« 石野田奈津代 Sunshine City STAR Christmas LIVE! | トップページ | 奥華子クリスマスコンサート'10 一夜限りのSPECIAL SESSION »

2010年12月24日 (金)

奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@神奈川県立音楽堂

このエントリは、「奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~」に関するネタバレ要素を含んでいます。
閲覧の際はご注意ください。

 

クリスマスイブ。

そんな日に会社を早あがりさせてもらって、

奥華子のツアーライブへと足を運ぶ。

いやー、ブッ飛ばされることのないように、

配慮と根回しを重ねたですよ(汗)。

 

そんなこんなで、無事に会場の神奈川県立音楽堂へ到着。

エントランス前から伸びる入場列の最後尾付近へと向かってみると、

お久しぶり~な知人の姿を見つけることができた。

そこで、一緒に並んで開場を待つことにする。

開場後は、いの一番に物販へ向かい、2011年のカレンダーを購入。

その後は、ロビーで雑談をしつつ開演までの時間をつぶす。

 

適当な頃合いで、ホール内へと移動する。

なんと今日の席は、最前列のど真ん中!

グランドピアノの裏側が見える神席です(笑)。

ステージ上には、船橋戸田でもあった木とベンチに加えて、

内部が光るキューブ型のセットが設置されている。

また、スタインウェイのピアノの上には、

クリスマスツリーの置物が飾られていたりして。

 

開演を告げるアナウンスの5分後。

下手側のステージ袖から、華ちゃんが姿を見せた。

そしてピアノのイスに座り、しばしの間ののちに演奏を始める。

その1曲目は、「rebirth」。

 

演奏後、立ち上がって客席へ深々と一礼。

キーボードに移動して、この日最初のMCとなる。

そして、途中入場のお客さんを気遣いつつ、

 

 華:「一番後ろまで、ありがとう!」

 

と客席の拍手に応え、冬の曲を歌いたくて選んだという

「白い足跡」を披露してくれた。

このツアーのセットリストは、初日の水戸を除いて

ほぼ同じっぽいけど、2曲目だけは

会場によって変えているみたいね。

 

カウントを取るかのように、ステップを踏んでから演奏を始めた

「ガラスの花」、グランドピアノへ移動しての「羽」と、

「テイルズ オブ ファンタジア」関連の2曲が続いたあとは、

ハンドマイクを手に取ってのMCとなる。

 

 華:「ものっすごく、近いですね」

 

というように、このホールはステージが本当に近い。

前のほうだと、まるでフリーライブのような距離感ですな。

そしてここでは、「奥華子のライブは今日が何回目?」

という客席への問いかけもあったりして。

首都圏のライブなだけに、「初めての人は?」

「2回目の人は?」に続く「たくさんの人は?」でも、

多くの観客の手が挙がる。

このときの、

 

 華:「あららららら、お世話になってます」

 

ってリアクションが、実に華ちゃんらしいとか思ってみたり(笑)。

 

今日の会場が日本最古の音楽ホールだという話に続いては、

奥華子の代表曲を歌うとのこと。

それが何だと思う?と観客に問いかけると、

さまざまなタイトルが叫ばれる。

 

 客:「初恋!」
 華:「(あとで)歌う歌う」

 客:「ガスト!」
 華:「たしかに代表曲(笑)」

 客:「虹色の目!」
 華:「マニアックですね~」

 客:「愛の賛歌!」
 華:「私、そんな曲は……(笑)。「愛のしずく」?」

 

といったやり取りののちに、正解発表。

ピアノ演奏で「ガーネット」と「恋」を、2曲連続で歌ってくれた。

 

キーボード演奏で「逢いたいときに逢えない」を披露したあとは、

 

 華:「ちょっとせつない曲が続きましたが……しゃべります」

 

と、ハンドマイクを手にしてのMCタイム。

ライブのアンケートの話題となる。

今回のツアーでは、「奥華子のことをどこで知りましたか?」

という定番のものに加えて、「あなたにとって奥華子とは?」、

「あなたの好きな言葉は?」といった設問があったり。

 

 華:「もっとみんなのことを知りたいんですよ。
    ホントは、履歴書みたいに出してもらって」

 

それはうれしいけど、履歴書は……(笑)。

 

そして、「ザ・ミュージックアワー」出演したときのことや、

ツアーの衣装は自分では選びぬいた服のつもりなのに、

アンケートで「なんでそれなんですか?」と書かれてしまった話も。

また、路上ライブで初めて赤メガネをかけたときに、

CDがそれまでの3倍売れたというエピソードでは、

1人の女性客が「え~~!」と驚きの声をあげる。

それに対して華ちゃんは、

 

 華:「いいリアクション!」

 

と、これまたいいリアクションだったり(笑)。

 

続いては、観客からキーワードを募っての即興コーナーに。

今回は、“神奈川の歌”。

「シウマイ」、「YOKOHAMA FACTORY!」、「はまりん!」、

「ランドマーク!」などなど、いろいろと出てくるなかには、

「あゆ祭り!」って声も。

すると華ちゃんは、お祭りのライブでやっていた

“あゆ祭りポーズ”を取ってくれた。

また、「はまりん」は横浜市交通局のマスコットらしいのだけれど、

会場の雰囲気を見るにあまり知られていない様子?

 

キーワードが出揃ったところで、

華ちゃんはキーボードの傍らで曲を作り始める。

そして、

 

 華:「整いましたっ」

 

と、“奥っち”の創作が完了。

その内容は、「はまりん はまりん はまり~ん みんな知らない~」

「ランドマーク行って 有名になって スタミナカレー食べてがんばろう」

……ってな感じで。

いきなりの「みんな知らない」には、大ウケでした(笑)。

 

また、即興からの流れでCMソングも披露。

今日は「テプコ」、「マスト」、「ガスト」に加え、いつ以来だろう?

超久々な、「いまのりくん」も歌ってくれた。

さらには、最近オンエアが始まったガストの新CMソングも。

ただ、完全に歌詞を覚えていないとのことで、

“うろおぼえバージョン”な感じだったけど(笑)。

 

その後は、恒例のカバーソングのコーナーに。

今日の選曲は、華ちゃんの一番好きなクリスマスソングだという

B'zの「いつかのメリークリスマス」だった。

華ちゃんの数あるレパートリーの中でも、

このカバーはトップクラスだよなぁ。

昨年のクリスマスコンサートに続いて

2年連続で聴くことができて、すごくうれしかった。

 

グランドピアノで「秘密の宝物」を披露したあとは、

キーボードへと移動する。

そして、

 

 華:「奥華子にも明るい曲はあるんです。
    今までのせつない曲は忘れてください!」

 

と、「虹の見える明日へ」。

この曲は、Cメロを観客との掛け合いで

歌いたいということで、まずはその練習から入る。

その後の本番では、サプライズのトランペットを取り出して、

イントロや間奏、曲のラストで高らかに吹きあげる。

また、この曲は歌いながら客席をひと回りすることもあって、

 

 華:「まさかのカラオケ!」

 

さすがに、トランペット片手に歩きながらじゃ

弾き語れんわね(笑)。

 

 華:「ここから……明るい曲は終わりました」

 

と、早くも明るい曲は終了(笑)。

ここからは、「楔」、「トランプ」、「パズル」、「泡沫」と、

グランドピアノでのじっとりナンバーが続く。

「トランプ」は、これまでとはちょっと歌い方が変わっていたかな?

また、「パズル」のダイナミックな演奏は、

至近距離だということもあって、

いつも以上に迫力を感じたかも。

 

8月にリリースされた、5thアルバムの「うたかた」。

その収録曲には、はかなさを歌った曲が多いけれど、

 

 華:「ある曲だけは、“うたかた”という想いではない」

 

と話し出す。

そして、その曲にまつわるファンとのエピソードののちに、

「木漏れ日の中で」を歌ってくれた。

自分にとっても大好きな曲なので、今ツアーでは

いつもここでホロリとさせられるんだよな。

そのエピソードについては、4th Letter 船橋公演のエントリ

詳しく書いているので、興味のある方はそちらでご覧ください。

 

 

 華:「クリスマスイブという大切な日に
    来てくれて、ありがとうございました」

 

と、客席への感謝の意を表する。

その後の「初恋」で、ライブ本編は終了。

華ちゃんは、ステージ袖に消えて行く。

 

アンコールの手拍子が会場に鳴り響く中、

バナナ色のツアーTシャツに着替えた華ちゃんが、

ステージ袖から飛び出してくる。

そして、2010年は今までで一番苦しい1年だったと話し出した。

 

それはアルバムのレコーディング中に陥った大スランプのことで、

CDのリリースはもちろん、全国ツアーの開催も危ぶまれるほどに

深刻なものだったのだとか。

このMCを聞いていて思ったのだけれど、

 

 華:「CDを出すために曲を作っているんじゃなくて、
    直接聴いてほしいから」

 

というところが、このスランプの一因だったのかも?

でも、ライブでファンに会うことを思い描きながら、

ひとつの曲を書き上げ、それがアルバムの完成に

繋がったというから、スランプ脱出のきっかけも

同じところにあったのだろうか。

ま、これは自分の想像の域を出ないけどね。

 

アンコール1曲目は、そのファンを想って作ったという「元気でいてね」。

CDとは違って、アカペラで歌いだすのはライブならでは。

直前のMCとも相まって、その歌声がじわっと染み込んでくる。

 

演奏後、華ちゃんは再びステージをあとにする。

そして、予想外のダブルアンコールに。

その後、ステージに戻ってきた華ちゃんはサンタ姿!

これがまた、実によく似合ってるんだわ。

で、オーラスのどんどんメドレーも、「Birthday」と

「僕のクリスマス」というクリスマスの特別仕様。

また、「Birthday」では「今月が誕生日の人は?」もありで。

船橋&戸田ではこの問いかけがなかったもんで、

ツアーでもやってほしいというリクエストを

華ちゃんあてのmixi年賀状に書いちゃったなぁ。

ま、いっか(笑)。

 

【セットリスト】
 ・rebirth [Piano]
 ・白い足跡 [Keyboard]
 ・ガラスの花 [Keyboard]
 ・羽 [Piano]
 ・ガーネット [Piano]
 ・恋 [Piano]
  ・逢いたいときに逢えない [Keyboard]
   即興コーナー“神奈川の歌” [Keyboard]
   CMソング [Keyboard]
    テプコひかり~いまのりくん~お部屋探しマスト
    ~ガスト(チーズINハンバーグ)
 ・いつかのメリークリスマス(B'zカバー) [Piano]
 ・秘密の宝物 [Piano]
 ・虹の見える明日へ [Trumpet]
 ・楔 [Piano]
 ・トランプ [Piano]
 ・パズル [Piano]
 ・泡沫 [Piano]
 ・木漏れ日の中で [Piano]
 ・初恋 [Piano]

 ・元気でいてね [Keyboard]
 ・Birthday~僕のクリスマス(メドレー) [Keyboard]

 

演奏を終えた華ちゃんは、ステージの下手で、上手で、

そしてセンターで、客席の拍手に応える。

あまりにもおじぎが深すぎて、サンタ帽を

落っことす場面もあったりして(笑)。

そして、恒例となった華ちゃん自身による

終演アナウンスで、今夜のライブはすべて終了。

 

よくよく考えてみると、華ちゃんのライブへ行くのは

10月末の奥華子3days以来、2カ月ぶりだったんだな。

しかし次は明日、出入りが激しく?2日連続です(笑)。

|

« 石野田奈津代 Sunshine City STAR Christmas LIVE! | トップページ | 奥華子クリスマスコンサート'10 一夜限りのSPECIAL SESSION »

コメント

ブログ管理上の都合で、「更新情報」のエントリに付いたコメントをこちらに移動します。
ご了承ください。

---------------------------------------------------------

ライブレポお疲れ様です!
クリスマスイブならではの曲や演出ありで
楽しそうな雰囲気ですね(*^-^)


投稿: ムーンライトチェリー | 2011年1月 3日 (月) 11:42

---------------------------------------------------------

to ムーンライトチェリーさん

この展開を読んで、僕のクリスマスストラップを
持って行くべきでした(笑)。

投稿: #135 | 2011年1月 4日 (火) 23:24

投稿: #135 | 2011年1月10日 (月) 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/50457679

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@神奈川県立音楽堂:

« 石野田奈津代 Sunshine City STAR Christmas LIVE! | トップページ | 奥華子クリスマスコンサート'10 一夜限りのSPECIAL SESSION »