« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の4件の記事

2011年8月21日 (日)

飯田舞ライブ@恵比寿天窓.switch

昼間のイベントが終わったあとは、飯田舞のライブへ。

先日のあゆ祭りで聴いて以来、二度目の生歌です。

今回は、舞ちゃんのほかにchi4、M.aiが出演する、

スリーマンライブみたい。

 

ヒトカラで時間をつぶしたのちに、恵比寿へと移動する。

会場の恵比寿天窓.switchには、石野田なっちゃんのライブで

何度か訪れたことがあるので、下調べいらずですな。

 

エントランスに作られた列の最後尾について、

しばしの待ち時間ののちに入場がスタートする。

並んでいた人数からすると、見やすい席は2~3列目かな?

……と思いきや、最前列に空きがあったのでそこを確保。

あとは、ドリンクチケットで引き換えたビールを飲みつつ、

開演を待つばかりっと。

 

18時30分。

定刻どおりに開演となり、舞ちゃんが登場。

あゆ祭りのステージと同様に、舞ちゃんのピアノと

東大黒さんのパーカッションの2人体制だ。

そして、アップな曲調の「そばにいて」からライブが始まった。

 

2曲目は夏の歌と、「花火とキミと…」。

続けて、「形」を披露する。

その後のMCでは、

 

 舞:「今、雨降ってました? 降ってない? よかったわ~」

 

と、飯田舞・雨女エピソードに(笑)。

先日、長野へ山登りに出かけたのだけれど、

曇りの予報だったにもかかわらず、頂上は雨。

ちょいちょい晴れたものの7割は雨だったそうで、

写真が残念な仕上がりだったらしい(笑)。

で、

 

 舞:「せっかく雨がやんだのに、こんな曲を選ぶなんてね」

 

と、「夕立」を歌ってくれた。

なんでも、この曲を歌うと空に雲が立ち込めてくるのだとか(笑)。

 

続いては、「Color」。

この曲、大好きなんだよなぁ。
 

 

 
あゆ祭りのときはステージまでの距離があったけれど、

今日は目の前で聴くことができて、かなりうれしい。

 

その後のMCは、再び長野旅行の話題に。

登山でゴンドラに乗ったとき、特に混雑しているわけでもなく、

ほかのゴンドラもがら空きなのに、後ろに並んでいた

おじいちゃんが相乗りをしてきたとのこと。

初めは気を遣っておとなしくしていたのだけれど、

窓の外に虹を見つけた舞ちゃんは、「あ、虹!」と

同行していた友達に声をかけたのだとか。

そしたら、友達よりもそのおじいちゃんのほうが、

「どこ!?」と食いついてきたらしい。

で、先ほどの「Color」の虹の歌詞は、

そのことを思い出しながら歌っていたのだそうで(笑)。

 

パーカッションのおじいちゃん……もとい(笑)。

東大黒さん=ボスを客席に紹介したあとは、

観客の手拍子を交えての「大切なもの」を披露。

その後の告知タイムでは、

 

 舞:「みんなチラシ持ってるもんね」

 

と、大雑把なO型発言?

ま、自分もO型なわけだが(笑)。

そして「キミの隣りで…」をラストに、40分ほどのステージは終了。

 

【セットリスト】
 ・そばにいて
 ・花火とキミと…
 ・形
 ・夕立
 ・Color
 ・たいせつなもの
 ・キミの隣りで…

 

その後はchi4、そして今日のライブの主催である

M.aiのステージが続く。

どちらも歌声を聴くのは初めてだったけれど、

カバーソングもありつつで、かな~り楽しめた。

……あれ?

そういや舞ちゃんだけ、カバーソングがなかったような?

ま、いっか(笑)。

 

終演後にはCDを購入して、ジャケットにサインを入れてもらった。
 

 20110821_3

 
なにげに、傘マークが入っていたりして(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JMO夏休みファンの集い

猪野由梨佳ちゃんの所属事務所、JMOが開催するイベントへ。

事前情報によると親睦会的な内容なのかな?

ライブでも舞台でもないイベントに参加するのは久しぶりだし、

なにより由梨佳が手料理を振舞ってくれるというから、実に楽しみ。

 

集合場所は、築地のとあるビルの前。

ここかな?と建物の中をのぞきこんでみると、

まさにそこが会場だったり。

ちょうど入り口付近にいた由梨佳に出迎えてもらい、

 

 由:「このあたりが由梨佳エリアですよ~」

 

という、入り口付近のテーブルにつく。

 

その後、タレントさんたちの自己紹介ののちにイベントがスタート。

さっそく、由梨佳の手料理をいただく。

まずは、メインのキーマカレーを。

あたしゃ、カレーのなかでもキーマカレーが好きなので、これはうれしいぞ。

まずはTwitter & ブログ用にスマホで写真を撮ってから、

いっただっきま~す……うん、んま~い。

 

が、しかし!

 

欲をいえば、おかわりしたかったかも(笑)。

ほかにもトマト煮や、きゅうりの酢の物、枝豆の塩茹でと、

大分のおばあちゃんが送ってくれたという野菜がいっぱい。

でも、由梨佳自身はきゅうりが苦手なのだとか。

そんな感じで雑談しつつ、いずれの料理も

とてもおいしくいただきました。

そして、食後にカレーの写真を確認してみたら、

カメラがフリーズしていて画像が保存されておらず。(´・ω・`)

 

その後は、トランプをしたりジェンガで遊んだり。

はたまた、撮影タイムもあったり。
 

 猪野由梨佳

 
今回はG12を使ったけれど、久々にDiMAGE A1を持ち出してもよかったなぁ。

ポートレートは、ファインダーをのぞいて撮りたいかも。

 

イベントの終盤にはA4サイズのシートに、

目の前でサインとメッセージを書いてくれた。

こういうのって、すごくうれしいんだよね。
 

 

 
しかし、雑談中に手が止まるので、巻きが入ることしばしば(笑)。

 

おみやげに生の枝豆をもらい、握手をしてイベントは終了。

最後は建物の外に出てきて、遠く離れるまで見送ってくれた。

いや~、11時から15時までのんびりと、ホントに楽しい時間だったなぁ。

また、こんな感じのイベントがあるとうれしいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

ヤクルト-阪神 第11回戦

華ちゃんつながりの友人のお誘いで、

ひっ…………さっしぶりに神宮球場へ。

カードは、ヤクルト-阪神戦です。

 

野球場での観戦は、新庄がお立ち台で引退宣言をした翌日の、

日ハム-オリックス戦@東京ドーム以来5年ぶり。

……と記憶していたのだけれど、

その翌々日からの1週間で5試合を観にいってたらしい(笑)。

神宮での観戦に限っていえば、2003年以来かな?

 

阪神・岩田、ヤクルト・川島亮の先発で始まった試合は、

3回に鳥谷の犠飛と新井サンのツーベースで阪神が2点を先制。

さらに5回には、ブラゼルのタイムリーでリードを3点に広げる。

2番手の渡辺がバレンティンに一発を食らったものの、

榎田は1イニング3奪三振と素晴らしいピッチングを見せてくれた。

そしてコバヒロ劇場が開演することもなく(笑)、8回終了時点で3-1と阪神のリード。

あとは藤川球児が試合を締めてくれるであろう。

 

……と思っていたら、9回表に阪神打線が大爆発。

平野、ブラゼル、代打・桧山タイムリーなどで5点を挙げ、

大量7点のリードとなったことで事情が変わってきた。

球児はブルペン投球を打ち切り、代わりに福原が9回裏のマウンドへ。

あー、できれば球児を見たかったなぁ。

とはいえ、この点差ではセーブもつかないし、しゃあないか。

 

代役登板となった福原は、先頭の武内を四球で歩かせる不安な立ち上がり。

青木は打ち取ったものの、代打・ホワイトセルに2ランを浴びる。

これでスコアは8-3。

走者がいなくなったから、連打で点を取られるよりはマシだわね。

 

ところが、田中に四球を与え、畠山をファーストゴロに打ち取ったのに、

なぜか一塁ベースカバーへ入らず自らピンチを広げる福原(笑)。

結局、続く川端にもヒットを打たれ、1死満塁となったところで福原は降板。

急きょ、球児がマウンドへと向かう。

 

球児は、粘る宮本を火の玉ストレートで三振に仕留める。

バレンティンも浅いセンターフライに打ち取り、試合終了。

阪神の勝利!……と、誰もが思ったであろう。

なんと、柴田が打球をポロリ(笑)。

スタートを切っていた走者は、全員ホームへ帰って8-6。

たちまち点差は2点となった。

 

さらには、川本への初球のフォークを藤井が捕れずに大きく弾き、

ボールの行方を見失っている間に、バレンティンが二塁から一気に生還。

これで、ついに1点差に。

とはいえ、走者はいなくなったし。あと1人だ。

で、川本の打球はサード正面へのゴロ。

今度こそ試合しゅ……打球を弾く新井サンwww

一塁はセーフで、同点のランナーまで出してしまう。

 

しかも、代走の三輪にスチールを決められ、一打同点のピンチとなる。

打者は一巡して、このイニング2回目の打席となる武内。

こいつぁ、最悪サヨナラツーランもあり得るぞ。

やっべ、ドキドキしてきたwww

 

そんな不安もなんのその。

球児が武内から三振奪い、三度目の正直で試合終了。

8-7で阪神の勝利!

先発の岩田に勝ちがついたのは、大きかったなぁ。

でも、これって世紀の逆転負けを見逃したともいえるのか?(笑)

 

 ヤクルト7-8阪神

 
こんなにもドイヒーでおもしろい試合は、そうそうないわけで。

お誘い、ありがとうございました!

 

あ、ここまで書いといてなんだけど、9回裏のできごとは

↓の動画を見たほうが早いかもしれない(笑)。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

奥華子ライブ@あつぎ鮎まつり

奥華子ファンにとっては、もはや夏の風物詩であろう、あつぎ鮎まつり。

今年は震災の影響で、花火の打ち上げは中止だけど、

お祭り&恒例のライブステージは開催されるみたい。

 

会場は、2年連続4回目となる厚木中央公園。

今日のステージは、13時からのFM ヨコハマの公開生放送、

16時半からの復興支援ライブと2本立てだ。

公開放送の前には、同じステージでゴーカイジャーのショーがあるから、

その間の客席は子供たちでいっぱいだろうな。

というわけで、ショーが終わるあたりを狙って会場を目指す。

……つもりが、予定の時間に起きられず出遅れる(笑)。

しかし、客席には思いのほか空きがあって、

2列目の端のほうを確保することができた。

位置は端だけど、座席からの視界に隅っこ感はないので、

まったく問題ないですな。

 

その後は、公園内に出ている屋台を巡ってみる。

んー、花火がないせいか、例年よりも数が少ないかなぁ。

ひと回りしてみて、目に留まった厚木シロコロに富士宮やきそば、

それと生ビールで朝ごはん。

あと、デザートにお決まりのレインボーを(笑)。
 

 レインボー

 
にしても、今日の陽射し&暑さはかなり強烈。

客席周辺に日をさえぎるものがないから、これは焼けるぞぉ。

 

12時すぎにはステージに機材が設置され、リハがスタート。

席に戻って、2杯目に選んだ黒ビールを飲みつつ、その様子を眺める。

そして13時となり、「AIR CRUISE あつぎ鮎まつり SPECIAL」の

公開生放送が始まった。

そのころには陽射しがやや和らぎ、心地よい風が吹いてきた。

いやー、3杯目の黒ビールがうまい(笑)。

汗ですぐ出ちゃうから、グイグイいけますな。

 

番組のパーソナリティは、鈴木裕介&鈴木まひる。

“スズッキーズ”のおふたりとは、去年の3月以来ですな。

お久しぶりです(笑)。

 

1組目のゲストは男性2人のユニット、Honey L Days

短めのトークののちに、彼らの演奏が始まる。

今日は、トークよりもライブを中心にした構成みたい。

 

Honey L Daysの出番が終わったところで席を立つ人がいたので、

中央よりのイスに移動する。

そしたらその先には、友人たちの姿があったり(笑)。

 

華ちゃんは、2番手で登場。

先ほどと同様に、ちょっとしたトークに続いてライブが始まる。

まずは、今日のような夏の日をイメージした、

「ガーネット」をショートバージョンで。

 

夕方からのライブの告知が入る。

そして、

 華:「みなさん、お祭り楽しんでいますか~?
    食べたり、飲んだり……お酒も飲んだり。
    ね、自由ですね。大人の夏休みです。
    ぜひみなさん、よかったら遊びにきてください」

 

とも。

続く「君の笑顔」、「初恋」の計3曲で、華ちゃんの出番は終了。

 

【セットリスト・公開放送】
 ・ガーネット
 ・君の笑顔
 ・初恋

 

最後のゲストは、榊原郁恵。

まさか、生で姿を見る機会があろうとは思いもよらなんだ。

曲はもちろん、「夏のお嬢さん」。

……ライブではなくCD音源だったけど(笑)。

 

16時半。

4杯目の黒ビールを手にししたところで、復興支援ライブが始まる。

トップバッターは、仙台出身のシンガーソングライター、渡辺ヒロコ

自己紹介をしたところで、

 

 ヒ:「ここで迷子のお知らせがあるので」

 

と、いきなりのアナウンス待ちに(笑)。

ライブでは鍵盤の弾き語りで、パワフルな歌声を聞かせてくれた。

 

2番手の飯田舞は、自らが弾く鍵盤とパーカッションの

サポートのみのシンプルなスタイル。

彼女のクリアで温かみあふれるボーカルからは、

「言葉」が強く伝わってきて、かな~りよかったなぁ。

また、手拍子が入るようなアップな曲では、

 

 舞:「私、明るい曲が少ないんです!」

 

と、どこかで聞いたことがあるようなMCもあったり(笑)。

 

【セットリスト】
 ・キミの隣りで…
 ・夕立ち
 ・そばにいて
 ・Color

 

ラストに歌った「Color」が気に入ったので、

ライブ後の物販でその曲が収録されたCDを購入。

ジャケットにサインを入れてもらった。
 

 キミの隣りで…

 
CDは全部で3種類あったけれど、今日はあえて1枚のみに。

ほかを手にするのは、今後に取っておこうっと。

 

続いては、華ちゃんのステージ。

珍しくMCではなく、演奏からのスタートとなった。

 

1曲目の「変わらないもの」を歌い終えた直後には、

 

 華:「さっきからみなさん、ガンガン声出してますね」

 

さきほどの飯田舞さんの出番のときは、

けっこうトークで盛り上がってたもんな。

また、華ちゃんにとって、あつぎ鮎まつりは

夏に欠かせないライブになっているとも話す。

 

久しぶりに聴いた気がする「恋」のあとには、

「今日、奥華子のライブが初めてだという人は?」と

客席に問いかける。

続けて「(今までに)どこかで見てくれた人は?」という

質問もあり、多くの人の手があがる。

それを見た華ちゃんは、

 

 華:「ありがとう! 今日もありがとう!」

 

と言ってくれた。

 

また、ここではガスト&マストのCMソングも披露する。

これに、客席が「お~」と大げさなリアクションをすると、

華ちゃんはおもむろに“鮎のポーズ”を取っていたり(笑)。

これは花火カウントダウンのときに会場全体でやるのだけれど、

今回は打ち上げが中止となだけに“鮎のポーズ”もないものだと思ってた。

 

そして、

 

 華:「今年は花火がなくて残念だけど、またこうやって
    鮎まつりでライブができるだけでも、幸せなことだと思います」

 

と話す。

また、5月から始まったスマイルライブでのチャリティー手ぬぐいの

売り上げは、7100枚を超えたのだとか。

続く3曲目は、

 

 華:「(被災地の方々が)心から笑顔になれる日がきますように」

 

と、震災後に書き上げたという「君の笑顔」。

続けて、新曲の「シンデレラ」を歌ってくれた。

 

ラストは「花火はないけど」と、蝉時雨の中での「花火」。

そういや去年の鮎まつりライブでは、花火の打ち上げの

時間に間に合わなくて、この曲が聴けなかったんだっけ。

来年こそは、曲も花火の打ち上げもそろうといいんだけど。

 

【セットリスト】
 ・変わらないもの
 ・恋
  CMソング
   ガスト(チーズINハンバーグ)~お部屋探しマスト
 ・君の笑顔
 ・シンデレラ
 ・花火

 

トリは藤田恵美 (Le Couple)。

「ひだまりの詩」を、手話を交えて会場全体で歌ったり、

「What a Wonderful World」や「Moon River」などの

カバーを聴けたりと、かなり楽しめた。

 

すべてのステージが終わったあとは、握手会に参加。

最近、華ちゃんは携帯をスマホに変えたというので、

それ系の話題を振ってみる。

そしたら、スマホ特有の操作にまだ慣れていないみたい。

 

その後、ステージの司会をしていた山田尚史さんと話す機会に恵まれた。

なんと、TIME NOTEの黄色いTシャツを着ている山田さん。

……ファン暦が長いですな(笑)。

そして、「来年は山田さんの歌も聴かせてください」とお願いしてみる。

4年前の鮎まつりで初めてその歌声を聴いて、すごく感動したんだよね。

 

握手会の終了を見届け、華ちゃんのあいさつに聞き入る。

そして、その場にいる人みんなでの“鮎のポーズ”で締めくくる。

これは、華ちゃんが突発的にポーズを取ったのだけれど、

それにちゃんと着いていくあたり、みんなさすがだ(笑)。

 

帰りには、友人たちと本厚木駅前の居酒屋へ。

今日はとことん呑んだ気がするなぁ。

で、店を出てみたら、外はすっごい豪雨。

どんだけすごかったかというと、落雷の影響で

乗っていた小田急線が停まるぐらい。

 

そいや飯田舞さんが、ライブ中のMCで雨女だと言ってたっけなぁ。

そのときは、超晴れ女の華ちゃんがいるから

心配ないと思って聞いてたんだけど……ここで?(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »