« 奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@神奈川県立音楽堂 | トップページ | 2010年ありがとう »

2010年12月25日 (土)

奥華子クリスマスコンサート'10 一夜限りのSPECIAL SESSION

前日のツアーライブから一夜明けた、12月25日。

2日連続の奥華子ライブで、中野サンプラザへ。

今日は、ツアーとは別内容のクリスマスコンサートです。

華ちゃん&アルバム「うたかた」のレコーディング

ミュージシャンが終結した“スーパーうたかたバンド”による、

総勢5人編成での演奏なので、かな~り楽しみ。

 

入場前にコンサートグッズを買っておこうと、やや早めに家を出る。

中央線を中野で下車して、駅の目の前にある会場へ

……っと、その前に。

中野サンプラザのそばにある縁家という

団子屋さんに立ち寄って、まずはおやつを摂取。
 

 中野・縁家の団子

 
注文してからちょいと待つけれど、焼き立てが食べられるんだよね。

プレーンな白焼きがまた、うまいんだな。

 

小腹を満たしたあとは、通りの向かいの中野サンプラザへ。

ここへ来るのは、3年前の大晦日、First Letterのファイナル

カウントダウンライブとき以来ですな。

そして、さっそく開場前物販の列に並び、

グラスのセットと5本指ソックスを購入する。

 

その後、グッズの先行販売が終了し、

エントランス手前の階段に入場列が作られる。

今日は旧グッズが全品500円となる

ワンコインセールがあることもあってか、

いつもより列の伸びが早いかな?

ワンコインセールには自分も興味があるし、

ここはひとつ並んでおくとしましょかね。

 

がっ!

 

微妙に出遅れて、ロビーから屋外にハミ出して並ぶハメに(笑)。

ま、こればっかりは、しゃあないですな。

 

その後、ほどなくして入場が始まる。

チケットをもぎってもらい、フライヤー類を受け取る。

そして、今日のコンサートははクリスマスプレゼント付き

ということで、会場スタッフからもう一品が手渡される。
 

 09875耳かき

 
赤メガネのチャームが付いた、09875耳かき!

いやー、こいつぁ予想のしようがなかったね(笑)。

実にええ感じのアイテムですな。

 

入場後は、ワンコインコーナーへ直行してみるも、

すでに長蛇の列ができている。

しかも、売り場はバーゲン的なすさまじい雰囲気だったり(笑)。

自分もとりあえずその列に並び、

未入手だったものを含めて数点を購入する。

 

列の中にいる時間が長かったので、

買い物のあとは、ホール内へと急ぐ。

今日の席は20列目と、やや後方。

ま、前日の席がよすぎたから、こんなもんか(笑)。

 

ステージの中央には大きなツリーとミラーボールが。

そして、背景は星空のような感じになっている。

さらに、ステージ前方には昨日のツアーライブで

使われていた、キューブ型のセットも置かれていたり。

また、ツリーの手前には大阪野音の5周年ライブで

初お目見えした、赤いオクハナピアノも。

 

17時を5分ほどすぎ、オープニングのBGMとともに

バンドメンバーがそれぞれのポジションにつく。

それに続いて、華ちゃんがステージに。

客席を見渡しながら、ピアノの元へと歩を進めていく。

 

オープニングナンバーは、「きよしこの夜」を英詞で。

アカペラのハーモニーが、ふわっとホール内に広がる。

そして、そのまま「変わらないもの」へ。

はじめはピアノの弾き語りで、2コーラス目からは

バンドの音も加わっての演奏だ。

続く「羽」は、弦の音色が印象に残る。

 

「羽」のあとはハンドマイクを手にして、

 

 華:「メリークリスマース!」

 

と、この日最初のMCに。

観客も、「メリークリスマス!」と返すも、

 

 華:「たりな~い!」

 

と、いかりや的リテイクが(古)。

 

今日のライブにはDVDの撮影が入っているためか?

「人生最高にキラキラな衣装」だとのこと。

また、このライブDVDのリリースが3月16日だということが、

華ちゃん自身から発表された。

ってことは、その日付のあたりは亀戸か?(笑)

 

 華:「一番端から端まで届くように歌うので、よろしくお願いします」

 

と、「ガラスの花」、「フェイク」の2曲を続けて。

バンド演奏の「ガラスの花」は、“激しさ”が

押し出されてかな~り新鮮。

「フェイク」はツアー初日以来の生ウタだったので、

やっと聴くことができてうれしかったな。

 

その後のMCでは、

 

 華:「いつもとちょっと違う……ちょっとじゃないですね」

 

と、ふだんの弾き語りライブとの違いについて話す。

彼女にとって、バンドライブは1年に1回の、

自分へのごほうびのようなものなのだとか。

また、

 

 華:「メンバーの音に包まれて歌うのが幸せ」

 

とも。

 

続いては、華ちゃんはピアノから離れて歌に専念。

「逢いたいときに逢えない」と「春夏秋冬」。

「春夏秋冬」をライブで聴くのは、これまたツアー初日以来。

さきほどの2曲とは違って、シンプルなサウンドで

しっとりと聴くことができた。

 

次は、数ある失恋ソングの中でも

 

 華:「一番最初に作った失恋ソング」

 

だという、「愛のしずく」をピアノ弾き語りで。

いやー、これは貴重な生ウタですよ。

ライブでフルに聴くのは、3年前の大晦日以来。

今日と同じ、中野サンプラザでだったっけ。

なもんで、華ちゃん自身も演奏後に

 

 華:「すごく久しぶりに歌いました」

 

その後は、

 

 華:「せっかくのバンドライブ、奥華子一番の代表曲を」

 

「ガーネット」か「初恋」か?と思いきや、演奏が始まってみると

テプコ~ガスト~マストのCMソングメドレー(笑)。

しかも、今回は初のバンドバージョンだったり。

 

CMソング演奏後のMCでは、

 

 華:「アルバムを一緒に作ったミュージシャンです」

 

と、バンドのメンバー紹介となる。

まずは、「初恋」のレコーディングで初めて出会って、

アルバムのほとんどの曲に関わっているという

“タラちゃん”ことギターの設楽博臣さん。

華ちゃんによると、

 

 華:「ものすごく変わっている人ですね」

 

なのだそうで(笑)。

また、「奥華子の第一印象は?」の質問には、

「落ち着いた人」と答えていたけれど、

 

 華:「よくオヤジと言われます」

 

との報告も(笑)。

 

メンバー紹介の2番手は、昨年のバンドライブにも

出演していた、バイオリン/ビオラの伊藤彩さん。

なんでも、スーパーうたかたバンドのメンバーとは、

彼女から数珠つなぎで出会ったのだとか。

華ちゃんの第一印象は、「見た目どおりサバサバ、

同じにおいを感じました」とのこと。

 

お次は「初恋」のアレンジを担当した、

ドラムのsugarbeansさん。

レコーディングでうまくいかなかったとき、

急きょ伊藤彩さんに紹介してもらったのだそうで。

また、普段は鍵盤弾き語りのシンガーソングライターらしい。

で、「ハキハキした人だな」というのが

華ちゃんの第一印象をだったとも。

 

ラストはベース/キーボード/アコーディオン、ha-j さん。

華ちゃんいわく、「木漏れ日の中で」をはじめとして、

イメージしているものを形にしてくれる

“スーパーアレンジャー”なのだそうです。

アルバムのレコーディング中、困り果てた華ちゃんが、

ha-j さんの家に押しかけたというのが初対面だったらしく、

第一印象は「困ってる」(笑)。

でも、「何とかしてあげたくなる」とも思ったそうで、

 

 華:「それいいですね」

 

と喜んでました(笑)。

 

メンバー紹介に続いてはクリスマスソング、

松任谷由実の「恋人がサンタクロース」をカバー。

この選曲は、バンドライブならではだわね。

また、ハンドマイクで歌いながら1階客席をひと回りしてくれて。

 

 華:「一気にクリスマスですよ~」

 

と、会場全体が熱を帯びる。

 

その後のMCでは、

 

  華:「(バンドメンバーの)みんなと一緒だと楽しいけど、

    緊張するな。なんでだろ?」

 

と、話し出す。

 

前日の12月24日、神奈川県立音楽堂でのツアーライブの終了後。

クリスマスイブということもあり、家族がいるスタッフへの配慮で、

食事をせずに解散したのだそうで。

で、帰宅後にお腹がすいたので、家にある食べ物を

探したところ、“うまかっちゃん”を見つけたらしく、

 

 華:「クリスマスイブに、ひとりで“うまかっちゃん”を食べましたよ。
    ……おいしかったです」

 

そっか……(笑)。

 

続いては、バンドならではの曲をと、「泡沫」、

「パズル」、「他人の涙」。

「泡沫」と「パズル」は、弾き語りとはガラリとイメージを変えて。

そして、「他人の涙」をライブで聴くのは昨年のツアー以来?

ずいぶんと久しぶりだな。

 

今年も残りあとわずかということで、

 

 華:「お正月、久しぶりに家族に会う人もいるのでは?」

 

と、「伝えたい言葉」。

さきほどの3曲とは打って変わって、

ピアノとバイオリンのシンプルな演奏で。

その後は、

 

 華:「2010年、ホントにこの曲があったから、みんなに知ってもらえたし、
    ここにいるメンバーとも出会えた。これからも大切に歌っていきたい」

 

という「初恋」に続く。

そういやこの曲は、ちょうど1年前のライブで初めて聴いたんだった。

 

 華:「なんか、MCがまったくないですね。ちょっとしゃべっていいですか?」

 

そして、「今日は、どこから来ました?」と客席に問いかける。

「熊本!」「北海道!」と、遠隔地からの人がいるなか、

 

 華:「それより遠い人は?……海外になっちゃうか」

 

すると、ついに「アメリカ!」って声が。

アメリカ出身の日本在住ってことは……ないか?(笑)。

 

 華:「あっという間で、次がラストの曲です」

 

観客から「え~」という声があがると、

華ちゃんは耳をすますポーズでリアクション(笑)。

その後は、

 

 華:「2010年、今までで一番高い壁があった。
    その壁を倒して、今に至っています」

 

と、話し始める。

 

 華:「ウタを聴いてもらえるのが当たり前じゃない。
    感謝の気持ちでいっぱいです」

 

そして、「また来年も、みんなに会えるように」と

「元気でいてね」で本編を締めくくる。

途中、伊藤彩さんがピアニカを演奏するパートもあったりして。

 

アンコールの手拍子の中、まずはバンドメンバーが、

続いて華ちゃんがステージへと戻ってくる。

 

 華:「クリスマスはみんなが笑顔になれる日だし、
    大切な日だけど、そうなれない子供たちがいる。
    2001年のニューヨーク同時多発テロに衝撃を受けて、
    テレビの映像が忘れられなくて。
    もっとみんな、笑顔になれればいいのに。
    せめて、クリスマスの日だけは……」

 

アンコールの1曲目は、そんな平和への願いが

こめられたクリスマスソング、「サンタに願いを」。

12月のごく限られた時期のライブでしか聴けない曲で、

旋律も、歌詞も、歌声も、すべてが美しい。

この曲のためだけに、ライブへ足を運ぶ価値があると思う。

 

演奏後、バンドメンバーはサンタ帽やトナカイの角を身につける。

華ちゃんはいったんステージからはけたのちに、

サンタ衣装に着替えて再び戻ってきてくれた。

昨日は上着と帽子だけだったけれど、今日は全身サンタだ。

なんでもこのサンタ姿、世界一似合うと言われたのだとか。

 

そして、オーラスは「僕のクリスマス」。

トランペットの演奏あり、プレゼントの箱から出てきた

おもちゃのピアノを弾く場面あり。

観客の手拍子&合唱も交えて盛り上がり、

今日のライブは幕を閉じた。

 

【セットリスト】
 ・きよしこの夜
 ・変わらないもの
 ・羽
 ・ガラスの花
 ・フェイク
  ・逢いたいときに逢えない
 ・春夏秋冬
 ・愛のしずく
  CMソングメドレー(バンドver)
   テプコひかり~ガスト(チーズINハンバーグ)~お部屋探しマスト
 ・恋人がサンタクロース(松任谷由実カバー)
 ・泡沫
 ・パズル
 ・他人の涙
 ・伝えたい言葉
 ・初恋
 ・元気でいてね

 ・サンタに願いを
 ・僕のクリスマス

 Pf:奥華子
 Guitar:設楽博臣 Bass/Key:ha-j Drums:sugarbeans Violin:伊藤彩

 

 華:「また来年も……ずっと歌えるようにがんばりますんで、
    元気でいてくださいね」

 

満場の拍手に、ステージの上手で、下手で、センターで手を振り、

深々と一礼して応える。

そして、マイクを通さない生声で、

 

 華:「また来年も会いにきてね。ありがとう! メリークリスマス!」

 

と叫んで、袖へと退出。

華ちゃん自身による終演のアナウンスを聞いてから、

自分もホールをあとにする。

 

これで、2010年の華ちゃんのライブはすべて終了。

また来年もたくさんのライブへ行けるように、

元気でいるとしますかね。

|

« 奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@神奈川県立音楽堂 | トップページ | 2010年ありがとう »

コメント

長文のライブレポお疲れ様です。
イブに続きクリスマス当日もということで楽しい
2日間でしたね(o^-^o)
DVD化されるということでそちらも楽しみですね。
それにしても年末の忙しい時期にけっこう遠くから
来ているんですね。
アメリカ…ってアメリカ村じゃないよね~(^-^;

投稿: ムーンライトチェリー | 2011年1月15日 (土) 23:51

to ムーンライトチェリーさん

DVDは楽しみですね~。
発売は3月だから、あっちゅ~まですわ。

もしアメリカ村だったら……それはがっかりだな(笑)。

投稿: #135 | 2011年1月17日 (月) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/50477187

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子クリスマスコンサート'10 一夜限りのSPECIAL SESSION:

« 奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@神奈川県立音楽堂 | トップページ | 2010年ありがとう »