« 奥華子ライブ@男ZUSHI MAX SPECIAL!!!音霊番外編 | トップページ | 過密日程終了 »

2009年12月21日 (月)

石野田奈津代 弾き語りライブツアー「君がいる町へ」@恵比寿天窓.switch

7日間にライブ6本という過密日程も、いよいよ後半戦。

今日は、なっちゃんの弾き語りライブです。

9月の横浜ブリッツのライブを観て以来、

ずっと弾き語りの音も聴きたいと思ってて。

で、当初は弾き語りツアーの日程に入っていなかった

東京公演がここへきて決まったので、

これはチャンス!とチケットを取った次第。

 

会場は、恵比寿天窓.switch

「天窓」の名前だけは知っていたけれど、

実際に足を運ぶのは初めてだな。

天窓のサイトによると、キャパは70席ほどみたい。

 

全席自由なので整理番号順での入場だったのだけれど、

到着が遅れている人がいたようで、自分は本来の番号よりも

少々早めに入ることができた。

ステージには、向かって左側に小さなグランドピアノが、

右側にはギターと「Natsuyo」とデコレーションされた

白いギターケースが置かれている。

席は、2列目の真ん中を確保っと。

 

19時10分ごろ、なっちゃんがステージに姿を見せる。

何の前触れもなくだったので、ちょいと不意をつかれたかも(笑)。

そしてギターを手に取り、「x」、「オリオン」、「波乱万丈」。

ギター1本の「オリオン」は、すごく引き込まれるなぁ。

 

平日だということもあり、

 

 奈:「みなさん、間に合ってくれてよかったです」

 

と、この日最初のMC。

なんでも、今日が年内最後のライブだそうで、

ヘンな気合が入っているらしい(笑)。

 

なっちゃんいわく「人生ソング」3曲のあとは、ピアノへと移動。

 

 奈:「ここからは、ラブソングを聴いていただこうと思います」

 

と、「永遠」、「60億分の1」。

 

なっちゃんの、おじいさんとおばあさんの思い出話。

アルツハイマーで施設に入ってしまった、

おばあさんに会いに行ったときのこと。

本来は外部からの食べ物の差し入れは禁止なのだけれど、

おじいさんは「おばあさんの好物だから」と

皮をむいた柿をタッパーに入れて持っていき、

こっそりと食べさせてあげたのだとか。

 

 奈:「年老いても相手を思いやれることは、すごく素敵だなと思う」

 

と、「恋人」。

続く「春空-ハルソラ-」は、今年1年を振り返りながら歌ったと語る。

 

ピアノから、センターマイクへ移動してのMC。

今回の弾き語りツアーではご当地ネタとして、

その地方では当たり前のものだけど、

全国的には知られていない食べ物や飲み物

─関西では「ひやしあめ」だとか、金沢では「頭脳パン」だとか─

を試食してきたとのこと。

で、東京ではどうしよう?ということで、

恵比寿にある居酒屋の村さ来へ行ってきたのだとか。

なんでも村さ来では、恵比寿店を含む都内4店舗限定で、

ものすごいゲテモノメニューがあるのだそうで。

カンガルーの肉とか、スズメの姿焼きとか。

さらには、「サソリ入荷しました」との貼り紙があって、

 

 奈:「入荷しなくていいよっ(笑)」

 

なんてことを言っていたり(笑)。

スタッフの人からは「エビと一緒だよ」と言われたものの、

なっちゃんは食べることができなかったみたい。

というわけで、ご当地ネタ東京編は、

 

 奈:「ご当地ソングを歌おうと思います」

 

という展開となり、奄美大島・宇検村の子供たちと作ったという

「I LOVE 宇検村」をで披露してくれた。

なお、なっちゃんは「本当にこのタイトルでいいの?」と

子供たちに聞いてみたのだそうで。

「変えたほうがいいんじゃない?」って意味で(笑)。

しかし、故郷を思い返すような、すごくいい曲だったなぁ。

でも……ご当地?(笑)

なんでも宇検村では、この歌がブームになっていて、

子供たちが校歌代わりに歌っていたり、

村歌にしようか?という動きがあったりするのだとか。

さらに年明けには、宇検村の成人式で

なっちゃんのライブも予定されているみたい。

 

 奈:「ここで、あったかい曲を歌います」

 

と、「温度」、おじいさんのことを思って作ったという

「春夏秋冬~四季のうた~」、そして「クローバー」と続く。

 

 奈:「クッキーを食べながら、生クッキーを聴きませんか?」

 

そう、今日のライブの入場時にもらった袋には、

フライヤー類と一緒にクッキーが入っていて。

 

並べるとクローバーになるようにと、ハート型のが4枚入り。

当初はギター型も考えていたらしいけれど、強度的に問題があったそうで(笑)。

4枚それぞれが違う味付けで、プレーン、チョコ、抹茶、

「奈津代」にかけたナッツ味があるのだとか。

ってなわけで、次なる曲は「クッキー」。

この曲は、すごく癒されるんだよな。

 

そして、お世話になったおじさんが、

昨夜ガンで亡くなってしまったという話に。

とても我慢強い人だったので、あまりがんばりすぎずに

痛いときには痛いと言ってほしかったみたい。

 

13曲目は、「サンキュ」。

 

 奈:「“ありがとう”を言いたい人には“ありがとう”を。気持ちを伝えてください」

 

亡くなったおじさんには2日前に会うことができて、

ちゃんと「ありがとう」を伝えられたとのこと。

 

今年はなっちゃんにとって、音楽ひと筋の1年だったそうで。

そして、

 

 奈:「みなさんへの、感謝の気持ちをこめて」

 

と、ラストは「君のうた」。

この曲には、かなりグッときた。

 

 

 

アンコールの手拍子のなか、なっちゃんが再度ステージに。

 

 奈:「みなさん、年賀状書いてます?」

 

というなっちゃんの手には、巨大なハガキが。

お、mixi限定企画なジャンボ年賀状の現物ですな。

しかし、ホントにでかいな。

なんでも、このハガキを妹さんに見せたら、

「迷惑だ」と言われてしまったらしい(笑)。

 

 奈:「最後の曲へいく前に……チューニングさせてもらっていいかな?」

 客:「いいともー」

 

なんてやり取りがありつつ(笑)。

「明日は冬至 ゆず湯に入ろう」といった感じで、即興の1曲。

そして、会場の天井から下がっているミラーボールを指して、

 

 奈:「私、ミラーボールが大好きなんですよ」

 

旧赤坂ブリッツでミラーボールが回ると、

誰が歌っていても涙していたほどに好きなのだそうな(笑)。

というわけで、久しぶりに歌うという「ミラーボール」。

手拍子の入るアップな曲で、すごく楽しかった。

 

 奈:「来年も自分の心にウソをつかないように」

 

と、オーラスは「てくり」。

なっちゃんの出身地である神津島の方言で、

“歩いていく”という意味なのだとか。

 

【セットリスト】
 ・x (Guitar)
 ・オリオン (Guitar)
 ・波乱万丈 (Guitar)
 ・永遠 (Pieno)
 ・60億分の1 (Piano)
 ・恋人 (Piano)
 ・春空-ハルソラ- (Piano)
 ・I LOVE 宇検村 (Guitar)
 ・温度 (Guitar)
 ・春夏秋冬~四季のうた~ (Guitar)
 ・クローバー (Guitar)
 ・クッキー (Guitar)
 ・サンキュ (Guitar)
 ・君のうた (Guitar)

 ・即興曲 (Guitar)
 ・ミラーボール (Guitar)
 ・てくり (Guitar)

 

終演後には、「お見送りさせてください」と握手会も。

また、物販で購入したCDにはサインを入れてくれるみたい。

そこで、未入手だったアルバム「きみのうた」と

ジャケットのイラストがお気に入りの「クローバー」を購入。

あと、グッズのオリジナル紅茶「しずくTea」もね。

 

 

横浜ブリッツのホールライブもよかったけれど、

今日はライブハウスの距離感での弾き語りということで、

よりダイレクトに、より強く伝わってくる感じがした。

いやー、すごく贅沢な時間が過ごせたな。

 

恵比寿ガーデンプレイスにて。

イルミネーションがキレイでした。

|

« 奥華子ライブ@男ZUSHI MAX SPECIAL!!!音霊番外編 | トップページ | 過密日程終了 »

コメント

石野田奈津代さんといえばあのギターが印象的です。
春の野音で見たライブが昨日のことのように思い出されます(* ̄ー ̄*)

投稿: ムーンライトチェリー | 2009年12月23日 (水) 01:13

to ムーンライトチェリーさん

ステージで歌っているときは大きく見えるけど、
すごく小柄で華奢なんですよね。
チャンスがあったら、またライブに足を運んでみてください。

投稿: #135 | 2009年12月23日 (水) 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/47082947

この記事へのトラックバック一覧です: 石野田奈津代 弾き語りライブツアー「君がいる町へ」@恵比寿天窓.switch:

« 奥華子ライブ@男ZUSHI MAX SPECIAL!!!音霊番外編 | トップページ | 過密日程終了 »