« 奥華子ライブ@理大祭 | トップページ | 奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@SHIBUYA-AX »

2008年11月25日 (火)

奥華子 LIVE TOUR '08「もちろん一人で弾き語り!」@SHIBUYA-AX

理大祭から1日おいて、今日はツアー初日。

しかも、13時からの弾き語りライブ、

19時からのバンドライブと2本立てですわ。

両方に参加するには有給が必須なわけだけど、

今日を休みにすると4連休になってしまうことに

気がついたのは、チケットを取ったあとの話(笑)。 

微妙に有給を申請しづらい日程ではあったけれど、

そこは事前の根回しでつつがなく。

 

ちょっとゆっくりめの始動で、正午ごろに原宿駅着。

そこから徒歩でSHIBUYA-AXを目指す。

このルートは渋谷からの道のりと違って、

ゴチャゴチャしていないから好きだな。

天気もいいから、すごく気持ちいい。

10分ほど歩いて、AXに着。

開場前の11時半からグッズの先行販売があるとのことだったけれど、

自分が到着した時間にはすでに終わっていた。

ま、これは入場後でもいっか。

 

12時半となり、開場。

入場後は、グッズ売り場で直行して一式購入

……を試みたのだけれど、早くもロングスリーブTシャツの

Lサイズが売り切れてしまったのだとか。

ありゃ、しゃあない横浜で買うかぁ。

その代わりにというわけではないけれど、

ワンコインコーナーで500円で売っていたTシャツ2枚を入手。

これは、自分がライブに通うようになる前に作られたものだな。

また、「あなたに好きと言われたい」のポスター付きで

CDが売っていたので、贈答用(笑)のシングルを購入っと。

 

入場時に受け取ったコインで引き換えたドリンクを

飲み干してから、客席へと移動する。

今回の席は、M列下手側の端のほう……って、前から何列目?

指折り数えないと、ピンとこねぇっす(笑)。

 

開演時間の13時を5分ほどまわったころ、

髪の毛をお団子にまとめた華ちゃんがステージへ。

夏場のライブだとお団子ヘアが定番な感じだけど、

ホールライブでは珍しいかも。

衣装も、Tシャツorジャージにカーゴパンツ、

スニーカーという定番スタイルではなく、

ゆったりめのシャツとパンツに、ブーツを合わせていて、

いつもとは違った雰囲気の装いだ。

ライブ中のMCでも、

 

 華:「ヒールがあります! 少し背が高いです!」

 

かかとのぶん、3cm背が伸びたのだとか(笑)。

そして、ピアノの演奏時に見切れてしまう席の

お客さんを気遣ってくれたときには、

 

 華:「でも3cm伸びたの……は関係ないですね」

 

そりゃあね。

ピアノのイスに座ってしまえば、そうよね(笑)。

 

「僕のクリスマス」では、ライブグッズの“僕のクリスマスストラップ”の出番。

曲に合わせて、ストラップに付いた鈴を鳴らす感じでね。

華ちゃんはキーボードの演奏があるので、鈴は足首につけて。

みんなで歌って盛り上がったあと、華ちゃんはグランドピアノに移動する。

そして、イスに腰掛けるときに突然、

 

 華:「あ」

 

ん? どした?と思ったら、先ほどの鈴が付けっぱだったらしい(笑)。

 

鈴をはずしたあとは、カバーソングで絢香の「三日月」。

いや~、これがまた素晴らしくよかった!

聴いていて鳥肌が立つかのような感覚がして、

オリジナルと同等、いやそれ以上に思えたかも。

 

夜にバンドライブがあることもあってか、いつも以上に

“弾き語り”であることを意識した内容だったかも。

より弾き語り映えするところからの選曲を中心に、

あまり聴く機会のない曲が多かったのがうれしかったな。

「弾き語りは、聴く人との間にさえぎるものがない」という

華ちゃんの言葉を体感できる、満足感の高いライブでした。

 

……っと、ツアー初日ということで、ネタバレ少なめにしています。

セットリストは、こちらからどうぞ。

|

« 奥華子ライブ@理大祭 | トップページ | 奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@SHIBUYA-AX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/43227529

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子 LIVE TOUR '08「もちろん一人で弾き語り!」@SHIBUYA-AX:

« 奥華子ライブ@理大祭 | トップページ | 奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@SHIBUYA-AX »