« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の6件の記事

2012年1月26日 (木)

41歳の春だから

……というわけで、今年も無事に誕生日を迎えることができました。

ついに、バカボンパパと同い年ですわ(笑)。

メールやメッセージ、バースデーカード、ありがとうございます!

 

誕生日とはなんの関連もないのだけれど、

今日はダイヤモンド富士を撮影するために、

サンシャイン60の展望台へ。

出かける前に西の空を見たところと雲が多いけど、はたして?

 

陽がかたむくにつれ、しだいに富士山の姿がくっきりと見えてくる。

この様子だと、大丈夫そうかな。 
 

 ダイヤモンド富士?

 
と思いきや、絶妙なタイミングで雲が横切り、

シャンプーハット富士になっちゃいました(笑)。

前後どちらかに、5分ずれてりゃねぇ。

 

日没後もしばらく粘っていると、上空には三日月と宵の明星が。
 

 三日月と宵の明星

 
んー、絵的にはこのカットのほうが好きかも。

 

その後は桜台まで足をのばして、二郎へ。
 

 ラーメン二郎 桜台駅前店:小豚(麺かため・ニンニク・ヤサイ・カラメ)

 
今日は、26の日だしね~(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

猪野由梨佳ライブ@日暮里プロモボックス!

今週もまた、由梨佳のライブに足を運ぶ。

会場が先日と同じ、日暮里のプロモボックということで、

家からの最寄りライブ再び(笑)。

 

今日は3列ほどのイス席が用意されていたので、

最前列を確保して開演を待つ。

で、ほどなくして開演。

MCの芸人さんによると、今日のイベントは歌ライブ→

お笑いライブ→歌ライブという流れみたい。

そして、序盤の歌ライブに出番がある4組の女の子がステージに。

今日の由梨佳の出番は2番目らしいので、さっそくの登場ですな。

 

まずは出演者の紹介を兼ねた軽いトークとなった。

ここで由梨佳は、なぜか安堵の表情を浮かべている。

なんでも、直前に紹介された出演者が、

衣装の胸元にポケットティッシュをはさんでいて、

盛り上げてくれた観客ひとりにプレゼントするという

話をしていたので、引き続き胸の話題になると思ったみたい。

つまりは、自信がないとのことなのだけれど、

 

 由:「胸を張って!」

 

と、勢いよくトークを締めていたり。

 

その後は、歌のライブに。

そして由梨佳のステージは、JUDY AND MARYの

「そばかす」から始まった。

 

歌い終えたところで、「猪野ちゃ~ん」と声をかけると、

 

 由:「そうです。猪野ちゃんです。猪野ちゃんと呼んでください」

 

と、客席に呼びかける。

すると、

 

 客:「猪野ちゃ~ん」
 由:「愛情込めて、もう一度っ」

 

と、リテイク(笑)。

 

 客:「猪野ちゃ~ん」
 由:「若干のバラつきがありましたが(笑)」

 

と、なんとかOKが出たところで、「ごはんはおかず」。

これは、「けいおん!」の曲なのだとか。

 

【セットリスト】
 ・そばかす
 ・ごはんはおかず

 

序盤のステージが終わったところで、4組の出演者が

再びステージにあがり、MCとのトークタイムとなる。

1曲目に「そばかす」を歌っていたことから、

MCが「ジュディマリが好きなんですか?」と問いかける。

でも、由梨佳は特にそういうわけではないみたい。

「それじゃ、なんでまた?」と思いつつ話を聞いていると、

 

 由:「しょこたんのしか知らなかった」

 

そっちか!(笑)

そういや、トリビュートアルバムでカバーしてたっけ。

また、由梨佳が魚が好きだという話題から、

 

 MC:「魚アイドルで活動したらどう?」
 由:「責任とってくださいね(笑)」

 

鋭い切り返しですな(笑)。

 

終演後には、雑談タイムに。

ライブの前に谷中ぎんざでもらってきた、

お散歩マップを見ながら日暮里トークで盛り上がる。
 

 猪野由梨佳

 
また、ひと足早く「誕生日おめでとう」を言ってくれたりして。

いや~、うれしいなぁ。

どうもありがとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

猪野由梨佳ライブ@日暮里プロモボックス!

先週に続いて、由梨佳のライブへ。

会場は日暮里のプロモボック……って、もしかして?

あ~、やっぱりあの場所か。

初めてのハコだけど、ピンときた。

これは自分ちの最寄りライブですな。

 

出演者が大所帯のなか、由梨佳の出番はけっこう早め。

3組目ぐらいだったかな?

まずは、木村カエラの「Butterfly」からスタートする。

これ、好きなんだよな~。

曲の雰囲気も、由梨佳の声に合ってるね。

 

その後のMCは、まずは自己紹介を。

また、1人でのライブは今年初めてだと話す。

そして2曲目は、「踊るもんじゃ、唄うんじゃもん、どんなもんじゃ」。

昨年、中止になっちゃった東京月島もんじゃ祭りだけど、

どうやら復活の兆しがあるみたい。

それもまた、楽しみだぁね。

 

久しぶりの「もんじゃ」を歌い終えると、

 

 由:「緊張で、すごい汗だぁ」

 

そして、次が最後の曲だと告げる。

そのときの観客の「え~」というお約束な反応に、

 

 由:「今日はよく眠れます」

 

素晴らしい切り返しである(笑)。

 

ってなわけで、ラストは、「ムーンライト伝説」。

「セーラームーンになりたい」と卒園アルバムに

書いたけれど、実際にはなれなかったので、

というのが選曲理由なのだとか。

 

出番の最後にはMCとのトークもあって、

まずはセーラームーンの話題に。

子供のころにはわからなかったけれど、

今になってあらためて「ムーンライト伝説」を歌ってみると、

歌詞の内容がオトナだと感じたのだそうで。

で、「オトナな歌詞だと気づいたのは、いつぐらい?」という

MCのツッコミがに対しては、

 

 由:「……昨日ぐらい?」

 

またも、素晴らしい切り返しである(笑)。

 

そして話題は、今日のトークテーマの「クセ」に。

「ひ~」や「うきょー」といった口グセのほかに、

“トイレに行かない”というクセ?があるらしい。

そこで「アイドルはトイレに行かないとか言いますよね」

とMCが話を振ると、

 

 由:「そういうカワイイのじゃない(笑)」

 

なんでも、行けるときに行かないのだそうで、

 

 由:「実際、今行きたいし」

 

と、オチがついたところで由梨佳の出番は終了。

はよ、行っといで(笑)。

 

【セットリスト】
 ・Butterfly
 ・踊るもんじゃ、唄うんじゃもん、どんなもんじゃ
 ・ムーンライト伝説

 

終演後には、いつものように雑談を楽しむ。

また、ブログ用に写真を撮らせてもらったりもして。
 

 猪野由梨佳


今日もありがと~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

お散歩の相棒は

実は、昨年末にKSR110を手放しました。

「お散歩バイク」を求めてリッターバイクから乗り換えたKSRなのだけれど、

最近のお散歩は自由度の高い徒歩にシフトしてしまい、

ここ1年ほどはまったく乗ることができてなくて。

そこで、より徒歩に近い乗り物の自転車を購入することに。

 

お散歩用なので、ミニベロ(小径車)が適しているであろう。

となると、数年前にショップで見かけてから、

ずっと頭の片隅にあったBRUNOが、

自分の中では最有力……ってか一択?(笑)

そのなかでも、フラットハンドルのVENTURA FLATにするか、

ドロップハンドルのMINI VELO 20 ROADにするか、かなり悩む。

最終的には、お店の人のおススメと車体色が決め手となり、

MINI VELO 20 ROADのほうに決定。

カタログに載ってる↓の写真と、まんま同じヤツですな。
 

 BRUNO MINI VELO 20 ROAD

 
ショップで車体を受け取り、自宅まで8kmほどの道のりを

乗って帰ってみたら、想像以上によく走る!

それでいて、すごく楽だ!

ミニベロとはいえ、そこはスポーツバイク。

こぎ始めが軽く、タイヤへと力がロスなく伝わっていく感覚は、

自分が経験してきた自転車の乗り味とは別モノだなぁ。

何年ぶりかわからないほど久しぶりに乗る自転車で、

しかも初めてのドロップハンドルだったけれど、

すぐに慣れて実に楽しく走ることができました。

 

これで、お散歩に出かける範囲が広がること間違いなしですわ。

しかし、別売りのスタンドがメーカー欠品なので、

しばらくは自立させることができないのが難(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

BANANAしんどろうむライブ@六本木BeeHive

急きょ決まったという、2012年初の由梨佳ライブ。

当初はソロの予定だったらしいのだけれど、

これまた急きょBANANAしんどろうむでの出演になったみたい。

また、会場の六本木BeeHiveは、年末のライブと同じ。

……あ゛、タイトルがそんときのエントリと完全に一致(笑)。

 

今日はちょいと早めに現地へと向かい、

会場の建物の1階にあるオサレラーメン店へ。

前回は品切れだった、塩ラーメン“naminori”を食べてみる。
 

 六本木Bee Hive:塩ラーメン“naminori”

 
あっさり風味で、おいしゅうございました。

 

今日のイベントは“アニソン&オリジナルソング新春SP”

というタイトルで、BANANAしんどろうむは2組目でステージに。

まずは、ミュージカル系の女の子と歌が得意な男の子による、

ダンス&ヴォーカルユニットだというトークから。

でも、

 

 由:「今日は踊りません」

 

とキッパリ(笑)。

そして、メンバーの自己紹介へ入る。

“BANANA”担当、猪狩和真。

“しん”担当、池田彩。

“どろう”担当、猪野由梨佳。

となると、“む”担当になるしかない(笑)、甲斐貴大。

 

 由:「猪野ちゃんと呼んでくださいっ。せーの!」
 客:「猪野ちゃ~ん」
 由:「もっと愛情こめてくださいっ」

 

なんてやり取りもありつつ、さっそく歌へ。

まずは、由梨佳のソロで「ムーンライト伝説」。

このあたりの曲だと、自分も知ってるな。

 

その後は、甲斐君のソロで「U&I」(けいおん!)、

彩ちゃんソロの「Part of your world」(リトルマーメイド)が続く。

そして、再び由梨佳のソロで「Supercalifragilisticexpialidocious」

(メリーポピンズ)……って、長いタイトルだなぁ。

自分がブログ用にメモをとっているのを知っている由梨佳は、

歌い終えたあとにステージから、

 

 由:「(曲名を)メモできましたか?」

 

と聞いてくれたけど、さすがにムリぽ(笑)。

 

猪狩君の「ウィーアー!」(ONE PIECE)のあとには、

 

 由:「みなさんの年齢に合わせました」

 

という「タッチ」を由梨佳&彩のコンビで披露して、

BANANAしんどろうむの出番は終了。

 

【セットリスト】
 ・ムーンライト伝説 (猪野由梨佳)
 ・U&I (甲斐貴大)
 ・Part of your world (池田彩)
 ・Supercalifragilisticexpialidocious (猪野由梨佳)
 ・ウィーアー! (猪狩和真)
 ・タッチ (猪野由梨佳/池田彩)

 

終演後には、由梨佳に年賀状を手渡す。

彼女もまた、年賀状を用意してくれていたり。
 

 年賀状

 
また、新年最初ということで、色紙にサインを入れてもらう。

今日が祝日だったせいかな?

はじめに書いた曜日が違ってたのは、ご愛嬌(笑)。
 

 新年初サイン!

 
年賀状にサインに、それと写真もありがとう。

今年もひとつ、よろしく~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

二郎めぐり 38店目/38 仙台店

早くも年明けから数日が経過。

たまりにたまったライブレポは、一向に進んでおりません(笑)。

どうか、気長にお待ちください。

 

この年末年始……というか年が明けてから久々に仙台へ帰省。

その際に……。
 

 ラーメン二郎 仙台店

 
行ってきました(笑)。

関東以外では初の支店となる、仙台店!

 

開店前から並んで、待つこと15分。

……のはずが、開店が15分遅れて30分+αの待ちとなる。

そして、オープンと同時に先頭集団が店内へ。

しかし自分は、外で待機が続く。

あー、雪がちらついてきたー(笑)。

しばらくすると、助手さんが外で並んでいる人に

大か小かを聞きにきてくれたので、「小の麺かためで」と伝える。

 

その後、ようやく店内へ入って食券を買おうとしたら、

いきなり「どうしますか?」とトッピングを聞かれる。

券売機にお金を入れながらコールしたところ、

着席するよりも早く丼が出てきたり(笑)。

 

小豚(麺かため)のニンニク多め・ヤサイ。

それと生卵も。
 

 ラーメン二郎 仙台店:小豚(麺かため)・ニンニク多め・ヤサイ

 
おおっと、これは予想以上の盛りのよさ。

平打ちの麺は、モチモチ&ツルツルしてておいしいのだけれど、

自分の感覚ではかための茹で加減ではないなぁ。

これは、着席前にできあがっていた影響があったのかも?

 

スープはライトかな?という第一印象だったのだけれど、

食べ進めるうちにちょうどよくなってきた。

味の濃いところが沈んでたんだろね。

まぁ、よくあるこっちゃ(笑)。

あと、固形油が多めに入ってたかな。

 

豚はやわらかくて、おいしかったなぁ。

味がよくしみこんだ端っこも入ってて、大満足。

 

これで、あらためて全店舗をコンプ!

しかし、近々赤羽店のオープンが控えているようなので、

二郎めぐりはまだまだ終わらんね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »