« エルスタナイト Vol.3 | トップページ | ホームで二郎 »

2008年6月27日 (金)

奥華子CONCERT TOUR '08 ~2nd Letter~@習志野文化ホール

関内、渋谷、越谷に続く、4会場目となる2nd Letterへ。

ツアーファイナルの今日は、千葉の習志野文化ホールだ。

ここは、ホールの名前は「習志野」だけど最寄り駅は津田沼。

華ちゃんが路上ライブをしていた場所の目と鼻の先という、

彼女にとって地元中の地元にあるホールだ。

そんな場所で迎えるツアーファイナル。

なにか特別なものになりそうな期待感があって、

今回のツアーの中でも特に楽しみだったり。

 

昼間は、まるで梅雨が明けたかのような暑さだった。

その暑気が和らぎつつあるころに、津田沼へ到着。

今日は有給で丸1日フリーだから、ちょいと早めにね。

そしてまずは、駅北口近辺をウロウロ。

このあたりで、華ちゃんが歌っていたのかな。

そういや津田沼へ来るのは、去年の5月以来か。

駅前のパルコでのフリーライブに足を運んだっけ。

その後は、ホールのある南口方面へと移動。

2006-2007年の年越し路上ライブがあった広場を抜けて、

Morisiaというショッピングモールへ。

ここって、以前はサンペデックって名前だったよな。

なお、今日のライブがある習志野文化ホールは、

Morisiaの4階にあるようだ。

とりあえず、ホールの場所を確認。

あとは店内を見て歩いたり、ベンチで本を

読んだりして開場までの時間を過ごす。

 

時間となり、ホールへと入る。

すると、エントランス真正面の掲示物が目に飛び込んできた。

その内容は……。

  奥華子 LIVE TOUR '08 決定!!
   はじめてバンドで歌います!

うを、マジか!(笑)

「明日咲く花」とか、弦が加わるとすごくよさげだし、

これは聴いてみたいな、

発表されている日程だと、自分が行くのは

11月25日の渋谷と12月6日の横浜の2カ所かな。

む、でもこのスケジュールだと、今年は遠征しないと

「サンタに願いを」が聴けないということに?

あと気になるのは、昨年のように追加公演で

年越しライブがあるのかな?とか。

 

今日の席は、9列目のセンターブロック。

キーボードを演奏する華ちゃんが真正面に見える、

いいポジションだったり。

そして通路に面している席だから、あるいは……?

 

19時を少々まわったころ。

客席の照明が落とされれ、スポットに照らされた

グランドピアノが闇の中に浮かび上がる。

そして、ステージに姿を見せた華ちゃんを、

観客の拍手が包み込んだ。

そのままグランドピアノへと向かっての1曲目。

 

 01.変わらないもの (Piano)

この曲をピアノの音色で聴いたのは、

ツアー初日の関内が初めてだった。

ずっとキーボードのイメージでいたので、

意外性のあるオープニングナンバーだったな。

明日咲く花」のカップリングで収録されるのは、

きっとこのバージョンなんだろうね。

 

 02.手紙 (Piano)

いつも客席のほうをしばらく見つめてから演奏を始めるので、

ほかの曲のときよりも少し長めの間があったり。

このときに特に言葉はないのだけれど、

彼女の想いが伝わってくる好きな瞬間かも。

 

グランドピアノの2曲を歌い終えたあとは、

 華:「こんばんは……奥華子です!」

と、いつものあいさつ。そして、

 華:「一人ひとりに歌が届くようなライブにしたいと思います」

と、今夜のライブへの意気込みも。

 

そして、キーボードへと移動して2曲。

 03.しあわせの鏡 (Keybord)
 04.帰っておいで (Keybord)

その直後のMCでは、

華:「“帰っておいで”を聴いていただきました……帰ってきました!」

 と、地元トーク&思い出話がスタート。 

なんでも津田沼駅は、ホームが船橋市、改札が習志野市にあって、

電報略号では「ツヌ」というのだとか……豆知識だ(笑)。

 

ほかにも、小学生のころは買い物といえばイトーヨーカドーで、

包装紙のにおいが気に入ってクセになってしまったとか。

中学生になると、パルコやマルイで買い物をするようになったとか。

高校生のときに、初めてマックのダブルチーズバーガーを

食べてからというもの、すっかりハマって今に至るとか。

大学時代には、多国籍料理店でバイトをしていた影響で

部屋も多国籍風になっていき、店内のインテリアに

使われていた竹を持ち帰った話とか。

……この竹は、まだ実家に残っているそうな(笑)。

 

また、津田沼ではたくさんの路上ライブや

イベントライブをやったという話も。

2005年を迎える年越し路上ライブでカウントダウンに失敗して、

2006年にリベンジ、そして2007年のときは、

 華:「あれ? 私、なにしてたっけ?」

ぇー、正解はコレっすよ(笑)。

 

華:「いろいろなことがあって、今日ここにたどり着いたんです……興奮しすぎて、なにを言ってるかわからないぐらい……歌いますね」

 

 05.僕が生まれた街 (Piano)

地元・津田沼ということで、ファイナルにして初の選曲かな。

そして立て続けに、

 06.ガーネット (Piano)
 07.楔 (Piano)
 08.紫陽花 (Keybord)

「紫陽花」って、すごく好きだなぁ。

梅雨時のライブでしか聴けない曲だったけれど、

「明日咲く花」のカップリングだから、

今年はまだ生ウタを聴く機会があるかも。

 

 華:「一緒に歌ってください!」

……と、

 09.太陽の下で (Keybord)

歌うのは、2番のあとのサビとラストのコーラス?を。

ただ歌うだけじゃなくて、華ちゃんとハモれるのがメッチャ楽しい!

 

盛り上がったあとは、ちょっと長めのMCタイムに。

今回は、ツアー中に泊まった宿の浴場で

マッサージ機を使おうと思っていたら、

全裸のまま熟睡している人に占拠されていたという話。

閉館時間が迫っていたこともあって、

その人になんとかどいてもらおうと思案して、

髪を乾かしながらドライヤーの熱風を当ててみたところ、

「ピクッ……」と一瞬起きたけれど再びマッサージ機の

スイッチを入れられてしまった。

そこで今度は、脱衣所にある大型扇風機を運んできて、

「強」のボタンをON、その風を当ててみたのだとか。

効果はてきめんだったそうな(笑)。

 

今回のツアーは、MCのネタもたくさんあって、すごく楽しかったな。

関内では、乗り込んだタクシーのドライバーが

明らかに道に迷ってるのにカーナビを使ってくれず、

結局は目的地まで乗せて行ってもらえなかった話。

渋谷では、大阪のNHKにテレビ出演する前に、

電話ボックスで発声練習をしたという話。

越谷では、40分1万7000円もする怪しげなマッサージ屋から、

事務所の社長を救い出した話……とか(笑)。

 

お次は、2nd Letter名物(?)のご当地カバーコーナー。

「千葉といえば?」という華ちゃんの問いに、

客席からはマザー牧場やら、菜の花体操やら、

ディズニーランドやら声が飛ぶ。そして、

 華:「赤いメガネをかけた、千葉のシンガーソングライターといえば?」

 客:「おくはなこー

 華:「声が小さい……orz」

あらま。(^_^;

そこであらためて、

 華:「赤いメガネをかけた、千葉のシンガーソングライターといえば?」

 客:「おくはなこー!

ああ、今度はよかった(笑)。

とまぁ、千葉といえば華ちゃん自身ということで、

華ちゃんが初めて買ったCD。

ドラマの「あすなろ白書」で劇中に流れていた、

エルトン・ジョンの

 10.Your Song(Piano)

これはまた、予想外の選曲だったなぁ。

それもそのはず。

洋楽のカバーは、今回が初めてなのだとか。

 

ご当地カバーのあとには、ライブの中で最も聴かせる曲が続く。

 11.境界線 (Piano)
 12.透明傘 (Piano)
 13.迷路 (Keybord)

「境界線」は、相変わらず生ウタのインパクトがすごい。

同じく、初めてライブで聴いたときに衝撃を受けた「鏡」は、

残念ながら今日のセットリストからは外れちゃったみたい。

まぁ、今回はファイナル特別編成だしね。

 

続くMCでは、レコーディング期間に高熱を出して

寝込んでしまったときの話を。

周囲からは「歌を歌う」奥華子を求められているのに、

歌えなくて「○○な」という部分を失ってしまった。

この「○○な」を欠いた自分を誰が認めてくれるのだろう?と

落ち込んでいたときに、実家からお母さんが

お見舞いに来てくれたのだとか。

そこで「○○な」の有無に関わらず、

普段と変わらずに接してくれるお母さんの姿を見て、

どんなときでも自分のことを認めてくれるのは、

ほかでもない両親なのだなと実感したとのこと。

でも、そのときに千葉から野菜ジュースを

山ほど持ってきてくれたお母さんに対し、

「わざわざ千葉から持ってこなくても、東京でも買えるのに」と

言ってしまった。

 華:「本当は、そんなことを言いたかったわけじゃなかったのに……」

そして、会場に駆けつけているというご両親の前で、

 14.伝えたい言葉 (Piano)

これはかなり感動的だった。

華ちゃんのご両親も、うれしかっただろうなぁ。

 

ラストを飾るのは、

 15.明日咲く花 (Piano)

ツアーの初日に初めて聴いたときよりも、

ひとまわりもふたまわりも大きく育っていて、

壮大さが増しているように感じたかも。

 

アンコールでは、自分の大好きな曲。

 16.やさしい花 (Piano)

そして、今回のツアーが始まる3日前にできたという曲で、

当初はタイトルも決まっていなかった、

 17.HAPPY DAYS (Keybord)

曲の終盤では、「ラララ……」と大合唱で盛り上がる。

越谷では、ここで客席に降りてきてくれたんだけど。

……今日は来ないか。(´・ω・`)

 

「HAPPY DAYS」を歌い終えた華ちゃんは、

やけにあっさりと舞台袖へと消えていった。

でも、ホール内の照明は暗いまま。

この展開は、もしかしたら……?

 

よもやのダブルアンコールで、華ちゃん再登場♪

感極まっているのか今にも泣き出しそうな表情だ。

でも、そんな状態であったとしても、歌っているときの

彼女は決して涙声にはならないんだよね。

 

 華:「今日、どうしても歌いたい曲があるのですが……歌ってもいいですか?」

……とグランドピアノのイスに腰をかける。

そして、彼女の指先がその曲を奏で始めた瞬間、

自分のほうが涙がこみ上げてきて止まらなくなった。

 18.タイムカード (Piano)

まさか今日、この曲を聴けるとは思ってもいなかったから、

本当にうれしかったな。

 

さらには、もう歌っちゃえ!的なノリで、

 19.自由のカメ (Keybord)

もう、「止められるまで歌うぞー!」とか言ってるし(笑)。

曲のラスト近くでは、お約束の「ラララ……」の大合唱となり、

ここでついに華ちゃんが客席に降りてきてくれた。

そして、念願だったハイタッチがついに実現!

通路際の席を確保できていて、ホントによかったわぁ。

 

その後は、記念撮影もあったり。

2nd Letterだから、みんなでピースしてね。

その写真は、華ちゃんのブログに載ってます。

自分もちゃんと写ってたけど、アップされていた画像ではかなりちっさいので、

きっとほかの人には自分の姿を判別できないであろう。( ̄ー ̄)

最後の最後に、会場全体がスタンディングオベーションに

なったのも、実によかったなぁ。

華ちゃんも、エア握手だけじゃなくエアハグまでしていたし(笑)。

 

今夜のライブは、奥華子というミュージシャンと出会えたことを、

心の底から感謝したいと思える素晴らしいものだった。

自分が抱いていた期待感のとおりに、

いや、期待以上に特別なライブとなった2nd Letterファイナル。

その一瞬一瞬に立ち会うことができて、本当にうれしかった。

 

全22公演の成功、おめでとう&お疲れさまでした。

そして、たくさんの笑顔と感動を与えてくれて、ありがとう!

|

« エルスタナイト Vol.3 | トップページ | ホームで二郎 »

コメント

またまた行けなかった所の情景が浮かびそうでした。
習志野。
静岡はsold outしたそうで、握手期待してたけど、
少なかったらやったのに的なことでした。残念。
ではでは。

投稿: タボンシ | 2008年6月29日 (日) 07:35

ファイナルお疲れさまでした!
そして華ちゃん&スタッフ&関係者の皆さんもネ(^^)。

公式に写真アップされてたけど、あの中のどこかに
写っているかもしれないですね。
MCのマッサージ機ネタとか電話ボックスネタ、熱を
出したときの逸話とかこちらでも聞いたけど、
事細かく文章に起こされていてなかなかスゴイと思ったり(笑)。

早や年末のツアーが決まっているようだけど、
今発表されている4ヶ所がバンドでの公演みたいですね。
こちらのときもエンディングでエア握手したり、他にメンバーが
いるかのように手をつないでカーテンコールしてたけど
実はこのことをそれとなく知らせていたのかも・・・
とは考えすぎ?(笑)。

投稿: ムーンライトチェリー | 2008年6月30日 (月) 00:03

to タボンシさん

静岡も握手なかったのかぁ。
でも、ツアーライブでの握手会自体が珍しいことだし、
ステージからエア握手をしてくれると、その気持ちがうれしいかも。
リアル握手は、「明日咲く花」の発売ライブ待ちですな。


to ムーンライトチェリーさん

いやー、ホントいいライブでした。
MCは、かなりはしょってるところもあるけどね(笑)。

>実はこのことをそれとなく知らせていたのかも・・・

それは思いもよらず(笑)。
実際には、ステージの陰にいる裏方さんとなのかな?なんて気がしたり。

投稿: #135 | 2008年6月30日 (月) 03:14

年末は思いっきり平日だけど、さすがにそのころだと
定時上がりにしても問題ないような?。
去年みたいに19:00からだと余裕たっぷりだけど。
なんばHatchは比較的新しいところだけど、近くは
通ってもなかなか行く機会が無かったので是非行きたいですね。
とりあえず半年も先だし、それより先に多分こちらでも
「明日咲く花」の発売イベントライブあると思うので。
そういえば8/21にも出演決まってますね。

投稿: ムーンライトチェリー | 2008年7月 1日 (火) 01:18

to ムーンライトチェリーさん

年末のツアーは、平日は19時開演に
なると思うけどどうだろう?
まぁ、そのあたりは詳細の発表待ちっすね。

夏のライブも、どんどん決まってきてますなぁ。
例によって亀戸のCD発売ライブは平日だけど、
もしかしたら夏休み扱いにして行けちゃうかも。
同じく平日ライブのブロガールズも、
チケットのプレオーダーに申し込んでみたり。
観に行くための戦略は、当選してから考えます(笑)。

投稿: #135 | 2008年7月 1日 (火) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/41668460

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子CONCERT TOUR '08 ~2nd Letter~@習志野文化ホール:

« エルスタナイト Vol.3 | トップページ | ホームで二郎 »