« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の8件の記事

2009年11月29日 (日)

さぁさライブ@イオンモール羽生

以前、ブログに書いたことがある、さぁさのライブへ。

彼女の生歌を聴くのは、8月の音霊以来。

ずーっとライブに行きたいと思ってたんだけど、

彼女の活動拠点が大阪だということもあり、

関東ではなかなかその機会に恵まれなくって。

でも、25日にシングルがリリースされたことで、

埼玉でのインストアライブがキタッ!(゚∀゚)

 

ってなわけで、電車とバスを乗り継いでイオンモール羽生へ。

予想以上の大型店舗で、ちとビックリ。

そして、都内からは思いのほか遠かった(笑)。

到着後は、ひとまずイベントスペースの場所を確認。

そして、フードコートで昼メシをば。

 

食後にステージ付近へ戻ってみると、マイクやスピーカーの

セッティングがちょうど終わったところだった。

リハも、そろそろ始まるのかな?

ここはあまりうろつかずに、席で待つとしますかね。

スタバで買ったコーヒーをすすりつつ。

ステージ上のテレビで、NHKのど自慢を観つつ(笑)。

 

13時すぎからリハがスタート。

そして13時半から、ライブ本番が始まった。

 

 さ:「初めまして、さぁさです!」

 

と、まずは自己紹介。

埼玉でライブをやるのは、今回が初めてなのだとか。

というわけで、1曲目は出会いの歌。

「ハローハローハロー」。

 

続くMCでは、サポートが入ったりバンドだったりと、

いろいろな形でライブをやっていると話す。

今日のステージは、さぁさ1人でのアコギ弾き語りだけど、

 

 さ:「こんなにサポートメンバーがっ」

 

と指さした先には、クリスマス仕様のステージに飾られた、

サンタのぬいぐるみがズラリと。

手芸が好きで、自作のアクセサリを身に着けてるみたいだけど、

こういったぬいぐるみも作ったりするのかな?

2曲目は、1stアルバムのタイトルチューン。

ナチュラル&リラックスの「ナチュリラ」。

同じく、アルバムの収録曲である「VOICE」へと続く。

 

4曲目の「嘘」の演奏前には、迷子のアナウンス待ちが(笑)。

そして、ラストは「ドラマチック」。

 

 

 

ライブ終了後には、サイン会に参加する。

「音霊でファンになりました~」と、ファーストコンタクト。

続けて、「関東でのライブ、待ってたんです」と伝えると、

 

 さ:「ホントお待たせしました」

 

……と言ってくれた。

で、初のサインはシングル2枚に。

 

 

 

そして、「マイミクのリクエスト出しますね」と、握手っ。

 

12月と1月には、渋谷で対バンライブもあることだし、

コンスタントに足を運べたらいいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

奥華子 CONCERT TOUR '09 弾き語り ~3rd Letter~@戸田市文化会館

6月からスタートした3rd Letterも、今日でついにファイナル!

というわけで、今日は埼玉は戸田市文化会館へ。

戸田といえば、以前、華ちゃんのフリーライブで

北戸田のイオンへ行ったことがあったっけ。

もしかしたら、それ以来の戸田かも。

 

開場30分前の、18時着を目指して現地に向かう。

地図で見たところ、駅からの道のりはほぼ一本道。

初めて行く場所だけど、迷う要素はないやね。

途中、信号待ちで知った面々とバッタリ。

で、そのまま合流して会場へ。

 

到着後は、雑談したり、わさびせんべいを食ったり(笑)。

開場直後はエントランスが混雑してるので、

列がはけてきたところを見計らって入場する。

今日の座席は10列目。

ちょうど、ステージと同じぐらいの高さで観る感じかな?

キーボードのほぼ正面だから、ピアノを弾く姿も問題なく見えそうだ。

なにより、通路際の席だってのがデカイ(笑)。

 

19時に開演を告げるアナウンスが流れ、

その5分後に客電が落とされる。

そして、ステージ下手からグランドピアノへ向かって、

ゆっくりと歩を進める華ちゃんの姿。

いつの間にか、見慣れた光景になってきたな。

 

ピアノのイスに腰をかけた華ちゃんと、その周囲の

わずかな空間だけがスポットライトで切り抜かれる。

気持ちを高めるかのように天井へと視線を移し、

いつもよりちょっと長い間ののちに、1曲目の「花火」。

オクハナの日(09年8月7日)にCDが再販されたこともあって、

今回のツアーでは全会場で歌ってきたのかな?

本来は、この時期のライブでは聴けない曲だから、

ちょっとお得な気分かも。

また、サビでは天井を夜空に見立てて、

打ち上げ花火のような照明の演出もあったりして。

 

2曲目は、そのままピアノで「明日咲く花」。

曲前の「ポロ~ン」がなかったもんで、てっきり別の曲かと思いきや。

ちょいと不意をつかれた(笑)。

 

 華:「関東へ帰ってきました!」

 

キーボードのマイクで、この日最初のMC。

ツアー当初には、ファイナルはまだ先だと思っていたのだけれど、

いざフタを開けてみると、あっという間だったとも。

 

 華:「いや、広いですね……」

 

と、つぶやいたあとに、「変わらないもの」。

華ちゃんいわく、この会場は左右に広いのだとか。

続けて、最近のライブでよく聴くイメージがある「魔法の人」。

この曲もまた、照明がすごくきれいだったり。

 

平日のライブだということもあって、開演に間に合わず

途中入場する人の姿がちらほらと。

その様子を見て、

 

 華:「大丈夫ですよ。ゆっくりと席を探していただいて。ここしゃべるので」

 

と、本日二度目のMCタイム。

 

 華:「みなさん、元気ですか?」

 客:「シーン……」

 華:「……うん」

 

ああ、なんか久しぶりだ、この感じ(笑)。

 

 華:「みなさん、元気ですか~!?」

 

という、あらためての問いかけにはリアクションがあったけれど、

ノリのいい学祭ライブでは絶対にありえない展開だよな(笑)。

 

で、ここでのMCは、「恋」と「楔」のYouTube話と

サイン会で「楔」を「契」と勘違いしていた女子高生の話。

今回はさらにもうひとネタあって、今日のライブの

打ち合わせにおける、あるスタッフの発言。

 

 「じゃあ、“絆”は……」

 

もはや、原形をとどめてません。

これには華ちゃんも、

 

 華:「もう、なんでもいいと思いました」

 

いやはや(笑)。

 

というMCを受け、グランドピアノで「恋」と「楔」、

キーボードでの「最後の恋」と、失恋3部作を披露。

その直後には、

 

 華:「ずっと、しっとりとした曲が続きました。
    
きっと、みなさんも限界なんじゃないでしょうか?」

 

と、「チョコレート」で一気にテンションアップ。

ステップを踏むようにキーボードを弾く華ちゃんも、本当に楽しそう。

なお、この曲をチョコレートのCMソングに……という野望については、

 

 華:「そういった話は、一向に来ないんですけど」

 

なのだそうで(笑)。

また、CMの話つながりでCMソングメドレーに。

今日は、「テプコ」「マスト」「ガスト」の定番3曲。

ガストはレッドチェダーではなく、フツーのチーズで。

あ、そういや、公文が聴けなかったな。

ちと残念。

 

その後のMC。

華ちゃんの出身大学が埼玉にある関係で、

埼玉在住の友達がいるのだとか。

で、「今日、コンサートがあるんだけど」という

内容のメールを送ってみたら、

「さすがに急すぎるよ」という返信が届いたらしい。

さすがに、今日の今日では……ねぇ?(笑)

 

そして恒例の「せつない」トークでは、

シャンプー&リンスネタやmixiネタのほかに、

「おとといのこと」というホヤホヤな話も。

 

12月のクリスマスコンサートに向けた打ち合わせで

楽譜のコピーが必要になり、華ちゃん自身が

コンビニのコピーサービスへ走ったのだとか。

陽が落ちていたこともあって、コンビニのガラスには

マスクをかけてコピーをとる自分の姿が映りこんでいる。

よくよく見ると、マスクの鼻のところが茶色くなっていて、

もしかして鼻血?と思ったら……。

その正体は、エレキバンだったそうで(笑)。

たしかに、肩こりがひどくてエレキバンを貼っていたけれど、

なぜマスクにくっついてしまったのか? そして、

 

 華:「なんで誰も教えてくれなかったんだろう?」

 

と、嘆いてました(笑)。

 

はたまた、ツアーで宮崎へ行ったときのこと。

ライブの前日に美容院に立ち寄ったら、お店の人が

「どこから来たんですか?」「何しに来たんですか?」と、

話しかけてきたのだとか。

華ちゃんが「仕事です」と答えたところ、

その美容師さんの反応は、

 

 「高校生かと思った」

 

さすがである(笑)。

そんな華ちゃんも、髪の毛はかなり傷んでいたようで、

美容師さんに、

 

 「パッサパサやね」

 

と言われてしまったのだとか。

で、髪の毛をキレイにしてもらって、

「明日までもちますか?」と聞いてみたら、

 

 「もつわけないじゃん」

 

……ガチすぎる(笑)。

そんなガチな美容師さんも、華ちゃんの名前は知ってくれていたそうで。

宮崎市民文化ホールでライブをやると伝えたら、

 

 「そんな大きなところで!?」

 

実は、華ちゃんのライブ会場はイベントホールだったのだけれど、

この美容師さんはキャパが1,800人以上の大ホールだと思ったらしく、

ものすごくていねいにやってくれたとのこと。

そして、

 

 華:「たまには、こんなウソもいいかな」

 

という結論に(笑)。

 

MCタイムのあとは、グランドピアノで立て続けに3曲。

「青い部屋」、「あなたに好きと言われたい」、「他人の涙」。

今日の「他人の涙」は、今までツアーで聴いてきたなかで、

一番強く響いてきたかもしれない。

この「他人の涙」は、華ちゃんが子供のころに感じていた、

「どうしてみんな他人なんだろう?」という想いを形にしたもので、

通常は早くても5日ぐらいかかるところを、

詞も曲も2日ほどでできたのだとか。

 

でも、自分と知らない「誰か」がすれ違うというのは、

たとえ他人同士であったとしても、たとえ一瞬であったとしても、

それはすごい確率で起きた特別なできごとだ。

誕生日は特別な日だけれど、それと同じように

普段の日常のなかの毎日も、きっと特別だよね。

そんな、「他人の涙」と対になるような、「Birthday」に続く。

この曲の、

 これまで私は いったい何人の人の
 顔と名前を ちゃんと知っているだろう

というフレーズは、関東のライブでのサイン会から

生まれてきたものみたい。

なお、今日が誕生日だという人は6人。

このツアーで最多だったらしい。

また、最後にリズムボックスを止める「シメ」は……なんと失敗(笑)。

 

 華:「今の奥華子を見つけてくれた皆さんに、感謝しています」

 

と、「ガーネット」。

そして、特別な想いをこめているかのように、

客席を見渡してから演奏を始めた「笑って笑って」。

このグランドピアノバージョンは、しばらく聴けなくなっちゃうのかな。

 

ラストは、「一番星」。

間奏中のご当地ネタは、「さいたま~!」「戸田~!」

「草加せんべい~!」「南古谷~!」とてんこ盛り。

さすがファイナル(笑)。

南古谷は、華ちゃんの母校である東邦音楽大学の所在地だわね。

 

アンコールでは、ホール後方の扉から華ちゃん登場!

そこから、場内一周&ハイタッチ大会に。

あたしゃ今回も、左手でパチン!……とね。

やっぱ、通路際はサイコーですな(笑)。

 

スタンディングの「Happy days」で盛り上がったあとは、

「灯─ともしび─」。

今日のライブはこれだけでは終わらず、

ダブルアンコールで「自由のカメ」も!

いや~、カメは実に久しぶりだな。

 

そして、鳴り止まない拍手が場内を包み込む。

この拍手に応え、マイクを通さない生声で、

 

 華:「ありがとう~!」 

   「またね~!」

 

と叫んで、華ちゃんはステージ袖へ。

さらに終演アナウンスも務めて、今日のライブはすべて終了。

なお、このアナウンスによると、今回のツアーでは

アンコールの衣装で3枚のBIRTHDAY Tシャツ(ツアーグッズ)を

着まわしたのだけれど、1枚も伸びていないそうで(笑)。

 

【セットリスト】
 ・花火 (Piano)
 ・明日咲く花 (Piano)
 ・変わらないもの (Keyboard)
 ・魔法の人 (Keyboard)
 ・恋 (Piano)
 ・楔 (Piano)
 ・最後の恋 (Keyboard)
 ・チョコレート (Keyboard)
  CMソングメドレー
   (テプコひかり~お部屋探しマスト~ガスト・チーズINハンバーグ)
 ・青い部屋 (Piano)
 ・あなたに好きと言われたい (Piano)
 ・他人の涙 (Piano)
 ・Birthday (Keyboard)
 ・ガーネット (Piano)
 ・笑って笑って (Piano)
 ・一番星 (Keyboard)

 ・Happy days (Keyboard)
 ・灯─ともしび─ (Keyboard)

 ・自由のカメ (Keyboard)

 

ツアーファイナルにふさわしい、とてもあったかくて、

感動的な素晴らしいライブだった。

「BIRTHDAY」というアルバムのおかげで、

奥華子のライブが大きく変わった。

そんな“3rd Letter”だったと思います。 

華ちゃん、5カ月間にわたる32公演の完走おめでとう!

そして、本当にありがとう!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

巣鴨散策&ぎうにう祭

この連休に東京に来ていたゆきえちゃんと、今年4回目の「遊ぼう」。

今回は巣鴨編!

 

昨日の寒さがウソのような陽気で、まさに散策日和ですな。

 

まずは、定番のとげぬき地蔵へと行ってみる。

思ってたよりもコンパクトなスペースに、人がいっぱいだ。

中でも洗い観音には長蛇の列ができていて、

列を整理する金属製のポールまで立てられている。

な~んか、ミスマッチ感がありありな(笑)。

 

線香を買って、巨大香炉へ投入。

で、煙を浴びるアレを。

その後は本堂を参拝して、おみくじをば。

結果は吉で、いいことばかりが書いてあるのに、

唯一【恋愛】の項目が、

 

 どうしても相手が真剣ではない。やめるべし。

 

なんて救いのない(笑)。

 

とげぬき地蔵のあとは、商店街をブラブラと。

で、最近話題の赤パン専門店を見物。

そこでお買い物をしたゆきえちゃんが、ちっさい巾着をくれた。

 

試しに単四電池を2本入れてみたら、ジャストフィット(笑)。

これ、かわいらしくて気に入ったかも。

ゆきえちゃん、ありがとう。

 

その後は、庚申塚から都電に乗って池袋へ向かい、

前回の「遊ぼう」と同様にゴールドラッシュでメシ。

そこでニンニクを大量摂取したあとは、

まーくん御用達のカフェで第2回ぎうにう祭を開催。

腹が……しんど……い……(笑)。

 

なんでも、まーくんは3日連続のアカシウスだそうで。

しかし今日は、お気に入りのコがいなかったみたい。

残念でした(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

スッキリ

ふと思い立って、ここ数年使っていないビデオデッキやら、

不調のオーディオ機材やらを一斉に処分した。

かねてから気になっていた、ラックやテレビの周辺を

シェイプアップできて、かな~りスッキリ。

 

ついでに余ったアンテナケーブルで、

コンポのチューナーをテレビアンテナに繋いでみた。

FMの受信状態が改善できて、これまたスッキリ。

 

そして、久しぶりにオーディオのスピーカーからCDの音を出してみた。

最近は、PCのスピーカーで圧縮音源ばかりを聴いていたもんで、

あらためてCD+スーパースワンの音のよさを実感できて、気分スッキリ。

 

これに連動して……というわけではないのだけれど、

……とも言い切れないのですが(笑)、

ヘッドフォンがほしくなってしまった。

加えて、機材の運搬と配線変更の影響で、背中、尻、太ももが筋肉痛に。

この2点については、だいぶモヤってます(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

モヤモヤ二郎ず

13日の金曜日。

突然、ヤツの声が聞こえてきた。

……二郎(笑)。

そんなわけで、池袋へ行ったついでに桜台へ。

 

開店15分ほど前にお店の前に到着すると、

なんと並びはゼロだった。

あらま、この時間で一番乗りとは珍しい。

まぁ、今日は雨降りだし、寒いしな。

もしかして、桜台の1stロットは初めてかな?

 

開店と同時に、小豚入りと生卵の食券を購入。

そして、「麺かためで」と告げつつカウンター席に座る。

厨房の様子を見ていると、どうやら助手の1人が新人さんのようで、

いろいろと教わりながらがんばっていたり。

で、待つことしばし。

いの一番に、自分の前へドンブリが置かれる。

 

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小豚入り(麺かため)・ニンニク・ヤサイ・カラメ+生卵+黒烏龍茶

小豚入りの麺かために、ニンニク・ヤサイ・カラメ with 生卵。

あと、並ぶ直前に二郎の近くにあるお店で購入した黒烏龍茶。

今日は豚がフワフワホロホロで、うまかったなぁ。

麺もスープも、かなりいい感じでね。

うん、満足満足。

 

二郎のあとは、食後の運動をかねてお散歩モードに。

なにも天気が悪い日にわざわざ……と思われるかもけれど、

晴れてるときはバイクで来ちゃうわけで。

この近辺を徒歩でうろつく機会は、ほとんどないんだよな。

 

ってなわけで、目白方面に向かって歩き始める。

そしてその道中、とあることを思い出した。

そういやこの辺りって、モヤさまの「落合周辺」で

放送されてたエリアだよな。

 

●モヤモヤ落合2
 
Watch モヤモヤさまぁ~ず2 091022 in ã�³ã�¡ã��ã�£  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

●モヤモヤ落合1
 http://www.veoh.com/browse/videos/category/comedy/watch/v19224668q2TpwXRz 

●モヤモヤ落合3
 http://www.veoh.com/browse/videos/category/comedy/watch/v192910613KW63bTT

 

そこで、周囲に気を配りながら歩いてみると……。

あ、あれは、大江アナがYes/No枕の意味を考え込んでいた公園だ!

ほかにも、未来のさまぁ~ず兄弟に遭遇したお肉屋さんやら、

ジャイアンツキ○○イのおやっさんが店主の青果店やら、

モヤモヤSPOTが続々と!

三代目モヤモヤ財布を購入したカバン屋さんの店先には、

戦いに向いているステッキもありました(笑)。

 

 チューダー飴

チューダーあめも売ってた!

次は、レストラン香港にも行ってみようかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

奥華子 Special Stage ~いつでも笑って、未来を描こう!~

思えば、公録に学祭に童謡コンクールにと、

3週連続で華ちゃんのライブへ行っていた。

ここまで立て続けにライブがあったのは、

何気に久しぶりのことだよな。

 

で、連続4週目となる今日は、ちばぎんひまわりコンサート

観覧は抽選での無料招待だということで、受付開始と同時に

秋葉原にある千葉銀行の窓口に足を運んで、申込書を提出してました。

でも、そのときの窓口のおねーさんの応対が、なんとも要領を得なくて。

ちょっと不安だなぁ……とか思ってたら、どうも落選してしまったみたい。orz

また、キャンセル席が出た場合には再抽選があるとのことだったので、

敗者復活に望みをかけたものの、それもかなわず……。(´・ω・`)

そこで、いろいろと手を尽くして、なんとか入場券の入手に成功。

しかも、端っこのほうではあるものの最前列だ!(笑)

 

同行の華友さんと、千葉駅で合流。

会場の千葉市民会館までは徒歩7分らしいから、

かなり早めに着いちゃうかな……と思いきや、

軽く道に迷ったこともあって30分ほどで現地着。

……軽く?(笑)

まぁ、それでもメチャメチャ余裕の到着だったので、

ラウンジで開場までの時間を過ごすことに。

 

13時半をまわったところでラウンジをあとにし、入場の列に並ぶ。

列の長さも流れるスピードもほどよい感じだったので、

さほど待つこともなくホールの中へ入ることができた。

ステージに向かって右側にグランドピアノ、

左側にキーボードという配置は、いつものホールライブと同様。

そして、正面には大きなスクリーンが掲げてあったり。

これは、ライブの演出に使うのかな?

 

席は最前列の上手寄りのブロックだから、

グランドピアノの演奏時には、華ちゃんの姿が見切れちゃうだろな。

でも、今日はいつもと比べて、ステージのやや奥のほうに

楽器が置かれているのかな?

思っていたほど、観づらくはないかもしれない。

 

席に座ってのんびりしていたら、グッズかCDを買うと、

終演後に握手会に参加できるという話が耳に入ってきた。

む、入場時はブースが混雑してたから、物販はスルーしてたんだよな。

ってなわけで、自分も急きょ物販ブースへ。

開演直前というタイミングもあってか、今なら待つことなく買い物できそうだ。

何にしようか?と迷いつつ、ツアーグッズの中から

エコバッグを購入……したところで、とある貼り紙に気づく。

それによると、CDを買うと「笑って笑って」の販促ポスターがもらえるらしい。

んー、ここは「恋つぼみ」を追加だな(笑)。

 

席へと戻り、あとは開演を待つばかり。

ここからだと、舞台袖の様子がよく見えるなぁ。

華ちゃんは……まだいないか(笑)。

開演時間となり華ちゃん登場……の前に、

司会の歌原奈緒がステージに。

ちばぎんのCMに出演しているという彼女と、

そのCMソングを歌う華ちゃんというわけで、

まずはステージのスクリーンでCM上映。

 

 

 

スクリーンは、上映後すぐに引っ込んでしまった。

これだけのためだったのか(笑)。

 

その後、歌原さんと入れ替わりで華ちゃんがステージに。

そしてグランドピアノのイスに座り、ポロ~ンと鍵盤を弾く。

ここのところ目にしていなかった所作に、

お?と思った1曲目は、「明日咲く花」。

これはまた、意外なオープニングだな。

「BIRTHDAY」の収録曲のなかで、唯一ツアーで歌っていなかったから、

久しぶりに聴きたいと思ってたところだったり。

照明も、花びらをイメージしていたりして。

かなり凝ってて、いい感じだな。

 

最初のMCで、

 

 華:「ひまわりコンサートということで、ひまわり色でやってきました!」

 

と言うように、今日の華ちゃんの衣装はフロントにハートマークの入った

白のロングTに、黄色のパンツの組み合わせ。

このパンツがちょいと独特で、足首のところは締まっているのだけれど、

基本はゆったりとしたシルエット。

スエットっぽいんだけどスエットじゃない。

ものすごく大げさな言い方をすると、フォルムが寅壱LOVE的な(笑)。

※【参考】奥華子の日記 ココロレターにアップされた画像へ
 
http://pds.exblog.jp/pds/1/200911/10/76/d0137076_23293212.jpg

そんなこともあってか、

 

 華:「パジャマじゃありません」

 

とも言っていたり(笑)。

 

2曲目はキーボードへと移動して、千葉で開催される

ライブでは定番ともいえる「僕が生まれた街」。

ツアーの習志野公演では聴けなかったから、

これまた久しぶり&うれしい選曲だな。

 

続いては、

 

 華:「奥華子を知らない人のために」

 

と、カバーソングのコーナーに。

今日のライブは、いつも以上に幅広い客層だから、

華ちゃんの歌を聴くのは今日が初めてだという人がいそうだもんな。

そして、グランドピアノに移動しながら、

 

 華:「ここに座ると、前のほうの人が見づらいかもしれない……大丈夫ですか?」

 

と、こちらへ問いかけてくれたので、「大丈夫」と大げさにうなずく(笑)。

また、下手側のほうの席の人には、

 

 華:「後ろ向きになっちゃって、ごめんなさい」

 

グランドピアノのときは、ピアノの向きと客席の位置関係でね。

こればかりは、仕方がないんだよな。

 

で、カバーソングの1曲目は「涙そうそう」。

続けて、音楽を始めたときから大好きだという、

槇原敬之の「どんなときも。」。

さらには、イルカの「なごり雪」も聴くことができた。

いやいやいや、このカバー3曲はメチャメチャよかった!

華ちゃんが歌うカバーソングって、オリジナルへの愛情と同時に、

奥華子の「色」がしっかりと感じられるから好きなんだよな。

いつか、弾き語りのカバーアルバムを出してほしいかも。

 

続いては、ハンドマイクを手にしてのMCタイム。

まずは客席を明るくして、「初めてライブに来た人は?」と問いかける。

手を上げた人に向けて、「はじめまして」とあいさつをば。

はたまた、

 

 華:「じゃあ、飽きるほどライブに来ている人は?……飽きてるんだ?(笑)」

 

危ない危ない。

あたしゃ、その手にはかからんぞ(笑)。

 

そして、千葉銀行主催のライブだということで、

「Happy days」のサビと「未来を育む~宣言♪」を披露。

今回のCMのように、歌とキャッチコピーの声が

同じ人だというケースは、珍しいのだとか。

さらには、テプコひかり、お部屋探しマスト、

チーズINハンバーグのCMソングメドレーも。

 

MCはまだまだ続いて、ツアーと同じくせつない話に。

また、せつない話とはちょっと違うかもだけど、新ネタも。

 

スタッフと喫茶店で打ち合わせをしていたときのこと。

スタッフが電話で席を外し、1人残された華ちゃんに

近くの席にいた年配のご婦人が「あなた歌手なの?」と

話しかけてきたのだとか。

そのご婦人は、「移り変わりの激しい時代だけど、がんばるのよ」

「北島三郎も、がんばってるでしょ?」と続け、

「氷川きよしも60ぐらいだけど、がんばってるでしょ?」

……氷川きよし?

 

 華:「たぶん、前川清さんと間違えたんだと思うんですけど(笑)」

 

あー(笑)。

以上、華ちゃん自身、がんばろうと思ったという話でした(笑)。

 

千葉つながりということで、bayfmの“LOVE OUR FRIENDS”という

コンセプトワードから生まれた「迷路」。

そして、リズムボックスをからめての「Birthday」では、

11月生まれの人とジャスト誕生日の人を、

 

 華:「おめでとう! 拍手!」

 

と、会場全体で祝福。

 

「ガーネット」では、青空をイメージした照明の演出が。

それが2番では新緑の緑に、大サビでは夕焼けの茜色に

変わっていったのが印象的だったな。

 

グランドピアノバージョンの「笑って笑って」に続いては、

ガラッと雰囲気を変えての「一番星」。

恒例のご当地ワードは、「千葉銀行~!」「ち・ば・ぎ・ん!」

「ひまわり~!」と、今日のライブに関連したものが続く。

でも、〆はエリアを広げて、「落花生~!」と千葉名産で(笑)。

 

ラストは、スタッフやファンへの感謝の気持ちを

歌った曲だという、「灯─ともしび─」。

この曲も、何気に久しぶりで。

やっと聴けた~って感じで、うれしかったな。

 

歌い終えた華ちゃんは、ステージ袖へ。

そして、万雷の拍手がアンコールの手拍子に変わる。

手拍子をしながら袖の奥のほうを観察していると……。

あ、華ちゃんが走ってった(笑)。

その数秒後にホール後方の扉が開き、そこには華ちゃんが

……いたのだけれど、照明のタイミングがやや遅れて、

気づくのに遅れた人が多数だったり?(笑)

ってなアクシデントはともかく、ツアーから恒例となりつつある、

華ちゃんが場内を駆け抜けつつのハイタッチタイムに突入。

自分の目の前の通路にも、

 

 華:「ありがと~」

 

と回ってきてくれたので、今日も両手でパチン!とね。

 

ハイタッチを終え、ステージに上った華ちゃんは、

 

 華:「今日、一番大事な曲を歌ってません! それは……?」

 客:「Happy days!」

 

そりゃ、ちばぎんのCMソングを無下にはできんやね(笑)。

 

【セットリスト】
 ・明日咲く花 (Piano)
 ・僕が生まれた街 (Keyboard)
 ・涙そうそう (Piano・森山良子カバー)
 ・どんなときも。 (Piano・槇原敬之カバー)
 ・なごり雪 (Piano・イルカカバー)
  CMソング(ちばぎん)
  CMソングメドレー
   (テプコひかり~お部屋探しマスト~ガスト・チーズINハンバーグ)
 ・迷路 (Keyboard)
 ・Birthday (Keyboard)
 ・ガーネット (Piano)
 ・笑って笑って (Piano)
 ・一番星 (Keyboard)
 ・灯─ともしび─ (Keyboard)

 ・Happy days (Keyboard)

 

ライブ終了後には握手会に参加し、「灯」を久しぶりに

聴けてうれしかったと華ちゃんに告げる。

また、横浜BLITZで自分が華ちゃんの3列ほど前にいたことも話してみたり。

 

今日は握手したあとも、しばらく場内に留まってみたり。

そして、握手会を終えた華ちゃんに、お疲れさまの拍手を送る。

この雰囲気、久しぶりだな、と思っていたら、

 

 華:「この感じ、久しぶりだね」

 

華ちゃんも、同じことを考えていたみたい。

 

今日は、ここ最近のライブとは違った趣の選曲で。

特に、カバーソングを3曲も生で聴けたのは、貴重だったなぁ。

いや~、ホントに観ることができてよかった。

 

次回は、ツアーファイナルの戸田かな。

また通路際の席だから、ハイタッチが期待できますな(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

奥華子ライブ@第24回全国童謡歌唱コンクール グランプリ大会

全国童謡歌唱コンクールへ行ってきました。

特に知り合いが出るわけでもなく。

特に親戚が出るわけでもなく。

華ちゃんがゲスト出演するというわけで(笑)。

 

会場は、五反田のゆうぽうと

12月のクリスマスコンサート、「冬の灯」の会場にもなっているホールですな。

今日はのんびりでいいやと、現地には開場の15分前に到着。

すると、すでに入場を待つ長蛇の列ができていた。

あらま、これはちょいと甘く見ていたかも。

どうせだから、「冬の灯」のチケットと同じ席で観てみようかと

考えてたんだけど、この状況ではムリそうかな?

 

入場後は、すぐさまホール内へ。

観やすそうな席は、もうあらかた埋まっているみたい。

ダメ元で前述の席をチェックしてみると……お、奇跡的に空いてるかも?

と思いきや、背もたれに「関係者席」と書かれた紙が貼られている。

ここは、一番乗りでもダメな席だったか。

その後客席をウロウロしてみるも、上手側のすみっこに

近い席ぐらいしか見つけられず、やむなくそこを確保。

角度が付きすぎて観づらそうだけど、仕方ないか。

ところが開演間際に、誰も座っていない関係者席が

開放されたので、即座に移動。

上手寄りのブロックなのは変わらないけれど、

先ほどよりは格段に観やすい席に座ることができた。

 

テレビ朝日の藤井暁アナと野村真季アナが

ステージに出てきて、開演に。

華ちゃんも、ゲスト紹介で早々に出番があったりして。

パンフによると、ゲストコーナーは休憩時間の直後みたい。

 

というわけで、大胆に中略(笑)。

 

10分間の休憩時間が終わり、緞帳が上がる。

と同時に、「ガーネット」の演奏が始まった。

お、今日はグランドピアノか~。

コンクールの伴奏でピアノを使ってたから、

予想はしてたけどね。

 

しかし、自席からだと華ちゃんの姿が

ピアノの陰に隠れちゃうんだよな。

なもんで、ステージ上のスクリーンに映し出された

映像を……いや、やはりライブは肉眼で(笑)。

ってな状況ではあったけれど、華ちゃんの顔だけは

ピアノ本体と上蓋の隙間から直接見ることができて。

ある意味、絶妙なポジションの席かも(笑)。

 

その後のMCでは、華ちゃんと童謡との関わりの話に。

お父さんが童謡が大好きなのだそうで、

子供の頃には華ちゃんのピアノ伴奏に合わせて、

お父さんが歌っていたのだとか。

でも、お母さんは楽器ができないので、

 

 華:「お鍋をたたいていました(笑)」

 

たたいちゃうのか……歌わないのか……(笑)。

 

続いては、お父さんとの思い出の曲だという「浜辺の歌」

そして、今の季節にピッタリな「里の秋」と、童謡2曲を披露。

これは、普段のライブでは聴けないから貴重だよな~。

華ちゃんのウタ声がまた、童謡に合うんだわ。

 

最後の曲は、

 

 華:「教科書に載るような、そんなウタを作っていきたい」

 

という想いからできたという、「笑って笑って」。

グランドピアノでの演奏だということで、

シングルバージョンのアレンジでね。

 

ライブのあとには、野村アナとのインタビュー的なトークも。

そこでは、最初は自分の想いを吐き出すだけだったけれど、

路上ライブをやるようになってからは

聴く人のことを考えた曲作りに変化していったという話に始まり、

少ない言葉で聴き手に伝える童謡が曲作りのヒントになることも、という話、

「みかんの花咲く丘」が好きだという話を聞くことができた。

また、歌っている人へ向けた、

 

 華:「私自身は、あきらめないで歌ってきたことがよかった」

 

というメッセージも。

 

【セットリスト】
 ・ガーネット
 ・浜辺の歌
 ・里の秋
 ・笑って笑って

 

華ちゃん目当てで行くけれど、童謡コンクールなんて退屈しちゃうんじゃ?

なんてことを、実は思っていたんだよね。

でも、グランプリ大会なだけあって、出場者はみなレベルが高くて。

失礼なこと考えててゴメンナサイ!って、謝りたくなるほどに楽しめた。

華ちゃんが歌う童謡も聴くこともできたし、自分にとって貴重な体験になったかも。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

奥華子ライブ@日本大学芸術学部芸術祭 '09

2週連続の学園祭ライブ。

今日は、日本大学芸術学部っす。

校名だけでは場所をイメージできなかったけれど、

オフィシャルサイトに掲載された告知によると、所沢らしい。

所沢は、久しぶりだなー。

前回も、華ちゃんのライブで来たわけだが(笑)。

屋外ライブだというのに天気予報が芳しくないけれど、

超の付く晴れ女の華ちゃんのことだ。

きっと、大丈夫だろ(笑)。

 

駅からキャンパスまで無料バスが出ているので、移動は楽っぽい。

しかし、駅すぱーとの検索結果と実際の到着時間が違っていたり、

電車が遅れていたりと、計算違いがあったりして。

14時過ぎには現地に到着。

ライブは17時スタートだから、影響は無きに等しいですな。

 

まずは、ライブがあるステージの場所と環境を確認。

ステージはイメージしてたよりもでかい&立派で、

照明もしっかりしてそう。

ステージからかなり離れたところにベンチ席が出ていたけど、

ライブは立ち見らしいからあとで撤去されるんだろうな。

 

ステージを確認したあとは、模擬店の食い歩き!

これは、学祭の醍醐味だよね~。

ってなわけで、まずは焼きおにぎりを購入する。

味噌味、醤油味、日替わりのバター醤油味の

3個セットで、すごくうまかった。

しかし、量的に物足りんという問題点が(笑)。

そこで、立て続けに豚汁と揚げ餅をハシゴする。

この追加の2品もおいしくて、満足感はかなり高かったな。

 

その後、ステージ近辺に戻ってみると、

剣道、空手、合気道の大演武会が始まっていた。

すげぇな~と思いながら見てたんだけど、

合気道で相手の体へ触れずに動きを封じるってのは……。

ホントにぃ?(笑)

 

大演武会が終わったところで、ライブ目当ての人が

ステージ前へと移動を始める。

自分も好きな角度のポジションを確保。

といっても、立ち見だから大雑把にだけど。

 

ステージでは、機材がセッティングされる。

そして、華ちゃんも姿を見せてリハが始まった。

うわー、リハを見るの、メチャメチャ久しぶりだな。

なんだか、懐かしさすら感じる(笑)。

で、リハが終わったころに、空からポツポツと……。

んー、なんとか持ってほしいなぁ。

 

17時となり、客席から見て真正面にあるカーテンから、

華ちゃんがステージへと勢いよく飛び出してくる。

……少々、ズッコケ気味に(笑)。

学園祭ということもあってか、客席も華ちゃんも

テンションが高めですな。

 

ライブは、「変わらないもの」からスタート。

屋外ステージで聴く華ウタは、実に久しぶり。

周りからは、虫の声も聞こえてきたりして。

季節を感じながらのライブって好きだな。

 

 華:「学園祭なのに、盛り上がる曲が少ないんです」

 

……と、MCの話題は失恋ソングへ。

で、華ちゃんが次の曲は「恋」だと告げると、客席から歓声が。

隣にいた女の子も、両手を振り上げて喜んでたりして。

このノリのよさは、ふだんあまり見られない光景ですな(笑)。

華ちゃんも、

 

 華:「日芸すごいっ」

 

と驚きつつも、すごくうれしそう。

 

「恋」の続いては「最後の恋」。

この2曲が終わったころには、やや降りが強くなってきた。

 

 華:「すっかり雨も降ってきましたけど……みんな元気ですか~!?」

 

華ちゃんも客席も、元気そのもの。

そして、

 

 華:「失恋ソングのあとに、このテンションもどうかと思うんですけど」

 

……たしかに(笑)。

 

CMソングメドレーで、テプコ、マスト、ガストの定番3曲を披露したあとは、

 

 華:「友達同士のことを思って作った曲」

 

と、「迷路」。

リハでキーボードの音色をテストしていたときに、

一瞬だけ「迷路」で使う音を出してたから、

もしかしたら?と期待してたんだよね。

久しぶりに聴きたいと思っていたので、これはうれしい選曲だった。

 

この頃には雨も弱まり、まったく気にならないほどに。

さっきは、空も華ちゃんの失恋ソングにやられていたか?(笑)

5曲目は、「ちょっとだけ明るい曲」と「Birthday」。

間奏では、

 

 華:「盛り上がる曲は貴重なんです!」

 

と盛り上げてました(笑)。

 

続くMCでは、模擬店の話題に。

華ちゃんも、ライブ前にいろいろと食べたのだとか。

 

 華:「焼きうどん、焼きおにぎり、カレーライス……食べすぎです(笑)」

 

まぁ、模擬店は食べ歩いてナンボですから(笑)。

 

「ガーネット」は、華ちゃんが曲前にタイトルを告げたときに拍手が起きる。

やはり、「時かけ」は人気があるんだねぇ。

そして演奏後のMCでは、「ガーネット」を作ったときのエピソードも。

ガーネットの石言葉が「友愛」であることから

タイトルを決めたという話では、

 

 華:「鳩山さんみたいなんですけど」

 

と、笑いを誘う。そして、

 

 華:「私のほうが早いんですけどね(笑)」

 

とも。

 

お次は「楔」。

ここのところ「恋」とセットで聴いていたから、

今日は歌わないのかな?と思ってた。

タイトルコールでは、客席から「お~」というリアクションが。

やるな、「楔」(笑)。

 

「一番星」は、「げいさい~!」「と・こ・ろ・ざ・わっ」などと、

ご当地ネタを叫びつつの演奏で。

その中に、

 

 華:「ばんぱ~!……知ってる?」

 

ってのがあって。

自分は何のことかわからなくて、キョトンとしながら

聴いていたのだけれど、その答えは芸祭のパンフにあった。

 

 ばんぱくん

コイツだ(笑)。

 

ライブも終盤となり、

 

 華:「あと1曲で終わりです」

 

客席からの「え~」という声に、華ちゃんは、

 

 華:「いいとも~いいとも~」

 

と、切り返す(笑)。

そして、最後の曲は「笑って笑って」。

しっとりとした雰囲気で、ライブは終わ……るわけもなく(笑)。

アンコールで「Happy days」!

時間の都合で2番をカットしたショートバージョンだったけれど、

ガッツリと盛り上がってライブ終了っと。

 

【セットリスト】
・変わらないもの
・恋
・最後の恋
  CMソングメドレー
   (テプコひかり~お部屋探しマスト~ガスト)
・迷路
・Birthday
・ガーネット
・楔
・一番星
・笑って笑って

・Happy days

 

ライブのあとには、なんと握手会も。

とりあえずツアーグッズを買って、握手待ちの列へと並ぶ。

すると、ここまで持ちこたえていた雨が降り始めた。

恐るべし、オクハナマジック……(笑)。

 

にしても、華ちゃんと握手するのは久しぶりだよな。

なんてことを考えているうちに、列は進んで自分の番に。

すると、華ちゃんのほうから、

 

 華:「お久しぶりで~す」

 

と、言ってくれた。

そして、「お天気が持ってくれて、よかったよね」と

話を振ってみたら、

 

 華:「さすが晴れ女?」
 俺:「さすが晴れ女!」

 

と、ハモる(笑)。

ホールライブで握手代わりのハイタッチはあったけれど、

こうやって顔を合わせて話をするのは本当に久々で。

握手会の開催はまったく予期してなかったので、

かなりうれしかったな。

 

今日は屋外ライブの開放感や、

フリーライブ独特の雰囲気を満喫できて、大満足。

先週に続いて、学園祭バンザイ!だね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »