« 石野田奈津代リサイタル「SONGLiFE 1/11688」@TOKYO FMホール | トップページ | BANANAしんどろうむ初ワンマンライブ「ギロッポンでヴーライやるんでシクヨロでぃーす!」@六本木BeeHive »

2012年4月30日 (月)

奥華子 CONCERT TOUR '12 弾き語り ~5th Letter~@栃木総合文化センター

このエントリは、「奥華子 CONCERT TOUR ''12 弾き語り ~5th Letter~」に関するネタバレ要素を含んでいます。
閲覧の際はご注意ください。

 

華ちゃんの5回目の全国ツアー、

5th Letterがスタートして、約2カ月が経過。

よ~~~やく、会場へと足を運ぶことができました。

ツアーが始まってから参加するまでのあいだが、

こんなに開いたのは初めてですわ。

もうね、ネタバレ回避に必死(笑)。

 

今日は、ツアー19公演目の栃木。

会場は、宇都宮にある栃木総合文化センターだ。

ライブは夕方からだけど、早めに現地へ行って、

餃子を食べるとしますかね。

 

ってなわけで、華ちゃんが宇都宮へ来るたびに

立ち寄っているという、“めんめん”へ。

案内されたテーブルの真横の壁には、

華ちゃんのサイン入りポスターがドーン。
 

 サイン入りポスター

 
当たり席だな(笑)。

サインの日付は、たぶんMATIOTOロケのときのかな。
 

 野菜味噌ラーメン&餃子

 
野菜味噌ラーメンに餃子、チャーハンもうまかった~。

 

お腹を満たしたあとは、街なかをウロウロしたり、

カフェに入ったりして時間をつぶす。

そして、頃合いを見て会場へと向かい、

会場敷地内のベンチでのんびりと。

開場前の先行物販では、タオル3種を購入する。

その後、入場列に並んでホール内へ。

 

今回の栃木公演は、お部屋探しMASTの

積和不動産が特別協賛をしている関係で、

入場時にはMASTのタオルがもらえた。

また、ロビーにはMASTくんの立て看板やら

幟やらでいっぱいだったり。

 

今日の自席は2列目。

入手済みの5th Letterのチケットのなかで、

一番ステージに近い席だ。

位置がほぼセンターなので、ピアノ演奏のときも

キーボード演奏のときも観やすそうだな。

 

17時となり、客席の照明が落とされる。

真っ暗になったステージに姿を見せた華ちゃんは、

向かって右手に据えられたグランドピアノのもとへ。

そして、鍵盤の周りのわずかな空間だけが

スポットの光で浮かび上がった。

 

1曲目は最新アルバムの「good-bye」から、

「サヨナラは言わないまま」。

そして、「魔法の人」を続けて歌ってくれた。

 

 華:「こんばんは~、奥華子です。ようこそ~!」

 

と、その後はこの日最初のMCに。

華ちゃんは、客席を指さして、

 

 華:「広い!」

 

続けてステージ上を指さして、

 

 華:「広い!」

 

そして、

 

 華:「みんな、こちら(ステージ上)だけでも十分なぐらいですよね(笑)」

 

いやいやいや。

それはそれで、楽しそうだけど(笑)。

なお、華ちゃんが栃木でライブをやるのは久しぶりで、

昨年のスマイルライブ以来とのこと。

また、

 

 華:「ゴールデンウィークに奥華子のライブを選んだ人、
    ……シブイよ(笑)」

 

と、客席を笑わせたり、

 

 華:「あまり声を出すところがないけれど、今出してみようか?
    盛り上がってくれますか!?」

 客:「イエ~イ!」

 華:「出るじゃない(笑)」

 

という、やり取りがあったりしつつ、

グランドピアノでの「初恋」。

その後は足でカウントを取って、「年上の彼」へ。

華ちゃん、すごく楽しそうに歌ってるな。

 

演奏を終えると、今度はキーボードへと移動する。

ここでのMCでは、ライブのアンケートを見ると、

「時をかける少女」で華ちゃんのことを知った人が

多いという話題になった。

そこで、ライブで「ガーネット」を欠かさずに歌っていたら、

“「変わらないもの」のほうが好きなのに、

なぜ歌ってくれないの?(怒)”という声があったのだそうで。

それならば……と、「ガーネット」の代わりに

「変わらないものを」を歌ってみたら、

さらに“苦情”が増えてしまったのだとか。

 

 華:「なので、今日は両方歌いたいと思います」

 

ってなわけで、「変わらないもの」と「ガーネット」。

この2曲をセットで聴くのは、かなり久々だよな。

 

その後のMCでは、オフィシャルサイトで受け付けている、

今ツアーで歌ってほしい曲トップ10の発表が。

現時点で、1400人もの投票があったみたい。

 

まず10位は、華ちゃん自身も好きな曲だという「透明傘」。

発表する前には、

 

 華:「イントロドン!」

 

と、前奏をキーボードを弾いて、観客が曲名を答えるという、

クイズ的な雰囲気もあったりして。

また、サビを少し歌ってくれるので、ちょいとお得な感じも。

 

9位「笑って笑って」、8位「帰っておいで」ときたところで、

“イントロドン!”が当たりすぎるということで、

 

 華:「1音だけにしようかな」

 

と、突然の難易度アップ(笑)。

 

7位は「あなたに好きと言われたい」。

自分はイントロが1音だけではわからなぁったなぁ。

なお、この曲に関する華ちゃんのコメントは、

 

 華:「あなたの背中の端も見えない。な~んにも見えない」

 

と、歌詞にかけたものだったり(笑)。

 

6位は「ガーネット」、5位の「魔法の人」は、

 

 華:「唯一、ハッピーな曲が入りました」

 

4位が「変わらないもの」、3位の「初恋」については、

 

 華:「さっき歌ったね。私は、この曲でストーカーと
    言われるようになったんですけど(笑)」

 

2位は、「“ちぎり”という人が多い」という「楔」。

そして、1位は「恋」。

イントロドン!は、1音だけでもわかるもんだね(笑)。

 

リクエスト1位の「恋」を歌ったあとは、

その後はキーボードに移動して、

栃木公演に来る人からのリクエスト曲と、

その曲に関するエピソードを紹介する。

「最終電車」や「灯」、「雨あがり」、「僕たちにできること」、

「夕立」など、さまざまなリクエストがあったなか、

採用されたのは「僕の知らない君」。

この曲は、自分も好きだなぁ。

久しぶりにライブで聴くことができて、うれしかった。

 

その後は、ハンドマイクを手にしてのMCに。

今日のライブが“MAST Presents”ということで、

 

 華:「住宅展示場かと思うぐらい、盛り上げてくれました。
    もらえました? タオル」

 

なんでも、MASTのお土産があるのは栃木公演なのだそうで。

また、

 

 華:「CMソング、歌ってないよね? 歌わないとっ」 

 

と、あわててキーボードへと移動する。

そして、

 

 華:「それでは聴いてください。「MAST」」

 

ふだん、CMソングを歌うときとは違って、

セトリのなかの曲と同様の曲紹介もあったり(笑)。

 

さらに、華ちゃん自身が出演しているCMの話題では……。
  

 

 
“ポイントたくさんたまったら ハイッ!”のところが難しくて、

何度も撮り直したのだそうで。

 

また、ツアーで栃木の直前に訪れていた北海道で、

人生初の経験をしたという話にも。

 

ライブ終演後の打ち上げからホテルに帰ったあと、

ベッドで横になっていたら、そのまま寝てしまったとのこと。

しばらくして目が覚めたので、お風呂に入ろうと

髪をとかしていたら、なにかが引っかかる。

なんだろう?とよく見てみたら、寝る前にかんでいたガムが、

髪の毛にくっついていたのだとか。

あわてて洗い流そうとしたのだけれど、

よけいに広げてしまったとのこと。

 

そこで対処法をネットで検索したら、たくさんヒットして、

 

 華:「みんな、けっこうガムがついてるんだな(笑)」

 

と思ったらしい(笑)。

で、チョコレートがいいというので、急きょコンビニへ。

まじりっけのない感じがよさそうと、ガーナを買ったみたい(笑)。

その後、部屋に戻ってお湯で溶いたチョコを

髪の毛のガムに塗ったら、キレイに取れたのだとか。

 

 華:「やってみて!」

 

と言っていたけど、そのチャンスはそうそうないかと(笑)。

でも、覚えておくといいかもな。

 

キーボード演奏の「二人記念日」を歌い終えると、

華ちゃんはハンドマイクを手に取り、

ステージ袖へと消えて行く。

そして場内には、「TAKOYAKI」のオケが流れ始めた。

しばらくしてステージに戻ってきた華ちゃんは、

ピアニカを携えていたり。

あ~、ピアニカってこれだったのかぁ。

このネタバレ、事前に知っちゃったんだよなぁ(笑)。

 

「TAKOYAKI」のあとは、

 

 華:「このあたりでですね、みんなが寝てしまわないように」

 

と、華ちゃんへの質問コーナーとなった。

華ちゃんが挙手をした観客のそばまで行き、

直接質問を聞いて回答するという形式だ。

こういった試みは、うれしいね。

途中で、階段を駆け上がりながら、

 

 華:「スカートは動きにく……あ゛っ」

 

自分で裾を踏んだっぽい?(笑)

 

「ライブに備えて鍛えてるんですか?」という質問に、

華ちゃんは「カーヴィーダンスにハマっている」と答えていたり。

で、コーナーの最後にそれを披露してくれた。

 

 華:「バットマン! バットマン!……以上でした」

 

なんか、想像してたのとちょっと違った(笑)。

しかし、ひとつの動きだけだったせいもあるか。

なお、“バットマン”というのは、華ちゃんが

見せてくれた動きの名前のことなのだとか。

 

 華:「それではここから、じっとりソングを」

 

と、ピアノで「境界線」、「楔」、「透明傘」の

3曲を続けて歌ってくれた。

「境界線」は、久しぶりに聴いた気がするな。

イントロがかなりアレンジされていたので、

最初はどの曲かわからなかった。

 

その後は、キーボードのもとへ。

昨年3月13日の4th Letterファイナルから、

今回の5th Letterが始まるまでの期間は、

 

 華:「また、こうして会えることが特別に思える1年だった」

 

と、話し始める。

 

 華:「大きな悲しみに、何を歌えばいいんだろう?
    自分なりに作った曲があります」

 

と、被災地の女の子とのメールのやり取りから生まれた、

「悲しみだけで生きないで」を歌ってくれた。

そして、「笑って笑って」が続く。

 

 華:「今日、こうしてライブに来てくれて。
    久しぶりに会えた人も、初めて会えた人も。
    無事にライブができてうれしいです。
    本当にありがとうございます。
    最後に歌います」

 

本編ラストは「シンデレラ」。

シングルとバンドライブとの連動企画でもらえた、

弾き語りバージョンのアレンジで歌ってくれた。

 

アンコールの手拍子が響くなか、

カーキ色のオーバーオール&ツアーTシャツに

着替えた華ちゃんが、ステージへと飛び出してくる。

パンツスタイルは久しぶりに見たけど、

これがえらく似合ってたなぁ。

 

 華:「ありがとうの気持ちを、
    ウタにして伝えたいと思います」

 

そして、ピアノで音を確認したのちに、

 

 華:「……よしっ。届きますように」

 

そう言って、「元気でいてね」をマイクを通さない

生の声だけで歌い始めた。

2番からはハンドマイクを使って、

観客のクラップだけをバックにして。

このアカペラがまた、メチャメチャよかったなぁ。

そして、ファンのことを想いながら作ったというこの曲を、

前回のツアーに続いて大事なところで歌ってくれて、

すごくうれしかった。

その後は「Happy days」。

序盤はキーボード演奏だったのが、終盤はピアノへと移る。

これは珍しいパターンだなと思っていたら、オーラスにもう1曲。

「GOOD BYE!」が控えていた。

いや~、この場面はかなり盛り上がったね。

今までの華ちゃんのライブにはないテンションだったなぁ(笑)。

疾走感、躍動感。

そんな言葉がピッタリな、弾けるようなピアノが本当にカッコよかった。

 

【セットリスト】
 ・サヨナラは言わないまま [Piano]
 ・魔法の人 [Piano]
 ・初恋 [Piano]
 ・年上の彼 [Piano]
 ・変わらないもの [Keyboard]
 ・ガーネット [Keyboard]
 ・恋 [Piano]
 ・僕の知らない君 [Keyboard]
  CMソング お部屋探しマスト [Keyboard]
 ・二人記念日 [Keyboard]
 ・TAKOYAKI [Pianica]
 ・境界線 [Piano]
 ・楔 [Piano]
 ・透明傘 [Piano]
 ・悲しみだけで生きないで [Keyboard]
 ・笑って笑って [Keyboard]
 ・シンデレラ [Piano]

 ・元気でいてね [a Cappella]
 ・Happy days [Keyboard~Piano]
 ・GOOD BYE! [Piano]

 

演奏が終わっても、

 

 華:「言ってみていい? GOOD BYE!」

 客:「GOOD BYE!」

 華:「楽しいっ!」

 

と、ハイテンション続行(笑)。

また、今日は華ちゃんがハイタッチで見送ってくれるとのこと。

 

 華:「今日、満員だったらできなかったね。前向き!(笑)」

 

と、ハイテンションは止まらない(笑)。

 

 華:「GOOD BYE!」

 

と叫んで、華ちゃんはステージをあとにする。

その後は全国ツアー恒例、華ちゃん自身の終演アナウンスも。

今回は、MASTのCMソングを歌って締めくくってました。

 

ハイタッチ会では、華ちゃんに「ありがとう!」と声をかける。

そしてアンケートを提出し、会場をあとにした。

 

今回のツアー、今日の公演は、従来の延長線上にありながらも、

いつも以上にバラエティに富んだ印象があったかも。

特に、「年上の彼」や「GOOD BYE!」は、

これまでの奥華子ライブにはない新鮮なイメージで聴くことができた。

今後4公演に足を運ぶ予定だけど、かなり楽しみですな。

|

« 石野田奈津代リサイタル「SONGLiFE 1/11688」@TOKYO FMホール | トップページ | BANANAしんどろうむ初ワンマンライブ「ギロッポンでヴーライやるんでシクヨロでぃーす!」@六本木BeeHive »

コメント

意外にもツアー初参加だったんですね。
なかなか楽しそうでこちらでの公演も待ち遠しくなります(*^-^)
髪の毛にガムは自分も昔経験があるけど、たしか無謀にも
母に髪の毛ごと切り取られたような記憶があったり(゚ー゚;

投稿: ムーンライトチェリー | 2012年5月 4日 (金) 22:25

to ムーンライトチェリーさん

ガム経験者がここにも!(笑)

今ツアーは当初、3月20日の茨城にも行く予定だったんだけどね。
その日は行くことができなかったので、宇都宮が初でした。
大阪公演があるころは、また構成が変わってるかも。

投稿: #135 | 2012年5月 7日 (月) 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127372/54609548

この記事へのトラックバック一覧です: 奥華子 CONCERT TOUR '12 弾き語り ~5th Letter~@栃木総合文化センター:

« 石野田奈津代リサイタル「SONGLiFE 1/11688」@TOKYO FMホール | トップページ | BANANAしんどろうむ初ワンマンライブ「ギロッポンでヴーライやるんでシクヨロでぃーす!」@六本木BeeHive »