« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の7件の記事

2012年4月30日 (月)

奥華子 CONCERT TOUR '12 弾き語り ~5th Letter~@栃木総合文化センター

このエントリは、「奥華子 CONCERT TOUR ''12 弾き語り ~5th Letter~」に関するネタバレ要素を含んでいます。
閲覧の際はご注意ください。

 

華ちゃんの5回目の全国ツアー、

5th Letterがスタートして、約2カ月が経過。

よ~~~やく、会場へと足を運ぶことができました。

ツアーが始まってから参加するまでのあいだが、

こんなに開いたのは初めてですわ。

もうね、ネタバレ回避に必死(笑)。

 

今日は、ツアー19公演目の栃木。

会場は、宇都宮にある栃木総合文化センターだ。

ライブは夕方からだけど、早めに現地へ行って、

餃子を食べるとしますかね。

 

ってなわけで、華ちゃんが宇都宮へ来るたびに

立ち寄っているという、“めんめん”へ。

案内されたテーブルの真横の壁には、

華ちゃんのサイン入りポスターがドーン。
 

 サイン入りポスター

 
当たり席だな(笑)。

サインの日付は、たぶんMATIOTOロケのときのかな。
 

 野菜味噌ラーメン&餃子

 
野菜味噌ラーメンに餃子、チャーハンもうまかった~。

 

お腹を満たしたあとは、街なかをウロウロしたり、

カフェに入ったりして時間をつぶす。

そして、頃合いを見て会場へと向かい、

会場敷地内のベンチでのんびりと。

開場前の先行物販では、タオル3種を購入する。

その後、入場列に並んでホール内へ。

 

今回の栃木公演は、お部屋探しMASTの

積和不動産が特別協賛をしている関係で、

入場時にはMASTのタオルがもらえた。

また、ロビーにはMASTくんの立て看板やら

幟やらでいっぱいだったり。

 

今日の自席は2列目。

入手済みの5th Letterのチケットのなかで、

一番ステージに近い席だ。

位置がほぼセンターなので、ピアノ演奏のときも

キーボード演奏のときも観やすそうだな。

 

17時となり、客席の照明が落とされる。

真っ暗になったステージに姿を見せた華ちゃんは、

向かって右手に据えられたグランドピアノのもとへ。

そして、鍵盤の周りのわずかな空間だけが

スポットの光で浮かび上がった。

 

1曲目は最新アルバムの「good-bye」から、

「サヨナラは言わないまま」。

そして、「魔法の人」を続けて歌ってくれた。

 

 華:「こんばんは~、奥華子です。ようこそ~!」

 

と、その後はこの日最初のMCに。

華ちゃんは、客席を指さして、

 

 華:「広い!」

 

続けてステージ上を指さして、

 

 華:「広い!」

 

そして、

 

 華:「みんな、こちら(ステージ上)だけでも十分なぐらいですよね(笑)」

 

いやいやいや。

それはそれで、楽しそうだけど(笑)。

なお、華ちゃんが栃木でライブをやるのは久しぶりで、

昨年のスマイルライブ以来とのこと。

また、

 

 華:「ゴールデンウィークに奥華子のライブを選んだ人、
    ……シブイよ(笑)」

 

と、客席を笑わせたり、

 

 華:「あまり声を出すところがないけれど、今出してみようか?
    盛り上がってくれますか!?」

 客:「イエ~イ!」

 華:「出るじゃない(笑)」

 

という、やり取りがあったりしつつ、

グランドピアノでの「初恋」。

その後は足でカウントを取って、「年上の彼」へ。

華ちゃん、すごく楽しそうに歌ってるな。

 

演奏を終えると、今度はキーボードへと移動する。

ここでのMCでは、ライブのアンケートを見ると、

「時をかける少女」で華ちゃんのことを知った人が

多いという話題になった。

そこで、ライブで「ガーネット」を欠かさずに歌っていたら、

“「変わらないもの」のほうが好きなのに、

なぜ歌ってくれないの?(怒)”という声があったのだそうで。

それならば……と、「ガーネット」の代わりに

「変わらないものを」を歌ってみたら、

さらに“苦情”が増えてしまったのだとか。

 

 華:「なので、今日は両方歌いたいと思います」

 

ってなわけで、「変わらないもの」と「ガーネット」。

この2曲をセットで聴くのは、かなり久々だよな。

 

その後のMCでは、オフィシャルサイトで受け付けている、

今ツアーで歌ってほしい曲トップ10の発表が。

現時点で、1400人もの投票があったみたい。

 

まず10位は、華ちゃん自身も好きな曲だという「透明傘」。

発表する前には、

 

 華:「イントロドン!」

 

と、前奏をキーボードを弾いて、観客が曲名を答えるという、

クイズ的な雰囲気もあったりして。

また、サビを少し歌ってくれるので、ちょいとお得な感じも。

 

9位「笑って笑って」、8位「帰っておいで」ときたところで、

“イントロドン!”が当たりすぎるということで、

 

 華:「1音だけにしようかな」

 

と、突然の難易度アップ(笑)。

 

7位は「あなたに好きと言われたい」。

自分はイントロが1音だけではわからなぁったなぁ。

なお、この曲に関する華ちゃんのコメントは、

 

 華:「あなたの背中の端も見えない。な~んにも見えない」

 

と、歌詞にかけたものだったり(笑)。

 

6位は「ガーネット」、5位の「魔法の人」は、

 

 華:「唯一、ハッピーな曲が入りました」

 

4位が「変わらないもの」、3位の「初恋」については、

 

 華:「さっき歌ったね。私は、この曲でストーカーと
    言われるようになったんですけど(笑)」

 

2位は、「“ちぎり”という人が多い」という「楔」。

そして、1位は「恋」。

イントロドン!は、1音だけでもわかるもんだね(笑)。

 

リクエスト1位の「恋」を歌ったあとは、

その後はキーボードに移動して、

栃木公演に来る人からのリクエスト曲と、

その曲に関するエピソードを紹介する。

「最終電車」や「灯」、「雨あがり」、「僕たちにできること」、

「夕立」など、さまざまなリクエストがあったなか、

採用されたのは「僕の知らない君」。

この曲は、自分も好きだなぁ。

久しぶりにライブで聴くことができて、うれしかった。

 

その後は、ハンドマイクを手にしてのMCに。

今日のライブが“MAST Presents”ということで、

 

 華:「住宅展示場かと思うぐらい、盛り上げてくれました。
    もらえました? タオル」

 

なんでも、MASTのお土産があるのは栃木公演なのだそうで。

また、

 

 華:「CMソング、歌ってないよね? 歌わないとっ」 

 

と、あわててキーボードへと移動する。

そして、

 

 華:「それでは聴いてください。「MAST」」

 

ふだん、CMソングを歌うときとは違って、

セトリのなかの曲と同様の曲紹介もあったり(笑)。

 

さらに、華ちゃん自身が出演しているCMの話題では……。
  

 

 
“ポイントたくさんたまったら ハイッ!”のところが難しくて、

何度も撮り直したのだそうで。

 

また、ツアーで栃木の直前に訪れていた北海道で、

人生初の経験をしたという話にも。

 

ライブ終演後の打ち上げからホテルに帰ったあと、

ベッドで横になっていたら、そのまま寝てしまったとのこと。

しばらくして目が覚めたので、お風呂に入ろうと

髪をとかしていたら、なにかが引っかかる。

なんだろう?とよく見てみたら、寝る前にかんでいたガムが、

髪の毛にくっついていたのだとか。

あわてて洗い流そうとしたのだけれど、

よけいに広げてしまったとのこと。

 

そこで対処法をネットで検索したら、たくさんヒットして、

 

 華:「みんな、けっこうガムがついてるんだな(笑)」

 

と思ったらしい(笑)。

で、チョコレートがいいというので、急きょコンビニへ。

まじりっけのない感じがよさそうと、ガーナを買ったみたい(笑)。

その後、部屋に戻ってお湯で溶いたチョコを

髪の毛のガムに塗ったら、キレイに取れたのだとか。

 

 華:「やってみて!」

 

と言っていたけど、そのチャンスはそうそうないかと(笑)。

でも、覚えておくといいかもな。

 

キーボード演奏の「二人記念日」を歌い終えると、

華ちゃんはハンドマイクを手に取り、

ステージ袖へと消えて行く。

そして場内には、「TAKOYAKI」のオケが流れ始めた。

しばらくしてステージに戻ってきた華ちゃんは、

ピアニカを携えていたり。

あ~、ピアニカってこれだったのかぁ。

このネタバレ、事前に知っちゃったんだよなぁ(笑)。

 

「TAKOYAKI」のあとは、

 

 華:「このあたりでですね、みんなが寝てしまわないように」

 

と、華ちゃんへの質問コーナーとなった。

華ちゃんが挙手をした観客のそばまで行き、

直接質問を聞いて回答するという形式だ。

こういった試みは、うれしいね。

途中で、階段を駆け上がりながら、

 

 華:「スカートは動きにく……あ゛っ」

 

自分で裾を踏んだっぽい?(笑)

 

「ライブに備えて鍛えてるんですか?」という質問に、

華ちゃんは「カーヴィーダンスにハマっている」と答えていたり。

で、コーナーの最後にそれを披露してくれた。

 

 華:「バットマン! バットマン!……以上でした」

 

なんか、想像してたのとちょっと違った(笑)。

しかし、ひとつの動きだけだったせいもあるか。

なお、“バットマン”というのは、華ちゃんが

見せてくれた動きの名前のことなのだとか。

 

 華:「それではここから、じっとりソングを」

 

と、ピアノで「境界線」、「楔」、「透明傘」の

3曲を続けて歌ってくれた。

「境界線」は、久しぶりに聴いた気がするな。

イントロがかなりアレンジされていたので、

最初はどの曲かわからなかった。

 

その後は、キーボードのもとへ。

昨年3月13日の4th Letterファイナルから、

今回の5th Letterが始まるまでの期間は、

 

 華:「また、こうして会えることが特別に思える1年だった」

 

と、話し始める。

 

 華:「大きな悲しみに、何を歌えばいいんだろう?
    自分なりに作った曲があります」

 

と、被災地の女の子とのメールのやり取りから生まれた、

「悲しみだけで生きないで」を歌ってくれた。

そして、「笑って笑って」が続く。

 

 華:「今日、こうしてライブに来てくれて。
    久しぶりに会えた人も、初めて会えた人も。
    無事にライブができてうれしいです。
    本当にありがとうございます。
    最後に歌います」

 

本編ラストは「シンデレラ」。

シングルとバンドライブとの連動企画でもらえた、

弾き語りバージョンのアレンジで歌ってくれた。

 

アンコールの手拍子が響くなか、

カーキ色のオーバーオール&ツアーTシャツに

着替えた華ちゃんが、ステージへと飛び出してくる。

パンツスタイルは久しぶりに見たけど、

これがえらく似合ってたなぁ。

 

 華:「ありがとうの気持ちを、
    ウタにして伝えたいと思います」

 

そして、ピアノで音を確認したのちに、

 

 華:「……よしっ。届きますように」

 

そう言って、「元気でいてね」をマイクを通さない

生の声だけで歌い始めた。

2番からはハンドマイクを使って、

観客のクラップだけをバックにして。

このアカペラがまた、メチャメチャよかったなぁ。

そして、ファンのことを想いながら作ったというこの曲を、

前回のツアーに続いて大事なところで歌ってくれて、

すごくうれしかった。

その後は「Happy days」。

序盤はキーボード演奏だったのが、終盤はピアノへと移る。

これは珍しいパターンだなと思っていたら、オーラスにもう1曲。

「GOOD BYE!」が控えていた。

いや~、この場面はかなり盛り上がったね。

今までの華ちゃんのライブにはないテンションだったなぁ(笑)。

疾走感、躍動感。

そんな言葉がピッタリな、弾けるようなピアノが本当にカッコよかった。

 

【セットリスト】
 ・サヨナラは言わないまま [Piano]
 ・魔法の人 [Piano]
 ・初恋 [Piano]
 ・年上の彼 [Piano]
 ・変わらないもの [Keyboard]
 ・ガーネット [Keyboard]
 ・恋 [Piano]
 ・僕の知らない君 [Keyboard]
  CMソング お部屋探しマスト [Keyboard]
 ・二人記念日 [Keyboard]
 ・TAKOYAKI [Pianica]
 ・境界線 [Piano]
 ・楔 [Piano]
 ・透明傘 [Piano]
 ・悲しみだけで生きないで [Keyboard]
 ・笑って笑って [Keyboard]
 ・シンデレラ [Piano]

 ・元気でいてね [a Cappella]
 ・Happy days [Keyboard~Piano]
 ・GOOD BYE! [Piano]

 

演奏が終わっても、

 

 華:「言ってみていい? GOOD BYE!」

 客:「GOOD BYE!」

 華:「楽しいっ!」

 

と、ハイテンション続行(笑)。

また、今日は華ちゃんがハイタッチで見送ってくれるとのこと。

 

 華:「今日、満員だったらできなかったね。前向き!(笑)」

 

と、ハイテンションは止まらない(笑)。

 

 華:「GOOD BYE!」

 

と叫んで、華ちゃんはステージをあとにする。

その後は全国ツアー恒例、華ちゃん自身の終演アナウンスも。

今回は、MASTのCMソングを歌って締めくくってました。

 

ハイタッチ会では、華ちゃんに「ありがとう!」と声をかける。

そしてアンケートを提出し、会場をあとにした。

 

今回のツアー、今日の公演は、従来の延長線上にありながらも、

いつも以上にバラエティに富んだ印象があったかも。

特に、「年上の彼」や「GOOD BYE!」は、

これまでの奥華子ライブにはない新鮮なイメージで聴くことができた。

今後4公演に足を運ぶ予定だけど、かなり楽しみですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

石野田奈津代リサイタル「SONGLiFE 1/11688」@TOKYO FMホール

なにげに久しぶりな、石野田なっちゃんのライブへ。

さかのぼってみると、昨年の724の日以来。

その後、個展に足を運んでご本人には会っていたけれど、

生の歌声を聴くのは9カ月ぶりですな。

会場は、これまたお久しぶりなTOKYO FMホール。

こちらは2年ぶりか。

前回も、なっちゃんのコンサートだったな。

 

今日のリサイタルのタイトルは、「SONGLiFE 1/11688」。

なっちゃんの32回目のバースデー当日ということで、

誕生日は1年に1度だけど、1日、1日、新しい私が生まれていると考えたら、32回目の誕生日には、11688人の私が生まれているってことになる。

という意味がこめられているのだとか。

また、4月28日なので、チケットの値段も4,280円だったり。

 

出掛けにバタついてしまったこともあって、

現地に到着したのは開場時間ジャストぐらいだった。

本来の整理番号より遅れての入場になっちゃったけれど、

4列目・センターマイク正面の席を確保する。

そして、いったんロビーへと移動。

家から持参したグッズのスタンプ帳に、

今日のライブのスタンプをペタっとな。
 

 今日のスタンプ

 
成功~。

 

ステージには、ギターが2本とグランドピアノが据えられている。

また、傍らには歴代のギターケースもズラリと。
 

 歴代ギターケース

 
こうして並ぶと、なかなか壮観ですな。

 

17時5分。

客電が消されて開演となった。

ステージへと出てきたなっちゃんは、暗闇の中で

ギターを手にすると、センターマイクの横を

通りすぎて客席の目の前に。

そしてそのまま、アンプラグドで歌い始める。

 

「四ツ谷の歌」、「1等星」、「30」と、立て続けに

3曲を歌うと、ハンドマイクを手にしてのMCとなった。

ここでは、ステージに並んだギターケースの話や

今日は32歳の誕生日だから32曲を歌うという話を。

また、終演後にはロビーにセトリを貼りだしてくれるとも。

きっと今回は、初めて聴く曲が多いだろうから、

それは助かるな。

 

続いては、「LOVE+LIFE」、「スキップ」、「てっぺん」。

先ほどと同じく、アコギ一本でのアンプラグド演奏だ。

 

その後のMCは、「てっぺん」の歌詞にかけて、

スカイツリーの話題に。

なんでも、なっちゃんはオープン初日に

スカイツリーの展望台に行くのだとか。

家電&携帯&ネットを駆使して、

はとバスツアーのチケットを取ったのだけれど、

そのツアーのコースは、上野と秋葉原と東京タワーを

車窓から見るという、東京に住んでいる人にとっては、

かなりどうでもいい内容だったらしい(笑)。

 

 奈:「今日は4月28日ということで……」

 

428の日=四つ葉の日ってなわけで、「クローバー」。

そして、「おいんげぇときちゃーれ」が続く。

この2曲は、やさしさにあふれたボーカルが

なんともよかったなぁ。

 

なお、「おいんげぇときちゃーれ」というのは、

なっちゃんの故郷・神津島の方言で、

「私の家においで」という意味らしい。

また、

 

 奈:「この春から、伊豆急のオモシロ駅長になりました」

 

伊豆急のサイトによると、

「オモシロ駅長」は、伊豆急行の駅構内のスペースを有効活用して、さまざまな形で伊豆をPRします。

ということなので、駅でライブをしたりするのかな?

そして、このオモシロ駅長になると、伊豆急の

本物の制帽や名刺を作ってくれるのだとか。

 

その後は、グランドピアノへと移動。

 

 奈:「四季がある日本に生まれて、よかったです」

 

と話して、曲に入る。

ここでは、「夢のつづき」、「春空-ハルソラ-」、

「終わりのない夏」、「ねぇ」、「永遠」、「恋人」、「雪国」、

「北斗星」と、四季を感じる曲を中心に歌ってくれた。

 

続くMCでは、今日のライブのグッズやお土産の話に。

入場時に受け取った袋の中には、

紙がピンク色のポケットティッシュや、

宇検村観光大使の名刺、

おなじみの出逢い記念カードが入っていた。
 

 お土産

 
なお、ポケットティッシュは“みつを”風味。

 

また、MCでは特に触れていなかったけれど、

なっちゃんのインタビューが掲載された、

銭湯のフリーマガジンも入っていたり。

観に行けなかったけど、去年銭湯でライブをやってたもんな。

 

その後は、再びギターを手にする。

そして、「NHK高校講座 ベーシック英語」で放送される、

「英語の基礎を歌で覚えよう」という企画のために作った曲を、

5月~6月の放送に先がけて披露してくれた。

まずは、人称代名詞のことを歌った「I my me」、

“愛を歌うときは三単現に気をつけて”という「I love you」、

そして、伝えたい大事なことの「5W1H」。

いずれも短い曲だけど、いい感じの仕上がりでした。

 

ここではさらに、いしのだなつよ名義で

ほかの歌手へ詞を提供した楽曲のカバーも。

1曲は、郷ひろみの「ワキワキマイフレンド」。

昼ドラ「はるちゃん5」の、オープニング曲だわね。

実は自分は「はるちゃん」シリーズが大好きで、

その当時からこの曲の存在は知ってたんだよな。

まさか、なっちゃんバージョンを聴けるとは思わなんだ。

もう1曲は、長山洋子の「色づく旅路」。

こちらは、なっちゃん自身が歌うのは初めてとのこと。

 

 奈:「いつもの私とは違う、いろんな曲を
    聴いていただきました」

 

と、変わり種コーナーは終了。

続くMCでは、

 

 奈:「ずっと、「やらない」と言っていたのですが……」

 

と、今日の日付へと変わった瞬間に、

Twitterを始めたことを教えてくれた。

お~、それは楽しみだあね。

 

 奈:「では、新曲を歌います」

 

そう言って、日常で抱え込んだ“いろいろ”の

ことを歌った、「どこにでもある朝」を披露する。

さらに続けて、「旅人」。

 

そのあとは、

 

 奈:「みなさんが、一番気になっている話題を」

 

と、新しいCDの状況について話してくれた。

結論からいうと、現状は予定なし。

曲作りはしているけれど、形にしようと思えるものは、

まだできあがっていないのだそうで。

期限に縛られるのではなく、納得のいくものを

出したいという意向が強いみたい。

また、音源化されていない従来の曲を、

全部CDにしたいと思っているとも。

それに向けてレコーディングもしているけれど、

まだ「いつ」とは言えないので、

 

 奈:「待っていてほしい」

 

とのことでした。

 

「波乱万丈」、「ハロー」のあとには、

 

 奈:「もう1曲、新曲です」

 

と、“ひとりだったら……でも君がいれば……”という

歌詞が印象に残る、「ひとり」を歌ってくれた。

 

ライブの定番曲、「オリオン」を歌い終えると、

なっちゃんはギターを置いてピアノへと移動。

そして、93歳のおじいさんが、56年間1日も欠かさず

書き続けた絵日記を読んで、なっちゃん自身も

1日1曲の歌日記をつけようかと思ったと話す。

さらに、

 

 奈:「日常のなかに、いろいろなことが隠れているんだろうな。
    1日1日を踏みしめる32歳になりたいです」

 

と、言葉を続けた。

また、

 

 奈:「母に32曲歌うと言ったら、「なんで?」と言われて(笑)。
    理由を話したら、「じゃ、50になったら50曲歌うの?」って。
    まぁ、そういうことかも。
    そんなリアクションをしてくれる母が大好きです」

 

そして、「エナジー」、「はななり」、「one. 」の3曲を、

続けて歌ってくれた。

その後は、ギターを手にとって、

 

 奈:「ではもう1曲、新曲を歌いたいと思います。
    新曲というか、今日作った曲です。
    私と同じ誕生日です」

 

と、まだタイトルのない曲を披露する。

これは夢を追う人へ向けた、メッセージソングだぁね。

歌い終えると、

 

 奈:「みなさん、31曲歌い終わりました」

 

客席から、大きな拍手が起きる。

すると、

 

 奈:「32歳、32曲。私の音楽人生のなかで、
    1回のステージで32曲歌ったことはないんですけど、
    意外と歌えるもんだな(笑)」

   「32曲聴いてくれて、ありがとう。
    とってもいい誕生日になりました

    ……拍手って、とってもキレイな音」

 

と、笑顔を見せてくれた。

そして、本日32曲目の「60億分の1」を。

 

先ほどを上回るボリュームの拍手が、

32曲を歌い終えたなっちゃんを包み込んだ。

そして、涙を拭いながら、

 

 奈:「いっぱいの拍手をありがとう。
    最高の32歳のスタートをすることができました」

 

と、ステージ袖へと消えていく。

 

アンコールで再びステージに戻ってきたなっちゃんは、

 

 奈:「アンコール、ありがとうございます!
    石野田奈津代です!」

 

まさか、このタイミングで自分の名前を言うとは(笑)。

そして、衣装はスカイツリーがプリントされた

ワンピースに着替えていたり。

スカイツリーオープン初日には、この服を着ていくつもりみたい。

また、これまでは誕生日当日にライブをするのは、

“祝ってほしい感”があって抵抗があったけれど、

今回、実際にやってみてよかったとも。

 

続けて、

 

 奈:「13年歌ってきてわかったのは、才能があったのは
    最初だけで、あとは気合で歌い続けた」

 

と、吐露する。

さらに、「そろそろ引退かと思うこともある」なんて、

ドキッとさせられたけれど、

 

 奈:「そんなこと、しませんよ」

 

と、笑いながら否定していたり。

なんでも、お母さんに「私が音楽をやめたらどうする?」と

まじめに聞いてみたところ、「じゃ、一緒に畑仕事する?」と、

うれしそうな反応だったのだとか。

それを聞いたなっちゃんは、逆にもっとがんばろうと思ったみたい。

 

アンコールの1曲はアコギを手にして、

「グッドナイト」をアンプラグドで。

その途中、

 

 奈:「間違えたから、もう1回やっていい?」

 

ってのは、ご愛嬌か(笑)。

 

演奏を終えると、この日一番の拍手がホール内に広がった。

 

 奈:「ホントに今日は、いっぱいありがとう。
    誕生日に、いっぱい“ありがとう”と言えてうれしいです。
    これからも届けていくので、必要なときは聴いてください」

 

そう言って、なっちゃんは客席に大きく手を振り、

ステージをあとにする。

 

【セットリスト】
 ・四ツ谷の歌 [Guitar/Unplugged]
 ・1等星 [Guitar/Unplugged]
 ・30 [Guitar/Unplugged]
 ・LOVE+LIFE [Guitar/Unplugged]
 ・スキップ [Guitar/Unplugged]
 ・てっぺん [Guitar/Unplugged]
 ・クローバー [Guitar/Unplugged]
 ・おいんげぇときちゃーれ [Guitar/Unplugged]
 ・夢のつづき [Piano]
 ・春空-ハルソラ- [Piano]
 ・終わりのない夏 [Piano]
 ・ねぇ [Piano]
 ・永遠 [Piano]
 ・恋人 [Piano]
 ・雪国 [Piano]
 ・北斗星 [Piano]
 ・I my me (NHK高校講座) [Guitar]
 ・I love you (NHK高校講座) [Guitar]
 ・5W1H (NHK高校講座) [Guitar]
 ・ワキワキマイフレンド (郷ひろみカバー) [Guitar]
 ・色づく旅路 (長山洋子カバー) [Guitar]
 ・どこにでもある朝 [Guitar]
 ・旅人 [Guitar]
 ・波乱万丈 [Guitar]
 ・ハロー [Guitar]
 ・ひとり [Guitar]
 ・オリオン [Guitar]
 ・エナジー [Piano]
 ・はななり [Piano]
 ・one. [Piano]
 ・タイトル未定曲 (今日作った歌) [Guitar]
 ・60億分の1 [Piano]

 ・グッドナイト [Guitar/Unplugged]

 

終演後には、アンケートを記入&物販で缶バッジを購入。

そして、お見送りの握手会で、「ハッピーバースデー」の言葉と

ライブの感想を簡単に伝えて、会場を退出っと。

 

32+1曲。

特に、生のギター、生の歌声が素晴らしかった。

そのなかでも、初めてライブで聴くことができた

「おいんげぇときちゃーれ」はよかったなぁ。

まったく初めて聴いた曲では、「北斗星」が気に入った。

時間をかけて会いに行くという描写がいいね。

新曲だと、今日できたばかりのタイトル未定曲が好きかも。

あとは、あれだね。

「はるちゃん」シリーズのファンとしては、

「ワキワキマイフレンド」は外せませんな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

BANANAしんどろうむライブ@DRESS AKIBA HALL

今月2回目の、BANANAしんどろうむライブ。

いや、この前の日曜日を含めたら、2.5回?

会場は、2月以来二度目のDRESS AKIBA HALLだ。

 

ここんとこ誰か1人がお休みで、3人体制のステージが

続いていたけれど、今日は久しぶりに4人全員がそろうのかな。

……なーんて、思っていたら。

今回は、由梨佳がスケジュールの都合で欠席とのこと。

ありゃま、まさかのリーダー不在かぁ。

この残念な展開は、まったく予想してなかったな。

でも、たとえ出演時間には間に合わなくても、

別件が終わりしだい会場へ駆けつけてくれるみたい。

 

一方、自分も仕事が終わる時間の関係で、

ライブを開演から観るのは難しい状況だったり。

BANANAしんどろうむの出番は19時半の予定らしいけど、

到着がそのぐらい、もしくはちょっと遅れるぐらいかなぁ。

 

というわけで、自分が会場へ到着したのは19時40分ぐらい。

BANANAしんどろうむの出番は、すでに始まっていた。

どうやら、貴大くんがメンバー紹介をしているみたい。

彼が、今日のメインMCなんだろうか?

すごく一生懸命にトークをしているけれど、

少々テンパッてるようにも?(笑)

 

そして、「Hazy」と「ときめきシュガー」を2曲続けて。

この2曲は、スタンドマイクでのパフォーマンスだ。

 

続くMCでは、彩ちゃんと和真くんが、

 

 彩:「放置プレイ、どうでした?(笑)」
 和:「しゃべっちゃおうかと思っちゃった(笑)」

 

リーダー不在のなか、なにかやってたっぽい(笑)。

その後は、5月5日に六本木BeeHiveで開催される、

初のワンマンライブの告知も。

 

 彩:「ちゃんと4人いますので」

 

そうね、その日は全員そろわないとね(笑)。

そして、ラストに「キューティーハニー」を披露して、

BANANAしんどろうむの出番は終了。

 

【セットリスト】
 ・Hazy
 ・ときめきシュガー
 ・キューティーハニー
  (聴けた曲のみ記載)

 

なお、自分が間に合わなかった1曲目は、

「ゆりゆららららゆるゆり大事件」を歌ったとのこと。

 

その後の出演者のステージを観ていると、

20時45分ごろに由梨佳が会場に到着。

自分が入口のそばにいたこともあり、

すぐに気づくことができて、軽くあいさつを。

どうやら、かなり急いで向かってくれたみたい。

 

全出演者のステージが終わったあとは、物販タイムに。

これまでは商品がなかったから雑談タイムだったのだけれど、

ついに今日からロゴ入りのうちわを投入っ。

さらには、ワンマンライブのフライヤーも用意してあったり。
 

 うちわ&フライヤー

 
そいやブログを書いてて気づいたんだけど、

ライブのタイトルが入ってないね。

やはり、却下になったのだろうか?(笑)

 

また、うちわの裏側が無地なので、

寄せ書きサインをしてもらった。
 

 寄せ書きサイン

 
たくさん書いてくれて、うれしいなぁ。

みんな、ありがとう!

あまりに力作すぎて、その後の雑談のときに、

まるで自分が卒業か転校でもするようだなんて話題にも(笑)。

 

 猪野由梨佳

 

次回は、いよいよ5月5日のワンマンライブ。

当日は、ライブが終わったあとにも

なにかしらあるみたいなので、楽しみですな。

 

ってなわけで、自分もここに載せとこっと。

 

BANANAしんどろうむ 初ワンマンライブ

 日時:2012年5月5日(土) 11:30開場 12:00開演
 会場:六本木BeeHive (http://live-beehive.com/)
 料金:2,000円+1ドリンク500円

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

猪野由梨佳ライブ@Zic Akiba.

2週間ぶりの由梨佳ライブへ。

ホントは先週も出演予定があったのだけれど、

そちらは残念ながら流れてしまったのだそうで。

 

今日の会場は、秋葉原駅からほど近くにあるZic Akiba.。

初めての場所だけど、わかりやすいところ……とか思っていたら、

目立つ看板がなかったこともあって、一度通りすぎてしまう(笑)。

すぐに気づいて引き返し、入り口の前で開場を待つ。

 

すると、背後から突然、

 

 由:「ハロ~♪」

 

おおっと(笑)。

建物の中から、こちらに気づいてくれて。

いや~、うれしいですなぁ。

軽く立ち話をして、由梨佳は再び会場の中へ。

 

その後、予定よりも少々早く開場となった。

というか、開けてくれたっぽい?

会場の中の雰囲気は、イベントスペースや

ライブハウスというより飲食店といった感じだ。

由梨佳たち出演者の面々が控えるところも、

別室ではなく店内の一角だったりして。

また、そこにはBANANAしんどろうむの

貴大くん&和真くんの姿も。

 

今日の入場料2,500円分のうち、1,000円分は

店内での飲食に使えるコイン代となっている。

ひとまずジンライムを注文して、

それを飲みながら開演を待つ。

 

小ぢんまりとしたスペースだということもあって、

なんともゆる~い感じで開演に。

司会は、先月の浅草のライブでもMCをしていた、

村山ひとしさんですな。

まずは、今日の出演者3人(猪野由梨佳・月乃みちる・

長阪有樹子)の紹介と簡単なトークから。

ここで由梨佳は、

 

 由:「こんないいにおいのところでのライブは初めてなので、
    歌うのをやめないようにしようと思います」

 

そう、さっきから店内に、調理中のいいにおいがしてるんだわ。

また、浅草のライブで披露して微妙な空気になった、

チワワの鳴きまねをする流れにも(笑)。

なお、今日のライブは前半が持ち込み音源で、

後半がZic Akiba.の店長さんが演奏するのアコギを

バックに歌うみたい。

 

由梨佳の出番は、月乃みちるさんに続く2番目。

 

 由:「(食べ物や飲み物の)注文ある方、大丈夫ですか?」

 

と、客席の前へと出てきてくれた。

そして、

 

 由:「“猪野ちゃん”と呼んでください。はいっ」

 

およ、「せーの」じゃない……というか、俺をご指名的な?(笑)

ってなわけで、まずは自分ひとりで「猪野ちゃ~ん」とコール。

さらにテイク2、そして3テイク目で客席全体から「猪野ちゃ~ん」の

声があがって、ようやくOKに(笑)。

 

という流れで、1曲目は「空」。

大好きすぎて、いつも歌いたくなるのだとか。

たしかに、いい感じよね。

この曲は、自分も好きだな。

オリジナルは、いまだ聴いたことがないけど(笑)。

 

続いては、

 

 由:「今日はひとりじゃありません!」

 

と、和真くんと貴大くんが加わる。

彩ちゃんは残念ながら欠席なのだそうで、

今日のBANANAしんどろうむは3人体制だ。

そして、まずは5月5日の初ワンマンの告知を。

また、ライブのタイトルも発表してくれた。

どんなタイトルかというと、

 

「ギロッポンでブーライやるんでシクヨロでぃ~す」

 

なんでも、発案者は和真くんだという話。

で、これをメールで見た由梨佳は、3秒で却下したとのこと。

そしたら、すぐさま「ごめん」と返信があったらしい(笑)。

 

3人での1曲目は、「キューティーハニー」。

この曲、いつもカッコいいんだよな~。

今までに見たBANANAしんどろうむの

パフォーマンスの中で、一番好きかも。

あと、メッチャ近かった!

 

その後のMCでは、BANANAしんどろうむの

次回ライブの告知が。

27日のDRESS AKIBA HALLは、Zic Akiba.のすぐ近くだぁね。

そしてその次は、いよいよ5月5日。

ここで由梨佳は、

 

 由:「タイトルは?」

 

と、またも和真くんに話を振っていたり(笑)。

また、5月5日はライブのあとに、

由梨佳のバースデーイベント的なことも

予定しているみたい。

 

ラストの「ときめきシュガー」のあとには、

貴大くんも

 

 貴:「5月5日のタイトルなんだっけ?」

 

和真くん、発案者になったばかりに……(笑)。

しかも和真くんが、あまりにも素のトーンで

ライブのタイトルを言ったものだから、

思わず自分も「もっとチャラくっ」とツッコんでしまった(笑)。

 

その後は、司会の村山さんを交えてのトークとなる。

ここで村山さんが、「猪野ちゃん、言ってみて」と

ワンマンライブのタイトルの話を振ったのだけれど、

由梨佳は

 

 由:「イヤです!」

 

と、即答(笑)。

でも、ブログの話となったときには、

 

 由:「“猪野ちゃん”で検索すると一番にヒットするので、
    シクヨロでぃ~す」

 

と、チャラく締めくくっていたり(笑)。

 

続いては、店長さんのアコギ演奏で歌う、

アコースティックパートに。

由梨佳は、荒井由実の「やさしさに包まれたなら」を歌ってくれた。

生演奏ということもあって、店長さんのギターの

レパートリーの中から歌いたい曲を選んだのだけれど、

実は別の曲とカン違いをしていたのだとか。

でも、由梨佳の声にすごく合っていて、実にいい選曲だと思った。

これは、また別の機会にも聴いてみたいな。

 

オーラスは、出演者3人がそろっての「にんげんっていいな」。

この曲は、全員が歌いたい曲に挙げていたみたい。

で、歌へ入る直前に、自分が注文していた

ピザがテーブルに運ばれてきて、「わ~、おいしそう~」と

女の子3人から大注目を浴びる事態に。

 

 由:「“い~い~な~ い~い~な~♪”ですよ」

 

うまいな(笑)。

また、演奏中に由梨佳が歌ったパートも、

“いいな いいな”だったり。

 

【セットリスト】
 ・空 (猪野由梨佳)
 ・キューティーハニー (BANANAしんどろうむ)
 ・ときめきシュガー (BANANAしんどろうむ)

 [アコースティックパート]
 ・やさしさに包まれたなら (猪野由梨佳)
 ・にんげんっていいな (猪野由梨佳&月乃みちる&長阪有樹子)

 

終演後には、いつものような立ち話ではなく、

テーブル席の自分の隣に由梨佳が座ってくれた。

そして、先ほどのピザを一緒に食べながらおしゃべりを。

このシチュエーションは、デート気分だったなぁ。

いや~、素晴らしい(笑)。

 

 猪野由梨佳

 

写真を撮らせてもらったあとには、

ネイルしたばかり爪を見せてくれた。

そいや、美容院にも行ったんだったよね。

春らしくて、ええ感じですな。

 

と、現場では言いそびれてしまったので、

ここでフォローを……(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

NIKIIE 「hachimitsu e.p.」発売記念ミニライブ@タワーレコード渋谷店

4月11日にリリースされた、NIKIIEのミニアルバム 「hachimitsu e.p.」。
 

hachimitsu e.p. hachimitsu e.p.
NIKIIE

曲名リスト
1. カナリア
2. Say you love me
3. 涙星
4. ito.
5. 3sec.
6. good night my sweet home.

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
当初はAmazonで購入するつもりだったのだけれど、

タワーレコードでインストアライブが開催されるってんで、

Amazonでのオーダーはキャンセル。

池袋のタワレコに足を運び、あらためて予約する。

 

で、発売日前日に無事アルバムをフラゲし、

店頭でインストアライブの参加券を受け取る。

その入場番号を確認したら、なんと1番(笑)。

こりゃあ、楽しみですな~。

 

ってなわけでライブ当日、タワーレコード渋谷店へ。

会場は、その地下1階にあるライブスペースらしい。

集合時間の19時になると、会場スタッフの案内で

入場番号順に整列する。

参加券は、渋谷店、新宿店、池袋店のそれぞれで

発行しているので、入場列も店舗ごとの3列となった。

なるほど、通し番号だと管理できないもんな。

 

その後、入場がスタート。

先頭を切って行けるってのは、素晴らしいですな(笑)。

そして、最前列ど真ん中の席を確保し、開演を待つ。

 

インストアライブではあるけれど、

会場の“STAGE ONE”はクローズドな空間で、

設備はライブハウスそのもの。

初めて足を運んだけれど、いい感じのハコだな。

 

19時半となり、司会のお兄さんが登場。

簡単な前説ののちに、NIKIIEをステージに呼び込む。

キーボードのイスに座った彼女は、

 

 N:「初めましての方もいると思うから、
    知っているであろう曲を」

 

と、「春夏秋冬」で静かにライブを始めた。

NIKIIEの弾き語り、特にバラードには、

そのクリアでパワフルな歌声にいつも圧倒される。

「春夏秋冬」は一番好きな曲なだけに、なおさら。

 

続けて1stアルバムから「NAME」を披露する。

そして、演奏を終えると「NIKIIEちゃん、かわいい!」と

観客のかけ声が飛んだ。

すると、

 

 N:「かわいかないよっ(笑)」

 

……ってなリアクションを(笑)。

 

また、ライブ前にスタバへ行こうとタワレコの前を通ったら、

店頭から自分の歌声が流れてきたと話す。

なんでも、そういった場面に居合わせたのが初めてで、

顔を上げることができなかったのだそうで。

 

 N:「……それだけです。ブログに書けよって話ですが(笑)」

 

と、特にオチはなくMCは終了(笑)。

そして、「hachimitsu e.p.」の収録曲から、

「3sec.」と「ito.」を歌ってくれた。

 

 N:「生きていると、いろんなことを失くしていくと、
    日々感じながら歌ってるけれど、失くした瞬間は、
    自分の中にあるんだと思っています。
    ……想いをこめてこの歌を。
    あなたの一部になった“それ”に向けて歌います」

 

5曲目は、「涙星」。

 

その後のMCでは、6月に開催されるツアーの告知や

「LUPIN the Third~峰不二子という女~」のエンディングに

流れている「Duty Friend」の話題となる。
 

 

 
この曲、えらくカッコいいんだよな。

 

ラストの「カナリア」は、かかとでリズムを刻みながら

演奏する姿が印象的だったな。

曲の途中では、

 

 N:「歌える?」

 

と、“I wanna love you”のフレーズを会場全体で合唱。

また、ラストの部分でNIKIIEは、「ここは手拍子を止めて」

というサインを客席に送る。

ところが、ここでフライングの拍手が起きてしまい、

「違う違う」という仕草をしていたり。

で、曲の最後の最後まで歌い終えたところで、

 

 N:「(拍手は)ここだよ~(笑)」

 

とささやき、観客の笑いを誘う。

かなりのお茶目さんですな(笑)。

 

そして、彼女は舞台袖へ。

しかし、客電は落とされたままだったり。

そっか、今日はアンコールもあるのか~。

というわけで、NIKIIEがステージに再登場。

オーラスに、「HIDE & SEEK」を歌ってくれた。

 

【セットリスト】
 ・春夏秋冬
 ・NAME
 ・3sec.
 ・ito.
 ・涙星
 ・カナリア

 ・HIDE & SEEK

 

演奏を終えたNIKIIEは、客席に投げキッスを

送りながらステージをあとにする。

さらに、そのあとにはNIKIIEと記念撮影ができる抽選会も。

入場時に受け取った番号でのくじ引きだったのだけれど、

あたしゃ、かすりもしなかった(笑)。

 

それはともかく、いいポジションで聴けたしね。

ヒジや拳を鍵盤に打ち付けるNIKIIE独特の演奏は、

その迫力とともに見応えも十分だった。

握手会で軽く言葉をかわすこともできて、

かな~り満足感の高いライブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月 8日 (日)

BANANAしんどろうむライブ@六本木BeeHive

由梨佳が率いるダンス&ヴォーカルユニット、

BANANAしんどろうむ約1カ月ぶりのライブです。

会場は、ここんとこ“月に一度の”ってな感じがする六本木BeeHive。

自分の中では、「BANANAといえばここ!」ってなイメージもあったり。

 

当日の移動は、千代田線で。

乃木坂で下車して地上に出ると、とあるビルの前で

「甘茶いかがですか~?」という声が聞こえてきた。

そいや、今日は花まつりか……って、こんなところで?

一瞬通りすぎかけたけど、引き返してみると、

そのビルには教運寺というお寺が入っているのだとか。

何度か前を通ったことがあるのに、全然気づかなかったな。
 

 誕生仏

 
ってなわけで、誕生仏の像に甘茶をかけて、灌仏会法要初体験。

甘茶もいただいて、その場をあとにする。

 

現地に到着したのは、開場時間の11時半を少しまわったぐらい。

でも、まだ入場が始まっていないみたい。

結局入場が始まったのは、予定の40分遅れ。

前回も同じぐらい遅れての開場だったし、

ムリをしないで最初から12時開場にしちゃえばいいのになぁ。

……!!!

昨夜、BANANAメンバーの池田彩ちゃんが、

Twitterで12時の開演時間を12時半と間違えてて

由梨佳にツッコまれてたけど……。

もしや、この状況を予言していたのか!(笑)

 

受付で指定席の番号とドリンクチケットを受け取り、入場する。

席は、今日も最前列のド真ん中だ。

由梨佳、ありがと~。

なお、ドリンクの引換は、いつものバーカウンターではなく、

1階のダイニングスペースになるとのこと。

なので、いったん座席へ荷物を置いたのちに、

ドリンクを受け取りに行くとしよう。

あっと、その前にトイレも(笑)。

 

で、ドリンクをもらいに行ってみると……。

あらま、Mundi renovatioの三姉妹が(笑)。

由梨佳を目当てにBeeHiveのライブに足を運ぶと、

毎回一緒に出演していることもあって、

自分の中ではおなじみな感じがあったり。

いつもキレイなハーモニーを聴かせてくれるから、

彼女たちのステージも楽しみのひとつなんだよな。

そういや前回のライブのMCで、ビールを飲みたいがために

バーカウンターを手伝っているという話を

していたような、していなかったような?(笑)。

注文したジントニックを受け取るときに、

「今回はカウンター業務も?」と話しかけると、

三女のはじめちゃんが、

 

 は:「ちゃんと歌いますんで(笑)」

 

そらそうだ(笑)。

でも、「うちらが歌ってるとき、(バーを)誰がやるんだろう?」とも

言っていたので、そのへんはフワッとしている様子。

 

その後開演となり、BANANAしんどろうむは

3組目でステージに上がる。

あれ? 今日も3人なのかな?

……と思っていたら、立ち見スペースから

「1人足りないんじゃない?」という声が飛ぶ。

お~、覚えてくれている人が。

これは、うれしいよねぇ。

そして、

 

 由:「なにか忘れてきました。
    何が足りないんでしょうか?」

 

さすがにここまでわかる人は、そういないかも?

というわけで、「和真!」と声をあげてみると、

 

 由:「さすがバナナカラー!」

 

黄色のロングTを着てきたのがよかったぽ?(笑)

なお、和真くんの欠席理由は、来週末に控えた

ダンス公演の稽古のためとのこと。

 

1曲目は、全員での「Believe」。

そのあとには、メンバーの自己紹介となる。

由梨佳は英語で、

 

 由:「My name is Yurika Ino.Call me Ino-chan!」

 

と言ったまではよかったけれど、それに応える形での

観客の「猪野ちゃん」コールはバランバラン(笑)。

由梨佳が「せーの!」と仕切り直して、ようやく決まる。

また、今日のMCは英語で通そうと、

検索していろいろと調べてたのだけれど、

 

 由:「思い出せない。ムリ(笑)」

 

とのこと(笑)。

 

続いては、メンバー各々のソロでメドレー。

由梨佳の「LoveLoveLoveのせいなのよ!」に始まり、

貴大くんは「きみにとどけ」を、そして、

彩ちゃんは「HIGH POWERED」を歌ってくれた。

 

続くMCでは、告知をもろもろと。

BANANAしんどろうむの出演情報のなかには、

 

 由:「まだメンバーに言ってませんが」

 

と、まさかの観客&メンバー同時通達も(笑)。

また、最後に、

 

 由:「ちなみに、5月11日は私のバースデーです。告知以上っ」

 

と付け加えていたり、

あと、1カ月ですなー。

 

そして、BANANAしんどろうむは次が最後の曲とのこと。

観客の「え~」というお約束的反応に対しては、

 

 由:「毎度悪いね。「え~」と言わせて」

 

ここはさらに、「それは言わない約束でしょ」と返すべきだったか?(笑)

 

メンバー全員での「ときめきシュガー」を歌い終えると、

 

 由:「ずっと貴大を見てる人がいた~」

 

彩ちゃんもその男性客の存在に気づいていて、

歌いながら気になっていたらしい。

というのも、先ほどのMCのなかで、

貴大くんが4月28日はスフィアのライブへ行くと

ポロリした瞬間から、場内に貴大ブームが到来。

そのままずっと貴大くんのターンは続き、

 

 由:「じゃ、帰ろうか。BANANAしんどろうむでした~」

 

とステージをあとにするときも、野太い声で

 

 客:「じゃあな! たかひろ~!」

 

みたいな(笑)。

 

【セットリスト】
 ・Believe
 ・メドレー
   LoveLoveLoveのせいなのよ!(猪野由梨佳)~
   きみにとどけ(甲斐貴大)~HIGH POWERED(池田彩)
 ・ときめきシュガー

 

終演後には、1階のダイニングフロアで雑談を。

なんでも由梨佳は、ここのところモヤさまのDVDをレンタルで

楽しんでいるそうで、最近では月島の回を観たのだとか。

なので、「はい、ケロロ」とかの話題で盛り上がる(笑)。

また、CDラックを買ったという話も。
 

 猪野由梨佳

 
そろそろ時間いっぱいな雰囲気だったので、

写真を撮らせてもらい握手を交わす。

そして、帰り際には会場のエントランスまで見送ってくれた。

そのときに、

 

 由:「また来週~」

 

と言ってくれたのが、うれしかったな。

ってなわけで、また来週です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

少女人形舞台 幻奏の宴 2頁~人形の道化師~

前回は超辛口なエントリをあげることになった、

少女人形舞台の第2回公演。

今回も、ざっくり感想で。

 

2月の第1回公演時よりも全体の流れが整理され、

同じ世界観の朗読&歌をセットにして進行するという

スタイルが明確になったため、とても観やすく感じた。

 

ただ、舞台に誰が出てきたのか? 何を読むのか? 

何を歌うのか?といった部分が不透明な点が気になった。

しかし、合間に自己紹介のようなMCをはさむのは、

舞台の世界観や構成上の理由から難しいと思われる。

そこで、入場時に朗読・歌のタイトルと読み手・歌い手の

名前を記載したプログラムを配布すればいいのではないだろうか。

もしくは、朗読を始める際にタイトルを読み上げるだけでも、

かなり印象が変わってくると思う。

 

また、ボーカル曲をカーテンコールのBGMにしていたため、

生の歌声へ拍手を重ねることになっていたのが残念。

せっかくの生歌なのだから、ちゃんと聴かせてほしい。

そして、もうひとつ。

全体の流れが整理された一方で、朗読→歌→朗読→歌

……と、淡々と進行しすぎている印象があった。

脚本の手法や曲調にもう少しメリハリがあるほうが、

より楽しめたかもしれない。

 

 カチカチマシュマロ&メッセージカード

 
なお、今回も涼ちゃんの扱いでチケットを予約していたので、

彼女の手作りお菓子のおまけつき。

ごちそさま&ありがと~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »