« 【あえて】 赤いポット 【同タイトル】 | トップページ | 奥華子ライブ@サンストリート亀戸 »

2009年3月15日 (日)

サンチョ・パンサ&応!

この土日は、朝倉薫演劇団の舞台を観に銀座へ。

今回は“片山竜太郎在団十周年記念公演”と銘打たれた、

「サンチョ・パンサ」と「応!」の2本立てだ。

入れ替わりの激しい世界での10年てのは、すごいことだよな。

 

会場は、お初の銀座みゆき館劇場。

100席ちょいの小劇場なんだけど、座席がしっかりしていて

快適に観劇できるのがええ感じ。

 

まずは、第一部の「サンチョ・パンサ」。

「ドン・キホーテ」のストーリーを、従者であるサンチョ・パンサの

視点から描いた、片山君の一人芝居だ。

「ドン・キホーテ」に関する知識は、

ほんの外殻部分しか持っていなかったけれど、

サンチョの主人に対する想いが強く伝わってきて、

すごくよかったなぁ。

あと、観ていて今さらながらに感じたのだけれど、

一人芝居ってのは落語と通じるものがあるね。

 

そして第二部の「応!」。

そのキャスティングは、↓な感じで。

山月吠…………片山竜太郎
水城葉…………真一涼/小川晃代
工場長…………高橋眞三樹
金田歪…………塩山みさこ
土屋巡…………秋元貴秀
火渡猛…………菅原淳
朝日昇太郎……山里薫
春夏……………北原マヤ
赤松……………司亮
木造悟…………後藤亨
秋冬……………千葉真澄
死季……………高倉哲也/小島祐輝

 

なんというか……。

水城役をこの2人のダブルキャストにするとは、

朝倉さんも意地の悪いお人だ(笑)。

 

脚本が麻草郁さんということで、ストーリーはやや難解。

でもそれは、突き放されている感じではなく、

解釈を探る楽しみがあるといったところかな?

物語の舞台となるのは工場の裏庭で、

この狭い空間の中に世の中の縮図のようなものが

落とし込まれているようなイメージを受けたかも。

加えて、現実世界(?)とパラレルワールド(?)が交錯。

さらには、その2つの世界の一方では山月が朝日の姿に、

他方では朝日が山月の姿になっている……とか。

ああ、頭がこんがらがってきた(笑)。

 

日曜の終演後には、初めて塩山さんとお話しをば。

どうも、今まではタイミングが合わなくてね。

また、お久しぶりなあきよんとも対面。

約3年ぶりかぁ。

元気そうで、なによりですな。

そしてそして。

物販のミニパンフに付いていたフォトカードに、

涼ちゃんのサインを入れてもらう。

 

フォトカード

 

ダブルキャストでの出演日の関係で、

涼ちゃんのカードはないものだと思ってたから、

これはラッキーだったな。

|

« 【あえて】 赤いポット 【同タイトル】 | トップページ | 奥華子ライブ@サンストリート亀戸 »

コメント

お芝居に関してはホントに実際に自分の目で見てみるのが
一番なんだろうけど・・・。
カードの涼ちゃんがなんか別人みたいに見えますね。

投稿: ムーンライトチェリー | 2009年3月16日 (月) 23:33

to ムーンライトチェリーさん

例によって読み手置き去りな書き方なもので、申し訳ない。(^_^;

>カードの涼ちゃんがなんか別人みたいに見えますね。

舞台上の写真だから、演じてる役のせいかな。

“CIAが育成した殺し屋だが記憶喪失で、
今は気弱で人付き合いの苦手な工員である。”

……という設定なもんで、こんな表情なのです。

投稿: #135 | 2009年3月17日 (火) 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/44362570

この記事へのトラックバック一覧です: サンチョ・パンサ&応!:

« 【あえて】 赤いポット 【同タイトル】 | トップページ | 奥華子ライブ@サンストリート亀戸 »