« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の5件の記事

2011年1月30日 (日)

新春新進女優朗読会「昭和の恋人たち」

この土日は、お芝居を観に池袋のシアターKASSAIへ。

今回の観劇のお目当ては、東京月島もんじゃ祭り

ストリートパフォーマンスで知った、猪野由梨佳さん。

ブログに書くのはこれが初めてだけど、

月島で何度か顔を合わせていることもあって、

すでにおなじみだったり。

 

当初は、土日に1公演ずつかな?と考えていたのだけれど、

3公演観ると千秋楽終演後のトークショーに参加できるという

オマケにつられて、1公演を追加。

彼女の扱いで、チケットの予約を入れておく。

 

でもって作・演出は、こちらもおなじみの朝倉さん。

今回は、朗読劇の公演になるらしい……のだけれど。

朝倉さん作の朗読劇というと、過去2回ほど

大失敗をやらかしてるんだよなぁ。

チケットを予約したのはいいけれど、

正直そこはかなりの不安材料なわけでして。

 

で、実際に客席から観てみると……。

よかった、ちゃんと朗読劇してる(笑)。

 

「昭和の恋人たち」のタイトルどおり、舞台は昭和。

リーディングで、6編のショートストーリーが綴られていく。

そして、それぞれの物語には共通アイテムとしてマフラーが

登場するほか、1話と6話には登場人物のつながりが。

また、オーディションの現場という設定で、

昭和の物語が読み上げられる劇中劇もあったりして。

 

ってなわけで、今回の公演は素直に面白かった。

物語によっては公演ごとに読み手が変わるので、

それぞれの“色”を楽しむこともできたし。

 

そうそう。

1回目の観劇の入場時に、受付で「猪野さんからです」と

手渡された茶封筒の中には、ちょっぴり遅めの年賀状が。

しかも、メッセージには“HAPPY BIRTHDAY”とも

書いてくれていて、すごくうれしかったなぁ。
 

 

 
終演後には、たっぷりとお話しする時間があって、

これがまた楽しかった~。

猪野コ、ありがとね。
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年もダイヤモンド富士

1月30日。

今年もまた、日暮里富士見坂からダイヤモンド富士が

見える日がやってきました。

昼間から曇っていたので、ダメ元で現地へと向かってみると、

奇跡的に西の地平線近くは雲が薄いみたい。

まだ富士山の姿は目視できないけれど、陽が傾けばあるいは?

 

そして、16時54分。
 

 ダイヤモンド富士

 
2年連続で、富士山頂に沈む夕陽の撮影に成功!

雲があったおかげで、昨年よりもドラマチックな風景になったかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~@行徳文化ホールI&I

このエントリは、「奥華子 CONCERT TOUR '10~'11 弾き語り~4th Letter~」に関するネタバレ要素を含んでいます。
閲覧の際はご注意ください。

 

今日は奥華子の全国ツアー、行徳公演へ。

自分にとっては、年明け一発目のホールライブです。

 

行徳文化ホールI&Iは初めての会場だけど、

チケットがホールの窓口販売だったので、

現地に足を運ぶのは今日が2回目。

で、そのチケットの発売日が雨降りで寒くってねぇ。

朝イチから並んだのだけど、しんどかったなぁ。

でも、その甲斐あって、席表を見ながら選んだ

チケットは4列目のど真ん中とかなりの良席!

こいつぁ、実に楽しみです。

 

開場の30分ほど前に現地に到着すると、

すでに物販コーナーがオープンしていた。

また、ロビーがあまり広くないことから、

待合室が用意されていたりして。

 

特にあてもなく、あたりをウロウロしていたら、

突然「#135さん?」と呼び止められる。

「お?」と思って立ち止まってみたら、

Twitterでおなじみの方が声をかけてくれたのでした。

直接お話しするのは、このときがお初。

でも、お互いに姿を見かけたことはあるので、

お初ではないような感じでもあったり(笑)。

また、その後も何人かとご挨拶ができました。

 

そうこうしているうちに、開場となる。

事前に整列を促されるわけでもなく、突然に(笑)。

その後はあっという間に列ができて、

最後尾が屋外にまでいってしまったので、

適当な頃合いを見計らって列に加わり入場する。

 

ホールは、に足を踏み入れると、前方の座席は

フラットな床の上に簡素なイスが並べられている。

でも、前列と重ならないようにずらしてあるので、

段差がなくても観づらくはなさそうだ。

いい意味で小ぢんまりとした、程よい空間かも。

 

17時となり、チャイムとアナウンスが、まもなくの開演を告げる。

その5分後には客電とBGMが落とされ、華ちゃんがステージに。

観客の拍手の中、グランドピアノのもとへと歩み寄る。

ピアノのイスに腰掛け、すっと背筋を伸ばしながら

上のほうを見上げたのちに、1曲目の「rebirth」を奏ではじめた。

 

演奏後にはイスから立ち上がって、客席に一礼。

そして、

 

 華:「行徳公演、やってきました。ありがとう!」

 

と、この日最初のMCとなる。

ステージのすぐ近くまで回りこんでいる、

2階のバルコニー席を見上げて、

 

 華:「すごい角度ですね」

 

また、ピアノを演奏するときによく上のほうを向くことから、

 

 華:「目が合っちゃいますね」

 

と、バルコニー席にいるお客さんに向かって、手を振る。

 

 華:「一緒に今日のライブを作ってもらえたらと思います」

 

そう呼びかけたあとには、キーボードで「ガラスの花 」、

再びピアノへ戻っての「羽」と、さきほどの「rebirth」を含めて

「テイルズ オブ ファンタジア」の楽曲が続く。

 

2011年になって華ちゃんは、昨年に続いて

市川市の成人式にゲスト出演したとのこと。

しかし、“サプライズゲスト”だったにもかかわらず、

式のプログラムにしっかりと明記されていて、

サプライズ感は皆無だったらしい(笑)。

 

成人式ライブでも歌ったという、華ちゃんの代表曲

「ガーネット」を披露する。

そして、その長めのピアノの余韻ののちには、

年明けの公演からセトリに復活したらしい「フェイク」に。

リズミカルなピアノ演奏が、かな~りカッコいい。

 

その後は、ハンドマイクを手にしてのMCとなる。

しかし、その出だしで、

 

 華:「ぎょうとく……」

 

と言ったきりしばし沈黙し、笑いを誘う(笑)。

そしてツアー恒例、「どこから来たの?」と観客に問いかける。

まずは、かなりエリアを絞って「行徳の人?」からスタートするも、

 

 華:「少ないわ」

 

と、あまり手が挙がらなかったみたい。

そこで、「本八幡からの人?」「浦安からの人?」と続けるも、

あまり変わらなかったようで、

 

 華:「みんな、どこから来てくれたの?(笑)」

 

ってな、展開に(笑)。

 

また、前日の成人式ライブに出演したあとに、

法華経寺へ初詣に行ったという話題にも。

そこでは、猿に500円以上あげると何かがもらえるという

イベント?をやっていて、華ちゃんも参加してみたとのこと。

そしたら、猿の手形の紙がもらえたのだそうで。

これについて華ちゃんは、

 

 華:「かわいいんだけど、これ、どうしよう?」

 

たしかに……な(笑)。

 

はたまた、かつては行徳の近所の本八幡で

路上ライブをしていたという話にも。

よく、営業時間終了後のペットショップ前で歌っていて、

演奏を始めると、とたんに店内が騒がしくなったのだとか(笑)。

 

これも、このツアー恒例かな?

「奥華子のライブが、今日初めての人?」と客席へ問いかけ、

手を挙げた人に向けて「はじめまして~」と手を振る華ちゃん。

続く、「2回目以上の人?」の問いには挙手する人多数。

ってか、自分を含めて前方の席の人は、ほぼ挙手(笑)。

ということもあってか、

 

 華:「今回のツアー、今日が初めてじゃないという人?」

 

やはり、自分を含めて前方の席の人は、ほぼ挙手する。

これには、

 

 華:「多いよ~(笑)。どうしよう?」

 

ま、仕方あるまい(笑)。

 

続いては、失恋ソングを歌うとのこと。

そこで、「奥華子の失恋ソングといえば?」と客席に聞くと、

 

 客:「紫陽花!」
 華:「いきなり?(笑)」

 客:「押し花!」
 華:「だから~(笑)」

 客:「僕の知らない君!」
 華:「みんなカップリングやん(笑)」

 

華ちゃんの期待する曲名を簡単に出さないあたり、

みんな複数回観ているだけのことはある(笑)。

 

 華:「出ないけど、歌っちゃっていいかな?」

 

と、華ちゃんが選んだ失恋ソングを2曲続けて。

グランドピアノで「恋」、そして「楔」。

 

その後はキーボードへと移動して、小学校のときからの

友人が子供を生んだ、2年前に作ったという、

「春夏秋冬」を歌ってくれた。

なんでも華ちゃんは、その友達の子供の写真を

携帯の待ち受けにしているのだそうで。

また、ちょうどこの曲を作ったときにヒルクライムの

「春夏秋冬」がヒットしていて、

 

 華:「奥華子、狙ったな?と思われそうだけど、
    このタイトル以外なかった」

 

という裏話も。

そういや、タイトル未定の新曲として2回ほど歌って以降、

次に大阪の5周年ライブで披露するまでの間、

ずいぶんと長いこと陰に隠れてたっけ。

つまりは、狙ってなかったっちぅことですな(笑)。

 

その後は、

 

 華:「新しいCM、見た人?」

 

と、マストの新CMの話題となる。

これは千葉駅前での撮影だったそうで、スタッフが

準備を進めていると、現場周辺が「何が始まるんだ?」

「ドラマの撮影か?」という雰囲気に包まれていったとのこと。

で、そこへ華ちゃんが出て行ったら、「だれだれ?」

「わからない」といった空気になってしまったらしく……(笑)。

ってなわけで、ここでマスト(旧バージョン)&ガストの

CMソングを披露してくれた。

 

「ザ・ミュージックアワー」に出演したときの

エピソードに続いては、即興コーナーに。

行徳は市川市ということで、今回は「市川の歌」。

歌詞のキーワードは、いつものように客席から募る。

 

 客;「コルトンプラザ!」
 華:「映画館ありませんでしたっけ?

 客:「サティ!」
 華:「いろんなとこにあるね(笑)」

 客:「シャポー!」
 華:「船橋にもあるよ……はりあってどうするんだ(笑)」

 客:「生のり!」
 華:「おいしいよね~」

 客:「行徳!」
 華:「そうだよね、行徳、入れないとね」

 

と、いろいろ挙がったところで創作を始める。

でも、エリアを絞りすぎたせいか、

逆にピンポイントなネタが出てこなかったみたい。

 

 華:「整いました……と言いながら、今考えてました」

 

と、ギリギリまで粘った市川の歌は、こんな感じに完成。

 

 東西線に乗ってサティに行こう
 コルトンプラザも忘れないで ねぇ ねぇ ねぇ
 法華経寺に行けば猿がいるから
 手形をもらうには 500円以上

 

あ゛ー、もうこれ以上は、メモすんのムリwww

にしても、今回はえらく長尺だったなぁ。

 

続いては、カバーソングのコーナーに。

ピアノのイスに座ったところで、

 

 華:「2階のみなさん、急ですか? 斜面。斜面?」

 

すかさず客席から、「傾斜」とツッコミが(笑)。

ってな感じに、ワンクッション入ったのちに演奏を始めた

カバーソングは、竹内まりやの「元気を出して」。

飾らない歌い方が、オリジナルとそっくりだわね。

 

 華:「そろそろ……このへんで……明るい曲をいきたいと思います。
    いきなりハジけてもいいですか?」

 

と、「虹の見える明日へ」。

その演奏前に、まずはCメロの輪唱の練習をば。

そして、

 

 華:「本番は、3倍ぐらいいけるよね。
    ここしかないですから、奥華子」

 

と自虐に走りつつ(笑)、サプライズのトランペットを

おもむろに取り出し、イントロで高らかに吹き鳴らす。

そして、客席通路をひと回りしながら歌ってくれた。

 

ここからは雰囲気をガラリと変えて、じっとりナンバーに。

まずは、お久しぶりな「境界線」。

この曲の生ウタは、本当に聴き応えがあるんだよな。

さらに、「トランプ」、「パズル」、「泡沫」が続く。

この“じっとりラインナップ”、自分はかなり好きかも。

 

「泡沫」は10年前に作った曲で、ようやくCDへ

収録できたことがうれしいと話す。

 

続いては、「木漏れ日の中で」。

演奏前には、この曲にまつわるファンとのエピソードも語られた。

なお、その“エピソード”についてはこちらにて。
 http://sapotan.txt-nifty.com/blog/2010/10/concert-tour-10.html

 

 華:「この行徳公演、この会場に来てくれた人に、
    ありがとうという気持ちでいっぱいです」

 

ライブ本編最後の曲は、「初恋」。

 

観客の拍手が、アンコールの手拍子へと変わる。

 

 華:「アンコールありがとうございます!
    着替えてきましたっ」

 

華ちゃんが再びステージに姿を見せると、

手拍子が大きな拍手となり、彼女を包み込んだ。

そして、「2010年は、自分の中でターニングポイントとなる1年でした」

と、昨年を振り返る。また、

 

 華:「2011年は会えた一人ひとりと、“明日がなくてもいい”と
    思えるように
1回1回のライブをやっていきたい

 

とも。

 

その後は、アルバムのレコーディング中に陥った

大スランプの話となる。
 ※その詳細は↓のエントリに書いています。
   http://sapotan.txt-nifty.com/blog/2010/10/concert-tour-10.html

 

悩みに悩みぬいた中で、きっかけとなったのは、

 

 華:「CDを作るために曲を作ってるんじゃないんだ。
    
(ライブで)こうやって想いを届けたいからなんだ」

 

という答えに行き着いたことだったとのこと。

そして、

 

 華:「みんなへの想いを、正直な気持ちを曲にしました」

 

アカペラのウタ声が、ホールの中に綺麗に響く。

リズムボックスの音と観客のクラップををバックにした、

「元気でいてね」を、アンコールの1曲目に届けてくれた。

 

 華:「コンサートだけじゃなく、イベントもやりたいです!
    ありがとう!」

 

その後は、「Birthday」~「Happy days」~「自由のカメ」。

恒例の“どんどんメドレー”は、華ちゃんに促されての

スタンディングで盛り上がる。

「Birthday」では「1月が誕生日の人?」もあって、2度目の挙手(笑)。

最後は会場全体で「ラララ」を合唱し、メドレーを締めくくった。

 

【セットリスト】
 ・rebirth [Piano]
 ・ガラスの花 [Keyboard]
 ・羽 [Piano]
 ・ガーネット [Piano]
 ・フェイク [Piano]
 ・恋 [Piano]
 ・楔 [Piano]
 ・春夏秋冬 [Keyboard]
   CMソング [Keyboard]
    お部屋探しマスト~ガスト(チーズINハンバーグ)
   即興コーナー“市川の歌” [Keyboard]
 ・元気を出して(竹内まりやカバー) [Piano]
 ・虹の見える明日へ [Trumpet]
 ・境界線 [Piano]
 ・トランプ [Piano]
 ・パズル [Piano]
 ・泡沫 [Piano]
 ・木漏れ日の中で [Piano]
 ・初恋 [Piano]

 ・元気でいてね [Keyboard]
 ・Birthday~Happy days~自由のカメ(メドレー) [Keyboard]

 

万雷の拍手に、ステージの上手、下手、センターで手を振り、

深々と頭を下げて応える華ちゃん。

また、ステージの上は自分ひとりだけだけど、

その裏側にいる

 

 華:「スタッフの皆さんにも拍手を!

 

と客席に呼びかける。

そして、退場間際には、

 

 華:「ハイタッチで待ってますね~!」

 

キャパの小さな地方会場では、終演後の“お見送り”として

握手会やハイタッチ会が開催されているのだけれど、

自分が参加したツアー会場では、1st~4thを通じて今回が初めて。

千葉の会場でやってくれるとは思っていなかったので、

これはすごくうれしかった。

 

というわけで、ハイタッチ会。

言葉を交わすのは年明け初だったので、

「今年もよろしくね」と声をかけたら、

 

 華:「おぉ~」

 

という、驚いたかのようなリアクションで。

何に驚いたのかは謎だ(笑)。

 

ライブの帰りには、ちょいと寄り道して水道橋へ。
 

 肉屋@水道橋

 
「ラーメン屋じゃなくて“肉屋”です!」というキャッチコピーのラーメン屋(笑)。

ラーメン系ブログで見て、ちょいと気になってたお店だったり。

でもって、チャーシュー麺肉増しダブルの焼きめし定食。
 

 肉屋@水道橋:チャーシュー麺肉増しダブル+焼きめし定食

 
肉が香ばしくて、おいしかった。

チャーハンもなかなか。

でも、スープが肉に負けちゃってるような?

なんとなく、物足りなさを感じてしまったかも。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

奥華子ライブ@柏タカシマヤ

お正月休みが終わるやいなやの3連休。

その最終日には、奥華子のフリーライブへ。

名古屋の公録やツアーの栃木公演は見送っていたので、

自分にとっては2011年初ライブです。

しかも、2回まわしのステージだから、かなり楽しみ。

 

会場は、JR柏駅と柏タカシマヤT館を直結する

エントランスにある屋外ステージ。

これまでに、何度か足を運んだことのあるところですな。

いつ以来だろ?と思って調べてみたら、2009年の6月。

シングル「笑って笑って」の発売ライブが最後だった。

たしか、そのときはメチャメチャ暑かったんだよなぁ。

対して今日は、えらく冷え込みそうだ。

というわけで、いつもよりも着込んで家を出る。

 

現地に到着すると、ステージの前には早くもライブを待つ人の姿が。

また、タカシマヤの開店を待つ行列もできていたり。

その後、開店時間になると列が動き始める。

そしてその傍らで、獅子舞の演舞が始まった。

店の入り口付近でバラの切り花を配ってもいるし、

なんか大掛かりにやってるなと思っていたら、

今日は高島屋創業180年の記念日らしい。

なるほど、納得。

 

で、話は戻って獅子舞。

実は間近で見るのが初めてだったりして。

なもんで、獅子にカチカチしてもらったり、

ひょっとこがまいたポチ袋を拾ったりと、

ひととおり堪能(笑)。

 

その後、荷物を置いて軽く食事に行った以外は、

基本的にステージの前で待機する。

ホントは、リハが始まるまでは室内に退避して、

寒さをしのぎたいとこなんだけど、

座席がない会場だからそうもいかなくて。

寒風が吹き抜けるなかをじっと待っていたら、

そんな観客のためにタカシマヤのイベントスタッフが

使い捨てカイロを無料配布してくれた。

これは、すごくうれしかったなぁ。

本当に、ありがとうございます。

 

12時半から、リハがスタートする。

「白い足跡」の途中で、いきなり固まる華ちゃん。

おや?と思ったら、どうやら歌詞が飛んでしまったらしい(笑)。

また、「涙の色」では、「あなた以外に~思う事など~

何~一つ~なか~った~のに~……寒い~♪」とか。

「Birthday」のメロディで、「寒いけど~1時から~

奥華子のライブ始まるよ~♪」「カイロの用意大丈夫?~♪」と、

替え歌で歌ってくれたりとか。

いろいろとオマケ満載なリハでした。

なお、風切り音が入ってしまうことから、

マイクには風防が取り付けられる。

 

13時となり、リズムボックスのサウンドとともに、

華ちゃんがステージへ飛び出してくる。

その第一声は、

 

 華:「マイク入ってな~い」

 

“入って”の“は”あたりで、無事ONになったけど(笑)。

そして、いきなりの「Birthday」からライブが始まった。

間奏では、成人の日ということもあって新成人におめでとう!

また、高島屋の創業180年におめでとう!

そして何より、「1月生まれの人は?」のところでは、

ワタクシ初めて挙手することができました。

昨年の1月は、ライブが地方での1本しかなかったもんで、

チャンスがなかったんだよね。

いやー、やっと念願かなったよ(笑)。

 

 華:「遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!」

 

と、MCは新年のあいさつから始まる。

そして、

 

 華:「久しぶりに柏に帰ってきました!」

 

彼女にとっての柏は、かつて何度も路上ライブをしていた場所。

その当時は、駅の南口のほうでよく歌っていたのだとか。

……という話をしつつ、華ちゃんは東口のほうを指差す。

福田さんが「違うよ、こっちだよ」とツッコむかのように

正しい方角を指し示すも、背後でのできごとだったために

華ちゃんはこれに気付かず(笑)。

 

2曲目は、路上時代からの懐かしい曲をと「小さな星」。

演奏後には、

 

 華:「この柏は、奥華子を育ててくれた場所なんです」

 

とも。

 

続いては、つい先日から新しいCMのオンエアが始まったことから、

 

 華:「ここはアピールのために」

 

と、マストのCMソングを披露する。

そして、

 

 華:「あ~、アレか、と思ってもらえたら」

 

 

 

ライブでは、旧バージョンの歌詞でだったけどね。

また、ガストのチーズINハンバーグも、併せて歌ってくれた。

 

このころになると、ステージ上に陽が射しはじめる。

すると、

 

 華:「陽が当たってきて、ちょうどいいかな? 私だけ?」

 

今んとこは、華ちゃんだけだな(笑)。

そして、

 

 華:「あったまる曲をと思ったのですが、そうでもないかもです」

 

と、「春夏秋冬」を披露。

今日はキーボードの下に左足で踏む大きなペダルが置かれていて、

これでストリングス調の音の大きさを調整しながらの演奏でした。

 

華ちゃん自身は、「冬の屋外ライブは、聴く人との

一体感があって好き」とのこと。

その後は、

 

 華:「去年よく歌った曲で、これからも大切にしていきたい」

 

という「初恋」に続く。

 

 華:「最後の曲ぐらい、あったかくなりませんか?

 

と、ラストは「自由のカメ」。

手拍子&合唱で盛り上がったあとは、

 

 華:「高島屋さん、おめでとう!」

 

と祝福の言葉で、1回目のステージは終了。

 

【セットリスト・13時】
 ・Birthday
 ・小さな星
  CMソング
   お部屋探しマスト/ガスト(チーズINハンバーグ)
 ・春夏秋冬
 ・初恋
 ・自由のカメ

 

ふと気が付くと、足が冷え切っている。

なんか、痛いを通り越して感覚がなくなってるような、

足先まで血がめぐっていないような(笑)。

というわけで、物販でライブグッズの5本指ソックスを購入。

その場で、元々履いていた靴下と2枚重ねにして着用する。

しかし、上に重ねたもんだから5本指の意味なし(笑)。

最初は2枚重ねにしても、あまり効果がないかな?と思ったけど、

軽く歩いたら血流が回復して、以降は足の冷えが解消。

いいグッズを作ってくれて、ホント助かった(笑)。

 

1回目のライブ中にハウリングを起こしていたこともあり、

ライブの合間にスピーカーのセッティングが変更される。

その後、衣装換えをした華ちゃんがステージに出てきて、

あらためサウンドチェックを。

その中では駅や通路にいる観客に向かって、

音が届いているかどうかをたずねる場面もあったり。

そして、

 

 華:「OKいただきました」

 

と言って、サウンドチェックは終了(笑)。

ここでは、ワンコーラスだけではあったけれど、

「やさしい花」を歌ってくれたのがうれしかったな。

 

15時となり、司会者の呼び込みで華ちゃんが姿を見せる。

で、その手にはトランペットが。

観客から「お~!」と声があがるなか、「虹の見える明日へ」で

2回目のライブが始まった。

 

がっ!

あまりの寒さで、トランペットの音が

思うように出ないらしく、

 

 華:「ダメだぁ」

 

と、嘆いていたり。

そして演奏後には、

 

 華:「トランペット持ってるの、誰だ?って感じですけど」

 

たしかに、ツアーを観ている人なら知っているけれど、

関東のフリーライブでトランペットがお目見えしたのは、

今回が初めてだもんな。

 

その後のMCでは、寒い中を何時ぐらいからステージ前で

待っていてくれた?と、観客に問いかける。

すると、早い人は7時半には到着していたらしい。

これには、華ちゃんも、

 

 華:「しちじはんっ!?」

 

と、ビックリ。

 

「ガーネット」のあとには、

 

 華:「今日、1回目も観てくれた人?」

 

すると、ほとんどの人が手を挙げているのかな?

でも華ちゃんは、2回目からの人と「半々ぐらい?」という反応。

そうか、自分の周りは1回目のステージから入れ替わってないのか(笑)。

また、今日はお腹や背中、手首、足先などにカイロを貼って、

万全の寒さ対策をしてきたのだそうで。

 

 華:「今からでも遅くないので、みなさんも……」

 

と言うと、観客から「遅いよ(笑)」ってツッコミが(笑)。

 

続いては、究極の失恋ソングの「初恋」。

演奏後には柏駅のほうを見て、

 

 華:「歌声、届いているかな?」

 

と、話す。

そして、通りがかりの人でも、

 

 華:「これだったら知ってくれてるかも」

 

と、ガストとマストのCMソングを。

いつものように手拍子で盛り上がると、

 

 華:「手拍子に慣れてる人が多い感じですね(笑)」

 

ええ、そりゃもう(笑)。

なお、今日の衣装はマストの新CMで着ていた

パーカーにするもりだったのだけれど、

寒すぎて断念したのだとか。

 

その後は、柏駅前でよく路上ライブを

やっていたころの話となる。

しかし、またも「南口」と言いながら

東口方面を指し示す華ちゃん。

そんな華ちゃんにツッコむ福田さん。

ああ、同じ光景をさっきも見たような……(笑)。

さすがに今回は、華ちゃんも福田さんの

指摘に気付いて、方角を訂正してました。

 

また、柏は路上ライブがきっかけで、高島屋さんに

見つけてもらった思い出の場所だと話す。

そしてそれが縁となって、母の日と父の日には

店内で華ちゃんのウタを流してくれているとも。

4曲目は、その年に2回高島屋で流れる曲を。

「伝えたい言葉」を歌ってくれた。

 

観客を交えた、「どこから来ました?」トークや、

全国ツアーの話題ののちには、

 

 華:「今日で、カゼひかないでくださいね」

 

と聴衆のことを気遣ってくれた。

そして、リズムボックスと観客のクラップが響く中、

「元気でいてね」で今日のライブを締めくくる。

その演奏後には、

 

 華:「今、曲を作っているんですけど、
    いい曲ができるようにがんばります」

 

と、うれしいお知らせもあったりして。

 

【セットリスト・15時】
 ・虹の見える明日へ
 ・ガーネット
 ・初恋
  CMソング
   ガスト(チーズINハンバーグ)/お部屋探しマスト
 ・伝えたい言葉
 ・元気でいてね

 

当初、1月に自分が足を運べるのは全国ツアー@行徳だけだったのだけれど、

昨年の大晦日に急きょ?発表された今日のフリーライブ。

久しぶりの屋外ステージは、寒かったけれど楽しかったな。

特に、「Birthday」で挙手できたのはよかった(笑)。

 

1月26日の誕生日当日にもツアーの日程が入っていることだし、

ここはひとつ……とか考えたくもなりますが、

週のまん中水曜日に釧路まで行くのは、さすがにムリ(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

2011

あけましておめでとうございます!
 

 Happy New Year 2011


元日の朝は天気がよかったので、近所で初日の出の撮影をば。

陽が昇る直前に、スカイツリーのそばで飛行機が旋回して、

ええ感じの雲を残してくれました。
 

 2011年 初日の出


地平線付近が晴れていたこともあり、太陽の姿がくっきりと。

しかし、撮るのに夢中で願いごとを忘れてたってのはヒミツだ(笑)。

 

というわけで、本年もよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »