« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の7件の記事

2009年9月27日 (日)

石野田奈津代コンサート “60億の涙”@横浜BLITZ

石野田奈津代のライブで、横浜BLITZへ。

……というと、いきなり感が満載ですな。

とっかかりとしては、あれこれやな流れで興味を持って。

で、ググってみたときに見つけたライブ映像に、心揺さぶられたわけで。

 

 

それからインディーズ盤を入手&聴いてみて、

ライブへ行きたい!という思いが強くなった次第。

 わたしのうた わたしのうた
石野田奈津代

曲名リスト
1. 60億分の1
2. バラ色
3. 会いたい人
4. 運命の人
5. どうしたって
6. 深海
7. メロディー
8. 夕凪
9. オリオン
10. なにもない
11. たとえば今日

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 クローバー クローバー
石野田奈津代

曲名リスト
1. クローバー
2. おなじ夏
3. クッキー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

今の自分の状況で、あまりスチャラカとしてられないんだけどな。

でも、こんな状況だからこそ、彼女の歌声を聴きたいとも思った。

ってなわけで、迷った末にライブの4~5日前にチケットを入手っと。

 

開場の15分ほど前に、BLITZ前に到着。

ここに来るのは、昨年末の華ちゃんのライブ以来だわね。

入場後は、まず物販コーナーへ。

そして、ライブ会場や公式サイトでの限定販売品だという、

CD+作品集「カキカキらららポロン」を購入する。

 カキカキらららポロン

CDジャケットサイズの、ミニサイン色紙も付いてきた。

 

開演の10分前ほど前にホールへ移動……あ、華ちゃんだ(笑)。

ドリームソングのあれこれやがあったから、

ひょっとしたら来てるかも?とは思ってたんだよね。

その気になれば声をかけることもできたけれど、

華ちゃん一行はすでに席についていたし、

周囲にほかのお客さんもいたから今回は自重。

 

ギリギリにチケットを買ったこともあって、自席はP列とかなり後方。

フラットな床にイスを出しているから、ちょっと見づらいかも?

……と思いきや、ちょうど前列よりもフロアが一段

高くなっている席だったので、視界はまったく問題なし。

ステージからは遠いものの、メチャメチャ見やすかったりして。

イスに座る直前には、目が合ったら会釈でも……と

華ちゃんに視線を送るも、あえなく失敗(笑)。

ま、終演後にチャンスがあればかな。

 

ほどなくして開演に。

ステージには、ボーカル&アコギの奈津代さんに加え、ギター、

ベース、キーボード、ドラム、バイオリン、チェロのサポートが入る。

しかし、すべてがフルメンバーでの演奏ではなく、

曲によってはアコギだけの弾き語りだったり、

アコギにストリングスだけが加わったりする感じで。

 

ライブタイトルの「60億の涙」は、先月リリースされた

アルバムと同じということで、セットリストもその収録曲が中心。

これは予想していたけど、実は「60億の涙」のCDは未入手だったり。

 

【セットリスト】
 ・x
 ・春空-ハルソラ-
 ・恋人
 ・自由
 ・泣いて泣いて
 ・ひだまり
 ・春夏秋冬~四季のうた~
 ・クローバー
 ・Say You Say~仲間とともに~
 ・オリオン
 ・うまくいかない時は
 ・波乱万丈
 ・運命の人
 ・永遠

 ・新曲
 ・クッキー
 ・60億分の1

 

1曲目の「x」では、感極まったのか声を詰まらせる場面もあったけれど、

その歌声はやさしく、強く、そして時に、どこか寂しげな微笑みを

たたえるかのように、ホールの隅々まで響き渡る。

ほとんどが初めて耳にする曲だったけど、

そんなことはまったく気にならないほどに引き込まれた。

そして、お気に入りの「クローバー」と「オリオン」を

聴けたことが、すごくうれしかったな。

 

またアンコールでは、予定外の1曲として、

ワンコーラスしかできていないという新曲を披露。

しかも、「一度チャレンジしてみたかった」と、

スピーカーを通さない生声&生ギターで!

さらに、最後の最後には即興のお見送りソングもあったりして。

これには、ちょっと感動したかも。

 

終演後、後ろを振り向くと、華ちゃんの姿はすでになかった。

むむ、残念(笑)。

 

帰り際には、ロビーでやっていた握手会に参加。

そして、素晴らしいライブを見せてくれたことへの、

感謝の気持ちを伝える。

 

そうそう、今日のライブでは、手書きのメッセージカードと

“出逢い記念”カードのお土産もあったりして。

 出逢い記念カード&メッセージカード

これ、席置きのチラシ類に添えられていたのだけれど、

自分の席にはなぜか置かれてなくって。

なもんで、前列にあった空席からいただいた。

MCで触れていなかったら、気づかないところだったよ。

メッセージカードは、「60億の涙」のCDジャケットに重ねて

ケースへセットすると、ええ感じになるのだとか。

 

 60億の涙 60億の涙
石野田奈津代

曲名リスト
1. 春空-ハルソラ-
2. 恋人
3. 泣いて泣いて
4. 永遠
5. ひだまり
6. 自由
7. 春夏秋冬~四季のうた~ (60億の涙セッション)
8. 波乱万丈
9. 60億分の1
10. クッキー
11. x
12. Say You Say ~仲間とともに~ (Bonus Track)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

このCDは、近いうちに入手するとしますかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

奥華子 CONCERT TOUR '09 弾き語り ~3rd Letter~@習志野文化ホール

渋谷&海老名に続き、3rd Letterへ3度目の参戦っす。

今日の会場は、千葉県・習志野文化ホール

すなわち、華ちゃんの地元ライブ!

しかも、チケットは最前列!

ツアーが始まる前から、この日を楽しみにしてました。

 

っと、今回のエントリも、ネタバレ満載なのでご注意を。

 

総武線を津田沼で下車し、オクハナの日以来のモリシアへ。

少々早めに到着したので、ブックオフで中古CDをチェックしたり、

マックで腹ごしらえをしたり、ヤマダ電機をのぞいたり。

ホールとショッピングモールが同じ建物なので、

こういった時間つぶしをしたいときには助かりますな。

開場時間直前にホールの入り口近辺へと移動し、まずはトイレに。

入場はのんびりでいいかな……と思っていたら、

トイレから出たタイミングで入場の整列が始まり、

最後尾が自分のほうへと向かってくる。

で、それに巻き込まれるような形で自動的に並んでしまった(笑)。

ま、いっか。

 

入場後は、物販コーナーでTシャツ&アロマキャンドルを購入。

これで今回のツアーグッズは、一応コンプかな?

色違いまでは揃えてないけど、アイテム的にはね。

あとは、自席で開演を待つばかりと。

 

ホールのサイトで前もって自席の位置をチェックしていたので、

上手寄りのポジションだというのは把握済み。

ってなわけで、ピアノ演奏時は華ちゃんの顔が

ピアノの陰になってしまう可能性も予測済みだったり。

で、実際に席に座ってみると……マイクが見えないな。

やはり、多少は見切れてしまうか。

 

予定の16時を5分ほどまわったところで、開演のチャイムが鳴る。

さらにその5分後には客席の照明が消され、華ちゃんがステージに。

グランドピアノの「蛍火」から、ライブが始まった。

気になってた見切れ具合は、メガネが見え隠れする感じ。

しかし、ピアノの音が直接耳に届くこの距離感は、なかなか味わえないものだ。

そして、曲間をおかずに2曲目は「花火」。

このツアーの1・2番コンビは、かなりいい感じだなぁ。

でも、さすがに10月以降は「花火」は歌わないかな?

もしかしたら、自分にとっては今日が今シーズン最後の「花火」かも。

 

 華:「習志野文化ホールに帰ってきました!」

 

と、この日最初のMC。

ここで「地元ならではのライブにしたい」 という意気込みを語り、

この日最初のキーボード演奏、3曲目の「変わらないもの」に続く。

何気に、フルで聴くのは久しぶりな気がする。

また、自分の席とキーボードとの位置関係が、

ちょうどフリーライブで見慣れている角度だったり。

なもんで、ここで目線が来るかな?という読みが、結構当たる(笑)。

 

 華:「シルバーウィーク……ですね」

 

と、トークに華ちゃん独特の“間”が(笑)。

今日は秋分の日ということで、「秋になると歌いたくなる」という

4曲目は、グランドピアノでの「木漏れ日の中で」。

この曲、CDになっていないけれど大好きなんだよな。

なかなか聴く機会がないから、これはうれしい選曲ですわ。

 

「恋」のあとには、ピアノ演奏時に華ちゃんの姿が

見えなくなってしまう、前方右端周辺の席のお客さんを気遣い、

 

 華:「大丈夫ですか?」

 

と問いかける。

すると、「髪の分け目が見えます」との声が。

華ちゃんのリアクションは、

 

 華:「がんばります!」

 

そして、逆にピアノ演奏時に後ろ向きとなってしまう

左端の席のお客さんには、

 

 華:「後ろの人も見てますので……」

 

と、華トークを展開(笑)。

さらにMCは、「楔」のYouTube&契ネタへ。

 

MCのネタにもなった「楔」、「最後の恋」を続けて披露。

いやー、この2曲が続くと、かなりせつないかも。

 

 華:「失恋ソングが続いて、悲しげな雰囲気になってしまいましたが……」

 

と、ポップな「チョコレート」で、会場の雰囲気を一気に塗り替える。

すると、客席から「Birthdayも!」との声が。

そしたら、

 

 華:「盛り上がる曲が少ないから、散りばめないと(笑)」

 

……だそうで(笑)。そして、

 

 華:「盛り上がる曲は少ないけれど、CMソングならいけるかも」

 

と、CMソングコーナーに。

今日は、最近またよく流れるようになった、マストからスタート。

ガストのレッドチェダーチーズINハンバーグは、

「チェダーチーズ~!」のところがチャームポイントだぁね。

さらに、ちばぎん、公文と続く。

そして、今のところ30秒分しかないという公文のCMソングは、

いつかひとつの曲にしたいとも話してくれた。

それは、メッチャ楽しみだ~。

 

続いては、華ちゃんいわく休憩タイム(笑)。

MCのネタは、「せつない話」だった。

華ちゃんが使っているボトル入りシャンプー&リンスは、

シャンプーが黒、リンスが白のキャップが付いているとのこと。

でも華ちゃんの中では、シャンプー=きれいに洗う白、

リンス=黒で固める、というイメージがあるらしく、

よく取り違えてしまうのだとか。

……と、ここまでは海老名のときと同じ展開だったのだけれど、

今日は客席から「キャップを入れ替える!」との解決案が(笑)。

これには華ちゃんも、目からウロコ的なリアクションだったり。

はたまた別のお客さんからは、間違えて先に手に取ったリンスへ

シャンプーを加え、リンスinシャンプーにしてしまう……なんて策も(笑)。

 

ほかにもファンの人から聞いた話として、とあるCDショップで、

奥華子コーナーのポップに書かれた文言が、

「千葉出身にも関わらず、純真な……」だったとか。

華ちゃんの家の流しの下から、賞味期限の切れた

缶入りおでんが発見されたとか。

にしても、缶詰の賞味期限切れってのはスゴイな(笑)。

そして、最後にひとネタ。

今回のツアーのアンケートで、

 

 華:「インチキマジシャンみたいな衣装、どこで買ったんですか?と言われちゃった」

 

それがどんな衣装かってぇと、こんな感じ

イメージとしては、わからなくもない……か?(笑)

 

誰かと一緒にいて感じる寂しさを歌ったという、「青い部屋」。

続けて、「あなたに好きと言われたい」「他人の涙」。

そして、MCをはさんで「Birthday」。

この曲は、「他人の涙」と対になっているように感じるね。

 

 華:「今の自分を支えてくれている曲です」

 

と、「ガーネット」。

続けて「笑って笑って」。

「笑って笑って」は、従来のキーボードのバージョンよりも、

このツアーで演奏しているピアノアレンジのほうが好きかも。

「一番星」では、間奏のところでご当地ネタを叫ぶのが

ツアーのお約束みたい。

今日は、「落花生~!」「ベイエフエム~!」と叫んだあとに、

 

 華:「あと、なんだっけ?」

 

という一幕も(笑)。

 

アンコールでは、ホール後方の扉から華ちゃんが再登場。

そのまま場内一周&ハイタッチタイムに。

そしてそして、今日は自分もハイタッチに成功♪

しかも一瞬ではなく、ちょっと長めに手と手を

合わせるような感じだったのは、ラッキーだった(笑)。

 

スタンディング状態で盛り上がった「Happy days」のあとは、

鳴り止まない拍手に客席のあちこちから飛ぶ「ありがとう!」の声。

会場全体が、感動的な空気に包まれた。

これには、華ちゃんも感極まっていたみたい。

そして、その雰囲気のままにオーラスの「灯─ともしび─」。

最後の最後には華ちゃん自身の終演アナウンスも流れ、

熱を帯びたステージは幕を閉じた。

 

【セットリスト】
 蛍火
 花火
 変わらないもの
 木漏れ日の中で
 恋
 楔
 最後の恋
 チョコレート
  CMソングコーナー
   (マスト/ガスト(レッドチェダーチーズINハンバーグ)/ちばぎん/公文)
 青い部屋
 あなたに好きと言われたい
 他人の涙
 Birthday
 ガーネット
 笑って笑って
 一番星

 Happy days
 灯─ともしび─

 

いやー、今日のライブはホントに感動的だったな。

昨年の2nd Letterファイナルのダブルアンコールのような

特別な演出はなかったけれど、地元ライブならではの

空気感は強く伝わってきたかも。

 

自分が行く予定の今ツアーは、残すところ1公演。

ファイナルの戸田だから、ちょっと間があいちゃうな。

でも、10月は学園祭ライブやちばぎんの無料招待ライブがあるので、

ちょっと違った形で楽しめそう。

って、無料招待ライブは抽選の結果がまだ出てないから、

参加が確定してないけど……ま、きっと当たるだろ(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

阪神ファンとして

 おかえり!カーネルストラップ

これは丁重に扱わねば(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

無職で二郎

はい、辞めました(笑)。

今は、とてもココロ晴れやか。

金はないけど、ヒマならあります。

 

というわけで、景気つけに桜台で二郎ってきた。

小豚入りの麺かために、ヤサイ・ニンニク・カラメ。

そして生卵に、持ち込みの黒烏龍茶。

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小豚入り(麺かため・ヤサイ・ニンニク・カラメ) with 生卵

豚が野菜に埋もれて、まったく見えてません(笑)。

1カ月半ぶりの二郎、メッチャおいしゅうございました。

 

さーて、次を探さなきゃだわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

西本早希バースデイイベント

9月11日は、もっさんの25回目の誕生日。

ということで、久々のイベントです。

 

集合は13時に銀座・ソニービル前。

ここんとこ劇団の公演をやっている、みゆき館劇場のすぐ近くだわね。

で、まずはエントランスにある芝のステージで、記念撮影。

ちぅか、いきなりすぎる(笑)。

 

その後はさっそく移動開始。

もっさんの希望ということで、すぐ近くにあるサンリオショップへ。

……って、おっさんにはハードル高すぎるwww

まぁ、取り扱っているキャラクターはともかくとして、

この手の雑貨屋的なショップは好きなほうなので、けっこう楽しんでいたり。

店内では、もっさんから離れないようにしていたけどな(笑)。

 

サンリオショップをあとにし、伊東屋に立ち寄りつつ中央通りを北上。

途中、日本橋で記念撮影をして、さらに北上。

でもって、マンダリン オリエンタル 東京を目指す。

で、「ヴァンタレオ」というブッフェレストランの

土日祝日限定・デザートブッフェに。

ホテルのデザートだけあって、どれを食べてもうまかったなぁ。

甘さ控えめの、上品なお味でね。

フリードリンクで、コーヒー&お茶系のメニューを

好きに選べたのもうれしい限り。

ただ欲を言うならば、もちっと軽食系の食べ物もほしかったかな。

なにぶん、空きっ腹だったもんでね(笑)。

 

食べるのがひと段落したところで、バースデイプレゼントを手渡す。

そしたら、

 

 早希:「なんで私のほしいものがわかったんですか!?」

 

いやー、知らんかった(笑)。

しかし、気に入ってもらえたみたいで、なによりですわ。

 

その後は東京駅で解散。

今日はショッピング&銀ブラ&デザートブッフェと、

デートコース的なイメージだったかな?

腰を落ち着けるのか、アクティブに何かをやるのか、

もちっとハッキリしてたほうはイベントぽいような気はしたけど、

今日のところは誕生日を迎えた主役の希望が大事だぁね。

 

次回のイベントは……はてさて、いつになることやら?

10月にも、なんかしらあるといいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

奥華子 CONCERT TOUR '09 弾き語り ~3rd Letter~@海老名市文化会館

思えば、09875の日から1カ月以上が経過。

間のライブへは行けていなかったもんで、そろそろ飢餓感が……。

というタイミングで、ツアーの日程は久々の関東・海老名。

なんとも絶妙なスケジュールですな(笑)。

神奈川ってことで、オフィシャルサイト

先行の時点でチケットは確保済み。

ツアーが始まってからしばらく経つことだし、

渋谷とはまた違った感じのステージになるかな?

 

やや早めに始動して、17時ごろに海老名へ到着。

まずはビナウォークの新星堂に立ち寄って、

いきものがかりのインディーズ盤を購入っと。

 誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…:いきものがかり

このCDは、ここでしか売ってない……というか、

ここでなら買えるというか、そういうものらしい。

以前、中古ショップで6,000円の値を付けているのを

見たことがあって、てっきり廃盤だと思ってた。

しかし、地域限定?とはいえ新品の流通があって、

お値段は1,200円。

中古ショップで早まらなくて、よかったわ(笑)。

 

続いては、ライブ前に腹ごしらえをば……と、駅近くのガストへ。

メニューは迷わず、レッドチェダーチーズINハンバーグで。

 レッドチェダーチーズINハンバーグ

まさに、「3rd Letterへ行く人は海老名で食べてね」的な

タイミングでCMのオンエアが始まったもんな(笑)。

 

 

お腹を満たしたあとは、いざ会場へ。

初めての場所だったけれど、思ってたよりも駅から近くて、

わかりやすい道のりだった。

到着後は、物販でツアーグッズのタオルとカードケースを購入。

あとは、開場を待つばかりと。

 

18時半となり、入場が始まる。

自分も列に並び、ホール内へ。

今日の席は6列目。

キーボードのほぼ真正面と、かなりの好位置だ。

前方の席だけに床がフラットだったけれど、

目の前は小柄な女性だったので、視界は問題なく。

 

19時をまわり、客電が落とされる。

そして、華ちゃんがステージに。

グランドピアノのもとへ、ゆっくりと歩を進める。

2日前のブログで髪を切ると書いていたから、

もしかしたらバッサリと?と思っていたのだけれど、

毛先を揃えるぐらいだったみたい。

……っと、ここからはネタバレありなので、ご注意を。

 

1曲目は「蛍火」。

曲間のインターバルをおかずに「花火」へと続く。

「蛍火」は、CDとは異なるイントロがある演奏で。

今回はアルバムを聴きこんだうえでのライブなだけに、

渋谷C.C.Lemonのときとはまた違った感じで聴けたかも。

そして、3曲目には「きみの空」。

いやー、冒頭でいきなりこの曲がくるとは思わなかった。(^_^;

華ちゃんも最初のMCで、

 

 華:「いきなり、ちょっと重かったですか?」

 

と言ってたし(笑)。

 

思い入れのある海老名で歌いたかったという、「魔法の人」。

続けて「最後の恋」。

出会いと別れ、両極端な2曲ですな。

 

その後のMCでは、「今回のツアーで新曲以外に何を歌おう?」という話に。

「勝手にきっとこの曲が人気がある」ということで、「恋」&「楔」が挙げられた。

これら2曲はサイン会やなんかで、「この曲が大好きです」

「この曲で知りました」というパターンが多いのだとか。

で、契ネタやYouTubeネタののちに、「恋」と「楔」を2曲続けて歌ってくれた。

これは「勝手に人気曲」というか、「MADで人気曲」というか?(笑)。

 

 華:「ここで明るい曲を」

 

と、「チョコレート」で会場の雰囲気は一転。

パッと明るい感じに。

これには華ちゃん自身も、

 

 華:「楔からいきなりかい?という感じですね」

 

これも、華ちゃんのライブの醍醐味ですよ(笑)。

 

続いては、CMソングコーナーに。

なんでも、今オンエアされているのが4本もあるのだとか。

これって、スゴイことだよなぁ。

で、まずは「おなじみの……」ではあるけれど、

 

 華:「新メニューなんだよな」

 

と、ガストはガストでもレッドチェダーチーズINハンバーグだ!

さっき食ってきたよ!(笑)

いやー、これが聴けるとは思いもよらず。

そして、「未来を育む~宣言♪」のちばぎん。(リンク:30秒 60秒)

さらには、オンエアが始まったばかりの公文も。

 

公文のCMソングは、ぜひともライブで聴きたかったんだ~。

しかも、

 

 華:「間違えたので、もう1回やってもいいですか?」

 

と、2回聴けたのはおいしかった(笑)。

この曲はCMのために作ったので、30秒分しかないのだとか。

いずれ「帰っておいで」のように、ひとつの曲になるとうれしいな。

 

続いては、

 

 華:「お手洗いへ行くならチャンスです」

 

という、MCタイム……って、全然チャンスじゃないから(笑)。

ここでの話題は、夏の終わりはなぜか切ない……ということで、

最近あった、切ないできごと。

髪を洗うときに、間違えてリンスから手に取ってしまうと切ない……。

間違えたからと、そのまま流しちゃうのも切ないし、

かといって浴槽のへりに置くのも切ない……とか。

また、選挙のチラシを「お母さんに渡してね」と手渡されて、切ない……とか。

mixiでメッセージをくれた人のトップページを見てみたら、

「好きな音楽」としてたくさんのミュージシャンの名前があるなか、

奥華子の名前がなくて切ない……とか。

 

はたまたホヤホヤネタとして、海老名のライブ前日に、

「昨日、電車で奥華子さんを見た」というmixi日記があったいう話も。

その日記には、「彼氏のような人と一緒だった」と書いてあったらしいのだけれど、

 

 華:「私、昨日は電車に乗ってない……」

 

日記の主は、いったい誰を見たんだろう?(笑)

 

切ないネタはまだまだ続き、大阪のCDショップの

あいさつまわりをしたときの話。

とあるショップで、ポニーキャニオンの営業担当者の

引き継ぎだと勘違いされて、注文書やなんかの

業務的な話をされてしまったとのこと。

これは切ないというか気まずかった……とか。(^_^;

 

 華:「そんなです」

 

という総括もあり(笑)、MCタイムは終了。

 

グランドピアノによる「青い部屋」「あなたに好きと言われたい」

「他人の涙」と、聴かせる3曲が続く。

そして、「他人の涙」は、「BIRTHDAY」の収録曲の中で

大きな意味を持つという曲だと語ってくれた。

「人が大勢いる中で、どうして自分は1人なんだろう?」

「どうして人は、他人同士なんだろう?」という

子供のころから感じていたテーマがあふれてきて、

1~2日で仕上げたのだとか。

 

「だからこそ、偶然の出会いはすごいこと」

 

ライブは、それを歌った「Birthday」に続く。

CDだと逆の曲順で収録されているけれど、

ライブの順番で、さらにMCを交えて聴くと、

より心に響くかも。

 

 華:「たくさんの人に知ってもらえた大切な曲」

 

と、「ガーネット」。

そして客席を見渡したのちに、グランドピアノでの「笑って笑って」。

「一番星」では、「ビナウォ~ク~!」「小田急せ~ん!」と叫んでいたり(笑)。

 

このツアーのアンコールは、この2曲で揺るがないかな。

「Happy days」&「灯─ともしび─」。

「Happy days」では、恒例の場内一周。

通路沿いの席の人は、ハイタッチタイムですな(笑)。

今日は、そのさなかに手紙を受け取ったようで、

いったんステージにその手紙を置いてから、

ハイタッチを再開していたり。

そして「灯」を歌い終えたあとは、最後に客席に手を振って、

袖に退場……しかけて、急にステージへUターンしてきた華ちゃん。

どうしたんだろ?と思ったら、さっきステージに置いた

手紙を取りに戻ったみたい。

あ~、ホントにいい人だ~。

 

さらには、終演を告げる場内アナウンスが華ちゃん本人だったりして。

これは見送られている感があって、実にいいなぁ。

ほかの会場でもやってほしいかも。

 

【セットリスト】
 蛍火
 花火
 きみの空
 魔法の人
 最後の恋
 恋
 楔
 チョコレート
  CMソング(ガスト:レッドチェダーチーズINハンバーグ/ちばぎん/公文)
 青い部屋
 あなたに好きと言われたい
 他人の涙
 Birthday
 ガーネット
 笑って笑って
 一番星

 Happy days
 灯─ともしび─

 

さてさて次回は、習志野公演。

席はなんと最前列!

華ちゃんの地元ライブでもあるし、メッチャ楽しみですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

ぽ~よん

さぁさ”というミュージシャンの話。

 

彼女の歌を初めてちゃんと聴いたのは、先日観にいった音霊ライブ

アコギ一本の弾き語りスタイルで、目をキラキラと輝かせながら

楽しそうに歌う姿が、実に印象的で。

で、そのときのステージで歌っていた「パ・パリラ♪」が

えらく耳に残ったもんで、もう一度聴きたくてYouTubeを検索。

ついうっかりと、ライブ動画を見てしまった。

 

 

その結果、脳内でサビの部分が延々とリフレインする事態に(笑)。

 

こうなったらもう、あと戻りはできまへん。

脳内リフレインを鎮めるべく、アルバム「ナチュリラ」を購入。

言うまでもなく、「パ・パリラ♪」入りだ(笑)。

 ナチュリラ ナチュリラ
さぁさ

曲名リスト
1. ナチュリラ
2. Darling-夏-
3. ハローハローハロー
4. melody
5. グッナイ
6. 何万回
7. 何故
8. ふたりのPEACE
9. パ・パリラ♪
10. 金魚のうた
11. VOICE

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

柔らかでキュートなボーカルが、なんともいい感じで。

イメージとしては、aikoよりもポップだけど大塚愛ほど軽すぎず、

かつYUIまではハードでない……みたいな?(超主観)

そんな絶妙なラインの世界観が楽しめる1枚です。

特に、飼い主に恋する金魚が主人公の「金魚のうた」は、

さぁさワールド全開!といえるかも。

 

また生歌を聴きたいと思っているのだけれど、

彼女は地元の大阪を中心に活動している模様。

関東でのライブは、実は貴重だったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »