« 奥華子 LIVE TOUR '08@横浜BLITZ | トップページ | 奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@横浜BLITZ »

2008年12月 6日 (土)

奥華子 LIVE TOUR '08「もちろん一人で弾き語り!」@横浜BLITZ

12月最初のライブは、ツアーの横浜公演。

渋谷に続いて、今日も昼夜たっぷりと華ウタ三昧ですな。

 

まずは、13時からの弾き語りライブ。

フリーライブと違って指定席だってんで、

のんびりと家を出て電車移動。

そして、横浜駅からは徒歩でBLITZを目指す。

 

BLITZに到着したのは、ちょうど開場のタイミングだったので、

そのまま入場列の最後尾へと直行する。

自分が入場口までたどり着いた時点でも、行列はまだかなりの長さで。

……開演時間までに、全員入りきれんのか?(笑)

 

入場後は、まず物販コーナーへ。

お目当ては、渋谷で買えなかったロングスリーブTシャツ。

でもこのTシャツ、当初はネイビー1色だけだったんだけど、

なんでも十分な数を用意することができなかったのだとか。

そこで、今日から急きょグレーとブラウンが追加されていた。

あたしゃ、新色のブラウンをチョイス。

今日のお買い物は、これにて終了っと。

 

ドリンクを受け取り、客席へと向かう。

今日は2階席なので、ちと遠めかな。

でも、列ごとにおおきな段差がついているから、

目の前にいる人が視界をさえぎることはなさそう。

1階はフロアがフラットだから、意外と見づらかったりしてね。

ただ自分の席からだと、ステージを見るときに視線が

手すりの下をくぐるような形になるけど、問題なさげかな。

また、ステージと客席最前列の間のスペースには、

レールが敷かれてその上にビデオカメラがセットされている。

撮影が入ってるってことは、今日のライブがDVDにでもなるのかな?

 

開演の13時を5分ほどまわる。

いつもだと、そろそろライブが始まるころなんだけど、

今日はやや押し気味なのかな?

もしや、13時になっても入場列が切れなかったとか?(笑)

……なーんてことを考えていたら、

13時10分になって華ちゃんがステージに。

 

華ちゃんがグランドピアノのイスに腰掛けると、

スポットライトがその周囲のわずかな空間だけを、

闇の中から浮かび上がらせた。

そしてしばしの間ののちに、スピーカーを通じて

ピアノの音色が響き始める。

 

「虹色の目」。続けて「鳥と雲と青」

 

なかなか生ウタを聴く機会がない、この2曲から。

どちらとも、「vol.1」の収録曲だわね。

あれ、もしかしたら「虹色の目」って、

生で聴くのはこのツアーが初めてかも?

 

「鳥と雲と青」を歌い終えると、ピアノのイスから立ち上がり、

ハンドマイクを手にして最初のMCに。

 

 華:「みなさん、こんばんは! 奥華子です!」

 

いやいやいや、まだ日は高いぞ?(笑)

華ちゃんもすぐに気づいて、「こんにちは」と言い直していたり。

今日の華ちゃんの衣装は、渋谷のときと同じような、

ルーズフィットな感じの上下にブーツの組み合わせだ。

なんでもこの衣装、渋谷のアンケートで、

「大工さんの格好みたい」と書かれたらしい(笑)

そして華ちゃんは、「(衣装を)見せています……」と

ステージの上手から下手へゆっくりと移動。

ステージ端までたどりつき、その場で佇んでいると、

客席から「かわいい!」と声が飛ぶ。

華ちゃんのリアクションは、

 

 華:「(立ち止まっていたのは)それを待っていたわけじゃないんです(笑)」

 

だそうな(笑)。

 

続いては、「変わらないもの」、「ガーネット」と、時かけの2曲。

渋谷では、「変わらないもの」はキーボードでの通常アレンジ

だったのが、今日はグランドピアノでのLive versionに。

どちらかというと、Live versionのが好きだから、これはうれしい変更だ。

そして「ガーネット」は、ピアノではなくキーボードで。

この曲でピアノを使わないのは珍しいと思っていたら、

ストリングスが重なっているような音色での演奏だった。

これがなかなかいい雰囲気で、ピアノとはまた違った魅力があるなぁ。

 

休日の時間を思い描いて作ったという、「パノラマの風」。

キーボードからピアノへと移動しての「明日咲く花」。

このあとのMCでは、2日前にオンエアが始まったばかりの、

ガストのCMの話題に。

 

華ちゃんの「もうCMを見た人は?」との問いかけに、

該当する人は挙手で答える。すると、

 

 華:「どのぐらい?」

 

む、そうきたか(笑)。

そして、「(曲の雰囲気は)いつもな感じです」と、ライブで初披露。

いやー、これはいいね。

チーズIN♪チーズIN♪ってところが、ミソなのだとか。

 

また華ちゃん自身も、事務所の社長&アルバイトスタッフの3人で、

ガストへチーズINハンバーグを食べに行った……のだけれど、

お目当てのガストがなくなってしまっていたそうな。(^_^;

仕方がないので、食事は別のファミレスへ。

そこで社長が注文したドリンクバーを、スタッフが代わりに

取ってきたのだけれど、そのカップがどうみてもプラスチック。

さらには、クマさんのイラストまで(笑)。

華ちゃんは「それは子供用のカップでは?」と思ったけれど、

ドリンクを取りにいったスタッフは「そんなことはない」と断言。

どうしても気になる華ちゃんは、お手洗いに立つついでに

ドリンクバーのそばを通ってカップを確認してみたそうで。

するとクマさんカップだけでなく、白い陶器のカップも

ちゃんと用意されていたのだとか。

 

 華:「2人は気にしてなかった……私は気になった……もうね、歌いますよ」

 

……と、MCは唐突に終了(笑)。

 

支えてくれる人を思って、ありがとうの気持ちを歌にしたという「ta.la.la」。

これまた久しぶりだ~。

このあたりの選曲は、ホントうれしいな。

明るい曲が続いて、「僕のクリスマス」。

華ちゃんは足首に鈴を着け、つま先でトントンと

リズムを取りながら鈴を鳴らす。

あたしゃ、今日は家から持ってきたツアーグッズの

ストラップを取り出して使用(笑)。

曲の終盤では、

 

 華:「よかったら一緒に歌ってください!」

 

アップテンポで軽快なメロディなんだけど、

この曲はなかなか大声では歌いづらいのだよ。

……歌詞が(笑)。

ある意味、前向きでもあるんだけどね。

華ちゃんもそのあたりは気にしていて、

 

 華:「次からは考えますね」

 

……とも。

 

続くMCでは、始めたばかりのmixiの話題に。

華ちゃんいわく、「現代っぽいところです」だそうで(笑)。

そして、mixi日記に書いていた、子供のころに家で

“イサオ”という名前のニワトリを飼っていたことに触れる。

でも、このニワトリ。

実家に電話して確認してみたら、

イサオではなく“ヒサオ”だったらしい(笑)。

 

MC話題は変わって、大阪でのキャンペーンの空き時間に、

よく当たるという占い師のところへ行ったという話になった。

この占いによると、“奥華子”の字画がデビューした

2005年7月と相性が悪いという結果になったのだとか。

そして、何でもいいから画数を増やすことで運勢が上向くとも。

たとえば“奥華子。”とか、“奥tulip華子”とか(笑)。

また、占いの過程で「どんな曲を歌っているのか?」との問いに、

「弾き語りのバラード」と答えたところ、占い師のリアクションは

「あ~、そっち系ね……」だったのだとか(笑)。そして、

 

 華:「いつか名前にお花のマークがついていたら、あのときの話かと思ってください」

 

……覚えときます(笑)。

 

 華:「そろそろ、“そっち系”の歌を歌います(笑)」

 

と、「楔」、「透明傘」、そして「境界線」。

今日の「楔」は、間奏をCDとはちょっと変えての演奏だった。

いろいろと悩み、迷っていた22歳のころに作ったいう

「境界線」は、鬼気迫るかのようなボーカルがすごい。

いつもながら、本当に聴き応えがあるな。

 

その後のMCでは、最近、家で観たという韓国映画の話。

タイトルまでは言ってなかったけれど、

たぶん「私の頭の中の消しゴム」かな?

ヒロインが次第に記憶を失っていくのを見て、

思い出があるのは当たり前のことじゃないと感じたのだとか。

この話に続けて、「押し花」。

CDになっていない曲なもんで、SHIBUYA-AXで聴いたのが初めて。

……かと思いきや、九段会館のコンサートでも歌ってたか。

しかし完全に記憶から消えちゃってたから、お初のようなもんですな。

“君”との思い出をきれいなままで押し花に……なるほどね。

続く「あなたに好きと言われたい」は激しく、力強く。

そしてアンコールに。

 

会場全体を包みこんだ拍手に迎えられ、

華ちゃんが再びステージに姿を見せる。

そして、ちょうど2nd Letterのころに精神的に行き詰まっていて、

全22公演ものツアーは無理だと考えていたと語った。

そこで、なにかきっかけとなるものがほしくて、

今回ツアーのバンドライブへと思い至ったのだとか。

また、実際にバンドライブを経験したことで、

弾き語りでひとりで歌うことの意味も再認識できたとも。

 

 華:「みなさん、ひとりひとりに書いた手紙だと思って聴いてください」

 

……と、「手紙」。

彼女の「伝えよう」「届けよう」という想いがより強く伝わってくる、

ぜひともライブで聴きたい曲のひとつだ。

思えば、生ウタでは2nd Letterのファイナル以来。

ずいぶんと、間があいていたんだな。

 

駅から家路につこうとする人が路上ライブを笑顔で聴いてくれた。

見知らぬ人と、歌うことで近くなれた気がした。そして、 

 

華:「いつもいる、そんな存在になりたいです」

 

と、「笑って笑って」をラストに約2時間のステージは終了。

【セットリスト】
 虹色の目(P)
 鳥と雲と青(P)
 変わらないもの-Live version-(P)
 ガーネット(K)
 パノラマの風(P)
 明日咲く花(P)
  ガストCMソング(K)
 ta.la.la(K)
 僕のクリスマス(K)
 楔(P)
 透明傘(P)
 境界線(P)
 押し花(P)
 あなたに好きと言われたい(P)

 手紙(P)
 笑って笑って(K)

(P)=グランドピアノ (K)=キーボード

夜にバンドライブがあるためか、いつもとは違った選曲なのが印象的だった。

「vol.」シリーズの収録曲をはじめ、インディーズ時代の曲が多めな感じで。

そのなかでも、特に「押し花」はよかったなぁ。

渋谷であったカバーソングがなかったのは残念だったけど、

代わりに「ta.la.la」や「手紙」が聴けたので、プラマイ満足方向で(笑)。

|

« 奥華子 LIVE TOUR '08@横浜BLITZ | トップページ | 奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@横浜BLITZ »

コメント

読んでいて、まるで華ちゃんのライブに参加しているみたいな気になって、
笑ったり、泣けてきたり。
詳細なレポート、ほんとどうもありがとう〜〜〜。

投稿: まりり | 2008年12月27日 (土) 15:55

to まりりさん

ようこそおいでませ~。
そう言ってもらえると、すごくうれしいっすね。
まりりさんは、ライブへは結構行くんですか?

投稿: #135 | 2008年12月28日 (日) 01:47

華ちゃんのライブは3年ほど前からよく行ってます〜。
去年の大晦日の中野サンプラザは、昼も見たし、夜はサンプラのホテルまでとって見たんですよ〜(埼玉に住んでいるのに、なんて贅沢な♪)。

横浜は夜だけしか行かなかったので、昼間の弾き語りの内容を知りたくてたまらなかったんです。
こんな素敵なレポート読ませてもらって、ほんと嬉しかったです!

投稿: まりり | 2008年12月28日 (日) 21:27

to まりりさん

ホテルをとってたなら、時間つぶしもバッチリっすね。
あたしゃ、ツアーファイナルとカウントダウンライブのあいだは、
サンプラザの地下にあるネカフェでブログ書いてました。
メシは向かいにある吉野家(笑)。

投稿: #135 | 2008年12月29日 (月) 02:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/43362110

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子 LIVE TOUR '08「もちろん一人で弾き語り!」@横浜BLITZ:

« 奥華子 LIVE TOUR '08@横浜BLITZ | トップページ | 奥華子 LIVE TOUR '08「はじめてバンドで歌います!」@横浜BLITZ »