙」のポスターは、ちょっとほしいなと思っていたりして。

今日も、どうしようか迷いつつ売り場をのぞいてみると、

珍しく「Coktail2」が売られていた。

 Cocktail(2) Cocktail2
オムニバス 大木彩乃 信保陽子 入日茜 奥華子 浜崎奈津子 木村綾子

曲名リスト
1. 青い魚/大木彩乃
2. 例えば/信保陽子
3. レクイエムが聴こえる/入日茜
4. Rainy day/奥華子
5. 明日の太陽/浜崎奈津子
6. Precious Time/木村綾子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オムニバスCDだから華ちゃんの曲は1曲のみだけど、

それが「Rainy day」なので、個人的にはかなりポイント高かったり。

ほかの収録曲も粒ぞろいで、いいアルバムなんだよね。

でも、ポニーキャニオンのCDではないんだな。

はたしてポスターはもらえるのじゃろか?

そのあたりを売り子さんに確認してみたら、OKみたい。

これで迷いは消滅、購入&ポスター入手っと(笑)。

いつかフリーライブのときに、このポスターへサインを入れてもらおうかね。

 

今日の席は22列目と、やや後方。

関内と同様に、今回も端っこの席だったけれど、

座ってみた感じ角度がつきすぎて

見づらいということはなさげかな。

それにホールの場合は、いい音に聞こえるのがいい席だしね。

もちろん、その上でステージに近ければなおよしだけど(笑)。

 

19時をまわり、華ちゃんがステージへ。

いつものように、グランドピアノの演奏から

ライブがスタートした。

MCで、

 華:「お久しぶりですっ」

と言っていたけれど、本当に久しぶりの生ウタだなぁ。

おや、ステージの合間に口にしているドリンクの容器は、

ツアーグッズの透明傘タンブラーかな?

 

セットリストは関内のものをベースに、

曲順が多少変わっていたり、数曲が入れ替わっていたり。

そして、この季節のライブでしか聴けない曲が追加されていた。

この曲は、今回のツアーで聴けることを期待していたんだよね。

でも、渋谷はちょっと時季が早いから、

聴けるとしたら越谷や習志野でかな?と思っていた。

なので、これはうれしい誤算だったな。

 

今回のツアーの企画コーナー、ご当地カバー曲は……。

渋谷出身のミュージシャンに、どんな人がいるかを調べたら、

スガシカオとデーモン小暮閣下だったとのことで、

 華:「迷わず(笑)」

と、スガシカオの「夜空のムコウ」だった。

でも、演奏直前には、

 華:「いつか、デーモン小暮さんにも挑戦したいです」

とも(笑)。

 

アンコールで歌っているタイトル未定の新曲は、

華:「タイトルはC.C.Lemonホールのころには……」

と言っていたとおりに、ようやくタイトルが決まったみたい。

なんでも、昨日まで考えていたそうな。

華ちゃんも言っていたように、ベタっちゃあベタだけど、

わかりやすいタイトルだよね。

俺も、このタイトルになるのかな?と思ってたさ(笑)。

 

最後の曲を歌い終えたあと、華ちゃんが客席へ降り

……と思いきや、そぶりだけで寸止めだった(笑)。

両手を合わせて、「ごめんね」みたいなしぐさをしていたから、

もしかしたらNGが出ていたのかもね。

 

自分の席からだと、やや音響が「遠い」かな?という

印象だったけれど、今回も満足感の高いライブだった。

特に、季節限定曲と「夜空のムコウ」が、個人的にクリティカルヒット。

どちらも大好きな曲だから、この選曲は本当にうれしかったな。

「夜空のムコウ」は、以前、カメカメハウスの中でも

歌っていたけれど、同じ空間での生演奏は感涙モノだね。

 

お次は、6月18日の越谷かな。

早いとこ、定時あがりの話をつけておかねばですな(笑)。

 

なお、今回のセットリストはこちらを参照で。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

エルスタナイト

今日からスタートする、新企画ライブを観るべくエルスタへ。

以前は、日曜の午後だとか芝居の合間だとかに

よくライブをやってたんだけど、今回はホント久々ですな。

 

「エルスタナイト」と称するように、開始時間は

18時からとちょい遅めだったりする。

出演は、真一涼、幕田美子、岩崎麦の3人。

そして、ギター演奏に朝倉薫。

出演予定だったもっさん(西本早希)は、

今日は体調不良でお休みらしい。

 

トップバッターは涼ちゃん。

今日は歌だけではなく、司会&曲のウンチク係も兼ねているのだとか。

曲は、「スカボロ・フェア」「君恋し」「真昼の月」の3曲。

カバー曲あり、劇団の曲ありですな。

合間のMCでは、各曲のバックボーンを聞けたりして。

そのために涼ちゃんが用意していたウンチクノートには、

手書きの文字がビッシリと。

いや~、がんばってるね。

 

2番手の美子ちゃんは、裸足でステージに。

曲は、「那由多の契り」「(曲名失念)」「月の沙漠」だった。

これまで1番しか歌詞がなかった「那由多の契り」は、

今日がフルコーラスの初披露。

なお、2番の歌詞ができたのは前日だったのだとか(笑)。

それにしても、2曲目が美子ちゃんにスゴイ合ってたなぁ。

朝倉さんも、「この曲に居場所を見つけたね」と

言ってたけど、ホントにピッタリ。

あと、高音が以前よりもキレイになったぽい?

 

お次は麦ちゃん。

当初は、もっさんとのコンビで歌う予定だったみたい。

でも、今日はソロで「トロイカ」「(曲名失念)」「朧月夜」を。

正直、歌はまだまだだけど、声質は好きだな。

それに、一生懸命なのが伝わってきたし。

イベントに顔を出していたとはいえ、

正式に劇団に入ったのはこの4月だしね。

これから、がんばっておくんなまし。

 

このあとは、3人+客席も交えて「青い山脈」、

そして涼ちゃんのソロで「サムライ」。

涼ちゃんの歌を聴くのは3月以来だったんだけど、

この2カ月半で歌い方が大きく変わっていてビックリ。

感情がすごくこもっていて、ブレスにまで

気持ちが入ってるような感じで……。

特に「サムライ」では、思わず涙が出そうになった。

これまでに何度か聴いたことがある曲なのに、

強烈なインパクトがあったなぁ。

 

アンコールもあって、ライブ終了……と思いきや、

いきなり撮影会が始まった。

……俺、撮影できるなんて聞いてないんですけど?

カメラ持って来てないですよ?(´_ゝ`)

ライブだから写真を撮るつもりで来たわけじゃないけど、

こういうことをされるとなんか寂しいよね。

細かいところだけど、ちゃんとお客目線を持って

全体を見て仕切ってほしいよなぁ。

「撮らない」と「撮れない」は別モノなわけだし。

ライブの内容がよかっただけに、ここだけは少々残念だった。

 

今後、「エルスタナイト」は偶数日の日曜に開催されるのだとか。

……なんか妙なペースだけれど、覚えやすいんだか覚えにくいんだか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

昼二郎

午前中は出勤して、ちょこっとお仕事。

そのあとは友人と桜台駅で待ち合わせて、二郎で昼飯をば。

そういや、今月はまだ二郎を食ってなかった。

最近、スイッチ入ってなかったもんな(笑)。

 

土曜日だけあって、行列の長さは平日の5割増しな感じ。

でも、そこそこ回転がよかったから40分程度で店内へ。

豚は切れてるから、小と生卵の食券を……って、

値上がりしてますがな。(´д`)

このご時世だから、しゃあないやね。

 

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小(麺固め)・ニンニクy・ヤサイ・カラメ&生卵

コールはニンニク・ヤサイ・カラメ。

ああ、久々のこの味……めっさうまい。

どうやら「久しぶり」だと感じるぐらいに

間隔があくと、感動もより大きくなるようだ(笑)。

 

いい季節になったから、そろそろバイクで野猿に繰り出すかねぇ。

あ、オープンしたばかりの立川店にも行っときたいかも。

そして、いまだ訪れていない栃木……は、遠いな(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

朝倉薫演劇団 2008年新人公演 「桃のプリンセス」

先月頭から上演されていた、こちらの新人公演。

1カ月間という長期の公演だったので、何度か観にいきました。

今年は、「桃のプリンセス」の再演。

例年、新人公演は新作という流れだったのだけれど、

今回は初日の直前に演目が変わったらしい。

こりゃ新人さんたちは、ちと気の毒だねぇ。

ってか、よく間に合わせたよな。

 

キャスティングは、

 マモル …………… 司亮
 桃子/桜子 ……… 三田裕子
 ナレーター/二郎 … 千葉真澄
 ボス ……………… 朝倉薫/安達竹彦
 岩沢 ………………片山竜太郎
 宮瀬 ………………真一涼
 博士 ………………朝倉薫/菅原純/安達竹彦/佐藤龍星

……といったところ。

司君、三田さん、千葉さんが、今年の新人さんですな。

新人とはいっても、司君は過去の公演に何度も出演しているから、

すでに「おなじみ」といった印象だったり。

 

公演期間が長いと、いろいろな変化を見るのも楽しみのひとつ。

三田さんの桃子人形、公演を重ねるごとに

どんどん人形っぽくなっていったように見えた。

……まばたきできないのが、しんどそうだったけど。(^_^;

 

千葉さんは、前説+声だけの演技。

最初は男装して前説をしていたんだけど、

公演期間の後半ではフツーに女の子のカッコに。

男装をしていない後半のほうが、ハツラツとした感じがして、

千葉さん自身の雰囲気にも合っていると思ったかな。

 

涼ちゃんは、観に行く時期によって髪型が変わっていた。

全部で3パターンかな?

サイドをカミソリで剃ってギザギザラインを

入れたりして、いろいろとがんばってたね。

特に千秋楽あたりのリーゼント姿は、

かなり役にハマっていたかも。

 

片山君は、珍しく(?)クールな役柄。

細か~い演技が変化してました(笑)。

 

ボスと博士は、マルチキャストの役だった。

演じ手の違いを見るのも、なかなか楽しいんだよな。

両方の役を演じたのは、朝倉さんと竹彦さん。

竹彦さんはコテコテに作りこむ演技なんだけど、

ボスも博士もホントにうまかったなぁ。

引き出しをいっぱい持ってるって感じ?

ボスのダジャレのセリフも、すごくわかりやすく料理してたし。

いつも観劇していて、ダジャレのセリフがわかりづらくて、

意味不明になってることが多いと感じていたんだよね。

次回以降も、気を配ってほしいところですな。

 

博士は、佐藤君のつかみどころのない雰囲気が

けっこう好きだったりして。

菅原さんは、やたらと流暢なイメェヂ。

そして朝倉さんの演技は……ノーコメントで(笑)。

 

ストーリー的感想は……んー、どうもボスに感情移入できないんだよな。

彼がどんな人物かというと、ギャングのボスで、

交通事故で亡くした娘の桃子のことが忘れられず、

博士が作った娘を模した人形(ロボット)を溺愛している

……といったところ。

ギャングのボスだけあって、とにかく利己的。

桃子人形の改良資金を捻出するために

盗みを働き、その過程において殺人もいとわない。

なんか、すごくイヤなヤツなんですけど。

 

そして、ラスト近くで警官隊に追い詰められたボスはこう叫ぶ。

 

 「大学受験で窓際の席だった俺の答案用紙は、くしゃみひとつした
 スキに風に吹かれて消えちまった。俺の人生のケチのつき始めだ!」

 

「くしゃみ」がストーリー上の重要なキーワードなので、

そこへリンクさせようという意図なのだとは思うんだけど、

この甘ったれたセリフは美しくないっすよ。

少なくとも、俺のものさしではね。

極限状態の中だからこそ、利己的な人物だからこそ、

ボスはここで自分自身のことを叫ぶのではなく、

娘の桃子のことや警官隊に撃ち殺された仲間の

岩沢&宮瀬のことだけを思いやってほしかったな。

ボスの娘への愛情、仲間への愛情は

伝わってきただけに、ちと残念。

 

……と、いつものように舞台を観てない人を

置き去りにして書いてみました(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

今日の桃プリ 【完結編】

何者かの手によってプリングルスに、そしてインベーダーにと

姿を変えられてしまった「桃のプリンセス」。

追加公演の今日、彼女はいったい、

どのような姿になってしまうのでしょうか?

 

というわけで、涼ちゃんのお絵かきタイム。

今宵も「桃プリ」の運命は、涼ちゃんの手に握られた(笑)。

 桃プリ

5月5日のこどもの日。

鯉のぼりや柏餅へと、姿を変えられてしまうことなく、

無事に人間の姿を取り戻すことができました。

めでたしめでたし。

 

※注 このエントリは、舞台「桃のプリンセス」の内容 とは無関係です(笑)。

 

公演の感想などは、追々アップの方向でひとつ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

2代目登場?

先週に続いて、「桃のプリンセス」を観に中野坂上へ。

その観劇後には、また涼ちゃんがパンフにお絵かきをしてくれた。

テーマは先週と同様に、「桃のプリンセス」。

はてさて、今回はどんな感じの仕上がりに?

 

 2代目桃プリ?

キラキラおめめ、まんまるホッペに、おちょぼ口。

桃のプリングルスのような「おっさん感」はない。

しかし、同時に桃っぽさもなさげ?。(^_^;

それに関しては、涼ちゃん自身も

 涼:「インベーダーになった(笑)」

ついに、地球外生命体になっちまったか(笑)。

 

そんな中、帰りに立ち寄ったファミレスで、

こんなモノを見つけた。

 桃プリのヒントがここに?

……むむ、桃っぽい(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »