« 奥華子ライブ@第24回全国童謡歌唱コンクール グランプリ大会 | トップページ | モヤモヤ二郎ず »

2009年11月 7日 (土)

奥華子 Special Stage ~いつでも笑って、未来を描こう!~

思えば、公録に学祭に童謡コンクールにと、

3週連続で華ちゃんのライブへ行っていた。

ここまで立て続けにライブがあったのは、

何気に久しぶりのことだよな。

 

で、連続4週目となる今日は、ちばぎんひまわりコンサート

観覧は抽選での無料招待だということで、受付開始と同時に

秋葉原にある千葉銀行の窓口に足を運んで、申込書を提出してました。

でも、そのときの窓口のおねーさんの応対が、なんとも要領を得なくて。

ちょっと不安だなぁ……とか思ってたら、どうも落選してしまったみたい。orz

また、キャンセル席が出た場合には再抽選があるとのことだったので、

敗者復活に望みをかけたものの、それもかなわず……。(´・ω・`)

そこで、いろいろと手を尽くして、なんとか入場券の入手に成功。

しかも、端っこのほうではあるものの最前列だ!(笑)

 

同行の華友さんと、千葉駅で合流。

会場の千葉市民会館までは徒歩7分らしいから、

かなり早めに着いちゃうかな……と思いきや、

軽く道に迷ったこともあって30分ほどで現地着。

……軽く?(笑)

まぁ、それでもメチャメチャ余裕の到着だったので、

ラウンジで開場までの時間を過ごすことに。

 

13時半をまわったところでラウンジをあとにし、入場の列に並ぶ。

列の長さも流れるスピードもほどよい感じだったので、

さほど待つこともなくホールの中へ入ることができた。

ステージに向かって右側にグランドピアノ、

左側にキーボードという配置は、いつものホールライブと同様。

そして、正面には大きなスクリーンが掲げてあったり。

これは、ライブの演出に使うのかな?

 

席は最前列の上手寄りのブロックだから、

グランドピアノの演奏時には、華ちゃんの姿が見切れちゃうだろな。

でも、今日はいつもと比べて、ステージのやや奥のほうに

楽器が置かれているのかな?

思っていたほど、観づらくはないかもしれない。

 

席に座ってのんびりしていたら、グッズかCDを買うと、

終演後に握手会に参加できるという話が耳に入ってきた。

む、入場時はブースが混雑してたから、物販はスルーしてたんだよな。

ってなわけで、自分も急きょ物販ブースへ。

開演直前というタイミングもあってか、今なら待つことなく買い物できそうだ。

何にしようか?と迷いつつ、ツアーグッズの中から

エコバッグを購入……したところで、とある貼り紙に気づく。

それによると、CDを買うと「笑って笑って」の販促ポスターがもらえるらしい。

んー、ここは「恋つぼみ」を追加だな(笑)。

 

席へと戻り、あとは開演を待つばかり。

ここからだと、舞台袖の様子がよく見えるなぁ。

華ちゃんは……まだいないか(笑)。

開演時間となり華ちゃん登場……の前に、

司会の歌原奈緒がステージに。

ちばぎんのCMに出演しているという彼女と、

そのCMソングを歌う華ちゃんというわけで、

まずはステージのスクリーンでCM上映。

 

 

 

スクリーンは、上映後すぐに引っ込んでしまった。

これだけのためだったのか(笑)。

 

その後、歌原さんと入れ替わりで華ちゃんがステージに。

そしてグランドピアノのイスに座り、ポロ~ンと鍵盤を弾く。

ここのところ目にしていなかった所作に、

お?と思った1曲目は、「明日咲く花」。

これはまた、意外なオープニングだな。

「BIRTHDAY」の収録曲のなかで、唯一ツアーで歌っていなかったから、

久しぶりに聴きたいと思ってたところだったり。

照明も、花びらをイメージしていたりして。

かなり凝ってて、いい感じだな。

 

最初のMCで、

 

 華:「ひまわりコンサートということで、ひまわり色でやってきました!」

 

と言うように、今日の華ちゃんの衣装はフロントにハートマークの入った

白のロングTに、黄色のパンツの組み合わせ。

このパンツがちょいと独特で、足首のところは締まっているのだけれど、

基本はゆったりとしたシルエット。

スエットっぽいんだけどスエットじゃない。

ものすごく大げさな言い方をすると、フォルムが寅壱LOVE的な(笑)。

※【参考】奥華子の日記 ココロレターにアップされた画像へ
 
http://pds.exblog.jp/pds/1/200911/10/76/d0137076_23293212.jpg

そんなこともあってか、

 

 華:「パジャマじゃありません」

 

とも言っていたり(笑)。

 

2曲目はキーボードへと移動して、千葉で開催される

ライブでは定番ともいえる「僕が生まれた街」。

ツアーの習志野公演では聴けなかったから、

これまた久しぶり&うれしい選曲だな。

 

続いては、

 

 華:「奥華子を知らない人のために」

 

と、カバーソングのコーナーに。

今日のライブは、いつも以上に幅広い客層だから、

華ちゃんの歌を聴くのは今日が初めてだという人がいそうだもんな。

そして、グランドピアノに移動しながら、

 

 華:「ここに座ると、前のほうの人が見づらいかもしれない……大丈夫ですか?」

 

と、こちらへ問いかけてくれたので、「大丈夫」と大げさにうなずく(笑)。

また、下手側のほうの席の人には、

 

 華:「後ろ向きになっちゃって、ごめんなさい」

 

グランドピアノのときは、ピアノの向きと客席の位置関係でね。

こればかりは、仕方がないんだよな。

 

で、カバーソングの1曲目は「涙そうそう」。

続けて、音楽を始めたときから大好きだという、

槇原敬之の「どんなときも。」。

さらには、イルカの「なごり雪」も聴くことができた。

いやいやいや、このカバー3曲はメチャメチャよかった!

華ちゃんが歌うカバーソングって、オリジナルへの愛情と同時に、

奥華子の「色」がしっかりと感じられるから好きなんだよな。

いつか、弾き語りのカバーアルバムを出してほしいかも。

 

続いては、ハンドマイクを手にしてのMCタイム。

まずは客席を明るくして、「初めてライブに来た人は?」と問いかける。

手を上げた人に向けて、「はじめまして」とあいさつをば。

はたまた、

 

 華:「じゃあ、飽きるほどライブに来ている人は?……飽きてるんだ?(笑)」

 

危ない危ない。

あたしゃ、その手にはかからんぞ(笑)。

 

そして、千葉銀行主催のライブだということで、

「Happy days」のサビと「未来を育む~宣言♪」を披露。

今回のCMのように、歌とキャッチコピーの声が

同じ人だというケースは、珍しいのだとか。

さらには、テプコひかり、お部屋探しマスト、

チーズINハンバーグのCMソングメドレーも。

 

MCはまだまだ続いて、ツアーと同じくせつない話に。

また、せつない話とはちょっと違うかもだけど、新ネタも。

 

スタッフと喫茶店で打ち合わせをしていたときのこと。

スタッフが電話で席を外し、1人残された華ちゃんに

近くの席にいた年配のご婦人が「あなた歌手なの?」と

話しかけてきたのだとか。

そのご婦人は、「移り変わりの激しい時代だけど、がんばるのよ」

「北島三郎も、がんばってるでしょ?」と続け、

「氷川きよしも60ぐらいだけど、がんばってるでしょ?」

……氷川きよし?

 

 華:「たぶん、前川清さんと間違えたんだと思うんですけど(笑)」

 

あー(笑)。

以上、華ちゃん自身、がんばろうと思ったという話でした(笑)。

 

千葉つながりということで、bayfmの“LOVE OUR FRIENDS”という

コンセプトワードから生まれた「迷路」。

そして、リズムボックスをからめての「Birthday」では、

11月生まれの人とジャスト誕生日の人を、

 

 華:「おめでとう! 拍手!」

 

と、会場全体で祝福。

 

「ガーネット」では、青空をイメージした照明の演出が。

それが2番では新緑の緑に、大サビでは夕焼けの茜色に

変わっていったのが印象的だったな。

 

グランドピアノバージョンの「笑って笑って」に続いては、

ガラッと雰囲気を変えての「一番星」。

恒例のご当地ワードは、「千葉銀行~!」「ち・ば・ぎ・ん!」

「ひまわり~!」と、今日のライブに関連したものが続く。

でも、〆はエリアを広げて、「落花生~!」と千葉名産で(笑)。

 

ラストは、スタッフやファンへの感謝の気持ちを

歌った曲だという、「灯─ともしび─」。

この曲も、何気に久しぶりで。

やっと聴けた~って感じで、うれしかったな。

 

歌い終えた華ちゃんは、ステージ袖へ。

そして、万雷の拍手がアンコールの手拍子に変わる。

手拍子をしながら袖の奥のほうを観察していると……。

あ、華ちゃんが走ってった(笑)。

その数秒後にホール後方の扉が開き、そこには華ちゃんが

……いたのだけれど、照明のタイミングがやや遅れて、

気づくのに遅れた人が多数だったり?(笑)

ってなアクシデントはともかく、ツアーから恒例となりつつある、

華ちゃんが場内を駆け抜けつつのハイタッチタイムに突入。

自分の目の前の通路にも、

 

 華:「ありがと~」

 

と回ってきてくれたので、今日も両手でパチン!とね。

 

ハイタッチを終え、ステージに上った華ちゃんは、

 

 華:「今日、一番大事な曲を歌ってません! それは……?」

 客:「Happy days!」

 

そりゃ、ちばぎんのCMソングを無下にはできんやね(笑)。

 

【セットリスト】
 ・明日咲く花 (Piano)
 ・僕が生まれた街 (Keyboard)
 ・涙そうそう (Piano・森山良子カバー)
 ・どんなときも。 (Piano・槇原敬之カバー)
 ・なごり雪 (Piano・イルカカバー)
  CMソング(ちばぎん)
  CMソングメドレー
   (テプコひかり~お部屋探しマスト~ガスト・チーズINハンバーグ)
 ・迷路 (Keyboard)
 ・Birthday (Keyboard)
 ・ガーネット (Piano)
 ・笑って笑って (Piano)
 ・一番星 (Keyboard)
 ・灯─ともしび─ (Keyboard)

 ・Happy days (Keyboard)

 

ライブ終了後には握手会に参加し、「灯」を久しぶりに

聴けてうれしかったと華ちゃんに告げる。

また、横浜BLITZで自分が華ちゃんの3列ほど前にいたことも話してみたり。

 

今日は握手したあとも、しばらく場内に留まってみたり。

そして、握手会を終えた華ちゃんに、お疲れさまの拍手を送る。

この雰囲気、久しぶりだな、と思っていたら、

 

 華:「この感じ、久しぶりだね」

 

華ちゃんも、同じことを考えていたみたい。

 

今日は、ここ最近のライブとは違った趣の選曲で。

特に、カバーソングを3曲も生で聴けたのは、貴重だったなぁ。

いや~、ホントに観ることができてよかった。

 

次回は、ツアーファイナルの戸田かな。

また通路際の席だから、ハイタッチが期待できますな(笑)。

|

« 奥華子ライブ@第24回全国童謡歌唱コンクール グランプリ大会 | トップページ | モヤモヤ二郎ず »

コメント

今回もすごく長いレポお疲れです。
いろいろと手を尽くして確保できるところがスゴイですね。
実はちばぎんの大口預金者であったりとか?( ̄▽ ̄)。
カバー3曲はちょっと羨ましい…「どんなときも。」は聴いたことあるけど
「なごり雪」も聴いてみたい。

投稿: ムーンライトチェリー | 2009年11月11日 (水) 00:04

to ムーンライトチェリーさん

手を尽くしたといっても、ヤフオクでポチッたぐらいですが(笑)。
無料のはずが有料になっちゃったけど、メッチャ満足!なライブでした

投稿: #135 | 2009年11月11日 (水) 01:21

こちらでは12月15日に京都でまたイベントあるけど平日なので
ちょっと無理ですね。
仕事も終盤になってくるけどまだ忙しいと思うし。
すぐ23日のライブなのでそちらを楽しみにしておきます(*^-^)。

投稿: ムーンライトチェリー | 2009年11月12日 (木) 23:50

to ムーンライトチェリーさん

京都は対バンですよね。
たっぷりと聴くなら、ワンマンに勝るものなし!ですな。

投稿: #135 | 2009年11月13日 (金) 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/46704259

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子 Special Stage ~いつでも笑って、未来を描こう!~:

« 奥華子ライブ@第24回全国童謡歌唱コンクール グランプリ大会 | トップページ | モヤモヤ二郎ず »