« 争奪戦 ─はじめてバンドで歌います!編─ | トップページ | 争奪戦 ─はじめてバンドで敗者復活編─ »

2008年8月24日 (日)

メダルならず

準決勝の韓国戦に続いてアメリカとの3位決定戦にも敗れ、

北京での星野ジャパンの戦いは4位という結果に終わった。

野球にとって、現時点では最後のオリンピックとなるだけに、

これはもう本当に残念としか言いようがない。

そして、メチャメチャ悔しい。

 

故障者が出たことで、打線は機動力とつながりを失った。

ロースコアでの勝負に持ち込むこともできず、

むしろディフェンスから崩れる場面が多々あった。

得点力不足から試合は重苦しい雰囲気に包まれ、

流れを手繰り寄せることができなかった。

代表メンバーの選考から選手起用にいたるまで、

ベンチワークにもさまざまな誤算が見て取れた。

 

シーズン中のチーム作りという難しさはあったと思うが、

それは金メダルに輝いた韓国も同じ条件だったはずだ。

彼らと比べて日本の選手たちは、どこか気持ちが

乗り遅れているように見えたのは、自分だけだろうか?

 

すべてがかみ合わず、めぐり合わせも悪く、

不完全燃焼のままに終わってしまった気がする。

この雪辱は、来年のWBCで果たしてほしい。

願わくばまた、星野監督の指揮のもとで。

|

« 争奪戦 ─はじめてバンドで歌います!編─ | トップページ | 争奪戦 ─はじめてバンドで敗者復活編─ »

コメント

ホントに残念でしたね。
韓国なんかは国内リーグの基準も変更して今回の
オリンピックに照準を合わせていたらしいし。

投稿: ムーンライトチェリー | 2008年8月25日 (月) 01:36

to ムーンライトチェリーさん

期待が大きかっただけに、風当たりが強いよねぇ。
でも、見ていて「あれ?」ってシーンが目立っただけに、無理もないか。

本来なら、日本も韓国のように国際球を使うべきなんだろうけど、
各球団とメーカーのお付き合いというような、しがらみが……ね。

投稿: #135 | 2008年8月25日 (月) 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/42253598

この記事へのトラックバック一覧です: メダルならず:

« 争奪戦 ─はじめてバンドで歌います!編─ | トップページ | 争奪戦 ─はじめてバンドで敗者復活編─ »