« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の10件の記事

2008年8月30日 (土)

試食?

つけめんTETSUのブログを見ると、

大宮店「102」の夜営業用に作った鶏ベースのスープを

千駄木店の夜の部「はじめ」で食べられるらしい。

しかし、期間は今週いっぱい。 

これは食ってみねば!……というわけで、会社帰りに立ち寄ってみた。

 

並びはなし&空席ありあり。

時間が遅かったせいか? 雷雨のせいか?

いずれにしても、こいつぁラッキー。

“夜のつけめん”と“チャーシュー”の食券を買って、

お店の人に「400で」と麺量を告げる。

 

ラーメン はじめ:夜のつけめん(鶏ベーススープ) 400g+チャーシュー

まずはチャーシューの小皿が。

続いて、スープと麺の丼が出てきた。

さーて、鶏ベースのスープはどんなんかいな?

ではでは、さっそくいただきまっす。

 

……あらま、いいお味(笑)。

通常のとんこつベースと比べると、さっぱり風味。

でも、その中にいつもの味が見え隠れしてて。

インパクトは、とんこつに一歩譲るかもだけど、

自分はこのスープ好きだな。

 

ただ、「102」の夜営業の体勢がまだ整っていないとのことで、

このスープはお蔵入りになる可能性もあるのだとか。

んー、それはあまりにももったいない。

でも、ボツ=いいスープができたってことにもなるか?

そう考えると、どっちを望めばいいのかわからなくなってきた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

争奪戦 ─はじめてバンドで敗者復活編─

先日のエントリで書いた、奥華子のツアーチケット争奪戦。

オフィシャルサイトの先行抽選予約では、

申し込んだ4公演中3公演に当選とクジ運はまずまず。

しかし、席運からは見放され風味な結果だった。

 

申し込んだ中で、唯一落選していた公演は、

SHIBUYA-AXの「はじめてバンドで歌います!」。

チケットを手にするには、本来はプレオーダーや一般販売に

望みを託すところなんだけど、今回は運よくその前段階、

ライブの入場者を対象にした先行予約抽選に申し込むことができた。

 

で、申し込みから1週間が経過。

会社帰りに近所のローソンへ立ち寄り、Loppiで結果を確認してみる。

すると、無事に当選している様子。

クジ運は問題なし、あとは席運か……(笑)。

 

さっそく、レジで発券を依頼。

店員から手渡されたチケットで、席の位置を確認してみる。

お、C列と書いてある!

しかも今回は、2階席だったというオチもなく(笑)。

 

いやー、よかったよかった。

一瞬、O(オー)列に見えたから、ホントによかった(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

メダルならず

準決勝の韓国戦に続いてアメリカとの3位決定戦にも敗れ、

北京での星野ジャパンの戦いは4位という結果に終わった。

野球にとって、現時点では最後のオリンピックとなるだけに、

これはもう本当に残念としか言いようがない。

そして、メチャメチャ悔しい。

 

故障者が出たことで、打線は機動力とつながりを失った。

ロースコアでの勝負に持ち込むこともできず、

むしろディフェンスから崩れる場面が多々あった。

得点力不足から試合は重苦しい雰囲気に包まれ、

流れを手繰り寄せることができなかった。

代表メンバーの選考から選手起用にいたるまで、

ベンチワークにもさまざまな誤算が見て取れた。

 

シーズン中のチーム作りという難しさはあったと思うが、

それは金メダルに輝いた韓国も同じ条件だったはずだ。

彼らと比べて日本の選手たちは、どこか気持ちが

乗り遅れているように見えたのは、自分だけだろうか?

 

すべてがかみ合わず、めぐり合わせも悪く、

不完全燃焼のままに終わってしまった気がする。

この雪辱は、来年のWBCで果たしてほしい。

願わくばまた、星野監督の指揮のもとで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

争奪戦 ─はじめてバンドで歌います!編─

年末に開催される、奥華子のツアーライブ。

今回は初の試みとして、バンド演奏でのライブが

あるというから見逃せまへん。

しかも、1会場につき「もちろん一人で弾き語り!」と

「はじめてバンドで歌います!」の昼夜2公演なので、

いつもよりガッツリと楽しめそうですな。

 

ツアーライブともなれば、まずはチケットを入手せにゃならん。

というわけで、先日までオフィシャルサイトで受け付けていた、

チケットの先行抽選予約にエントリーしてました。

関東の日程は、11月25日のSHIBUYA-AXと12月6日の横浜BLITZ

春先の全国ツアーと比べると、開催数が少なくハコも小さめだ。

今回のチケット争奪戦は、厳しい展開になりそうだなぁ。

エントリーしたのは、渋谷の昼&夜、横浜の昼&夜の計4公演分。

はてさて、その結果は?

 

 渋谷・昼……○
 渋谷・夜……×
 横浜・昼……○
 横浜・夜……○

 

……と、4打数3安打。

ネットを見るに、関東の2会場は落選してる人が

けっこういる様子なので、上々といったところ?

 

さっそく当選したチケットを発券して、席の位置も確認する。

すると、渋谷の昼はM列。

端っこだけど、そんなに前方の席じゃないから問題なさげかな。

そして横浜のほうは、昼がE列、夜がF列。

おー! こいつぁ、いいポジションが取れたもんだ。

 

……と思いきや、券面には

 

 2F指定

 

ちょwwwwwwwwww 昼夜ともwwwwwwwwww

 

でも、1000に満たないキャパの会場で、

土曜の開催だということを思えばね。

当たっただけでもラッキーかな。

 

唯一落選した渋谷の夜公演のチケットは、

ブロガールズナイトの来場者を対象にした

先行予約で再チャレンジ中。

こちらは27日に結果が出るみたいだけど、どうなることやら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

奥華子ライブ@BLOG PARTY Vol.2 ~ブロガールズナイト~

SHIBUYA-AXでの対バンライブへ。

華ちゃんをはじめ、今日のライブの出演者はみな、

Excite Musicでブログを書いている女性シンガーだ。

だからBLOG PARTYであり、ブロガールズナイトなのだな。

なお、華ちゃん以外の出演者に関する知識は、ほぼゼロ。

特に予習もしていなかったり(笑)。

 

開演は18時半と、平日のライブとしては少々早め?

会社を定時で抜ければ、なんとか間に合うかな。

しかし、お盆時期にまとめて休んだ直後に

定時あがりってのは、さすがにアレだ。

そこで、今日を夏休みのラスト1日にあてておく。

 

というわけで、今日は1日フリー。

昼まで寝て、夕方までうだうだと(笑)。

さらに開場前に外で待つのを避けるべく、

家を出る時間もかなりゆっくりめにしてみたり。

 

その甲斐(?)あって、駅からの移動は

ちょうど夕涼みの時間帯に。

会場にも、現地着と同時に入ることができた。

そして、ロビーでワンドリンクの生ビールを飲んでいると、

公式サイトから申し込んでいたツアーチケットの

抽選結果メールが携帯に着信。

はてさて、結果は……別エントリに書くとしよう(笑)。

 

ビールを飲み干し、ホールの中へ。

実は、AXへ来るのは今回が初めてだったりして。

スタンディングのライブが多いためか、

設置されている座席は移動できるタイプだ。

そして、ステージはやや高め。

しかし、この座席ってば隣との間隔が狭くて、ちと窮屈だなぁ。

かといってゆったりにするとキャパが減るし、難しいところではあるか。

18時半をまわって、開演。

華ちゃんの出番は、moumoonRie fuRYTHEM

続く4番目だったので、そこまで一気にすっ飛ばすよ(笑)。

 

前述したように、今回のライブでは華ちゃんが4番目。

すなわちトリだったり。

ステージにはキーボードだけではなく、

ほかの出演者のときにも出番のあった、

グランドピアノも据えられている。

よくよく考えてみれば、11月にはここで弾き語りライブが

あるわけだから、会場にグランドピアノがあるはずだぁね。

Rie fuの出番の前にステージにセットされるまで、

ピアノが出てくるとはまったく思ってなかったわ。(^_^;

 

というわけで、1曲目はグランドピアノで

 1.変わらないもの -Live version-

 

ピアノの音色で聴けるのは2nd Letterでだけかと

思っていたから、これはうれしい選曲だったな。

 

キーボードの元へ移動して、最初のMC。

今日はトリの出演だったから、出番を待つあいだは

楽屋でほかの出演者の演奏を聴いていたみたい。

そして高まる緊張感の中、自分の出番のときには

みんな帰っちゃっていたらどうしよう?と考えていたらしい(笑)。

また、「最後まで残っていてよかったと思って

もらえるようなライブにしたい」とも。

 

MCのあとは、そのままキーボードで立て続けに2曲。

 2.ガーネット
 3.迷路

 

ピアノがある環境で、「ガーネット」が

キーボード演奏なのは珍しいかも?

でも、ほかの曲とのバランスを考えると、

キーボードという選択になるか。

 

続くMC。

今まで続けてこられたものには歌とブログがあって、

どちらも「待っていてくれる人がいるから続けられた」のだという。

その一方で、ロデオボーイは続かなかったものの一例に(笑)。

このロデオボーイのくだりは単発で聞くよりも、

DVDにもなっている昨年春のコンサートのMCを

知っていると、よりおもしろかったりして。

 

さらには、ライブの日程の合間に行ってきたというキャンプの話題も。

同行の家族が電気炊飯器を持ってきていたのだけれど、

華ちゃんはキャンプといえばこれだ!と、

頑なに飯ごう炊飯を譲らなかったのだとか。

しかし、ご飯の炊きあがりは炊飯器に負けてしまったらしい。

まぁ、結果はともかく「気分」が大事……だということで(笑)。

 

その後はグランドピアノへと移動して、

 4.花火

 

きっと歌ってくれるだろうと思ってた。

でも、グランドピアノの演奏で聴けるとは

全然考えてなかったから、メチャメチャうれしい!

自分がピアノの音色で「花火」を聴くのは、2回目。

九段会館のファーストコンサート以来だから、

ホント久しぶりだったなぁ。

 

そのままグランドピアノで、

 5.明日咲く花

 

この曲も、グランドピアノがよく似合うやね。

 

全5曲でライブ終了。

……と思いきや、アンコールもあった!

 6.自由のカメ

 

これはトリの特権ですな(笑)。

 

華ちゃん以外の出演者のなかでは、RYTHEMが気に入ったかも。

鍵盤とアコギの音色とツインボーカルのハーモニーが、

なんともいい雰囲気でね。

終演後には握手会もあったし、かな~り満足感の高いライブでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

二郎めぐり 29店目/30 立川店

なんとなく、二郎各店舗の夏休みを調べてみた。

そしたら、未訪の立川店がお盆の時期に営業しているらしい。

 

家から立川へ行くにはR20を西へ走ることになるんだけど、

R20から小金井へ向かう交差点、そして野猿に向かう交差点を

スルーして直進せねばならんのよね。

強力なバリケードとして立ちはだかるこの2店舗を振り切り、

その先を目指すというのは、なかなか困難なわけで。

しかし今日は、小金井も野猿も夏季休業の真っただ中。

今がチャンスだ、ココロ迷わず行ける(笑)。

 

というわけで、立川店の夜営業に。

4月27日にオープンしたばかりのお店なので、

カウンターはピカピカ。

店内に空調が効いているのは、

今日みたいな猛暑日にはうれしいやね。

 

 ラーメン二郎 立川店:小ぶた増し(麺かため)・ヤサイ・ニンニク

小ぶた増し(麺かため)・ヤサイ・ニンニク。

 

麺は、日本そばのような四角い形状。

いつも食べているのが桜台だけに、

あまり太さは感じなかったけど、

一般的な麺と比べたら太い部類かな?

“小麦感”のある、まさに二郎の麺という味わいで、

かためにしてもらった茹で具合とも相まっておいしかった。

スープは、しょうゆが前面に出たタイプ。

ライトな味付けだけど、物足りなさは感じなかったな。

野菜はシャキシャキで、キャベツが多めだった。

豚は、しっかりとした食感のある仕上がり。

ちょっと固めだったかも。

 

いやー、うまい“しょうゆラーメン”を食ったなぁという感じで。

ハデさはないけれど、そこが気に入ったかも。

これで家からのアクセスがよければ、通うところなんだけど。

まぁ、こればかりはね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

駆け込み二郎

世間では、お盆休み突入の時期。

二郎も長期休業に入る店舗が多かったりして。

そんななか、変なタイミングでスイッチが

入ってしまったら目も当てられん。

というわけで、あらかじめ食いに行っておくとしよう。

 

日曜だから、小金井のつけ麺にしよう!と、バイクで向かう。

しかし、なんだか店の様子が……?

 

!!!!!

 

ちょwww麺切れ終了ってwww

いやはや、コイツはやられたなぁ。

しかも、「二郎を食っておこう」から「二郎をクワセロ」に

思考が変わってきたし、これはキケンだ(笑)。

 

しかし、今日の俺にはまだ受け皿がある。

普段は日曜が定休日の桜台駅前店が、

臨時休業ならぬ臨時営業なのだ。

というわけで、目的地を新たに設定。

桜台を目指す。

 

開店15分前に現地着。

すでに、かなりの列ができている。

でも、店内に人がいない状態での列だから、

見た目ほどの長さではないかな。

 

開店から30分ほどでようやくありついた、

小豚の麺かため、ニンニク・ヤサイ・カラメ。

そして生卵。

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小豚(麺かため)・ニンニク・ヤサイ・カラメ

うわ、今日のスープってば、かなり濃い目の味付けだな。

しかし、卵を絡めればちょうどいい塩梅に……。

いや、やっぱしょっぱいわ。(^_^;

まぁ、こういったブレも、二郎を楽しむうえの一部分ということで。

それにしても、久々にパンチの効いた一杯だったかも(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

加藤いづみライブ favorite ~夏~

先日、たまたま聴いていたラジオから、

懐かしい歌声が流れてきた。

 

──加藤いづみ。

 

彼女の歌は、'91年から'94年にかけて

よく聴いていたんだよね。

その当時からだいぶ時が経っているけれど、

まだ歌い続けていたということがわかって、

ちょっとうれしくなった。

ラジオでかかっていた曲が、村下孝蔵の

「初恋」だったというのも、また懐かしい。

 

その数日後、ラジオで聴いた「初恋」が収録された

カバーアルバムを購入。

 favorite favorite
加藤いづみ

曲名リスト
01.中央線
02.風をあつめて
03.初恋
04.赤い花 白い花
05.地球はメリーゴーランド
06.どんなときも。
07.守ってあげたい
09.フレンズ
10.悲しみにさよなら
11.恋はみずいろ
12.今日までそして明日から
13.見上げてごらん夜の星を
 
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

そして、さらに数日後。

自分は、彼女のライブのチケットを手にしていた。

 

会場は、渋谷のDUO Music Exchange。

場所はこのあいだKANのライブが観に行った、

Shibuya O-EASTの1階だ。

全席自由なので入場は整理番号順。

自分がチケットを買ったのはライブの数日前だから、

入場順は間違いなく後ろから数えたほうが早いだろう。

とはいっても、会場時間に遅れない程度には現地へ。

 

そして、今日のライブ会場で先行発売となった、

ミニアルバムの「private」を入手しておく。

 private

ジャケットには、サインが入っていたり。

これは、うれしいオマケですな。

そしてCDを買った人は、ライブ終了後の

握手会に参加できるのだとか。

 

ようやく自分の整理番号となり、入場。

席は1階後方、センターの席を確保できた。

そして、ドリンクチケットで引き換えた

ジントニックを飲みつつ、開演を待つ。

 

18時半ジャストに開演。

第一部は、カバーアルバム「favorite」からの選曲を中心に、

ミニアルバムの「private」からも1曲。

そのいずれもが、いづみさんとアコースティックギターの

高橋研さんが2人だけで織り成す、シンプルなサウンドだ。

 

【第一部 セットリスト】
 ・守ってあげたい
 ・初恋
 ・中央線
 ・赤い花 白い花
 ・風の吹く駅で
 ・この空を飛べたら
 ・フレンズ
 ・見上げてごらん夜の星を

 

このライブを観にくるきっかけとなった、

「初恋」をナマで聴けたのがうれしかったなぁ。

 

休憩をはさんで、バンドメンバーを加えた

第二部がスタート。

 

【第二部 セットリスト】
 ・ドライヴ
 ・どれだけあなたのことを
 ・やさしさでつつんで
 ・Blue
 ・水時計
 ・青空
 ・美しすぎて
 ・雨が降る靴
 ・髪を切ってしまおう

 

自分自身のブランクが長いだけに、

わからない曲だらけかも?なんて思っていたけれど、

それは杞憂だったみたい。

むしろ、記憶に残っている曲のほうが多いぐらいで。

 

アンコールは、再び研さんとの2人でのステージに。

 

【アンコール セットリスト】
 ・Zero
 ・星空のジェットプレイン
 ・好きになって、よかった
 ・坂道
 ・風をあつめて

 

デビュー曲の「Zero」だ!

この曲は大好きだから、メチャメチャうれしい!

CDでしか聴いたことがなかったから、

生ギター一本での演奏は実に新鮮だったな。

 

「Zero」以降は、客席からのリクエストで何を歌うか決めるみたい。

いろいろと曲名が叫ばれる中、スタッフから譜面が手渡される。

でも、その譜面を見たいづみさんは、

別の曲のほうがよさげなリアクションだったり。

しかし、お構いなしに演奏を始める研さん。

そんな研さんに対して、イマイチな反応をした曲の

タイトルがバレてしまうじゃないかと、いづみさん。

そして、歌い終えたあとには、

「星空のジェットプレイン、大好きな!曲を……」とも(笑)。

 

実は、ここでいづみさんが歌いたかった曲というのは、

「好きになって、よかった」だったらしい。

元々はセットリストに入れていなかったけれど、

「今日の自分で歌いたい」と思ったのだとか。

客席からこの曲を推す声がなかったのは、

みんなリクエストするまでもなく歌うものだと

思っていたからかもね。

 

その後は、観客のリクエストに応えての「坂道」。

そして再びバンドメンバーを加え、

カバー曲の「風をあつめて」でライブは終了。

握手会では、スタッフに流されない

ギリギリのラインでいろいろ伝えてみる(笑)。

 

昨年11月に出産したこともあって、

今回は1年ぶりのライブだったとのこと。

ライブ中のMCでは、この1年が自分にとっての

「歌」を考える機会になったと語っていた。

そして、「好きなものをもっと愛せるようになった。

大切な歌をもっと大切にしていきたい」とも。

そういった思いからか、歌える喜びに

満ち溢れたステージに見えたなぁ。

なかでも、「Zero」は本当に楽しそうに歌っていた。

 

選曲も、自分の好きなところからかなり歌ってくれて。

特に、アンコールの頭3曲は感涙モノだったかも。

また、MCが楽しくてね。

ギターの研さんがプロデューサーだということもあって、

2人のかけあいがすごくおもしろかった(笑)。

機会があったら、またライブにいこうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

ミッドナイトフラワートレイン

どうやら、これが最後になるらしいアトリエ公演。

演目は、3年連続の「ミッドナイトフラワートレイン」ですな。

今回は公演期間がちょっと長めだったこともあって、

初日と中日、千秋楽の計3回観に行った。

 

例によってストーリーには触れずに、

観てない人は置いてけぼりでいくよ(笑)。

……と思ったら、簡単なあらすじは去年書いてたみたい。

そしてキャスティングは、下記を参照で。

ただし、今回は公演期間中にキャスト変更があったので、

「初日のもの」の注釈つきだけど。

弁天マリア(松井久摩子) ……… 塩山みさこ
キャサリン青田(青田真紀) …… 北原マヤ
オードリー橋本(橋本純子) …… またか涼
フランソワ沢村(沢村貞代) …… はるかうらら/岩崎麦
マリリン佐倉(佐倉とね)  ……… 三田裕子
天神お染(岡崎染子)  ………… 石川由美子
女将(杉本都志)  ……………… 安達竹彦
照明の守(山田守)  …………… 榎本悠輝
支配人(小笠原健)  …………… 朝倉薫
コント別府湾 …………………… 伊吹卓光
舎弟ヒデ  ……………………… 高倉哲也
中山有馬 ……………………… 伊吹卓光

天宇受売命 …………………… はるかうらら
思金神 ………………………… 伊吹卓光
天手力男神 …………………… 高倉哲也
天児屋命 ……………………… 榎本悠輝

月影先生(声の出演)  ………… 櫻井智

 

フランソワはダブルキャストだったんだけど、

麦ちゃんの回は残念ながら観られなかった。

そして、マリアとオードリーの配役は昨年と同様で。

ここは再演なんだから、ガラッと変えてほしいなぁ。

……なんて最初は思ってた。

でも実際に観てみたら、全体のキャスティングが絶妙でね。

 

特にキャサリン一座は、昨年を軽く凌駕する濃ゆさで。

その中でも、三田さんのマリリンはすごかったわ(笑)。

涼ちゃんのオードリーは、昨年よりも若くなったように思えた。

演技の違いというよりも、髪型とか衣装のイメージかな?

楽屋で稽古する場面の衣装は、かなりツボだったな。

 

別府湾のコントの、おもしろくちゃいけないけど、

つまらなすぎてもいけないという「さじ加減」が絶妙だったかも。

竹彦さんの女将は、従来とはかなりイメージが変わっていて、

「こんなオバちゃん、いるよね」な演技に。

適度にハジけていて、ちょいと新鮮だったな。

 

そして忘れちゃならんのが、塩山さんとマヤちゃんの

お久摩ちゃん&青玉コンビ。

自分が観たなかで、一番いい組み合わせだと感じたな。

それにしても、塩山マリアはカッコよかったなぁ。

 

演出も昨年までの「ミッドナイト」とは変わっていて、

以前は暗転していたところを舞台裏のように見せるようになっていた。

その間は女将が弁士になったり、別の場面が展開したり。

真っ暗な中で音声だけになっていた従来の演出よりも、

テンポよく感じられて自分は好きかも。

また、千秋楽ではラストに1シーン追加されて、

後日談的なエピソードが語られるようにも。

 

キャスティングが変わったところは、中山有馬が高倉哲也、

舎弟ヒデが伊吹卓光と入れ替わりに。

これは、高倉君の演歌歌手(中山有馬)が素晴らしかった。

白目をむいて自己陶酔する様が(笑)。

ほかは、中日を観たときには涼ちゃんが天宇受売命を演じていた。

千秋楽では、再びはるかうららに戻っていたけど。

二役で元の衣装のまま激しいダンスを見せる場面だから、

オードリーよりもフランソワのほうが役柄的に

意外性があっておもしろいかもね。

 

……っとまぁ非常にざっくりとだけど、こんな感じで。

今までに何度か観てきた「ミッドナイトフラワートレイン」だけど、

今回の公演が一番よかったなぁ。

そしてストリップ劇場の楽屋という舞台設定が、

アトリエの空間に実によくマッチしていてね。

上演作と箱の相性がよかったんだろうな。

 

イベントやら、ライブやら、観劇やらで、

何度となく足を運んだ中野坂上のアトリエだけど、

この公演を最後にクローズすることになったのだとか。

たくさんの記憶がある場所がなくなってしまうのは、

なんとも寂しいもんですなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

奥華子ライブ@2008あつぎ鮎まつり 花火カウントダウンライブ

昨年に続いて、厚木の花火大会のステージで

華ちゃんのライブがあるぞっと。

ってなわけで、今年もあつぎ鮎まつりへ。

 

午前中は仕事をしていたので、フリーになったのは午後からだった。

当初は、いったん帰宅してから厚木に向かうつもりだったんだけど、

なんだかめんどくさくなったもんで、そのまま現地へ。

実はそうなることを見越して、ライブに行く用意を

したうえで出社してたり(笑)。

 

そんなこんなで出発が早かったもんだから、

14時半前には会場の厚木中央公園に到着。

さっそくステージの様子を見に行ってみると、

戦隊ヒーローのショーの真っ最中だった。

となると、客席は子供たちでいっぱいなわけで。

席の確保は、このショーが終わってからかな。

 

そんじゃ、呑むぞ食うぞというわけで、出店を物色。

牛串とビールで腹ごしらえをば。

この暑さの中だから、ビールがまたうまいんだわ。

しかも、すぐに汗で出ちゃうもんだから、

消費量も上がるってもんです。

呑んだり、食ったり、アセバンダリ。

その繰り返し(笑)。

 

ふと気がつくと、戦隊ショーが終わった様子。

ステージ前へと向かってみると、

最前列に空席ががあったので、そこを確保っと。

そして、CDの販売が始まったところで「明日咲く花」を購入。

今回はサイン会の整理券がないみたいなんだけど、

仕切りは大丈夫なのだろうか?

残るライブまでの時間は、各出演者のリハを見たり、

呑んだり、食ったり、アセバ(ry。

 

ライブは17時からスタート。

司会は山田尚史上野まなのお二人。

山田さんの歌は、去年の花火カウントダウンライブで

聴いて、すごく印象に残ってるんだよな。

今年の鮎まつりでも歌ってたみたいなんだけど、

残念ながら別会場だったみたい。

今年も聴きたかったな。

 

エレジーいいくぼさおりソフトケースに続く4組目。

お団子ヘアにタンクトップという、夏らしい装いの

華ちゃんがステージに。

 

【セットリスト】 
 変わらないもの -Live version-

 ガーネット
 
 CMソングメドレー
   (TEPCOひかり~いまのりくん~お部屋さがしMAST)
 迷路
 明日咲く花
 自由のカメ
 花火

 

「変わらないもの」は、エレピの音色での演奏だった。

同じLive versionでも、音色ひとつで印象が変わるもんだね。

 

「ガーネット」は、なんだか苦しそうに歌っているけど、

どうしたんだろう?……と思いながら聴いていた。

そしたら、なんでも本番前に食べたアミノ酸ゼリーが、

のどに引っかかってしまったのだとか。

と、ペットボトルの水をひとくち 

 

 華:「ゼリーが水で流れたところで」

と歌い始めた、CMソングメドレー。

それと「迷路」を聴くのは、ずいぶんと久しぶりな気がするな。

 

「明日咲く花」に続いては、「自由のカメ」。

手拍子&「ラララ……」の合唱で、

花火に向けて盛り上がってみたり。

 

そして、ラストは「花火」。

今日のライブに、この曲は欠かせないやね。

 

ライブは、昨年のような音響トラブルもなくてよかったな。

しかし、今回は照明に難ありでして。(^_^;

別にトラブルってわけではなくて、自分の席からだと

ステージ奥にあるライトの光がやたらとまぶしくてね。

点灯する場所によっては完全に目くらましになって、

歌っている人の顔がまったく見えないんだわ(笑)。

これはちと、しんどかったかも。

 

ライブ終了後には、ライブの出演者全員がステージに姿を見せて、

花火のカウントダウンに。

ステージ&客席で、「5!4!3!2!1!」とカウントしたのち、

ステージの「あつぎ~!」の掛け声に続いて全員で、

「鮎まつり~!」と叫ぶ流れは昨年と同じらしい。

ただ、今回は「鮎まつり~!」のときに、

みんなで鮎のポーズを取ることになったそうで。

ただ、それがどんなポーズなのかはテキストでは説明しにくいので、

華ちゃんのブログに写真が載ることを期待しよう(笑)。

さてさて、気になるカウントダウンの成否。

今年はカウントし直すことも、妙な間があくこともなく、

いいタイミングで成功したんじゃないかな?

 

カウントダウンを終えたあとは、

花火が打ちあがる中でのサイン会。

今日は、2nd LetterのツアーTシャツに

ついてきたエコバッグにサインを入れてもらった。

 

ツアー中にフリーライブがなかったこともあって、

サインを入れてほしいブツがたまり気味だったり(笑)。

はたして20日のブロガールズナイトでは、

サイン会はあるのかな?

9月6日には海老名でのライブが決まったらしいので、

このときがチャンスですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »