« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の9件の記事

2008年7月30日 (水)

ヌイてきた

先日のこと。

以前から気になっていた親不知がついに爆発。

急きょ歯医者へ行って診てもらい、

後日計3本の親不知を抜歯することとなった。

 

でもって今日が、その後日。

親不知を一掃すべく、再度歯医者へ。

しかし、自分は全部やる気マンマンだったのだけれど、

今日の抜歯は痛みのひどい右下の1本だけっぽい。

で、余裕があったら右上も……ということになった。

 

右下の処置は、10分ほどで終了。

あまりにも物足りないので、右上も頼む!(笑)

こちらも15分ほどでサクッと抜けて、

今日の治療はおしまいっと。

 

帰り際には、先生が抜いた歯を見せてくれた。

そして、

 「持って帰ります? 縁側の下とかに……」

 「いやいやいや、もう生えてこないんでwww」

 

まだ麻酔が残っていてしゃべりづらかったけど、

ここはツッコんでおくのが礼儀であろう。

しかし、患者さんによってはボケだと気づかずに、

スルーされてしまうこともあるのだとか。

……ボケ殺しはイクナイな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

返信二郎

残業してたら、友人からこんなメールが届いた。

 Subject:早く

  こないと豚切れちゃうよ


  え、野猿ですが・・・何か?

 

 

思いっきり、スイッチをポチられた。

しかし、このメールにただ返信するのもつまらないよな。

ここはひとつ、素材を用意するとしよう。

というわけで……。

 

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小(麺固め)・全部

二郎だ。

すでに野猿まで行けるような時間ではなかったので、

なにげに久しぶりな気がする桜台で小ラーメンに生卵。

そして、

 

 「麺固の方、ニンニク入れますか?」

 「全部」

 

勢い余って、アブラも追加してしまった。

よりカラダに悪い食べ物になった気がする。

が、別に反省はしていない。

 

それにしても……。

アブラを入れると、絵的にグロくなるな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

奥華子 「明日咲く花」発売記念ライブ@ラゾーナ川崎

明日咲く花」がリリースされて、最初の週末。

というわけでライブだ(笑)。

 

午前中で仕事を切り上げて、いったん帰宅。

今日の会場のラゾーナ川崎は初めての場所なもんで、

ちょいと早めに現地に向かってみる。

 

川崎駅で下車して改札を抜け、徒歩1分でラゾーナ着。

駅直結なのは下調べしてわかってたけど、にしても近いな。

しかも、最初にたどり着くのがルーファ広場のステージ横。

到着するなり、下見終了ですわ(笑)。

ステージ周辺には座席がないみたいだから、

今日は場所の確保はしなくてもいいや。

ステージも低いから、海老名のライブのときのように、

立ち見最前列を狙ってみるのがいいかもしれない。

 

まずはラゾーナ内のHMVでCDを買って、

サイン会参加券を入手しておく。

そして、遅めの昼メシ。

そこでおにぎりを食いながら、あることを思い出した。

明日7月27日は、華ちゃんのメジャーデビュー

3周年にあたる日だったっけ。

せっかくだから、なんかプレゼントしようかなぁ。

 

ってなわけで、急きょ花束を手配。

ライブが終わるころの受け取りにしておけば

身軽なままで動けるし、花も元気な状態で渡せるし、

サイン待ちの時間を少しは有効に使えるし、ちょうどいいやね。

そのあとは喫茶店に入って、アイスコーヒーを飲みつつ、

華ちゃんがゲスト出演しているFM放送を聴きつつ、

花束につけるメッセージカードを書き書きと。

 

15時半ごろに、いったんルーファ広場に戻ってみる。

ステージ周辺には、ライブ待ちの人がちらほらな感じ。

とりあえずは、陽射しをよけながら様子見かな?

……などと考えていたら、ステージそばでライブ待ちを

している人の中に、顔見知りがいたのでご挨拶をば。

自分もその横で待つとしますかね。

当初考えていた立ち見最前列は……別にいいや(笑)。

しかし、この判断がのちのちになって……。

 

ステージそばにいる人は、後方に気を配って座っていたところ、

リハが終わったところでイベントスタッフから

全員立って見るようにとのお達しが出る。

駅からの人の流れがステージのすぐそばを通るから、

そのスペースをあけるためには仕方がないけど、

ステージの高さがあまりないんだよね。

そこでの全員立ち見ってのは、しんどいなぁ。

一定以上の人数が集まるイベントスペースとしては、

こりゃ完全に設計ミスだわね。

しかし、今日は立ち見最前列を狙ってなくてよかった。

ナイスジャッジだ、俺(笑)。

 

客席後方にあるスクリーンに「明日咲く花」の

プロモーション映像が流れる中、お団子ヘアの華ちゃんが

ステージに姿を見せて、ライブが始まる。

 

 【セットリスト】
  1.変わらないもの ─Live version─
  2.紫陽花
  3.ガーネット
  4.花火
  5.明日咲く花

 

今シーズンの初「花火」だ♪

この曲、すごくきれいで大好きなんだよね。

そして、3曲目の「ガーネット」。

「時かけ」の放送1週間後ということで、

リハではサビを連呼していたのだとか(笑)。

そして、ライブ終了間際。

スクリーンを指してプロモーション映像のことに

触れようとしたら、急に画面が切り替わって、

 華:「あれ? 私が映っちゃった」

……なんて場面も(笑)。

 

今日のサイン会は、撤収時間が厳密に決まっているとのことで、

残念ながら宛名の書き込みはないみたい。

自分の順番のときにも、

 華:「今日は、お名前なしでごめんなさい」

と謝っていたけれど、まったくもって無問題。

いつも、長時間のサイン会やってもらってるしね。

今回は1人あたりに許されている時間も少ないだろうと思って、

「デビュー3周年おめでとう」を声をかけた以外は

特に話も振らなかったから、花束とメッセージカードを

用意していたのは正解だったかも。

 

来週は昨年に続いて、あつぎ鮎祭り花火大会のライブ。

また「花火」が聴けそうだぁね。

果たして、今年のカウントダウンは成功するのかな?(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

奥華子 「明日咲く花」発売記念ライブ@サンストリート亀戸

7月23日は、奥華子の7th シングル、

「明日咲く花」の発売日なのです。

 明日咲く花

明日咲く花
奥華子

曲名リスト
1. 明日咲く花
2. 紫陽花
3. 変わらないもの -Live version-
4. 明日咲く花 -Instrumental-

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ってなわけで、発売記念ライブでおなじみのサンストリート亀戸へ。

平日だけど、そこは夏休みの第1日目ということで問題なく。

そうじゃなくても、有給を取るわけですけど(笑)。

 

今回は始動をかなーり早めて、午前中には現地入り。

ステージ前のベンチは早くも場所取りがされていたけれど、

そこに座っている人の姿は皆無だったり。

そりゃそうだよな、真夏の陽射しが直撃しとるもんな。

ひとまず、自分もとりあえず席だけを確保しておくことにして、

亀戸のライブのときにいつも座っているところを確保。

自分が勝手に思っている、俺ポジションだ(笑)。

 

昼の部のスタートまでは、まだまだ時間があるので、まずはメシ。

そして、サンストリートのTSUTAYAでCDを入手しておく。

しかし、CDの特典のポスターは予約分ではけてしまったらしく、

残念ながら入手できず。(´・ω・`)

その後は、ステージそばのパラソルの下で陽射しをしのぎつつ、

アイスコーヒーを飲んだりして、のんびりと。

 

リハが始まるころに合わせて、パラソル下からベンチに移動。

すなわち、日陰から炎天下へ……あ゛ち゛い゛っす。(´д`)

でも、経験上この席は昼の部のライブ中に

日陰になるはずだから、1時間ほどの辛抱だわさ。

でも、この1時間で結構日に焼けてしまった。

いやはや、ライブ焼けですわ(笑)。

 

ステージに機材がセットされ、13時半ごろからリハが始まった。

冒頭で使っていたマイクは、自分が初めて見るモデルだろうか。

でも、音を聴くとなんかイマイチというか違和感というか?

……などと思っていたら、ここ最近使っているマイクに戻してた。

ああ、俺はこっちの音のほうが好きだな。

 

14時となり、昼の部のライブが始まる。

つい先日、「時かけ」のテレビ放送があったばかりということで、

 1.ガーネット

放送では、えらく短くされてたけどな。(´_ゝ`)

 

お次は古くからある曲だけど、梅雨時のライブでしか

聴けなかったレアもの。

 2.紫陽花

この曲、すごく好きなんだよね。

なので、今回のシングルのカップリングだと

知ったときは、かなりうれしかった。

発売時期にはすでに梅雨明けしてるけど、それもよし(笑)。

 

この猛暑の中、華ちゃんは「絶対に落ちない」という

触れ込みのマスカラをつけてきたのだとか。

それも何種類か試した中で、一番強力なものを選んだらしい。

でも、万が一落ちてしまって、

 華:「ひどい顔になっていても気にしないでください」

……とも(笑)。

 

今日は暑いけれど、さらに熱くと、 

 3.Happy Days

フリーライブでは初披露だぁね。

最後のラララ……のところは、2nd Letterのときと同じく、

客席も一緒に歌って盛り上がる。

 

直射日光が当たる客席を見て、

 華:「水分を摂ってくださいね」

と観客を気遣ってくれた。そして、

 華:「できれば塩をなめるといいんですよね」

それは、ちと難しいかも……(笑)。

 

 4.変わらないもの ─Live version─

2nd Letterで演奏していた、ピアノ弾き語りのアレンジで。

これ、オリジナルのバージョンよりも好きかも。

まさかフリーライブでもこのアレンジで聴けるとは

思っていなかったから、すごくうれしかったな。

 

ラストはもう、これしかないという感じで、

NHKの「エコ大紀行」のテーマソング。

 5.明日咲く花

MCでは、番組と同じエコというテーマと同時に、

「自分の輝ける場所を探す」との意味合いも

あると語ってくれた。

CDの壮大なアレンジもいいけれど、

自分は弾き語りでの力強い歌いだしが好きだな。

 

昼の部終了後は、1回目のサイン会に。

自分は2回目のサイン会に参加するつもりなので、

夜の部のライブが始まるまではフリーに。

待ち時間には、家から持ってきたポータブルプレーヤーで

「明日咲く花」のCDを聴いたり、かき氷を食ったり、

暑さをしのぐためにサンスト内の店に逃げ込んだり。

一方、サイン会は18時の時点でいったん切って、

続きは夜の部のライブ終了後ということに。

3時間半も蒸し暑い屋外でサインを書きっぱなしですよ。

いつものことながら、ホントにありがたいことですわ。

 

夜の部のライブは、この曲からスタート。

 1.変わらないもの ─Live version─

オリジナルの弾き語りよりもLive versionのほうが、

華ちゃんの歌い方や声に合っているような気がするな。

 

先日の「時かけ」の放送は、華ちゃんも観ていたそうで。

なんでも、CMへ入るたびにテレビから自分の声が流れてくるのが

うれしかったらしい(笑)。

その放送直後のライブということもあり、

 華:「今が押しどきだと思うので(笑)」

と、

 2.ガーネット

 

そして、フリーライブ初披露となる

 3.透明傘

CD収録にあたり、アレンジも華ちゃん自身が手がけたという、

 4.紫陽花

……と続く。

 

 5.明日咲く花

を歌い終えたところで、イベントのスタッフが登場。

なんでも、用意していたCDが売り切れてしまったのだとか。

そして、買えなかった人は今日のところは内金を入れての

予約という形でサイン会の参加券を配布して、

CD現物は後日来店で受け取りとアナウンスされた。

ところが、華ちゃんは「CDは事務所から郵送しますね」。

自分とは直接関係のないことだけど、

こうやってファンを大事にしてくれるのは、うれしいよなぁ

 

これで夜の部のライブ終了……と思いきや、

 華:「これで終わっちゃうのも、なんなので……」

と、オマケの1曲が決定♪

オマケ候補は、亀戸ということで「自由のカメ」と、

サンストリートということで「太陽の下で」。

どちらがいいか拍手で多数決を取ったところ、

「自由のカメ」が優勢な様子。

すると客席から「両方!」との声が飛び、

華ちゃんも時間を気にしつつ、

 華:「やっちゃえ(笑)」

というわけで、

 6.太陽の下で~自由のカメ

を、メドレーで。

いやー、メッチャ楽しい(笑)。

 

今回のサインは、「明日咲く花」のトレー下の写真に入れてもらった。

 

ネタ振りは、やはり弾き語りばったりでバッタリだよな

……などと考えていたら、華ちゃんのほうから

「先日はどうも」的な感じに(笑)。

でも、こうやって覚えていてくれてるのって、

些細なことなんだけどうれしいんだよな。

 

今回は久しぶりのフリーライブだったわけだけど、楽しかったなぁ。

そして、夜の部のライブがすごくよかった。

声がすごく伸びていて、きれいに響いて。

特に「変わらないもの」や「透明傘」は、鳥肌モノだったかも。

 

そうそう、サンストリートのTSUTAYAではすでになくなっていた特典のポスター。

亀戸から錦糸町までのひと駅を歩いて、ヨドバシカメラで無事入手しました(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

梅雨明け二郎

梅雨が明けたですなぁ。

そんでもって、メチャ暑かった。

まぁ、なんというか。

二郎かな?と(笑)。

 

昼間は仕事だったり所用があったりで、

ちょいとバタバタしてた。

食いに行けるのは夕方以降ということで、

店は小金井に決定っと。

 

小つけ麺豚入りに、ヤサイ・ニンニク。 

 ラーメン二郎 新小金井街道店:小つけ麺豚入り・ヤサイ・ニンニク

スープのドンブリがヤサイ&豚満載で、

麺を入れるスペースがねぇっす(笑)。

同じ二郎のつけ麺ということで野猿と比較すると

スープの味付けはややマイルドな印象。

しかし、自分にはこれぐらいがちょうどいいかも。

野猿のスープは、ときとしてパンチが効きすぎてて(笑)。

あと、麺のしめかたが野猿よりも丁寧でね。

野猿のつけ麺は水洗いが甘い傾向があって、

麺に熱が残ってることが多いんだよな。

……とかなんとか言いながら、

野猿のつけ麺も好きなんだけどね~。

 

ってなわけで、視覚も味覚も大満足な一杯でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

KAN 弾き語りばったり#7~ウルトラタブン~ @Shibuya O-EAST

KANの弾き語りライブに行ってきた。

なんでまた突然に?と思われるかもだけど、

元々KANが好きだったんだよね。

でも、ここ数年は離れちゃってて。

去年あたりからまた聴くようになって、

ここはひとつライブにも……となった次第。

思えば、男性アーティストのソロライブへ行くのは、

今回が初めてだったりして。

 

会場はShibuya O-EAST。

初めての場所なので、携帯で地図を見ながら現地を目指す。

しかし、渋谷はゴチャゴチャしてて地理がようわからん(笑)。

一瞬、道を間違えかけたけれど、すぐに気づいて軌道修正&現地着。

入場の列へと並ぶ。

予想はしていたけれど、客層は女性の比率が高いね。

 

列の進みが止まったところで、ふと周囲を見渡すと

……うを! 華ちゃんだ!(笑)

ライブタイトルの「ばったり」って、こういう意味か?(大違)

華ちゃんは一般の入場口ではなく、

列のすぐ横を通って関係者受付に向かっている。

ちょうど追い越されるタイミングで声をかけたら、

ビックリしてた(笑)。

しかし、こんなところで会うとは思いもよらなかったなぁ。

 

そんなサプライズもありつつ、入場。

開演前のまだ真っ暗なステージでは、

なんとご本人がピアノの練習中。

そして、「開場が遅れて申し訳ありません」

とか言っている(笑)。

ライブ中のMCによると、この練習時間は

弾き語りライブでは毎回のことみたい。

開演前に楽屋にいても緊張感に襲われるだけで、

こうやって練習していればリラックスして本番を

迎えられるという、理にかなった方法なのだとか(笑)。

 

公演中の注意事項のアナウンスが場内に流れ、

ご本人はいったんステージからはける。

そして、すぐに再登場で開演(笑)。

 

【セットリスト】
 君を待つ
 何の変哲もないLove Song
 まゆみ
 永遠
 朝日橋
 プロポーズ
 Allen town(Billy Joel カバー)
 Regrets
 抱きしめたい(Mr.Children カバー)
 世界でいちばん好きな人
 Songwriter
 Day By Day
 50年後も
 今度君に会ったら

 今年もこうして二人でクリスマスを祝う

 

俺の好きな曲がたんまりですよ!

特に「今度君に会ったら」が聴けたのは、

すごくうれしかったなぁ。

全曲通じて、すごく温かで。

いや~、聴きに来て本当によかった。

 

それとMCがメッチャおもしろくて、かなーり笑った。

そのトークがまた、演奏と見事に融合しててね。

なんていうんだろ。

MCと演奏の境界をカッチリと区切らずに、

雑談をしながら演奏をしているイメージというか。

そんな独特の“間”が、なんともいい雰囲気だったな。

 

そして、アンコールではステージ下手からはけて

上手から現れたりして……芸が細かいな。(^_^;

さらには、終演後の場内アナウンスでライブのタイトルを

「のぞき見動態視力コンテスト」とか……おもしろすぎ(笑)。

 

いやー、KANちゃん、カッコよかったわ。

トークの笑いあり生歌の感動ありで、

すごく素敵なライブだった。

そして、小さな偶然にも感謝。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

失策

今日の晩メシは、何にしよう?

そんなことを考えつつ、仕事をしていた午前中。

思案の末に、ふたつの候補が思い浮かんだ。

 ・お手軽にレトルトカレー
 ・さっぱりと、ざるうどん

どっちにするかは、家に帰ったときの

気分で決めるとしますかね。

 

ところが昼休み。

自らの重大なミスに気がついた。

机の引き出しの中から、無意識のうちに取り出した。

そして、ついさっきまで胃袋へと流し込んでいた。

そんな、今日の俺の昼メシ。

 

 どん兵衛カレーうどん。

 

カップヌードルもカロリーメイトも春雨ヌードルもあったのに、

なぜか選んでしまった、どん兵衛カレーうどん。

レトルトカレー&ざるうどんを、晩メシ候補の座から

一気に引きずりおろした、どん兵衛カレーうどん。

 

あーあ、やっちまった。

クールポコの裏返った声が聞こえてきた(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

エルスタナイト Vol.4

この日曜は、エルスタナイトへ。

早いもんで、もう4回目ですな。

 

今日は、入場するときにペンと短冊が手渡された。

そういや、明日は七夕だったか。

全然意識してなかったな。

はてさて、願い事はなにを書きますかねぇ?

 

出演者は、またか涼、西本早希、幕田美子、

岩崎麦と、いつもの面々。

入場後しばらくすると、特に前置きもなく

朝倉さんがキターを弾きはじめる。

チューニングをするかな?と思いつつ短冊に気をとられていたら、

いきなりもっさんの歌が始まって、ちょっとあせった(笑)。

この1曲目は、「『いちご白書』をもう一度」だった。

これ、好きな曲なんだよな。

 

2番手は麦ちゃん。

前回までのライブと比べると、かなり声が出ているように感じたかも。

3番手の美子ちゃんは、赤いメガネをかけての登場。

なんだか、小学校の先生的な風貌だな(笑)。

 

トリは涼ちゃん。

ここまであまりにもサクサクと進行しすぎたもので、

七夕ネタなどのトークが長めに入ったり。

それにしても、涼ちゃんがソロで歌う

「山のロザリア」は圧巻だったなぁ。

前回までは観客もまじえて歌っていたんだけど、

それとはまったく別の曲に感じるぐらい。

ホント、「素晴らしい!」のひとことだった。

……ギターの伴奏とキーが合わずに、

とっちらかってた場面もあったけどね(笑)。

 

今回は歌を「聴く」コーナーだけの予定らしく、

ここでライブ終了……のはずだったんだけど、

まだ時間があるとのことで、出演者それぞれが

オマケの1曲を披露。

美子ちゃんの「青い山脈」は、妙にオトコらしかったなぁ(笑)。

さらには観客も「歌う」コーナーも追加となって、ライブ終了っと。

 

 フォトカード

終演後にはフォトカードを購入して、涼ちゃんにサインを入れてもらう。

しかしこういうデザインだと、みんなにサインを入れてほしくなるな。

そして今回は、裏面にもイラストが進出。

 

 今回は女の子?

今日は女の子……?

そうか、前回、前々回は男装だったんだ(笑)。

今日の衣装はかわいらしいワンピース姿で、

夏らしい装いだったもんね。

そんでもって、短冊には「大人になる」と書いてあったり。

 

そうそう、入場時にもらった短冊。

小学生以来となる願いごとは、

いろいろと考えた結果↓に決定。

 

 無病息災&二郎

 

あ゛ー、野猿か小金井のつけ麺を食いたい(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

ホームで二郎

思えば、6月は1回しか二郎を食わなかった。

しかも桜台には、前回行ったのいつよ?

……ってぐらい行っていない気がする。

というわけで、久々にホーム桜台で二郎。

ホームといっても、駅で立ち食い二郎というわけではない(笑)。

 

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小豚(麺固め)・ニンニク・ヤサイ・カラメ with 生卵

いつものように、小豚の麺固め。

ニンニク・ヤサイ・カラメ。

卵を添えるのも忘れずにっと。

 

ところが食べ始めてみると、なんだか妙に味が薄い。

あらぁ、しばらく来ないうちに変わっちゃったのかな?

……などと思いつつ食べ進めていったら、

ドンブリの奥はいつもの濃い目のスープでひと安心。

どうやら、ちゃんと混ざってなかったようで(笑)。

 

しかし、これからの季節、店の中が暑くなりそうだなぁ。

今日の時点ですでに、外気温との差を感じたし。

次回の二郎エントリは、「汗だく二郎」になるかも(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »