« 奥華子ライブ@柏タカシマヤ | トップページ | 今年もダイヤモンド富士 »

2011年1月15日 (土)

奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@行徳文化ホールI&I

このエントリは、「奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~」に関するネタバレ要素を含んでいます。
閲覧の際はご注意ください。

 

今日は奥華子の全国ツアー、行徳公演へ。

自分にとっては、年明け一発目のホールライブです。

 

行徳文化ホールI&Iは初めての会場だけど、

チケットがホールの窓口販売だったので、

現地に足を運ぶのは今日が2回目。

で、そのチケットの発売日が雨降りで寒くってねぇ。

朝イチから並んだのだけど、しんどかったなぁ。

でも、その甲斐あって、席表を見ながら選んだ

チケットは4列目のど真ん中とかなりの良席!

こいつぁ、実に楽しみです。

 

開場の30分ほど前に現地に到着すると、

すでに物販コーナーがオープンしていた。

また、ロビーがあまり広くないことから、

待合室が用意されていたりして。

 

特にあてもなく、あたりをウロウロしていたら、

突然「#135さん?」と呼び止められる。

「お?」と思って立ち止まってみたら、

Twitterでおなじみの方が声をかけてくれたのでした。

直接お話しするのは、このときがお初。

でも、お互いに姿を見かけたことはあるので、

お初ではないような感じでもあったり(笑)。

また、その後も何人かとご挨拶ができました。

 

そうこうしているうちに、開場となる。

事前に整列を促されるわけでもなく、突然に(笑)。

その後はあっという間に列ができて、

最後尾が屋外にまでいってしまったので、

適当な頃合いを見計らって列に加わり入場する。

 

ホールは、に足を踏み入れると、前方の座席は

フラットな床の上に簡素なイスが並べられている。

でも、前列と重ならないようにずらしてあるので、

段差がなくても観づらくはなさそうだ。

いい意味で小ぢんまりとした、程よい空間かも。

 

17時となり、チャイムとアナウンスが、まもなくの開演を告げる。

その5分後には客電とBGMが落とされ、華ちゃんがステージに。

観客の拍手の中、グランドピアノのもとへと歩み寄る。

ピアノのイスに腰掛け、すっと背筋を伸ばしながら

上のほうを見上げたのちに、1曲目の「rebirth」を奏ではじめた。

 

演奏後にはイスから立ち上がって、客席に一礼。

そして、

 

 華:「行徳公演、やってきました。ありがとう!」

 

と、この日最初のMCとなる。

ステージのすぐ近くまで回りこんでいる、

2階のバルコニー席を見上げて、

 

 華:「すごい角度ですね」

 

また、ピアノを演奏するときによく上のほうを向くことから、

 

 華:「目が合っちゃいますね」

 

と、バルコニー席にいるお客さんに向かって、手を振る。

 

 華:「一緒に今日のライブを作ってもらえたらと思います」

 

そう呼びかけたあとには、キーボードで「ガラスの花 」、

再びピアノへ戻っての「羽」と、さきほどの「rebirth」を含めて

「テイルズ オブ ファンタジア」の楽曲が続く。

 

2011年になって華ちゃんは、昨年に続いて

市川市の成人式にゲスト出演したとのこと。

しかし、“サプライズゲスト”だったにもかかわらず、

式のプログラムにしっかりと明記されていて、

サプライズ感は皆無だったらしい(笑)。

 

成人式ライブでも歌ったという、華ちゃんの代表曲

「ガーネット」を披露する。

そして、その長めのピアノの余韻ののちには、

年明けの公演からセトリに復活したらしい「フェイク」に。

リズミカルなピアノ演奏が、かな~りカッコいい。

 

その後は、ハンドマイクを手にしてのMCとなる。

しかし、その出だしで、

 

 華:「ぎょうとく……」

 

と言ったきりしばし沈黙し、笑いを誘う(笑)。

そしてツアー恒例、「どこから来たの?」と観客に問いかける。

まずは、かなりエリアを絞って「行徳の人?」からスタートするも、

 

 華:「少ないわ」

 

と、あまり手が挙がらなかったみたい。

そこで、「本八幡からの人?」「浦安からの人?」と続けるも、

あまり変わらなかったようで、

 

 華:「みんな、どこから来てくれたの?(笑)」

 

ってな、展開に(笑)。

 

また、前日の成人式ライブに出演したあとに、

法華経寺へ初詣に行ったという話題にも。

そこでは、猿に500円以上あげると何かがもらえるという

イベント?をやっていて、華ちゃんも参加してみたとのこと。

そしたら、猿の手形の紙がもらえたのだそうで。

これについて華ちゃんは、

 

 華:「かわいいんだけど、これ、どうしよう?」

 

たしかに……な(笑)。

 

はたまた、かつては行徳の近所の本八幡で

路上ライブをしていたという話にも。

よく、営業時間終了後のペットショップ前で歌っていて、

演奏を始めると、とたんに店内が騒がしくなったのだとか(笑)。

 

これも、このツアー恒例かな?

「奥華子のライブが、今日初めての人?」と客席へ問いかけ、

手を挙げた人に向けて「はじめまして~」と手を振る華ちゃん。

続く、「2回目以上の人?」の問いには挙手する人多数。

ってか、自分を含めて前方の席の人は、ほぼ挙手(笑)。

ということもあってか、

 

 華:「今回のツアー、今日が初めてじゃないという人?」

 

やはり、自分を含めて前方の席の人は、ほぼ挙手する。

これには、

 

 華:「多いよ~(笑)。どうしよう?」

 

ま、仕方あるまい(笑)。

 

続いては、失恋ソングを歌うとのこと。

そこで、「奥華子の失恋ソングといえば?」と客席に聞くと、

 

 客:「紫陽花!」
 華:「いきなり?(笑)」

 客:「押し花!」
 華:「だから~(笑)」

 客:「僕の知らない君!」
 華:「みんなカップリングやん(笑)」

 

華ちゃんの期待する曲名を簡単に出さないあたり、

みんな複数回観ているだけのことはある(笑)。

 

 華:「出ないけど、歌っちゃっていいかな?」

 

と、華ちゃんが選んだ失恋ソングを2曲続けて。

グランドピアノで「恋」、そして「楔」。

 

その後はキーボードへと移動して、小学校のときからの

友人が子供を生んだ、2年前に作ったという、

「春夏秋冬」を歌ってくれた。

なんでも華ちゃんは、その友達の子供の写真を

携帯の待ち受けにしているのだそうで。

また、ちょうどこの曲を作ったときにヒルクライムの

「春夏秋冬」がヒットしていて、

 

 華:「奥華子、狙ったな?と思われそうだけど、
    このタイトル以外なかった」

 

という裏話も。

そういや、タイトル未定の新曲として2回ほど歌って以降、

次に大阪の5周年ライブで披露するまでの間、

ずいぶんと長いこと陰に隠れてたっけ。

つまりは、狙ってなかったっちぅことですな(笑)。

 

その後は、

 

 華:「新しいCM、見た人?」

 

と、マストの新CMの話題となる。

これは千葉駅前での撮影だったそうで、スタッフが

準備を進めていると、現場周辺が「何が始まるんだ?」

「ドラマの撮影か?」という雰囲気に包まれていったとのこと。

で、そこへ華ちゃんが出て行ったら、「だれだれ?」

「わからない」といった空気になってしまったらしく……(笑)。

ってなわけで、ここでマスト(旧バージョン)&ガストの

CMソングを披露してくれた。

 

「ザ・ミュージックアワー」に出演したときの

エピソードに続いては、即興コーナーに。

行徳は市川市ということで、今回は「市川の歌」。

歌詞のキーワードは、いつものように客席から募る。

 

 客;「コルトンプラザ!」
 華:「映画館ありませんでしたっけ?

 客:「サティ!」
 華:「いろんなとこにあるね(笑)」

 客:「シャポー!」
 華:「船橋にもあるよ……はりあってどうするんだ(笑)」

 客:「生のり!」
 華:「おいしいよね~」

 客:「行徳!」
 華:「そうだよね、行徳、入れないとね」

 

と、いろいろ挙がったところで創作を始める。

でも、エリアを絞りすぎたせいか、

逆にピンポイントなネタが出てこなかったみたい。

 

 華:「整いました……と言いながら、今考えてました」

 

と、ギリギリまで粘った市川の歌は、こんな感じに完成。

 

 東西線に乗ってサティに行こう
 コルトンプラザも忘れないで ねぇ ねぇ ねぇ
 法華経寺に行けば猿がいるから
 手形をもらうには 500円以上

 

あ゛ー、もうこれ以上は、メモすんのムリwww

にしても、今回はえらく長尺だったなぁ。

 

続いては、カバーソングのコーナーに。

ピアノのイスに座ったところで、

 

 華:「2階のみなさん、急ですか? 斜面。斜面?」

 

すかさず客席から、「傾斜」とツッコミが(笑)。

ってな感じに、ワンクッション入ったのちに演奏を始めた

カバーソングは、竹内まりやの「元気を出して」。

飾らない歌い方が、オリジナルとそっくりだわね。

 

 華:「そろそろ……このへんで……明るい曲をいきたいと思います。
    いきなりハジけてもいいですか?」

 

と、「虹の見える明日へ」。

その演奏前に、まずはCメロの輪唱の練習をば。

そして、

 

 華:「本番は、3倍ぐらいいけるよね。
    ここしかないですから、奥華子」

 

と自虐に走りつつ(笑)、サプライズのトランペットを

おもむろに取り出し、イントロで高らかに吹き鳴らす。

そして、客席通路をひと回りしながら歌ってくれた。

 

ここからは雰囲気をガラリと変えて、じっとりナンバーに。

まずは、お久しぶりな「境界線」。

この曲の生ウタは、本当に聴き応えがあるんだよな。

さらに、「トランプ」、「パズル」、「泡沫」が続く。

この“じっとりラインナップ”、自分はかなり好きかも。

 

「泡沫」は10年前に作った曲で、ようやくCDへ

収録できたことがうれしいと話す。

 

続いては、「木漏れ日の中で」。

演奏前には、この曲にまつわるファンとのエピソードも語られた。

なお、その“エピソード”についてはこちらにて。
 http://sapotan.txt-nifty.com/blog/2010/10/concert-tour-10.html

 

 華:「この行徳公演、この会場に来てくれた人に、
    ありがとうという気持ちでいっぱいです」

 

ライブ本編最後の曲は、「初恋」。

 

観客の拍手が、アンコールの手拍子へと変わる。

 

 華:「アンコールありがとうございます!
    着替えてきましたっ」

 

華ちゃんが再びステージに姿を見せると、

手拍子が大きな拍手となり、彼女を包み込んだ。

そして、「2010年は、自分の中でターニングポイントとなる1年でした」

と、昨年を振り返る。また、

 

 華:「2011年は会えた一人ひとりと、“明日がなくてもいい”と
    思えるように
1回1回のライブをやっていきたい

 

とも。

 

その後は、アルバムのレコーディング中に陥った

大スランプの話となる。
 ※その詳細は↓のエントリに書いています。
   http://sapotan.txt-nifty.com/blog/2010/10/concert-tour-10.html

 

悩みに悩みぬいた中で、きっかけとなったのは、

 

 華:「CDを作るために曲を作ってるんじゃないんだ。
    
(ライブで)こうやって想いを届けたいからなんだ」

 

という答えに行き着いたことだったとのこと。

そして、

 

 華:「みんなへの想いを、正直な気持ちを曲にしました」

 

アカペラのウタ声が、ホールの中に綺麗に響く。

リズムボックスの音と観客のクラップををバックにした、

「元気でいてね」を、アンコールの1曲目に届けてくれた。

 

 華:「コンサートだけじゃなく、イベントもやりたいです!
    ありがとう!」

 

その後は、「Birthday」~「Happy days」~「自由のカメ」。

恒例の“どんどんメドレー”は、華ちゃんに促されての

スタンディングで盛り上がる。

「Birthday」では「1月が誕生日の人?」もあって、2度目の挙手(笑)。

最後は会場全体で「ラララ」を合唱し、メドレーを締めくくった。

 

【セットリスト】
 ・rebirth [Piano]
 ・ガラスの花 [Keyboard]
 ・羽 [Piano]
 ・ガーネット [Piano]
 ・フェイク [Piano]
 ・恋 [Piano]
 ・楔 [Piano]
 ・春夏秋冬 [Keyboard]
   CMソング [Keyboard]
    お部屋探しマスト~ガスト(チーズINハンバーグ)
   即興コーナー“市川の歌” [Keyboard]
 ・元気を出して(竹内まりやカバー) [Piano]
 ・虹の見える明日へ [Trumpet]
 ・境界線 [Piano]
 ・トランプ [Piano]
 ・パズル [Piano]
 ・泡沫 [Piano]
 ・木漏れ日の中で [Piano]
 ・初恋 [Piano]

 ・元気でいてね [Keyboard]
 ・Birthday~Happy days~自由のカメ(メドレー) [Keyboard]

 

万雷の拍手に、ステージの上手、下手、センターで手を振り、

深々と頭を下げて応える華ちゃん。

また、ステージの上は自分ひとりだけだけど、

その裏側にいる

 

 華:「スタッフの皆さんにも拍手を!

 

と客席に呼びかける。

そして、退場間際には、

 

 華:「ハイタッチで待ってますね~!」

 

キャパの小さな地方会場では、終演後の“お見送り”として

握手会やハイタッチ会が開催されているのだけれど、

自分が参加したツアー会場では、1st~4thを通じて今回が初めて。

千葉の会場でやってくれるとは思っていなかったので、

これはすごくうれしかった。

 

というわけで、ハイタッチ会。

言葉を交わすのは年明け初だったので、

「今年もよろしくね」と声をかけたら、

 

 華:「おぉ~」

 

という、驚いたかのようなリアクションで。

何に驚いたのかは謎だ(笑)。

 

ライブの帰りには、ちょいと寄り道して水道橋へ。
 

 肉屋@水道橋

 
「ラーメン屋じゃなくて“肉屋”です!」というキャッチコピーのラーメン屋(笑)。

ラーメン系ブログで見て、ちょいと気になってたお店だったり。

でもって、チャーシュー麺肉増しダブルの焼きめし定食。
 

 肉屋@水道橋:チャーシュー麺肉増しダブル+焼きめし定食

 
肉が香ばしくて、おいしかった。

チャーハンもなかなか。

でも、スープが肉に負けちゃってるような?

なんとなく、物足りなさを感じてしまったかも。

|

« 奥華子ライブ@柏タカシマヤ | トップページ | 今年もダイヤモンド富士 »

コメント

ツアーもだいぶ終盤にさしかかってきました。
ファイナルの大阪2daysまでは2/20(日)の
昭和女子大学だけと思っていたら2/5(土)にも
バレンタインライブがあるんですね。
そういえば大阪2daysは2日とも参加するんですね( ̄▽ ̄)

投稿: ムーンライトチェリー | 2011年1月23日 (日) 23:35

to ムーンライトチェリーさん

バレンタインライブは、久々の握手会もありますね。
こうやって、毎年呼んでくれる会場があるっていうのは、
ファンとしてもうれしいもんです。
大阪のツアーファイナル&セミファイナルは、
泊まりがけで行きますぜ~。

投稿: #135 | 2011年1月25日 (火) 03:25

そういえばちょっと遅くなったけど、
誕生日おめでとさんです(*^-^)

投稿: ムーンライトチェリー | 2011年1月29日 (土) 00:36

to ムーンライトチェリーさん

おおっと。
今年は、mixiにしか誕生日ネタを書いてなかったのに。
ありがとうございます!

投稿: #135 | 2011年1月30日 (日) 18:35

自分もチケット入手して来ました♪13日だけになるけど。
当初、先行販売で買うつもりだったんですが、
別の予定があってそれが12日になるか13日になるか
先日まで未定だったので一般発売でということに…。
直接森ノ宮ピロティホールに買いに行ったんですが、
13日のほうは残り6~7席という状態でちょっと危なかったです(^-^;
ちなみに場所は座席表に載っているNO.3扉の
すぐワキです。

投稿: ムーンライトチェリー | 2011年1月31日 (月) 00:57

to ムーンライトチェリーさん

通路のそばだと、楽しみがあっていいですね。
自分は、上手側の通路際。
しかも、両日ともほぼ同じ席だという(笑)。

投稿: #135 | 2011年2月 2日 (水) 01:40

完全な通路際というわけじゃないけどね。
両日とも同じ席というのは偶然にしてもスゴイw(゚o゚)w
ところで今回も夜行バス&寝カフェですか…( ̄▽ ̄)

投稿: ムーンライトチェリー | 2011年2月 7日 (月) 01:25

to ムーンライトチェリーさん

1列違いの同じ席番なんす。
今回は、新幹線&ちゃんとした宿を予定(笑)。

投稿: #135 | 2011年2月 8日 (火) 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/50597526

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@行徳文化ホールI&I:

« 奥華子ライブ@柏タカシマヤ | トップページ | 今年もダイヤモンド富士 »