« 味噌じゃない二郎 | トップページ | 極萌 »

2009年6月13日 (土)

奥華子弾き語りコンサート in 保谷こもれびホール

保谷こもれびホールで開催された、奥華子のコンサートへ。

ホールでのワンマンライブは昨年末以来なので、ホントお久しぶりです。

しかも、席は2列目ど真ん中という絶好のポジション!

おのずと胸高まりますわ(笑)。

 

西武池袋線を、保谷駅で下車。

散歩がてら、のんびりと歩いて会場へと向かう。

しかし保谷駅の近辺は、道が狭くて歩道がないもんで、

かなり歩きづらかったりして。

交通量が多いうえに、バスまで走ってるし。

ん……バス? はなバス

しまった、ここはネタ的に乗っておくべきだったか?(笑)

 

開場時間の15分ほど前に、ホールへ到着。

早すぎず遅すぎず、ちょうどいい頃合いかな。

そして入場後は、物販ブースを確認してみる。

昨年末のツアーグッズとCDみたいだから、

特に……と思ったら、1枚の貼り紙が。

それによると、終演後には握手会があって、

CDかグッズを買うと参加できるらしい。

お、この展開は予想してなかったわ。

ってなわけで、「笑って笑って」のCDを購入っと。

その後は自席について、開演を待つ。

 

ステージには、向かって左側にキーボード、

右側にグランドピアノが置かれている。

おなじみの2台体制ですな。

17時ごろには軽くスモークがたかれ始め、開演が近いことを告げる。

その数分後、客席の拍手の中、華ちゃんがステージに。

そして、キーボードのところで足を止める。

ホールライブだと、グランドピアノの演奏からのスタートが多いから、

これは意外な展開?とか思ったのだけれど、

でも、彼女の指先が奏で始めたメロディを聴いて納得。

その1曲目は、「小さな星」。

ある意味、定番ともいえる選曲なんだけど、それが意外だったというか。

星をイメージした光の演出も、キレイだったな。

 

最初のMCでは、

 

 華:「みなさん、ものすごく静かでしたね」

 

なんでも、開場後の客席から声がしないので、

楽屋で客入りを心配していたのだとか(笑)。

また、今日はツアーとは違って1日限りのコンサートだということで、

奥華子の代表曲や、この季節にしか歌わない曲が中心になるみたい。

 

MCのあとは、グランドピアノへ移動して「変わらないもの」、

そして「ガーネット」と、時かけの2曲が続いた。

「ガーネット」ではバックの遮幕が青空になって、パッと明るい雰囲気に。

にしても、今日の席はいいポジションだな。

距離の近さはもちろんのこと、キーボード演奏時も

ピアノ演奏時も死角になることなく、華ちゃんの表情がよく見える。

はたまた、SPECTRAのペダルを踏む音まで聞こえてきたりして。

 

 華:「6月といえば、結婚……とか」

 

と、キーボードで「魔法の人」。

曲前のMCでは、華ちゃんが結婚式を挙げるときには、

自分自身でこの曲を歌いたいという話も。

 

ここで、

 

 華:「知っているのがあったら、大げさに反応してください」

 

……と、CMソングメドレー(TEPCO・いまのりくん・マスト・ガスト)。

ガストはチーズINハンバーグを歌っていたのだけれど、CMでは

 

 華:「たぶん今は……」

 

あ、あれ?(笑)

すると、

 

 観客:「モーニング!」

 華:「そう、モーニング!」

 

ど忘れしちゃってたらしい(笑)。

 

CMソングで盛り上がった流れで、「太陽の下で」。

その後は、ハンドマイクを手にしてのMCタイムに。

そして、 

 華:「せっかくなので近づきますね」

 

と、ステージの両サイドギリギリまで移動してくれたり。

で、MCの内容はというと……。

ここのところレコーディングでスタジオにこもっていて、

あまり人と会わなかったこともあって、ネタがないらしい(笑)。

ってなわけで? 話題は携帯のことに。

華ちゃんは目覚ましに携帯のアラームを使っているのだけれど、

どうしても二度寝してしまうのだとか。

でも、それを防止する発見があったらしい。

はたして、その発見とは……。

携帯のカメラでゴミ収集のスケジュール表を撮影して、

待ち受け画面に設定することだそうで(笑)。

ゴミは8時きっかりに回収されてしまうので、

その危機感?からちゃんと起きられる。

また、画面に曜日、時間、回収スケジュールが集約されるので、

ゴミの出し忘れも防げるし、まさにいいこと尽くめだという話。

なんだけど……んー(笑)。

そして、もひとつ携帯ネタ。

メロディコールを利用している知り合いに勧められて、

華ちゃんも自分の曲を設定しようと思った。

……のだけれど、スタッフ関係者以外からの着信が

あまりないことに気づいてしまったそうで。(^_^;

 

 華:「なので、みなさんお願いします」

 

……って、電話かけてくれってことかいな?

いや、設定するほうだよな。そうだよな(笑)。

 

お次は、6月が雨の季節ということで雨の曲。

グランドピアノで、「紫陽花」、「透明傘」、「Rainy day」の

3曲を続けて演奏してくれた。

こうして聴くと、華ちゃんの雨ウタには好きな曲が多いな。

せつない系ばかりだけどね。

 

「Rainy day」を歌い終えたあとには、かつて新宿のホテルのロビーで

ピアノを演奏するアルバイトをしていたときに、外国人客から

「英語の曲を歌ってほしい」というリクエストをされたという話に。

でも、レパートリーに英語の曲がなかったので、

代わりに「Rainy day」を歌ったら、それが大好評。

言葉が通じなくても音楽は伝わるということを、実感したのだとか。

 

雨ウタから続く、切ない系のラストに「恋」。

そしてキーボードへと移動して、「迷路」。

「迷路」は、すごく久々に聴いた気がするな。

 

その後は、再びハンドマイクを手にしてのMCタイムに。

ここでは、最近片手桶の便利さを知って感動したという話(笑)。

なんでも、奥家のお風呂場では片手桶が使われていなくて、

華ちゃんの中では銭湯にあるものというイメージだったのだそうで。

でも試しに使ってみたら、浴槽からお湯をすくうのが楽で、

 

 華:「自分の中で、盛り上がってるんですけど」

 

……とのことです(笑)。

 

キーボードで「僕たちにできること」、そして「Happy days」と、

「笑って笑って」のカップリング曲が続く。

「Happy days」では、みんなで「ラララ……」を歌って盛り上がる中、

華ちゃんが客席へと降りてきてくれたりして。

ツアーのときも、同じようにしてくれそうかな?

 

その後のMCでは、メジャーデビューのときに自分がどんな歌を

歌う人になりたいのか?ということについて考えたと話す。

そして、自分のためにがんばることは難しいけれど、

誰かのためにならがんばれるのではないか?

誰かの力になれるような曲を作りたい──。

そういった想いから生まれたという「やさしい花」。

自分の一番好きな華ウタを、今日も歌ってくれた。

 

ラストは、路上ライブから始まって、日田市五島列島でも

さまざまな人とのつながりを持つことができたという「笑って笑って」。

 

観客の拍手が、アンコールの手拍子に変わる。

華ちゃんがステージに戻ると、それが再び大きな拍手となり、

彼女を包み込んだ。

 

アンコール1曲目は、またしても

 

 華:「6月といえば結婚」

 

……ということで、「しあわせの鏡」。

「魔法の人」と並んで、ウエディングが似合う曲ですな。

 

オーラスは、今日のコンサートが決まったときから、

必ず歌おうと決めていたという、「木漏れ日の中で」。

こもれびホールだけに、自分も歌ってくれるものだと

予想と期待をしていたさ(笑)。

この曲はCD化されておらず、ライブで歌われる機会も

少ないだけに、かなりレアな存在だったり。

それを、今日はグランドピアノの音で聴くことができて、

かなりうれしかったな。

また、

 

 華:「みなさんの顔を見ながら歌いたいので……」

 

と、客席の照明が明るくしての演奏だったり。

そしてこの曲に限った話ではないのだけれど、客席と正面から

向かい合うように配置できないグランドピアノの演奏中であっても、

華ちゃんは曲の合間合間で客席のほうを見てくれる。

その姿からは、ウタにこめられた気持ちが強く伝わってくるよね。

 

すべての曲を歌い終えて、華ちゃんはオーディエンスの拍手に応える。

そして、ステージの袖へと戻っていった。

でも会場内は、あれ? まだ終わってない?的な空気があって。

で、半信半疑ながら、再度アンコールの手拍子をしてみたら、

 

 「以上を持ちまして……」

 

とのアナウンスが。だよな(笑)。

 

【セットリスト】
 ・小さな星(Keyboard)
 ・変わらないもの(Piano)
 ・ガーネット(Piano)
 ・魔法の人(Keyboard)
   CMソングメドレー(Keyboard)
     (TEPCOひかり~いまのりくん~お部屋探しマスト~ガスト)
 ・太陽の下で(Keyboard)
 ・紫陽花(Piano)
 ・透明傘(Piano)
 ・Rainy day(Piano)
 ・恋(Piano)
 ・迷路(Keyboard)
 ・僕たちにできること(Keyboard)
 ・Happy days(Keyboard)
 ・やさしい花(Piano)
 ・笑って笑って(Keyboard)

 ・しあわせの鏡(Keyboard)
 ・木漏れ日の中で(Piano)

 

終演後の握手会では、ホールの名前から「木漏れ日の中で」を

歌ってくれるのものと期待していたという話を振ってみる。

そしたら、

 

 華:「ですよね~!」

 

と、えらくテンションが高い反応が(笑)。

自分の順番が終わったあともしばし残って、

全員との握手が終わるのを見届ける。

そして、華ちゃんに「お疲れさま」の拍手を

送ってから会場をあとに。

 

今日のライブでは、きっとツアーでは

歌わないであろう曲をたっぷりと聴けた感じ?

定番の曲あり、レア曲あり、季節モノの曲ありと、今、この時期の

ライブとしてはすごく貴重なセットリストだったように思えたかも。

チケットを取るときにホールの友の会へ入会したのだけれど、

その入会金を支払った価値あり!でした。

 

28日から始まるツアーは、大阪や名古屋には行けないので、

ちょうど1カ月後、3会場目の渋谷が初参加になるかな。

初日を観られないのは残念だけど、その間テンションを上げておくとしよう(笑)。

|

« 味噌じゃない二郎 | トップページ | 極萌 »

コメント

ツアー前にゆっくり楽しめたみたいですね。
ツアー始まるとニューアルバムからの曲がたっぷりになるようだし、
それ考えてワンクッションいれたようなライブですね。
初日はまだアルバム発売されてないのでまったく真っ白な
状態で聞くことになるか、あるいは公式に試聴があがるか
といったところですね。

投稿: ムーンライトチェリー | 2009年6月14日 (日) 23:48

to ムーンライトチェリーさん

公式サイトでのアルバム試聴、もしくは着うたの
配信が始まるタイミングって、いつごろなんだろ?
ツアーの直前だとしたら、初日の大阪へ行く人は
聴くべきか聴かざるべきか迷うところですな。

自分は、渋谷までガマンする自信はないです(笑)。

投稿: #135 | 2009年6月15日 (月) 20:28

片手桶!!・・・・・(笑)
あれから、自分の中でもかなり盛り上がっています!!
なんでもなかったお風呂タイムが、あのMCのおかげで更に疲れもとれ
癒され、必要以上に片手桶を使うようになりました(笑)。

投稿: きゃんべる | 2009年6月15日 (月) 20:31

to きゃんべるさん

片手桶は、ホント便利ですよね。
あるのとないのとでは、お風呂ライフに大きな差が出ます。
底に穴を開ければ、きっと麺の湯切りにも使えます(笑)。

投稿: #135 | 2009年6月15日 (月) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/45333110

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子弾き語りコンサート in 保谷こもれびホール:

» いまのりくん [いまのりくん]
いまのりくんをご存知ですか? いまのりくんは新車、中古車を購入するよりも断然お得! 車を乗り換えるならいまのりくん。 車の買い換えもいまのりくん。 レンタカーよりもカーリースよりもいまのりくん。 [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 17:18

« 味噌じゃない二郎 | トップページ | 極萌 »