« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の11件の記事

2008年12月31日 (水)

2008年回顧

……というほど、大げさなもんでもありませんが(笑)。

 

2008年は、スポーツではホント散々な年だった(笑)。

その一方で、ここ数年のなかでも特に音楽を楽しんだ1年で。

 

日常の一部となっている奥華子のライブはもちろんのこと、

KANや加藤いづみのライブにも行ったし、

エルスタッフの歌声喫茶風ライブも楽しかった。

 

また、新しく聴くようになったアーティストも多かったかも。

いきものがかりやRYTHEMは、華ちゃん目当てに行った

タイバンライブがきっかけで聴くようになったんだよな。

 

そんなこんなで、今年聴いたCDのなかから、

ちょいとオススメなのを以下につらつらと。

 

favorite favorite
加藤いづみ

曲名リスト
1. 中央線
2. 風をあつめて
3. 初恋
4. 赤い花 白い花
5. 地球はメリーゴーランド
6. どんなときも。
7. 守ってあげたい
8. この空を飛べたら
9. フレンズ
10. 悲しみにさよなら
11. 恋はみずいろ
12. 今日までそして明日から
13. 見上げてごらん夜の星を

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

彼女の歌を再び聴くように、かつライブへ

行くきっかけとなったのが、このカバーアルバム。

選曲もいいし、オリジナルとはひと味違った

独自の世界観が心地いい1枚です。

ライブ会場で買ったミニアルバムの「private」も、

かなりのお気に入り。

 

TIGERSONGWRITER TIGERSONGWRITER
KAN

曲名リスト
1. Songwriter
2. 長ぐつ
3. サンクト・ペテルブルグ-ダジャレ男の悲しきひとり旅-
4. SAIGON
5. Oxanne-愛しのオクサーヌ-
6. 月海
7. ドラ・ドラ・ドライブ大作戦-トラ・トラ・トラどし大先輩- (特製ミックス)
8. Song of Love-君こそ我が行くべき人生- (英語版)
9. 君を待つ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10年前に出たアルバムなんだけど、これは超名盤!

おおいに聴かせる曲があるかと思えば、

その照れ隠しのようなおどけた曲もあったりして。

もっと早くに出会いたかったなぁ。

 

部屋(せかい) 部屋(せかい)
豊田かずみ

曲名リスト
1. blank
2. デイブレイク
3. 暖かい涙
4. 部屋(せかい)
5. 予感
6. winter without you
7. 満員電車
8. 最後のわがまま
9. プルメリアの首飾り
10. 櫻雨

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

amazonの「おすすめ商品」で、思わずジャケ買い。

「ちょっと地味?」という第一印象だったんだけど、

3回聴いたところでハマっている自分に気づいて、

結果「大当たり!」な1枚だった。

帯に書いてあった、彼女のオフィシャルサイトの

URLにアクセスしてみたら、すでになくなっていた。

もう、活動をやめてしまったのかな?

 

RED BEST RED BEST
椿屋四重奏

曲名リスト
1. 群青
2. かたはらに
3. 成れの果て
4. 空中分解
5. 小春日和
6. 嵐が丘
7. 螺旋階段
8. 手つかずの世界
9. 紫陽花
10. プロローグ
11. 君無しじゃいられない
12. 幻惑
13. サイレンス
14. トワ
15. 共犯
16. アシンメトリー
17. 綴り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

奥華子のカメカメハウス」にボーカルの中田裕二がゲスト出演していて、

そのときに聴いた「アンブレラ」が忘れられずにiTunes Storeで購入。

さらに、CDも買ってみた。

ボーカルがとにかくカッコいい!

今年知ったアーティストの中で、一番のお気に入りかも。

 

My song Your song

My song Your song
いきものがかり

曲名リスト
1. プラネタリウム
2. 気まぐれロマンティック
3. ブルーバード
4. スパイス・マジック
5. かげぼうし
6. 帰りたくなったよ
7. message
8. Happy Smile Again
9. くちづけ
10. 僕はここにいる
11. プギウギ
12. 幻
13. 心の花を咲かせよう
14. 帰りたくなったよ -acoustic version- [bonus track]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シングルの3曲から始まる構成は、インパクト大。

先日のFm yokohamaの公開放送を見たときには、

中高生と思しきファンが多いなという印象だったけれど、

彼らの楽曲はそういったメインのファン層以外にも

幅広く受け入れられると感じた1枚でした。

 

恋手紙 恋手紙
奥華子

曲名リスト
1. 最終電車
2. しあわせの鏡
3. DROP
4. 空に光るクローバー *映画「ちーちゃんは悠久の向こう」主題歌
5. 透明傘
6. 迷路
7. 太陽の下で *「サンストリート浜北」イメージソング
8. 三度目の冬
9. 鏡
10. めぐり逢う世界
11. 手紙

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

#135的にゃ、これを外すわけにはいかない(笑)。

ほとんどの曲が、先にライブありきでCDへと落とし込まれている。

それだけに、「熟成」が感じられるアルバムだ。

収録曲も、「透明傘」、「迷路」、「鏡」、「めぐり逢う世界」、「手紙」と粒ぞろい。

アレンジされた音の中から、弾き語りの音を探すという楽しみも。

 

まだまだ興味を持っただけの段階で

止まっているアーティストがいるので、

2009年はもっといろいろと聴いてみようかな。

 

というわけで。

このブログを読んでくれた方々、コメントをくれた方々、

自分と関わりのあったすべての方々に……

 今年1年ありがとうございました!

どうか、よいお年をお迎えください。

あたしゃ、これから友人の誘いで椎名へきるのライブへ行ってきます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

うpしました

今日がツアーファイナルだったということで、

12月6日・横浜BLITZのガッツリ版レポをうpしました。

 

 奥華子 LIVE TOUR '08「もちろん一人で弾き語り!」@横浜BLITZ

 奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@横浜BLITZ

 

来年6月からは全国ツアーの3rd Letterも始まるらしいし、

2009年もライブ三昧で楽しめるといいですな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

イブ二郎

さすがに、この日にだけはやめておこうという考えもあったんだけど、

食いたくなってしまったのだから、しゃあない(笑)。

わしゃあ、鳥でもなくケーキでもなく二郎を食うのだ!

 

……と、帰宅後にバイクで桜台へ。

そして22時ちょい前に、店に到ちゃ……Σ(・ω・ノ)ノ!

(ノ∀`)タハー

やべぇ、並びゼロだwwwwww

/(^o^)\ナッテコッタイ

 

そんなこんなで、小ラーメンの麺かために、

ヤサイ・ニンニク・カラメ with 生卵。

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小ラーメン(麺かため)・ヤサイ・ニンニク・カラメ with 生卵

大満足のおいしさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

朝倉薫演劇団 年忘れお食事会

クリスマス的な、忘年会的なイベントへ。

 

今日の女の子の顔ぶれは、

真一涼、北原マヤ、西本早希、石川由美子の4人。

まずは海鮮酒場 新宿丸港水産という店の

海鮮&鍋&飲み放題で、宴会を。

さんざん飲み食いしたあとにはゲーセンへ行って、

みんなでプリクラ&UFOキャッチャーをやったりして。

 

 カピバラさん

そのゲーセンで、目が合ってしまったカピバラさん。

自分のチャレンジは失敗に終わったけれど、

涼ちゃんが3個取ったうちのひとつをいただきました♪

やべー、メッチャ癒される(笑)。

 

ホント、久しぶりのイベントだったんだけど、

仲間内の飲み会みたいな感じでメッチャ楽しかった~。

年明け1月にも、新年会的なスケート的なイベントがあるとうれしいんだけど。

 

なおmixi日記には、参加者だけが楽しめるおもしろ(?)写真を、

友人まで公開でアップしています(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

奥華子ライブ@TOKYO CITY VIEW

今年も残すところ、あと10日あまり。

いやー、もう年の瀬っすね。

いまひとつ、実感はありませんが(笑)。

そんな中、奥華子のライブで六本木ヒルズへ。

「J-WAVE CHRISTMAS LIVE@TOKYO CITY VIEW」という、

毎年この時期に恒例のイベントなのかな?

そこで開催される、日替わりライブへの出演みたい。

また、J-WAVEってとこからもわかるように、

FMの公開収録も兼ねてるそうな。

 

今日は朝から仕事だったけれど、退社時間は死守。

そして、会社から六本木へ直行する。

こう書くと、いかにも時間ギリギリまで仕事していたかのように

思われるかもだけど、そんなことは一切なく(笑)。

もともと余裕ありありな予定を組んでたもんで、

ライブが始まる3時間前には六本木に到着してたり。

でも、TOKYO CITY VIEW(展望台)のチケット売り場が、ドえらい行列で。

実は、早めに来ておいて正解だったのかも。

 

実際のところは、並び始めてから30分程度で

展望台に入ることができた。

そして目に飛び込んできたのが、この風景。

 

うわー、メッチャきれいだ!

あたしゃ夜景ってヤツを、ちょいとばかしナメてたよ(笑)。

昼間からいい天気だったせいもあるだろうし、

タイミングもよかったのかもね。

 

展望台をひとまわりしたところでステージ近辺の

様子を見てみると、ライブ目当ての人が集まり始めていた。

自分も待機するとしましょかね。

ただ座席がない環境だから、場所の確保で待ちに入ると

身動きが取れなくなっちゃうのがちとしんどかったり。

でも今日は、近くにいた人が話しかけてきてくれて、そのまま雑談に突入。

おかげで退屈することもなく、しんどさもかなり軽減できたかも。

 

機材のセットやリハも終了。

今日はステージがえらく近くて、自分がいる場所から

華ちゃんの立ち位置まで2メートルちょい程度。

スタンディングだから、目線の高さが近いってのもいいな。

こりゃ、ライブ本番が楽しみだ。

 

20時半となって、ライブイベントがスタートする。

今年のテーマは「LOVE」ということで、第一部は日替わり出演者が

LOVEを感じる作品を朗読する「SEEDS OF LOVE」……が終了(笑)。

続く第二部として、いよいよ華ちゃんのライブに。

と、その前に、公開収録でよくある拍手の練習があったり。

司会の宮元絢子さんの「“ピー”とか、あるといいですね」

というひとことで拍手に口笛も加わり、

にぎやかになったところで本番スタート。

 

 華:「ピーピー言ってくれてますね(笑)。ありがとうございます」

 

と、華ちゃんがステージへ。

今日の衣装の大きな赤いハートが入った白いロングTは、

イベントのテーマの「LOVE」に合わせてのチョイス。

そして緑のパンツは、クリスマスを意識したのだとか。

 

1曲目は「小さな星」。

展望台から見える夜景にピッタリの選曲ですな。

 

続いては、自己紹介代わりにとガストのCMソングを披露。

そして、ガストでチーズINハンバーグを食べたという

メールが、ご両親から届いたという話も。

そのメールによると、CMの放送が始まってから

チーズINハンバーグの売り上げが伸びたかどうか、

お店の人に聞いてきてくれたのだとか。

いいご両親だなぁ。

 

「ガーネット」、「あなたに好きと言われたい」ときて、

ラストの「笑って笑って」では、

 

 華:「それぞれに、いろいろなことがあった1年だったと思うけれど、みなさん一人ひとりのことを想って」

 

と、歌ってくれた。

ライブのあとには宮元絢子さんとのトークがあって、

イベントは終了……と思っていたら、

 

 絢:「アンコールをお願いしたいのですが」

 

キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)ノД`)・゚・。━━━!!!!!

この流れは、今日のライブで絶対に歌ってほしいと思っていた

あの曲が聴けるかも!

 

そんなこんなで、非常に気になるアンコールの1曲目。

ニューヨークの同時多発テロが起きた2001年に、

せめてクリスマスは世界中が平和であってほしいという

願いを込めて作った曲だという、「サンタに願いを」。

 

やった、「あの曲」だ!(笑)

これは、毎年クリスマス直前のわずかな期間にしかライブで聴けない、

自分のなかでもかなり思い入れの強い曲だったり。

しかも、今まではホールライブでしか耳にしたことがなかったから、

こんな目の前で歌ってくれるのを聴くのは初めてで。

……なんか気がついたら、涙があふれてた。

会場にいた人全員が同じ想いで聴いていたのか、

曲が終わったあとの、ほんの数秒間は完全なる静寂。

その直後に割れるような拍手が起きて、

しばらくのあいだ鳴り止むことがなかった。

こんなにも曲の余韻に浸れたライブは、たぶん初めてかも。

今日聴けなかったら今年はアウト、また来年になるところだったから、

アンコールという形で歌ってくれて本当にうれしかった。

華ちゃん、ありがとう。

 

「サンタに願いを」に感動したあとは、

正反対のノリのクリスマスソング「僕のクリスマス」。

華ちゃんは、いつものように足首に鈴を着けて

……って、しまった鈴忘れた!(笑)

終盤には、みんなで歌って盛り上がり、

今日のライブは終了っと。

 

【セットリスト】
・小さな星
  ガストCMソング:チーズINハンバーグ
・ガーネット
・あなたに好きと言われたい
・笑って笑って

・サンタに願いを
・僕のクリスマス

 

今年は年越しのカウントダウンがないとのことで、

関東では今日が年内最後のライブだったり。

そして、自分も同じく年内ラスト。

今年も多くのライブへ行けて、楽しかったな。

華ちゃん、今年1年、たくさんの笑顔と感動をどうもありがとう。

来年もまた、素敵なウタが聴けることを楽しみにしています。

 六本木ヒルズ・けやき坂

 東京ミッドタウン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

更地

以前のエントリで、解体中と書いていた都営住宅の跡地。

今では、きれいさっぱりと更地になりました。 

更地

 

別に眺めが素晴らしいわけではないけれど、

見晴らしがいいというのは悪くない。

この更地、公園にしてくれないかなぁ。

春になると沿道の桜並木がきれいだから、

ここで花見ができたらすごいよさげかも。

 

でも、ただひとつ。

コインパーキングだけはやめてくれ(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年12月13日 (土)

奥華子ライブ@AIR CRUISE 公開生放送

今日は、Fm yokohamaのAIR CRUISEという番組の

公開生放送で、華ちゃんがライブをするらしい。

というわけで、先日のツアーに続いて2週連続で横浜へ。

華ちゃんのほかにも、いきものがかり、Skoop On Somebodyが

ゲスト出演するようなので、こっちも楽しみですな。

 

番組のスタートは13時から。

でもゲストの顔ぶれ的に人出が多そうだから、

早めに現地に向かっておこうかな。

……と思っていたのだけれど、気持ちよく二度寝。(ノ∀`)

起きたのは、到着を予定していた時間だった(笑)。

とはいっても、まだ十分に間に合うので、急いで用意して家を出る。

 

公開放送の会場は、クイーンズスクエア横浜1階のクイーンズサークル。

場所は、先週のライブの空き時間に確認しておいたので、

駅からの最短ルートを迷うことなく。

そして、いざクイーンズサークルに到着してみると、

なんだか予想してたよりも人が少ない雰囲気。 

こりゃ、ラッキーだ……なーんてはずはなく(笑)。

整理券を配布していたので、ステージ周りに

人が集まっていなかっただけみたい。

というわけで、自分も整理券をもらう。

 

しかし、腹が減ったなぁ。

ホントは、公開放送が始まる前に腹ごしらえしたかったんだけど、

すでに整理券に書かれた集合時間の10分前。

どこかの店で、ゆっくりとはできそうもない。

そこで、クイーンズサークルそばにあるコンビニで

SOYJOYを買って、とりあえずお腹に入れておく。

……よーし、落ち着いた(笑)。

 

集合時間となり、整理券の番号順に整列する。

並んでいる最中には、華ちゃんのリハも見られたりして。

ほどなくして、入場もスタート。

どうも、整理番号100番ぐらいまでの人は座って、

それ以降の番号の人は立ち見になるみたい。

あたしゃ150番なので、間違いなく立ち見だな。

でも、座席が用意されていないから座るのは地べたにだし、

そのポジションではステージやスピーカーの高さがありすぎる。

海老名ビナウォークに近い感じかな。

自分としては、この環境では立ち見のほうがありがたい。

理想の立ち見最前列は無理だったけれど、2列目は確保できた。

こいつぁ、二度寝が幸いしましたな(笑)。

 

13時となり、公開放送が始まる。

華ちゃんは1組目のゲストなので、出番はすぐですな。

そして、交通情報が入っているところでステージに姿を見せ、

キーボードの傍らでスタンバイする。

すると、そこへいきなりお部屋探しマストのCM

流れてきて、華ちゃんビックリ(笑)。

どうやら、交通情報の提供だったみたいね。

しかも、CMに合わせて歌ってくれたりして。 

 

CM明けに、放送のうえでも華ちゃんが紹介される。

最初のトークで、初めてのCDリリースイベントを

クイーンズスクエア内の[アット!]で開催したという

話を披露したのちに、ライブが始まった。

 

【セットリスト】
 ガーネット
 帰っておいで
 笑って笑って
 やさしい花

 

ライブ後のトークでは、「あなたに好きと言われたい」の話題に。

実体験を元に書かれた詞だということで、

 

華:「歌うたびにつらいんですけど(笑)」

 

なんてことを言っていたり(笑)。

そして今日の放送のテーマである、

「自分へプレゼントをするなら?」との質問には、

マッサージ機と回答。

華ちゃんは肩やら背中やら凝りがひどいらしく、

よくマッサージ屋に行くのだとか。でも、

 

 華:「マッサージへ行くお金で、マッサージ機を買ったほうがいいということに、最近気づきまして」

 

たしかにな(笑)。

 

放送の尺に合わせるために、ワンコーラスだけだったり

間奏が短かくなってたりしたけれど、実にいい選曲だった。

最後の曲は「あなたに好きと言われたい」だと思ってたから、

「やさしい花」を歌ってくれたのは、まったくの予想外。

それだけに、メチャメチャうれしかったな。

 

華ちゃんの出番が終わったあとも、最後まで残って

公開放送を見ていたのだけれど、Skoop On Somebodyと

いきものがかりはトークのみでちと残念。

でも、華ちゃんのようにラジオ出演でライブをしてくれる

ケースのほうが珍しいといえるか。

 

それにしても、公開放送中の3時間。

フルタイムの立ちっぱは腰にきた……(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@横浜BLITZ

渋谷と同じく、15時ごろに弾き語りライブが終了。

バンドライブ開演の19時までは、ヒマつぶしタイムに突入する。

ノープランではなく、一応はいろいろとやることを考えてあったり。

 

横浜では、来週も華ちゃんのライブがあるので、

まずはその場所を下見しておくとしますかね。

時間はたっぷりとあるから、のんびりとお散歩感覚で

クイーンズスクエア横浜を目指す。

下見といっても、ランドマークタワーには

去年のツアーのときにも訪れているし、

今回は来週のライブがあるクイーンズサークルを

ピンポイントで見に来たようなもんだな。

 

下見が済んだあとは、近くのマックで弾き語りライブの

アンケートを書きながら、おやつ兼遅めの昼飯を。

そして食後には、赤レンガ倉庫まで足をのばしてみる。

到着したのはちょうど夕暮れ時だったので、

ライトアップされた建物と、きれいに晴れ渡った

薄暮の空の組み合わせがなんともいい感じでね。

写真を撮りながら、建物の周りをうろうろと。

 

 

 

陽が沈んだところで撮影を打ち切り、BLITZに引き返す。

が、ハンパな時間に到着してしまったので、

BLITZの隣りのゲーセンで最後の時間調整を。

そして、ころあいを見て入場列へと並ぶ。

 

自席は2階。

昼の席の1列後方、上手寄りという位置なのだけれど、

今回は手すりがすごくジャマになりそうな気配。

ちょうど華ちゃんの顔にかぶりそうな、

えらく絶妙な高さなんですが(笑)。

……などと考えていたら、客席に入ってくる知り合いの姿を発見。

そういやこないだ、2階席だと言ってたっけな。

……って、自分の真後ろかいっ(笑)。

 

開演時間となり、まずはバンドメンバーが姿を見せる。

華ちゃんの楽曲のアレンジを多く手がけている佐藤準さんが、

キーボードで参加しているのが今回のツアーのウリのひとつだ。

そして、メンバーそれぞれが自らの位置についたのちに、

華ちゃんもステージへ。

バンドライブとはいっても、華ちゃんはボーカルだけでなく、

グランドピアノも担当するスタイルだったりする。

 

1曲目は、「僕の知らない君」。

このツアーの前にライブで聴いたは、いつだったっけな?

簡単には思い出せないぐらい、久しぶりですわ。

でも、バンドライブをやると聞いたときに、

この曲がまっさきに思い浮かんだんだよな。

 

1曲終わったあとは、ハンドマイクを手にして最初のMC。

ああ、やはり華ちゃんがステージの前のほうに出てくると、

手すりに視界をさえぎられるわ(笑)。

でも、横浜BLITZは、スタンディングのライブを前提とした

つくりのためにステージが高く、最前列でも

上手側の席だとグランドピアノを演奏する

華ちゃんの姿が見切れてしまうらしい。

華ちゃんのMCも、それを気にした内容だったりして。

 

バンドメンバーの紹介があったあとは、「魔法の人」と

「しあわせの鏡」を立て続けに。

 

 華:「ここで幸せな2曲を歌いました」

 

というように、この2曲が並ぶとかなり感動的だったり。

 

続いては「ガーネット」。

自分の中では弾き語りのイメージが強い曲だったけれど、

バンドのサウンドになると「時かけ」のエンディングが

脳裏によみがえってくる感じで、とても素晴らしかったな。

 

ここで、準さんがキーボードからグランドピアノへと移動する。

華ちゃんは鍵盤から離れ、

ハンドマイクを手に、ボーカルに専念しての「HAPPY DAYS」。

ノリがいいから、今日みたいなバンドライブには特にピッタリだわね。

ステージを右へ左へと動き回る姿が、ホントに楽しそう。

また、この曲は2nd Letterで披露するためであると同時に、

弾き語りライブのアンコールのMCで語っていた、

行き詰まった状態から抜け出すきっかけになるようにと、

華ちゃんが自分自身を応援するという意味もあったのだとか。

 

「HAPPY DAYS」歌い終えたあとの華ちゃんは、

 

 華:「みんな楽しい? イエーイ♪」

 

と、ノリノリ。そして、

 

 華:「これは、奥華子のライブじゃないね」

 

……なんてことも(笑)。

 

ピアノ、キーボード、ギターの3人編成での「パノラマの風」。

バックは準さんのピアノにアコギだけとなり、

華ちゃんはイスに腰掛けてのボーカルで「窓辺」。

華ちゃんのピアノ&準さんのキーボードの競演、「恋」。

いやー、アコースティックなサウンドが、すごく綺麗だったな。

 

再びステージに、バンドメンバー全員がそろう。

ここからは、台本なし&行き当たりばったりのトークタイム。

華ちゃんがメンバーに質問をぶつけていくという形で、

今日のお題は「家に帰ったら、まず何をするか?」と、

「ファミレスでよく食べるものは?」のふたつ。

ひとりずつ話を聞いていって、ギターの黒田さんのところまで来たときに、

 

 華:「違う質問でもいいですか?」
 黒:「はい」
 華:「え、どうしよう?」

 

特に考えていなかったらしい(笑)。

 

華ちゃん自身も、「家に帰ったら、まず何をするか?」の質問に、

「テレビをつける」と答えてました。

家にいるときは1日中テレビをつけっぱなしにしているらしく、

 

 華:「実は、エコの歌を歌う資格がないんですけど」

 

……だそうで(笑)。

 

バンドメンバーとのトークのあとは、

 

 華:「このあとは、どっぷりと奥華子ワールドで」

 

と、「白い足跡」、「迷路」、「あなたに好きと言われたい」の3曲。

いずれの曲も、曲の激しさがより際立つ感じで。

特に「迷路」は、グランドピアノの音色がすごく新鮮だった。

 

「やさしい花」は、CDに収録されているアレンジバージョンのように、

弾き語りの音に適度な演出が加わるイメージで。

初のバンドライブの中で、華ちゃん自身の「今、一番歌いたい歌」として

この曲を歌ってくれたのが、すごくうれしかった。

 

続いてはサンタ姿になった華ちゃんが、

タンバリンを手にしてステージ狭しと

駆け回っての「僕のクリスマス」。

グッズの鈴付きストラップを振りつつ、

曲の終盤ではみんなで歌って盛り上がる。

 

アンコールの1曲目は、華ちゃんと準さんがステージに。

2人とも、ツアーTシャツに着替えていたり。

そして、華ちゃんが準さんのピアノ一本で歌う「明日咲く花」。

ということは、弾き語りとさほど変わらないんじゃ?と

思うかもだけど、さにあらず。

準さんの素晴らしいピアノプレイと、歌うことに専念した

華ちゃんのボーカルは、本当に鳥肌モノだった。

 

最後の曲を前に、バンドメンバーが全員集合する。

そして、

 

 華:「もっと話したいことはたくさんるけれど、しゃべっていたら日が暮れる……もう暮れてますが」

 

そりゃ、ライブが始まった時点で18時半だもんな(笑)。

 

ラストは、定番ともいえる「自由のカメ」。

この曲はこれまでは、CDもライブも弾き語りだったから、

バンドのサウンドは実に新鮮。

そして、メチャメチャ楽しい!

華ちゃんもステージだけではなく、1階客席にまで

降りていって、すごく楽しそうだ。

いつものようにラストの「ラララ」を会場全体で合唱、

大いに盛り上がってライブ終了っと。

 

最後の最後には、華ちゃんがずっとやってみたかったという

メンバー全員で手をつないで一礼するカーテンコール。

……の前には、全員がパンツで手のひらを拭いてるし(笑)。

で、つないだ手を高く掲げたとき……周囲との身長差のせいで、

華ちゃんの体勢が捕まった宇宙人ぽくなっていたり。(ノ∀`)

 

【セットリスト】
 僕の知らない君
 魔法の人
 しあわせの鏡
 ガーネット
 HAPPY DAYS
 パノラマの風
 窓辺
 恋
  CMソングメドレー
  (TEPCOひかり~いまのりくん~お部屋探しMAST+ガスト)
 白い足跡
 迷路
 あなたに好きと言われたい
 やさしい花
 僕のクリスマス

 明日咲く花
 自由のカメ

 

今日のバンドライブは、前回の渋谷のステージを

観ての期待値をはるかに上回る内容だった。

まだまだ伸び代があるような気がして、

名古屋&大阪にも観に行きたくなってしまった。

奥華子=弾き語りというのは揺るがないけれど、

バンドライブは今後も続けてほしいな。

それにしても、計4時間、のべ30曲。

こんなにもたくさんの華ウタをナマで聴くことができて、

このうえない贅沢な1日だったかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥華子 LIVE TOUR '08「もちろん一人で弾き語り!」@横浜BLITZ

12月最初のライブは、ツアーの横浜公演。

渋谷に続いて、今日も昼夜たっぷりと華ウタ三昧ですな。

 

まずは、13時からの弾き語りライブ。

フリーライブと違って指定席だってんで、

のんびりと家を出て電車移動。

そして、横浜駅からは徒歩でBLITZを目指す。

 

BLITZに到着したのは、ちょうど開場のタイミングだったので、

そのまま入場列の最後尾へと直行する。

自分が入場口までたどり着いた時点でも、行列はまだかなりの長さで。

……開演時間までに、全員入りきれんのか?(笑)

 

入場後は、まず物販コーナーへ。

お目当ては、渋谷で買えなかったロングスリーブTシャツ。

でもこのTシャツ、当初はネイビー1色だけだったんだけど、

なんでも十分な数を用意することができなかったのだとか。

そこで、今日から急きょグレーとブラウンが追加されていた。

あたしゃ、新色のブラウンをチョイス。

今日のお買い物は、これにて終了っと。

 

ドリンクを受け取り、客席へと向かう。

今日は2階席なので、ちと遠めかな。

でも、列ごとにおおきな段差がついているから、

目の前にいる人が視界をさえぎることはなさそう。

1階はフロアがフラットだから、意外と見づらかったりしてね。

ただ自分の席からだと、ステージを見るときに視線が

手すりの下をくぐるような形になるけど、問題なさげかな。

また、ステージと客席最前列の間のスペースには、

レールが敷かれてその上にビデオカメラがセットされている。

撮影が入ってるってことは、今日のライブがDVDにでもなるのかな?

 

開演の13時を5分ほどまわる。

いつもだと、そろそろライブが始まるころなんだけど、

今日はやや押し気味なのかな?

もしや、13時になっても入場列が切れなかったとか?(笑)

……なーんてことを考えていたら、

13時10分になって華ちゃんがステージに。

 

華ちゃんがグランドピアノのイスに腰掛けると、

スポットライトがその周囲のわずかな空間だけを、

闇の中から浮かび上がらせた。

そしてしばしの間ののちに、スピーカーを通じて

ピアノの音色が響き始める。

 

「虹色の目」。続けて「鳥と雲と青」

 

なかなか生ウタを聴く機会がない、この2曲から。

どちらとも、「vol.1」の収録曲だわね。

あれ、もしかしたら「虹色の目」って、

生で聴くのはこのツアーが初めてかも?

 

「鳥と雲と青」を歌い終えると、ピアノのイスから立ち上がり、

ハンドマイクを手にして最初のMCに。

 

 華:「みなさん、こんばんは! 奥華子です!」

 

いやいやいや、まだ日は高いぞ?(笑)

華ちゃんもすぐに気づいて、「こんにちは」と言い直していたり。

今日の華ちゃんの衣装は、渋谷のときと同じような、

ルーズフィットな感じの上下にブーツの組み合わせだ。

なんでもこの衣装、渋谷のアンケートで、

「大工さんの格好みたい」と書かれたらしい(笑)

そして華ちゃんは、「(衣装を)見せています……」と

ステージの上手から下手へゆっくりと移動。

ステージ端までたどりつき、その場で佇んでいると、

客席から「かわいい!」と声が飛ぶ。

華ちゃんのリアクションは、

 

 華:「(立ち止まっていたのは)それを待っていたわけじゃないんです(笑)」

 

だそうな(笑)。

 

続いては、「変わらないもの」、「ガーネット」と、時かけの2曲。

渋谷では、「変わらないもの」はキーボードでの通常アレンジ

だったのが、今日はグランドピアノでのLive versionに。

どちらかというと、Live versionのが好きだから、これはうれしい変更だ。

そして「ガーネット」は、ピアノではなくキーボードで。

この曲でピアノを使わないのは珍しいと思っていたら、

ストリングスが重なっているような音色での演奏だった。

これがなかなかいい雰囲気で、ピアノとはまた違った魅力があるなぁ。

 

休日の時間を思い描いて作ったという、「パノラマの風」。

キーボードからピアノへと移動しての「明日咲く花」。

このあとのMCでは、2日前にオンエアが始まったばかりの、

ガストのCMの話題に。

 

華ちゃんの「もうCMを見た人は?」との問いかけに、

該当する人は挙手で答える。すると、

 

 華:「どのぐらい?」

 

む、そうきたか(笑)。

そして、「(曲の雰囲気は)いつもな感じです」と、ライブで初披露。

いやー、これはいいね。

チーズIN♪チーズIN♪ってところが、ミソなのだとか。

 

また華ちゃん自身も、事務所の社長&アルバイトスタッフの3人で、

ガストへチーズINハンバーグを食べに行った……のだけれど、

お目当てのガストがなくなってしまっていたそうな。(^_^;

仕方がないので、食事は別のファミレスへ。

そこで社長が注文したドリンクバーを、スタッフが代わりに

取ってきたのだけれど、そのカップがどうみてもプラスチック。

さらには、クマさんのイラストまで(笑)。

華ちゃんは「それは子供用のカップでは?」と思ったけれど、

ドリンクを取りにいったスタッフは「そんなことはない」と断言。

どうしても気になる華ちゃんは、お手洗いに立つついでに

ドリンクバーのそばを通ってカップを確認してみたそうで。

するとクマさんカップだけでなく、白い陶器のカップも

ちゃんと用意されていたのだとか。

 

 華:「2人は気にしてなかった……私は気になった……もうね、歌いますよ」

 

……と、MCは唐突に終了(笑)。

 

支えてくれる人を思って、ありがとうの気持ちを歌にしたという「ta.la.la」。

これまた久しぶりだ~。

このあたりの選曲は、ホントうれしいな。

明るい曲が続いて、「僕のクリスマス」。

華ちゃんは足首に鈴を着け、つま先でトントンと

リズムを取りながら鈴を鳴らす。

あたしゃ、今日は家から持ってきたツアーグッズの

ストラップを取り出して使用(笑)。

曲の終盤では、

 

 華:「よかったら一緒に歌ってください!」

 

アップテンポで軽快なメロディなんだけど、

この曲はなかなか大声では歌いづらいのだよ。

……歌詞が(笑)。

ある意味、前向きでもあるんだけどね。

華ちゃんもそのあたりは気にしていて、

 

 華:「次からは考えますね」

 

……とも。

 

続くMCでは、始めたばかりのmixiの話題に。

華ちゃんいわく、「現代っぽいところです」だそうで(笑)。

そして、mixi日記に書いていた、子供のころに家で

“イサオ”という名前のニワトリを飼っていたことに触れる。

でも、このニワトリ。

実家に電話して確認してみたら、

イサオではなく“ヒサオ”だったらしい(笑)。

 

MC話題は変わって、大阪でのキャンペーンの空き時間に、

よく当たるという占い師のところへ行ったという話になった。

この占いによると、“奥華子”の字画がデビューした

2005年7月と相性が悪いという結果になったのだとか。

そして、何でもいいから画数を増やすことで運勢が上向くとも。

たとえば“奥華子。”とか、“奥tulip華子”とか(笑)。

また、占いの過程で「どんな曲を歌っているのか?」との問いに、

「弾き語りのバラード」と答えたところ、占い師のリアクションは

「あ~、そっち系ね……」だったのだとか(笑)。そして、

 

 華:「いつか名前にお花のマークがついていたら、あのときの話かと思ってください」

 

……覚えときます(笑)。

 

 華:「そろそろ、“そっち系”の歌を歌います(笑)」

 

と、「楔」、「透明傘」、そして「境界線」。

今日の「楔」は、間奏をCDとはちょっと変えての演奏だった。

いろいろと悩み、迷っていた22歳のころに作ったいう

「境界線」は、鬼気迫るかのようなボーカルがすごい。

いつもながら、本当に聴き応えがあるな。

 

その後のMCでは、最近、家で観たという韓国映画の話。

タイトルまでは言ってなかったけれど、

たぶん「私の頭の中の消しゴム」かな?

ヒロインが次第に記憶を失っていくのを見て、

思い出があるのは当たり前のことじゃないと感じたのだとか。

この話に続けて、「押し花」。

CDになっていない曲なもんで、SHIBUYA-AXで聴いたのが初めて。

……かと思いきや、九段会館のコンサートでも歌ってたか。

しかし完全に記憶から消えちゃってたから、お初のようなもんですな。

“君”との思い出をきれいなままで押し花に……なるほどね。

続く「あなたに好きと言われたい」は激しく、力強く。

そしてアンコールに。

 

会場全体を包みこんだ拍手に迎えられ、

華ちゃんが再びステージに姿を見せる。

そして、ちょうど2nd Letterのころに精神的に行き詰まっていて、

全22公演ものツアーは無理だと考えていたと語った。

そこで、なにかきっかけとなるものがほしくて、

今回ツアーのバンドライブへと思い至ったのだとか。

また、実際にバンドライブを経験したことで、

弾き語りでひとりで歌うことの意味も再認識できたとも。

 

 華:「みなさん、ひとりひとりに書いた手紙だと思って聴いてください」

 

……と、「手紙」。

彼女の「伝えよう」「届けよう」という想いがより強く伝わってくる、

ぜひともライブで聴きたい曲のひとつだ。

思えば、生ウタでは2nd Letterのファイナル以来。

ずいぶんと、間があいていたんだな。

 

駅から家路につこうとする人が路上ライブを笑顔で聴いてくれた。

見知らぬ人と、歌うことで近くなれた気がした。そして、 

 

華:「いつもいる、そんな存在になりたいです」

 

と、「笑って笑って」をラストに約2時間のステージは終了。

【セットリスト】
 虹色の目(P)
 鳥と雲と青(P)
 変わらないもの-Live version-(P)
 ガーネット(K)
 パノラマの風(P)
 明日咲く花(P)
  ガストCMソング(K)
 ta.la.la(K)
 僕のクリスマス(K)
 楔(P)
 透明傘(P)
 境界線(P)
 押し花(P)
 あなたに好きと言われたい(P)

 手紙(P)
 笑って笑って(K)

(P)=グランドピアノ (K)=キーボード

夜にバンドライブがあるためか、いつもとは違った選曲なのが印象的だった。

「vol.」シリーズの収録曲をはじめ、インディーズ時代の曲が多めな感じで。

そのなかでも、特に「押し花」はよかったなぁ。

渋谷であったカバーソングがなかったのは残念だったけど、

代わりに「ta.la.la」や「手紙」が聴けたので、プラマイ満足方向で(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

奥華子 LIVE TOUR '08@横浜BLITZ

ツアー2会場目の横浜BLITZ、行ってきました。

 

弾き語りライブでは若干セットリストが変わっていて、

約1年ぶりに聴くあの曲や、2nd Letterファイナル以来の

あの曲もあったりして。

どちらも自分の大好きな曲なので、これはうれしかったな。

 

夜のバンドライブは……メチャメチャよかった!

ツアー初日の渋谷もすごく楽しかったし、

いいなぁと思って観ていたんだけど、

今夜はそれを軽く超えてきた感じで。

ステージを重ねるごとによくなっていきそうで、

名古屋、大阪にも行きたくなってしまった(笑)。

 

そして、昼夜ともにビデオカメラが入って撮影していたので、

今日のライブがDVDになって発売されるっぽい雰囲気な様子?

弾き語り&バンドのどちらも、ノーカット収録だといいな。

正式なアナウンスはまだだけど、先走って心待ちにしてます(笑)。

 

今回のツアーで、自分が観にいけるのは今日の横浜がラスト。

俺的ファイナルってことでガッツリと書こうかとも思ったけれど、

現時点ではセットリストのみにとどめておいて、

詳細はツアーの全日程終了後にしようかなと。

それまでに、のんびりと書いておきます(笑)。

べ……別にライブ2本ぶんのエントリのボリュームに、

恐れおののいているわけじゃないんだからねっ!

 

ガッツリ版がうpされるまでは、空き時間に撮った

横浜赤レンガ倉庫の写真をお楽しみください(笑)。 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

移り気二郎

今日から、奥華子が歌う新しいCMのオンエアが始まったらしい。

http://www.skylark.co.jp/cm/gusto.html
http://www.skylark.co.jp/cm/flash/gt081204.flv

よーし、ガスト行ってくる!(笑)

 

……とmixi日記に書き残したあと、天気予報をチェック。

それによると、明日の都内は雨模様らしい。

すなわち、

 雨→バイク乗れない→桜台へ行きづらい→二郎が食えない

と、いうことになるわけだ。

そう考えたら、急に二郎が食いたくなって(笑)。

 

ってなわけで、急きょ予定を変更。

一路、桜台へ。

 ラーメン二郎 桜台駅前店:ラーメン豚入り(麺かため)・ニンニク・ヤサイ・カラメ with 生卵

小豚の麺かために、ニンニク・ヤサイ・カラメ。

そして、生卵。

約1カ月ぶりにカネシ補給ができて、満足!

 

それはそうと、今日は麺増しにして食べてる人がいた。

初めて見たのだけれど、ちょうど上の写真に写っている

ドンブリの中身を、すべて麺にしたような盛りで(笑)。

しかも、野菜は別丼にこんもりと。

なんか、見た目だけで腹いっぱいになりそうだ。(^_^;

 

よーし、明日こそはガスト行ってくる!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »