« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の13件の記事

2009年12月31日 (木)

暮れも押し迫って

大晦日ですな~。

 

正月準備というほどではないけれど、のし餅を買ってきました。

今年の正月に食べた、菓匠 松月の餅がうまくてね。

また、ちゃんとした餅を用意しようかと思って。

ってなわけで、今回は千駄木の尾張屋へ。

店先に「つきたて」と書かれていたとおり、まだやらかいっす。

こいつぁ、食べるのが楽しみですわ。

 

また、同じく千駄木のコシヅカハムでは、

店頭で牛肉のたたきの実演販売をやっていたり。

この光景は何度か目にしたことがあって、

前々から気になってたんだよな。

そこで、ちょいとフンパツして買ってみる。

これはもう、なんというか……。

肉のカタマリって、見てるだけでみなぎってくるね(笑)。

 

今年は華ちゃんを通じてたくさんの友人ができたし、

多くのミュージシャンとの出会いもあった。

仕事がらみではロクでもないことばかりだったけど、

トータルではすごくいい1年だったな。

 

このブログを読んでくれた方々、コメントを書いてくれた方々、

自分と関わりのあったすべての方々へ……。

 

 今年1年、ありがとうございました!

 

それでは、よいお年をお迎えください。

自分は、「笑ってはいけないホテルマン」で年を越す予定です(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

歳末二郎

2009年も、残すところあとわずかに。

やっぱ、ここは二郎っしょ?(笑)

そこで、明日の昼営業を最後に年末年始の

お休みに突入してしまう桜台へ。

 

 

小豚入りの麺かため&生卵に、

持ち込みの黒烏龍茶添え。

コールはニンニク、ヤサイ、カラメで。

代わり映えしないオーダーでスマンね(笑)。

 

野菜は、いつもよりキャベツが多かった。

豚はフワトロで、端っこウマー(笑)。

しかし、スープが少なめだったのはなぜだろう?

ナミナミすぎても困るけど。

 

今年は16杯と、例年より少なめだったか?

来年こそは、栃木街道店に行きたいもんですな。

2009年も、おいしい二郎をありがとう。

ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

メリクリ

 

桜台駅前店が本日昼営業のみとのことで、

今年はイブ二郎を断念しました(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

過密日程終了

22日&23日は、朝倉薫演劇団クリスマスファンタジーへ。

カゼをひくこともなく、インフルエンザに侵されることもなく、

7日間の過密日程は無事に終了っと。

 

終演後は、久々に会った(真一)涼ちゃんといろいろ話す。

そして、いろいろ渡す(笑)。

公演パンフの表紙に、サインも入れてもらった。

 

 

そして握手&ハイタッチをして、帰ろうとしたら、

 

 涼:「#135さ~ん!」

 

ん?と思って振り向くと、

 

 涼:「ありがと~!」

 

……ツボった(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

石野田奈津代 弾き語りライブツアー「君がいる町へ」@恵比寿天窓.switch

7日間にライブ6本という過密日程も、いよいよ後半戦。

今日は、なっちゃんの弾き語りライブです。

9月の横浜ブリッツのライブを観て以来、

ずっと弾き語りの音も聴きたいと思ってて。

で、当初は弾き語りツアーの日程に入っていなかった

東京公演がここへきて決まったので、

これはチャンス!とチケットを取った次第。

 

会場は、恵比寿天窓.switch

「天窓」の名前だけは知っていたけれど、

実際に足を運ぶのは初めてだな。

天窓のサイトによると、キャパは70席ほどみたい。

 

全席自由なので整理番号順での入場だったのだけれど、

到着が遅れている人がいたようで、自分は本来の番号よりも

少々早めに入ることができた。

ステージには、向かって左側に小さなグランドピアノが、

右側にはギターと「Natsuyo」とデコレーションされた

白いギターケースが置かれている。

席は、2列目の真ん中を確保っと。

 

19時10分ごろ、なっちゃんがステージに姿を見せる。

何の前触れもなくだったので、ちょいと不意をつかれたかも(笑)。

そしてギターを手に取り、「x」、「オリオン」、「波乱万丈」。

ギター1本の「オリオン」は、すごく引き込まれるなぁ。

 

平日だということもあり、

 

 奈:「みなさん、間に合ってくれてよかったです」

 

と、この日最初のMC。

なんでも、今日が年内最後のライブだそうで、

ヘンな気合が入っているらしい(笑)。

 

なっちゃんいわく「人生ソング」3曲のあとは、ピアノへと移動。

 

 奈:「ここからは、ラブソングを聴いていただこうと思います」

 

と、「永遠」、「60億分の1」。

 

なっちゃんの、おじいさんとおばあさんの思い出話。

アルツハイマーで施設に入ってしまった、

おばあさんに会いに行ったときのこと。

本来は外部からの食べ物の差し入れは禁止なのだけれど、

おじいさんは「おばあさんの好物だから」と

皮をむいた柿をタッパーに入れて持っていき、

こっそりと食べさせてあげたのだとか。

 

 奈:「年老いても相手を思いやれることは、すごく素敵だなと思う」

 

と、「恋人」。

続く「春空-ハルソラ-」は、今年1年を振り返りながら歌ったと語る。

 

ピアノから、センターマイクへ移動してのMC。

今回の弾き語りツアーではご当地ネタとして、

その地方では当たり前のものだけど、

全国的には知られていない食べ物や飲み物

─関西では「ひやしあめ」だとか、金沢では「頭脳パン」だとか─

を試食してきたとのこと。

で、東京ではどうしよう?ということで、

恵比寿にある居酒屋の村さ来へ行ってきたのだとか。

なんでも村さ来では、恵比寿店を含む都内4店舗限定で、

ものすごいゲテモノメニューがあるのだそうで。

カンガルーの肉とか、スズメの姿焼きとか。

さらには、「サソリ入荷しました」との貼り紙があって、

 

 奈:「入荷しなくていいよっ(笑)」

 

なんてことを言っていたり(笑)。

スタッフの人からは「エビと一緒だよ」と言われたものの、

なっちゃんは食べることができなかったみたい。

というわけで、ご当地ネタ東京編は、

 

 奈:「ご当地ソングを歌おうと思います」

 

という展開となり、奄美大島・宇検村の子供たちと作ったという

「I LOVE 宇検村」をで披露してくれた。

なお、なっちゃんは「本当にこのタイトルでいいの?」と

子供たちに聞いてみたのだそうで。

「変えたほうがいいんじゃない?」って意味で(笑)。

しかし、故郷を思い返すような、すごくいい曲だったなぁ。

でも……ご当地?(笑)

なんでも宇検村では、この歌がブームになっていて、

子供たちが校歌代わりに歌っていたり、

村歌にしようか?という動きがあったりするのだとか。

さらに年明けには、宇検村の成人式で

なっちゃんのライブも予定されているみたい。

 

 奈:「ここで、あったかい曲を歌います」

 

と、「温度」、おじいさんのことを思って作ったという

「春夏秋冬~四季のうた~」、そして「クローバー」と続く。

 

 奈:「クッキーを食べながら、生クッキーを聴きませんか?」

 

そう、今日のライブの入場時にもらった袋には、

フライヤー類と一緒にクッキーが入っていて。

 

並べるとクローバーになるようにと、ハート型のが4枚入り。

当初はギター型も考えていたらしいけれど、強度的に問題があったそうで(笑)。

4枚それぞれが違う味付けで、プレーン、チョコ、抹茶、

「奈津代」にかけたナッツ味があるのだとか。

ってなわけで、次なる曲は「クッキー」。

この曲は、すごく癒されるんだよな。

 

そして、お世話になったおじさんが、

昨夜ガンで亡くなってしまったという話に。

とても我慢強い人だったので、あまりがんばりすぎずに

痛いときには痛いと言ってほしかったみたい。

 

13曲目は、「サンキュ」。

 

 奈:「“ありがとう”を言いたい人には“ありがとう”を。気持ちを伝えてください」

 

亡くなったおじさんには2日前に会うことができて、

ちゃんと「ありがとう」を伝えられたとのこと。

 

今年はなっちゃんにとって、音楽ひと筋の1年だったそうで。

そして、

 

 奈:「みなさんへの、感謝の気持ちをこめて」

 

と、ラストは「君のうた」。

この曲には、かなりグッときた。

 

 

 

アンコールの手拍子のなか、なっちゃんが再度ステージに。

 

 奈:「みなさん、年賀状書いてます?」

 

というなっちゃんの手には、巨大なハガキが。

お、mixi限定企画なジャンボ年賀状の現物ですな。

しかし、ホントにでかいな。

なんでも、このハガキを妹さんに見せたら、

「迷惑だ」と言われてしまったらしい(笑)。

 

 奈:「最後の曲へいく前に……チューニングさせてもらっていいかな?」

 客:「いいともー」

 

なんてやり取りがありつつ(笑)。

「明日は冬至 ゆず湯に入ろう」といった感じで、即興の1曲。

そして、会場の天井から下がっているミラーボールを指して、

 

 奈:「私、ミラーボールが大好きなんですよ」

 

旧赤坂ブリッツでミラーボールが回ると、

誰が歌っていても涙していたほどに好きなのだそうな(笑)。

というわけで、久しぶりに歌うという「ミラーボール」。

手拍子の入るアップな曲で、すごく楽しかった。

 

 奈:「来年も自分の心にウソをつかないように」

 

と、オーラスは「てくり」。

なっちゃんの出身地である神津島の方言で、

“歩いていく”という意味なのだとか。

 

【セットリスト】
 ・x (Guitar)
 ・オリオン (Guitar)
 ・波乱万丈 (Guitar)
 ・永遠 (Pieno)
 ・60億分の1 (Piano)
 ・恋人 (Piano)
 ・春空-ハルソラ- (Piano)
 ・I LOVE 宇検村 (Guitar)
 ・温度 (Guitar)
 ・春夏秋冬~四季のうた~ (Guitar)
 ・クローバー (Guitar)
 ・クッキー (Guitar)
 ・サンキュ (Guitar)
 ・君のうた (Guitar)

 ・即興曲 (Guitar)
 ・ミラーボール (Guitar)
 ・てくり (Guitar)

 

終演後には、「お見送りさせてください」と握手会も。

また、物販で購入したCDにはサインを入れてくれるみたい。

そこで、未入手だったアルバム「きみのうた」と

ジャケットのイラストがお気に入りの「クローバー」を購入。

あと、グッズのオリジナル紅茶「しずくTea」もね。

 

 

横浜ブリッツのホールライブもよかったけれど、

今日はライブハウスの距離感での弾き語りということで、

よりダイレクトに、より強く伝わってくる感じがした。

いやー、すごく贅沢な時間が過ごせたな。

 

恵比寿ガーデンプレイスにて。

イルミネーションがキレイでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

奥華子ライブ@男ZUSHI MAX SPECIAL!!!音霊番外編

1日おいて、過密日程4日目は横浜ランドマークホール

華ちゃんが出演するライブイベントへ。

関東では、今日が年内最後のライブになるのかな?

 

イベントのタイトルは、

 LIVE IN LANDMARK X'mas Night special five days
 Fm yokohama 25th anniversary pre-ivent
  ~男ZUSHI MAX SPECIAL!!!音霊番外編~

……長い(笑)。

対バンだから、出演者は総勢5名。

お目当てはもちろん華ちゃんだけど、

木山裕策と熊木杏里はかなり楽しみだな。

 

開場の30分ほど前にランドマークに到着する。

このホールは、1st Letterの横浜公演以来だな。

すでにロビーは、入場待ちの観客でごった返している。

全席自由なので、入場は整理番号順になるのだけれど、

自分の番号はAの280番台。

AがあるってことはBもあるんだろうけど、

だいぶ後ろのほうかねぇ?

 

それはともかく。

とりあえず自席を確保しようというわけで、

入場したあとはまずホールへ入ってみる。

 

んー。

スタンディングだったのか……(笑)。

 

正確には、前方の4列ほどはイス席が出ていたんだけどね。

しかし、これはちょいとばかし誤算だったなぁ。

スタンディングは密集するから暑いし。

 

しばらくすると、スモークがたかれて、

オープニングアクトのKayoがステージに。

彼女のスタイルは、アコギ一本の弾き語り。

ボーカルはパワフル&ダイナミックだし、

MCも軽妙で、すごく楽しめた。

いやー、メッチャ実力派ですわ。

 

2番手は、熊木杏里

約1年前にリリースされたアルバム

ひとヒナタ」は聴いたことがあったりして。

生歌は今回が初めてだったのだけれど、

ささやくような、やわらかな歌声が

チェロ&エレピの紡ぎだす音にマッチしていて、

実に心地よかった。

「ひとヒナタ」にも入っている、

「こと」を聴けたのがうれしかったな。

 

続いては、華ちゃんの出番。

今日は、キーボードとグランドピアノの2台体制だ。

そして、白のニット帽姿でステージに出てくると、

まずはSPECTRAで、「あなたに好きと言われたい」。

ツアーではグランドピアノでの演奏だったから、

ちょいと新鮮というか懐かしいというか?

 

最初のMCでは、

 

 華:「最後まで盛り上がって、いい思い出にしてもらえたら」

 

と、観客にあいさつ。そして、

 

 華:「……と言いつつ、まったく盛り上がらない曲だったんですが」

 

と、オチをつけることも忘れない(笑)。

 

グランドピアノの「ガーネット」のあとは、自己紹介代わりのCMソングメドレーに。

いつものように、テプコひかり、お部屋探しマストときて、

最後のガストは……おー! 「ごめ~んねっ♪」だ!

これはヤヴァイ、かわいらしすぎる!www

 

今日はリハのあとに5時間もの空き時間ができたので、

華ちゃんはランドマーク内でショッピングをしていたとのこと。

衣装のニット帽も、そのときに買ったものなのだとか。

で、いろいろと買い物をしているうちに福引券がたまったので、

福引会場へと足を運んでみると、すごい行列ができている。

そこで、列に並んでいる小さな女の子に手元の福引券を

あげようと声をかけてみたら、 あまり喜んでもらえずに

「あ、ああ……」というなんとも微妙なリアクションだったらしく、

 

 華:「世の中、厳しいです」

 

だそうで(笑)。

 

その後は、キーボードで「笑って笑って」。

 

 華:「みなさんの手拍子の音を聞かせてください!」

 

と、リズムボックスの音をバックに「Birthday」へと続く。

そしてラストは、新曲の「初恋」。

いやー、せつない……。

 

高橋直純は(ry

 

トリは、待ってました!の木山裕策

今日は、ご家族も会場に来ていたみたい。

彼の人柄がにじみ出ているかのようなとても温かいステージで、

1曲目の「I believe」からラストの「home」までメチャメチャ感動しました。

木山さん、ありがとう。

 

終演後には握手会が開催されたので、グッズを買って参加する。

華ちゃんに聞いてみたら、やはり関東は今日が

年内最後のライブだとのこと。そして、

 

 華:「今年も、たくさん来てくれて」

 

と言ってくれた。さらには、

 

 華:「おとといは、ありがとうございました」

 

と、五反田のコンサートでスタッフの方に託したプレゼントのことも、

華ちゃんのほうから話題にしてくれて。

こうやって反応してくれてるのって、メチャメチャうれしいよなぁ。

ホント、ファン冥利に尽きます。

そして、ナガミーありがとう(笑)。

 

華ちゃんに今年1年のお礼を伝え、「よいお年を~」と握手終了。

自分にとって今年最後となるライブで話ができて、うれしかったな。

 

【セットリスト】
 ・あなたに好きと言われたい (Keyboard)
 ・ガーネット (Piano)
  CMソングメドレー
   (テプコひかり~お部屋探しマスト~ガスト・ハミ出る!ビーフステーキ)
 ・笑って笑って (Keyboard)
 ・Birthday (Keyboard)
 ・初恋 (Piano)

 

今年も華ちゃんからは、歌声でラッピングされた

たくさんの贈り物をもらいました。

2010年の奥華子が、どんなボールを投げ込んでくるのか。

それを受け止めるのが、とても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

奥華子 クリスマスコンサート2009~冬の灯~@ゆうぽうとホール

過密日程2日目は、華ちゃんのクリスマスコンサート。

弾き語りだったツアーとは違って、今回はバイオリン、チェロ、パーカッション、

キーボード、ギター、そして華ちゃんの、6人編成でのライブになるみたい。

奥華子+ストリングスの組み合わせは、前々から聴いてみたいと

思っていたから、これはかなり楽しみだ。

 

会場は五反田のゆうぽうとホール。

先日の童謡コンクールと同じところですな。

開場は18時半だけど、その前からグッズの先行販売を

やっているであろうという予測のもと、18時ごろに現地着。

その目論見どおりに、まずはお買い物をば。

  

買うものを買って売り場をあとにしようとしたら、

昨年の六本木のライブで一緒になった人と、

ジャスト1年ぶりの再会。

で、そのまま雑談をしていたら、入場の列が

自分たちのいる場所に向かって延びてきた。

一度は避けようとしたのだけれど、列はそのよけた方向へ

……巻き込まれておくか(笑)。

 

っとまぁ、そのおかげもあって、

かなり早めに入場することができた。

入り口でフライヤーを受け取りロビーに進むと、

CDがクリスマスカードの特典つきで……購入(笑)。

そしてワンコインコーナーでは、過去のツアーグッズが

モロモロと……同じのを2個購入(笑)。

買ったのは、First Letterのときのキーホルダーなんだけどね。

お気に入りの色&デザインだから、実用していたところ……。

 

だんだんと、ピリがピリじゃなくなってきて(笑)。

通販で追加購入しようと思っていたから、ちょうどよかった。

 

また、華ちゃんにクリスマスプレゼントを用意していたので、

預かってくれる会場スタッフの方がいないかな?と右往左往。

すると……ナガミー発見! 彼に託せば間違いないはず!(笑)

というわけで、開演前の目的はすべて達成。

 

そうこうしている間に開演時間が近づいてきたので、

ホールの中へと入る。

ステージの上は、向かって右手にグランドピアノ、

左手にSPECTRAという、おなじみの配置。

そしてスクリーンのようなセットが3つあって、

センターのものには「Oku Hanako Christmas Concert」の

文字が映し出されている。

さらには、ろうそくの光のようにゆらゆらと光る電飾もあったりして。

雰囲気たっぷりで、すごくキレイだわね。

 

今日の席は、11列目の下手寄り。

キーボード正面から少しずれたあたりで、

視線の高さとマイクの高さが同じぐらいかな?

近すぎず遠すぎずで、ステージ全体が目に入る観やすい席だな。

 

19時10分。

客電が落とされ、開演となる。

いつものように、華ちゃんが1人でステージに。

そして、グランドピアノでの1曲目は「冬の宝石」。

CDになっていない、レア曲だ~。

にしても、フルで聴くのはメッチャ久しぶりだな。

“雪が降ってきた”のフレーズでは、スクリーンに

雪の結晶が描き出されて、演出もすごくいい感じ。

そして演奏を切らずに、「白い足跡」へと続く。

 

 華:「うわ~、みなさんようこそ!」

 

と、この日最初のMC。

ここでは、

 

 華:「みんながハッピーになれる、笑顔になれるコンサートにしたいです」

 

と、今日のステージへの意気ごみも。

 

3曲目の「しあわせの鏡」ではキーボードとパーカッションが、

続く「その手」では、バイオリンとチェロが加わる。

うわ~、すごくいい感じだ!

昨年のバンドとは、また違ったよさがあるよ。これは。

そして、アコギの音から始まった「自由のカメ」で

セットのスクリーンが上昇。

メンバーが勢ぞろいしての演奏となり、

1コーラスは華ちゃんがハンドマイクで、

ステージを右に左にと移動しながら歌ってました。

2コーラス以降はグランドピアノだったけれど、

すごくノリノリで楽しかったなぁ。

 

その後のMCでは、メンバー紹介に。

まずは、ギターの黒田晃年さん。

 

 華:「どこかで見覚えはないですか?」

 

と言っていたように、去年のバンドライブに続いての出演ですな。

さらには、

 

 華:「同い年です。2児の父!」

 

というプチ情報も(笑)。

 

次は、キーボードの斉藤茂彦さん。

なんでも、「僕のクリスマス」「僕が生まれた街」といった、

華ちゃんいわく「僕シリーズ」のアレンジを担当しているそうで。

なお、「僕シリーズ」になったのは偶然らしい。

 

パーカッションは、横溝あつしさん。

高速のサービスエリアとラーメンが好きだというプロフィールに

共感して、「この人しかいない!」と思ったのだとか(笑)。

 

バイオリンの伊藤彩さんを紹介するときには、

 

 華:「女子ですよ、女子!」

 

と、興奮気味に(笑)。

また、メガネを外した華ちゃんと顔が似ているらしく、

 

 華:「同じにおいがしたんです」

 

なんてことも(笑)。

 

首に赤いスカーフを巻いた姿を、

 

 華:「コックさんみたいですね」

 

という、チェロは外国人のロビンさん。

なんと、劇場版の「のだめカンタービレ」に出演しているそうで。

 

メンバー紹介のあとは、「そんな風にしか言えないけど」。

1番はスローで、2番はちょっとアップになって、CDに近いイメージに。

続けて「楔」。そして「一番星」。

 

ふだんは1人での弾き語りライブだということもあって、

 

 華:「音に包まれて歌うのが幸せです」

 

と、MCタイムに。

で、今日のステージのセットを見て、

 

 華:「今までにないぐらい、お金かかってますね」

 

たしかに、ゴージャス感があるよね~。

そして、

 

 華:「クリスマスだしね。年末だしね。奥華子も新しい服(衣装)を買いました」

 

……とも(笑)。

一方、MCのネタはツアーで出し尽くしてしまったとかで、

華ちゃんの近況報告ということに。

 

11月中旬に、華ちゃんは引っ越しをしたそうで。

ツアーの最中で忙しい時期だったのだけれど、

急がなければならない理由が。

それは、部屋のスキマ風。

そういやいつだったか、ライブのMCで冬場は

寒くて仕方がないって話を聞いたような覚えがあるな。

にしても、かなり前な気がするけど。(^_^;

それはともかく、本格的に寒くなる前にってことだったみたい。

なんでも以前の部屋では、冬は寝るときにパジャマの上下に靴下、

さらにはマフラーにニット帽着用という状況だったらしく、

 

 華:「家って、あったかいんだなぁと思いました」

 

そうだよ……ね(笑)。

また、今まで使っていた洗濯機の機能に不満があったので、

引っ越しを機に買い替えを考えていたのだけれど、

まだ購入に至っていないという話も。

しかし、古い洗濯機は部屋の中へ搬入していないために、

今はコインランドリー通いをしているということで、

 

 華:「大変なんですよ……(沈黙)」

 

で、ひとネタ終了(笑)。

続いては、シラスの話題に。

華ちゃんは、カラカラのシラスよりもヌメッとしてるほうが好みなのだとか。

今までは、店頭で両者の見分けが付かなくて困っていたのだけれど、

最近になってついに判別法を発見したらしい。それは、

 

 華:「振るとわかるんですよ!」

 

んー、あたしゃシラスを買ったことがないもんで、共感不可能……(笑)。

観客にもカラカラ派かヌメッ派かを挙手で答えてもらってたけれど、

圧倒的な差が付かなかったようで、

 

 華:「数えられない……(笑)」

 

という結果に(笑)。

ちなみに、ギターの黒田さんは両方いけるけど、どちらかというとヌメッ派。

ロビンさんは、当初「ワカラナイ、シラスッテナニ?」という

リアクションだったものの、説明したら「ダイスキデス」とのこと。

しかし、スシ系の食べ物とカン違いしているように見えなくもなかった(笑)。

 

 華:「ここからは、小編成でしっとりと歌おうと思います」

 

と、華ちゃんはハンドマイクでボーカルに専念。

アコギ&チェロでの「そんな気がした」。

そして、バイオリン&チェロによる。「変わらないもの」。

いや~、この2曲は実によかったなぁ。

特に「変わらないもの」は、「時かけ」のBGMに

ボーカルを入れたようなイメージになっていて、

真琴と千昭のラストシーンを思い出しつつ聴いていたかも。

 

 華:「クリスマスというと、せつない思い出しかないんですよね。なぜか」

 

と、ツアーに続いて?のせつない話クリスマスバージョン。

中学生のときに(だったか?)、初めての手作りケーキを彼に

プレゼントしようとしたら、待ち合わせの公園で2時間待ちぼうけ。

結局相手は現れず、そのケーキは自分で食べたそうで。

 

 華:「そのときの傷が、今自炊をしないことに繋がっているのだと思います」

 

相当深いな……(笑)。

はたまた、学生時代に初めてもらった指輪を

1週間でなくしてしまったという話も。

でも、相手になくしたということを打ち明けられず、

自分で同じものを買ったのだとか。

ところが、自分で買った指輪をつけていてもうれしくないし、

なによりウソをついていることがイヤだったそうで。

たしかにね。

アイテムに意味があるわけじゃないもんな。

 

続いては、華ちゃんが一番好きだというクリスマスソング、

B'zの「いつかのメリークリスマス」をグランドピアノでカバー。

実は、このカバーを耳にするのは2年ぶりだったり。

再度聴きたいと思っていたから、メッチャうれしかった!

 

お次はバンドメンバーをまじえて、一問一答的なMCに。

まずは黒田さんに、「今、ハマっているものは?」。

答えは、ロビンさんから借りたチェロの弓でギターを弾くこと。

なんでもチェロの弓は、いいものは1本800万円もするのだとか。

そのことを聞いた華ちゃんは、

 

 華:「私のスキマ風の入る部屋なら買えますよ!」

 

これには黒田さんも、「洗濯機、何台買えるだろうね?」と切り替えす(笑)。

ちなみに、いつからチェロの弓を使ってのギター演奏にハマっているかというと、

 

 黒:「1時間前から」

 

なのだそうで(笑)。

 

斉藤さんには、「今年一番、印象に残ったことは?」。

すると、今日のコンサートだという答えが。

……なんて優等生的な?(笑)

とか思っていたら、実はステージに立つ機会は

年に1~2回だという背景もあったみたい。

というわけで、

 

 華:「年に1回の斉藤さんです(笑)」

 

という〆に(笑)。

 

横溝さんには、「今、ハマっているものは?」。

答えは「ツボ」。

一瞬、壷かと思ったら体のツボだった(笑)。

iPhonのツボアプリを試したら、調子の悪かった

ところが一発で治ったのだそうで。

それを聞いた華ちゃんは、

 

 華:「思い込みじゃないですよね?」

 

と、ボケなのかツッコミなのかよくわからないリアクションを(笑)。

 

伊藤さんとは、

 

 華:「しょうゆ顔とか塩顔とか……」

 

というに話になって、

 

 彩:「ソース顔ですっ」

 

と、それじゃどっちもあっさりじゃないか?というツッコミが(笑)。

さらには、

 

 華:「私たち、塩っぽくない?」

 

なんか、よくわからなくなってきたぞ(笑)。

なお、伊藤さんのハマっているものは、手作りアクセサリ。

ロビンさんへの質問も、「今、ハマっているものは?」。

答えは、

 

 ロ:「キカイスキデス。サイキンカメラ」

 

なんでも2日前に買ったばかりだそうで、名古屋のライブの

打ち上げのときに、たくさん撮影してたのだとか。

でも、飽きっぽいみたい(笑)。

また、「のだめ」の映画の話にも。

ロビンさんの役どころは「お金持ちで偉そうなチェリスト」で、

なんとセリフもあるとのこと。

 

MC明けには、「ガーネット」。

1コーラスはギターがメインの演奏で、

華ちゃんはハンドマイクでボーカルを。

これはノスタルジックさが強調されて、

すごくいい雰囲気だったなぁ。

2コーラス目以降は華ちゃんがピアノに入り、

全員での演奏で音に厚みを持たせていたけれど、

ここは1コーラス目のイメージのまま聴きたかったかも。

 

 華:「新曲、できました」

 

お~! これはうれしい!

「BIRTHDAY」の曲はレコーディング後の披露だったから、

ライブで「新曲」を聴くのは、かなり久しぶりだよね。

気になるタイトルは「初恋」。

これがまたメチャメチャせつない曲で、

聴きながら涙を流している人が多数で、自分もかなり来た。

「恋」のように、人気曲になりそうだな。

しかし、これを「初恋」というには、

あまりにもせつなすぎるかも(笑)。

 

 華:「残すところ、あと1曲になりました」

 客:「え~」

 華:「いいともっ、いいともっ」

 

という、半ばお約束なやり取りに続いては「Birthday」。

楽器の編成はしっとりとした曲が合うイメージだけど、

こういったアップの曲もいいなぁ。

これは、「一番星」もそうだった。

 

メンバー&華ちゃんがいったんはけて、アンコールに。

そして、華ちゃん1人がステージに戻り、

 

 華:「もっともっと、みんなが笑顔になれたらいいのに」

 

という想いをこめたという、「サンタに願いを」。

自分の一番好きなクリスマスソングでもあったり。

 

 

続いては、メンバーもステージへ。

その1人ひとりを、握手をして迎える華ちゃん。

で、最後のロビンさんが華ちゃんの前にひざまずくと、

華ちゃんも負けじとひざまずく。

で、ロビンさんが手の甲にキスをしようとすると、

華ちゃんは照れてしまったのか、クルクルと回りだし……(笑)。

 

 華:「来年も、みなさんと笑顔で会えるように、がんばっていきます!」

 

と、ラストは「笑って笑って」。

ギターのイントロが流れるあいだ、ピアノのイスに座って

客席を見つめる華ちゃんの姿が、すごく印象的だったな。

 

すべての演奏が終わったあとは、メンバー全員が手をつないで一礼。

メンバーが退場したあとも、華ちゃんは1人ステージに残って、

「ありがとう~!」と客席に手を振り続けた。

そして、

 

 華:「メリークリスマス!」

 

観客も「メリークリスマス!」と応えると、華ちゃんは笑顔で舞台袖へ。

すると、スクリーンに華ちゃん&バンドメンバーの映像が映しだされ、

クラッカーを鳴らしながら「メリークリスマス!」。

さらに、「僕のクリスマス」が流れ始める。

お、やるのかな?といった雰囲気で、客席も手拍子モードに

なったものの、客電点灯&終演アナウンスが。

んー、去年の鈴付きストラップ、持って来てたんだけどな(笑)。

 

【セットリスト】
 ・冬の宝石 (Piano)
 ・白い足跡 (Piano)
 ・しあわせの鏡 (Keyboard)
 ・その手 (Piano)
 ・自由のカメ (Vocal~Piano)
 ・そんな風にしか言えないけど (Keyboard)
 ・楔 (Piano)
 ・一番星 (Keyboard)
 ・そんな気がした (Vocal)
 ・変わらないもの (Vocal)
 ・いつかのメリークリスマス (B'zカバー・Piano)
 ・ガーネット (Vocal~Piano)
 ・初恋 (Piano)
 ・Birthday (Keyboard)

 ・サンタに願いを (Keyboard)
 ・笑って笑って (Piano)

 

いや~、ホントに素晴らしいステージでした。

できることならば、予定をひっくり返して

23日の大阪公演も観に行きたいぐらい。

交通費&チケットさえあれば……時間はあるのにな(笑)。

そうそう、大阪といえば、来年の海の日に

大阪城野音でライブがあるのだとか。

これにも、なんとかして行きたいもんだなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

shibuya,sunny side walk #08 -Girls Rock ver.-

さぁさ が出演する、対バンライブで渋谷へ。

会場は、SHIBUYA RUIDO K2

初めての場所だからwebの地図をプリントして向かったのだけれど、

下調べの記憶だけでたどり着いてしまい出番なし(笑)。

 

建物の前で、10分ほど待って入場する。

受付から階段を降りた中二階に物販スペースが。

そこからさらに階段を降りたところが、ライブフロアになっていた。

さぁさの物販は中二階ではなく、ライブフロアだったり。

今日はCDだけでなく、グッズも売ってるみたい。

 

オフィシャルサイトの告知によると、さぁさ の出番は2番目。

ほかの出演者は、Balletta ButterflyCANDY TRiP

Rainy UNGLEBUNLUNA

ライブのタイトルに「Girls Rock ver.」とあるだけに、

すべて女性ボーカルですな。

 

ドリンクチケットで引き換えたジントニックを

飲み干したところで開演に。

1組目はBalletta Butterfly

メンバー全員がガスマスクを着けての登場で、サウンドはハードロック系。

もちろん、演奏中までマスクを装着しているわけではない(笑)。

自分の好みからすると、ちょっとハードすぎるかもな~。

 

2番手は、告知どおりに さぁさ。

ステージのそばのほうへと移動しておいたので、メッチャ近い。

今日は過去に観たライブとは違って、サポートでカホンが入っていたり。

 

 さ:「アコースティックなんですが、楽しんでください」 

 

と、まずは「ナチュリラ」と「何万回」を、2曲続けて。

お、「何万回」は生で聴きたかったんだ~。

今日のライブに合わせてか、アコースティックといっても

ロック的な選曲&味付けかな?

 

3曲目は「寒い季節にぴったりな曲」と、「毛布」。

この曲もライブで聴きたいと思っていたので、かなりうれしかったり。

曲調はスローなんだけど、テンションは上昇(笑)。

お次は「VOICE」、スローバラードが続く。

 

「嘘」&「ドラマチック」の最新シングルの2曲で、

さぁさ の出番は終了。

これまではエレアコ1本の弾き語りしか聴いたことがなかったけれど、

カホンが入るだけでかなり音が分厚く感じられるんだな。

これには、ちょいと目からウロコだったわ。

そして、しばらくすると さぁさ が物販に出てきてくれたので、

ステージの入れ替わりのあいだに、

ドラマチックのCDを購入&サインをもらう。

 

 

実際に書き入れてもらったのは、家から持参した

アルバムにだったりするけれど(笑)。

で、「『毛布』が聴けてうれしかったです」などと話しつつ、握手をば。

 

以降のステージは、やや後方から観ることに。

とはいえ、フロアは広くないから十分に近いんだけど。

 

3組目はCANDY TRiP

クリスマスということで、ボーカルの女の子がサンタ帽姿。

ギタリストはトナカイの角を付けてたけれど、途中で外してた(笑)。

サウンドは、ロック&ポップといったイメージかな?

 

4組目のRainy UNGLEBUNはギターボーカルに

ベース、ドラムの3ピースバンド。

いや~、めっちゃカッコよかったなぁ。

 

トリはLUNA

なんか音響のバランスがイマイチだったのか、

ボーカルが演奏に埋もれちゃってて。

雰囲気はええ感じっぽいのに、ちともったいなかったね。

ちゃんとした環境で聴きたかったな。

 

終演後、帰ろうとしたときに、物販に出ていた

さぁさがこちらに気づいてくれた。

そういや、ライブのあとは文化放送に出演するんだっけか?

と思い出したので、「ラジオがんばってね~」と声をかけて退出っと。

 

今日のライブのお目当てだった さぁさ以外の出演者では、

Rainy UNGLEBUNが気に入ったかも。

ぜひ、また聴いてみたいと思った。

ってなわけで、

 

CD買った!  サインもらった!(笑)

ステッカーは、ボーカルのRayちゃんがbayfmで

担当している番組とのコラボなのだとか。

で、彼女と話をしているうちに、自分がたまたま

その番組の今週の放送を聴いていたことが判明。

ちょうど夜中にPCで作業をしていたときに、

bayfmをBGM的に流してたんだよな。

そのときは誰がしゃべってるのかまでは意識してなかったけど、

すごく印象に残る声だったから覚えてたぽ。

にしても、すげぇ偶然だ(笑)。

 

さぁさ以外は予備知識ゼロでのライブだったけれど、

かな~りええ感じに楽しめたな。

これは、幸先よい過密日程のスタートかも(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

過密日程

今週後半から来週にかけての予定。

 

 17日(木) shibuya,sunny side walk #08 -Girls Rock ver.-
        SHIBUYA RUIDO K2 【お目当て】さぁさ

 18日(金) 奥華子クリスマスコンサート2009~冬の灯~
        五反田ゆうぽうと

 19日(土) 予定なし

 20日(日) 男ZUSHI MAX SPECIAL!!!音霊番外編
        横浜ランドマークホール 【お目当て】奥華子

 21日(月) 石野田奈津代 弾き語りライブツアー「君がいる町へ」
        恵比寿天窓.switch

 22日(火) 朝倉薫演劇団 クリスマスファンタジー'09
        新宿 風林会館 【お目当て】真一涼

 23日(水) 朝倉薫演劇団 クリスマスファンタジー'09
        新宿 風林会館 【お目当て】真一涼

 

なんと、7日間にライブ&芝居が6本。

後先考えずに行っちゃうよ?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

ごめ~んねっ♪

 

これは実によい(笑)。

ぜひともライブで聴きたいもんです。

 

というわけで、さっそく近所のガストで食ってきました。

 

 

が…!

………!

…………!

……………!

………………!

…………………!

……………………!

ハミハミハミ出てない!

姉さん、これは事件です(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

赤星、引退

阪神・赤星が現役引退/主要ニュース速報/デイリースポーツonline

 阪神・赤星憲広外野手(33)が引退することが9日、決まった。赤星は亜大からJR東日本を経由して01年にドラフト4位で入団。1年目に盗塁王となるなど活躍し新人王。足のスペシャリストとして05年まで5年連続盗塁王に輝いた。今季は持病の首の痛みなどで91試合の出場にとどまり、打率・263、 31盗塁だった。

 

2009年最大の衝撃。

来シーズンに復活してくれることを信じていたのに、

あのダイビングが最後のプレーになっちゃうなんて……。

でも、それだけヘルニアがひどい状態だったんだろうな。

 

 

1番センター赤星憲広、9年間ありがとう。

って、早すぎるよ。(´;ω;`)

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2009年12月 6日 (日)

フェネック

友人数人と連れ立って、池袋のサンシャイン国際水族館へ行ってきた。

水族館なんて、いつ以来なのかわからないぐらい久しぶりですわ。

 

時期的に、水中餌付けやアシカショーもクリスマス仕様。

 アシカショー

写真はペンギンだけど、そこは気にしない方向で(笑)。

 

で、いろいろと見てまわったなかで、ツボに入ったのが……。

 

フェネック

水族館だろ?という声が聞こえてきそうだけど、

そこは気にしない方向で(笑)。

 

じっと様子を見ていると、

 

丸くなって眠気MAXだったり。

 

 

ケージを持って現れた飼育員にビビったり(笑)。

 

しかし、こんな動物がいたとは今までまったく知らなかった。

色といい、サイズといい、身のこなしといい、

メチャメチャかわいいんですけど、コイツ。

このでかい耳を、わしゃわしゃしたいかも(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

イツワリノウタヒメ

 

今日が1日だということに気づいて、観に行った。

平日なのに、えらい混んでて。

さすが映画の日。

 

しかし、なんてんだろ。

やりやがったな的な?(笑)

あ、TV版より好きかもです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »