« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の5件の記事

2010年5月25日 (火)

暴走モード

昨日の阪神-ロッテ戦でのこと。

9回裏4-4の同点、1アウト満塁という場面で、

城島の打球はセンター定位置付近へ。

犠牲フライで阪神サヨナラ勝ち!!!!

 

……と思ったら。

テレビ中継の画面の奥のほうで、セカンドランナーの新井が

タッチアップ&全力疾走……おい、チョット待てwwwwww
 

 

 
結果、サードランナーのホームインが早くて、

得点が認められたからよかったものの、

それより先に新井がアウトになってたら3アウトチェンジなわけで。

もしもそんなんで延長戦に突入して、星を落としたりなんかした日にゃ、

これはもう球史に残る珍プレーですよ。

 

プロ野球を見始めてから長いこと経つけれど、応援しているチームが

サヨナラ勝ちをした瞬間に固まってしまうなんて、初めての経験でした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

釜バターうどん

「ロケみつ」の四国一周ブログ旅で、稲垣早希ちゃんが食べていた釜バターうどん。

あまりにもうまそうだったので、録画映像を元に再現してみました。

 

釜あげした讃岐うどんに、ブラックペッパーをふりかける。

それに生卵とバターをのせて、お好みでネギ&天かすを。

んで、醤油をまわしかけたら、まぜまぜ……と。
 

 釜バターうどん

 
ほどよいジャンク感があって、んまかったす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

ヱヴァン娘サキ

本場モンの「ロケみつ」は、こんなエンディングだったのか!

 

 

というのも、TBSでのオンエアは再編集版だということもあってか、

エンディングなしでバッサリと放送が終わっちゃうわけでして。

にしても、元ネタが懐かしすぎる。

西川のりおの次回予告なんか、そのまんまだし(笑)。

 

 

なお、本ネタは↓の1分23秒以降。

 

 

関西圏では「何を今さら」な話だろうけど、

自分のように東北生まれ&東北育ちで、

この元ネタにピンとくる同世代の人は珍しいかも?

なんせ、放送当時は小学生。

クラスのみんなは、裏番組の「ドラえもん」を観てましたもん(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

二郎めぐり 33店目/34 湘南藤沢店

ライブのあとに寄り道したところってのは、ここ。
 

 

 
3月にオープンしたばかりの、ラーメン二郎 湘南藤沢店!

ゴールデンウィーク期間中も営業してるし、

桜木町から藤沢までは電車で30分程度だし、

そら行くっしょ? ついでっしょ?

 

ところが、100%“ついで”とは言い切れなかったり。

ライブが終わるのが14時半。

昼営業の終了時間も14時半。

そして、夜の部の開店が17時半。

行く気マンマンでないと、この時間を乗り切るのはムリっぽい(笑)。

 

桜木町周辺は人出が多すぎて、のんびり散策ってな

雰囲気でもないので、早々に藤沢へと移動する。

土地勘のない場所で、どう時間をつぶそうかとも思ったけど、

藤沢駅前のビックカメラで展示品のデジカメをいじくりまわしたり、

ブックオフで中古CDを物色したり、白旗神社を散策したりして、

その問題はあっさりとクリア。

 

夜営業スタートの15分ほど前にお店の前へ行ってみると、

すでに並び始めている人の姿があった。

自分も最後尾について、開店を待つとしますかね。

 

早めに並んだこともあって、オープンと同時に着席できた。

店内は意外と奥行きがあって、広々としてるな。

そして、豚入りの食券をカウンターに。

麺かためのオーダーは、並んでいる最中に伝達済みだ。

 

 ラーメン二郎 湘南藤沢店:豚入り(麺かため)・ニンニク・ヤサイ+黒烏龍茶

 
豚入りの麺かため、コールはニンニク・ヤサイ。

それと、店頭の自販機にて購入した黒烏龍茶も。

 

中太ストレートの麺は、小麦粉感は希薄だけどツルツル&モチモチ。

どこかの支店と似た味な気がするんだけど、どこだったかなぁ。

ドンブリ内の麺密度は、意外と高いかも。

スープはライトな印象だけど、これは自分が味付けの濃い

桜台のスープを食べ慣れているせいもあるだろう。

次回は、カラメにしてもいいような気がした。

野菜の茹で加減はほどよく、ボリュームもたっぷり。

キャベツが多めなのは、うれしい限りですな。

豚は厚切りのものがゴロゴロと。

味がよくしみていて、脂身も適度にあっておいしかった。

 

これで残すは栃木街道店のみ……って、ずっと言ってますが。

栃木を先送りにしているうちに新店舗ができて、そちらを先に

訪れるパターンが続いているので、なかなかコンプに至りません。

まぁ、コンプしたところでまた新店舗ができるから、

二郎めぐりは延々と続くんだろうけど(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥華子ライブ@MORE MUSIC MORE LIVE in LANDMARK PLAZA

今年のゴールデンウィーク、これ以外は特に予定がありませぬ。

ってなわけで、Fm yokohamaの公開録音を兼ねた奥華子ライブへ。

 

会場は、横浜のランドマークプラザ

京浜東北線を桜木町で下車して、

まずはライブがあるガーデンスクエアへと直行する。

ここは1階から5階までの吹き抜けスペースで、

以前も華ちゃんのライブがあったところだ。

ステージの前には少ないながらもイスが用意されていて、

自分は2列目を確保することができた。

ここ最近の中では、今日はファンの出足がゆったりめかな?

 

ランドマーク内のコンビニで買ったおにぎりを食べたり、

スタバのコーヒーを飲んだり、雑談したり、ボーっとしたり。

いろいろしているうちに、ステージでは機材の準備が始まった。

キーボードの傍らには、いつも音色を変える機器や

ドリンクの置き場所となる台があるのだけれど、

今日はそれを持ってくるのを忘れてきてしまったのだろうか?

水平にした譜面台で代用していたり。

また、マイクも集音部が丸いタイプを使うみたい。

このマイクを見るの、久しぶりだな。

 

13時からは、リハが始まる。

今日の華ちゃんは、青/白のヘアラインストライプのシャツに

チェックのネクタイ、グリーンのパンツという装い。

最近のライブで、よく見る雰囲気の衣装ですな。

「楔」をワンコーラス歌ってくれたりしたリハは、15分ほどで終了。

本番が始まるまで、しばしの待ちに。

 

14時となり、MCの鈴木まひるさんがステージに。

3月に行った、公開生放送の番組のパーソナリティですな。

ご本人いわく、「スズッキーズの片割れ」だ(笑)。

そして、彼女と入れ替わりで華ちゃんがステージに。

衣装は、リハでの装いに薄手のベストを追加していたり。

そして、

 

 華:「お休みのいいお天気の中、似合わない曲をいきたいと思います」

 

と、「恋」からライブがスタート。

 

この日の華ちゃんは、クルマ移動。

その道のりはとても順調で、40分ほどで横浜に到着したらしい。

ところが、物販のCDに付けるサイン色紙を書くために、

喫茶店へ入ろうとしたのが運のつき。

すぐに駐車場へ入らず、信号をひとつ越えたとたんに

渋滞に巻き込まれ、30分以上身動きが取れなかったのだとか。

しかし、その動かないクルマの中では、

安定してサインを書くことができたそうな(笑)。

 

2曲目の「ガーネット」のあとは、

 

 華:「いつも聴いている人は聞き流してくださいね(笑)」

 

と、ガスト&マストのCMソングを披露。

そして、

 

 華:「みんなと一緒に歌いたい曲があります」

 

と、「虹の見える明日へ」に続く。

リハでこの曲を歌うことは予想できていたけど、

屋内だから輪唱ありだとは思わなんだ。

初参加の人もいるということで、まずは華ちゃんが

輪唱するCメロ部分のお手本を演奏し、

 

 華:「みなさん、呆然としていますが(笑)」

 

と華子節を交えつつ、練習を1回。

そして本番を歌い終えたあとには、

 

 華:「巨大カラオケみたいですね」

 

と、またも華子節を(笑)。

 

その後のMCでは、この日の物販の話題に。

オマケのサイン色紙が残っているかどうか、

 

 華:「まだあるかな?」

 

と確認しようとしたものの、スタッフのリアクションがなく、

 

 華:「誰も……いないね(・ω・)」

 

という展開に(笑)。

 

「初恋」のあとには、7月19日に大阪屋音で開催される、

デビュー5周年記念ライブのインフォメーションも。

しかし、

 

 華:「その日たまたま出張だとか、たまたま旅行だとかを願ってますので」

 

と、控えめなところが実に華ちゃんらしい(笑)。

 

【セットリスト】
 ・恋
 ・ガーネット
  CMソング(ガスト・チーズINハンバーグ/お部屋探しマスト)
 ・虹の見える明日へ
 ・初恋

 

最後に鈴木まひるさんとのトークもあって、今日のライブは終了。

全部で4曲とライブとしては少々少なめではあったけれど、

ラジオの公録であることを思えば十分な曲数だわね。

 

その後は行きたいところがあったので、ちょいと寄り道。

時間的には、かなりの寄り道(笑)。

それについては、別エントリにて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »