« 奥華子 CONCERT in FUNABASHI | トップページ | 奥華子コンサート@調布市グリーンホール »

2011年10月 7日 (金)

NIKIIE LIVE TOUR 2011 *(POSTSCRIPT) @赤坂BLITZ

かねてより、足を運びたいと思っていたNIKKIEのライブ。

近いところでは全国ツアーがあるけれど、

東京公演は平日の開催だから難しいかな、と、

公式サイトのチケット先行販売も見送ってました。

でも、ちょうどその日に休みが取れそうだ!ってんで、

急きょチケットを購入。

あとは当日を待つばかりっと。

 

18時すぎに、会場の赤坂BLITZに到着。

会社から近いので、移動は楽だった。

って、あれーおかしーなー(棒読み)。

旧BLITZには何度か足を運んだことがあったけれど、

リニューアルされてからは今日が初めてだな。

 

18時半から、チケットの整理番号順での入場が始まる。

自分は279番なので、しばし待ったのちに場内へ。

そして、6列目やや下手寄りの席を確保できた。

ステージに目を向けると、センターにピアノが。

そして後方の左手にドラム&パーカッション、

右手にはギターが置かれている。

今日は、NIKIIEを含めて3人編成なのかな?

 

開演は19時5分。

ステージ上手のイス?に置かれたノートに、スポットライトが当たる。

このときは気づかなかったのだけれど、1stアルバム初回盤の

ジャケ写のノートなのだとか。
 

*(NOTES)【初回盤】
NIKIIE
B0051RTG2U

 
そして、アルバム「*(NOTES)」の10トラック目に収録されている、

Interludeをバックにバンドメンバー2人が、続いてNIKIIEが、

ステージに姿を見せ、自らのポジションへとついた。

 

ライブは、「NAME」からスタート。

2曲目の「Kiss Me」では、NIKIIEの「Stand up!」の

掛け声と同時に、場内はスタンディングに。

そして「LUV SICK」が続く。

ここまでは、アルバムと同じ曲順だ。

さらにMCをはさみ、「カラノイズ」、「魔女」、

「STAR」の3曲を披露する。

 

続いては、「これから知らない曲を歌うけど」とピアノから離れ、

タンバリンを手にしての「Say You Love Me」。

この曲では、会場全体で“Say You Love Me”のフレーズを合唱して、

客席とNIKIIEとの間でのパワーエクスチェンジも。

 

続いては、彼女が自分の中にある「光と影」に思い悩み、

毎日この世界から消えてしまいたいと考えていた時期に

書いた曲だという「Subway」。

静かなる激しさと深い影が、強烈に伝わってくる。

そして、何かの衝動をぶつけるかのような「幻想フォルム」。

さらに、NIKIIE1人での弾き語りで「TOXIN」。

この3曲は、まさに圧巻というパフォーマンスだった。

 

続くMCでは、

 

 NIKIIE:「伝えたい言葉がいっぱいあって、
      伝えればよかったと後悔したときが、
      伝えるべきときなのではないかと思う」

 

と話す。

そして、自分がNIKIIEを知るきっかけとなった、「紫陽花」を歌ってくれた。
 

 

 
その歌声が、じんわりと心の中にしみこんでくる。

 

その後は、未発表曲の「雨人」、「3sec.」、「カナリア」。

ライブ本編最後の曲として、「HIDE & SEEK」。

 

アンコール。

ツアーTシャツ姿でステージに戻ってきたNIKIIEは、

 

 NIKIIE:「こんな大きな会場でやれてうれしいです。
      来てくれてありがとう」

 

と話し出す。そして、

 

 NIKIIE:「歌で表現することを選んだ1人として、伝えていきたい。
      想いを込めて、この曲を歌いたいと思います」

 

と、デビュー曲の「春夏秋冬」を歌ってくれた。

さきほどの「紫陽花」と同様に、この曲も大好きなんだよな。

 

オーラスは、

 

 NIKIIE:「みんなの明日が、とびきりの明日でありますように」

 

と、アルバムでも最後に収録されている「little summer」。

そして演奏を終えた彼女は、ステージの片隅に置かれた

分厚いノートを手に取り、静かにステージをあとにした。

 

【セットリスト】
 ・Interlude

 ・NAME
 ・Kiss Me
 ・LUV SICK
 ・カラノイズ
 ・魔女
 ・STAR
 ・Say You Love Me
 ・Subway
 ・幻想フォルム
 ・TOXIN
 ・紫陽花
 ・雨人
 ・3sec.
 ・カナリア
 ・HIDE & SEEK

 ・春夏秋冬
 ・little summer

 

いや~、本当に満足感の高いライブだった。

ときには鍵盤へ拳を振り下ろし、ときには肘を打ちつけるという、

そのルックスからは想像もつかないような、

ダイナミックな演奏スタイルが実に印象的だったかも。

弾き語りライブも、ぜひ観てみたいものですな。

|

« 奥華子 CONCERT in FUNABASHI | トップページ | 奥華子コンサート@調布市グリーンホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/53001036

この記事へのトラックバック一覧です: NIKIIE LIVE TOUR 2011 *(POSTSCRIPT) @赤坂BLITZ:

« 奥華子 CONCERT in FUNABASHI | トップページ | 奥華子コンサート@調布市グリーンホール »